フロントエンドエンジニアになるための勉強時間は?効率の良い学習方法や継続のコツを紹介

2022.01.23
フロントエンドエンジニア 勉強時間

「フロントエンドエンジニアになるにはどのくらいの時間勉強すればいいんだろう」
「フロントエンドエンジニアになるための勉強方法も知りたい」

と思うことはありませんか?

フロントエンドエンジニアになりたいけど、どのくらい勉強したらいいかわからなくて不安になりますよね。

では、フロントエンドエンジニアになるために必要な勉強時間や、効率の良い勉強方法はどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • フロントエンドエンジニアが身に付けるべきスキル
  • フロントエンドエンジニアになるのに必要な勉強時間
  • プログラミングの勉強を継続するためのコツ

について詳しく解説します。

この記事を見れば、フロントエンドエンジニアになるための勉強時間や効率の良い勉強方法などがわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

フロントエンドエンジニアが身につけるべき「ふたつのスキル」

学び合う男女

フロントエンドエンジニアとして身につけるスキルは、以下のふたつです。
フロントエンドエンジニアに必要なスキルは、このふたつのスキルをもとに横展開していけばスムーズに身につきますので、勉強していきましょう。

  1. HTML/CSS
  2. JavaScript

フロントエンドエンジニアが身につけるべきスキルを見ていきましょう。

1.HTML/CSS

フロントエンドエンジニアに必要な知識はさまざまありますが、基本かつ必須となるのは「HTMLの最新バージョンHTML5とCSSの最新バージョンCSS3」をあつかえることです。

Webページを制作する際は、以下の流れでHTMLとCSSを活用します。

  • HTMLでWebページの構成を制作
  • CSSでフォントやカラーなどのデザインを整える

フロントエンドエンジニアは、Webデザイナーから共有されたデザインを実装していくのがメインの仕事になります。

そのため、Webサイトを制作する基本となる HTML/CSSは必須のスキルです。

2.JavaScript

フロントエンドエンジニアの仕事にはコーディング作業が必須なため、HTML/CSSと合わせてJavaScriptは身につけておきたいスキルです。

フロントエンドエンジニアは、実際にユーザーが閲覧するフロントエンドと呼ばれる部分のプログラムを開発します。
そのため、Webサイトに動きを与えるJavaScriptのスキル習得は必須です。

HTML/CSSだけでは、ブラウザで表示された画面は静止したままです。
JavaScriptを埋め込むことでサイトに動きを与え、優れたユーザーインターフェース(UI)デザインを実現させることができます。

フロントエンドエンジニアとしてJavaScriptは必ず覚えておきましょう。

「フロントエンドエンジニアを目指したい」と思った方には、初心者でも確実にプログラミングが身につく【DMM WEBCAMP】をおすすめします。

プログラミング初心者の受講生が97%以上の【DMM WEBCAMP】では、未経験者コースも用意もされており、安心して学習を進めていくことが可能です。

フロントエンドエンジニアが身につけておきたい必要なスキルを現役エンジニアから学ぶことができ、転職支援も受けられます。


DMM WEBCAMP】で、ITスキルを身につけて理想のキャリアを実現!
✔︎未経験からITエンジニアへ転職したい
✔︎スキルを上げて、キャリアチェンジしたい
✔︎ITエンジニア転職に興味はあるけど、一人で目指すのは不安
といった方におすすめです!

あなたの転職を一歩有利に!

フロントエンドエンジニアになるために必要な勉強時間は?

タブレットを見る男女

フロントエンドエンジニアになるためには、どれくらいの勉強時間が必要になるのでしょうか?

以下を参考に自分に合ったペースを見つけていきましょう。

  1. 未経験であれば1年間で1,000時間の勉強時間が必要
  2. 1週間の勉強時間は合計週20時間が必要

フロントエンドエンジニアになるために必要な勉強時間を解説していきます。

未経験であれば1年間で1,000時間の勉強時間が必要

フロントエンドエンジニアには、プログラミングに関するさまざまな知識が求められます。

その中でも、エンジニアとしての基礎知識を習得するために必要な時間は1,000時間以上といわれているのです。
プログラミング未経験であれば、1年間で1,000時間を目標に学習を進めていきましょう

初心者であれば、まずは基本となるHTMLとCSSの学習から始めます。プログラミング学習が出来るWebサイトなどを活用すれば、18時間~20時間でマスターできます。

「1年1,000時間」というと長いと思うかもしれませんが、1日に換算すると3時間程度です。

自分のペースを探してしっかり学んでいきましょう。

1週間の勉強時間は合計週20時間が必要

1年間で1,000時間を目標にプログラミング学習を進めるのであれば、1週間あたり最低20時間程度を目標に学習を進めていきましょう

「48週×20時間=960時間」となるため、週20時間の勉強を継続できれば1年間で1,000時間の勉強時間を確保できます。

1年間このペースで勉強できたとしたら、フロントエンドエンジニアとして基礎となる知識を身につけることができるでしょう。

フロントエンドエンジニアに必要なスキル別の勉強時間の目安

時計と女性

フロントエンドエンジニアになるための「必要な勉強時間の目安」はスキル別で難易度も違います。

フロントエンドエンジニアに必要なスキルは、それぞれ以下のような時間が目安となっています。

  1. HTML/CSS:最低1週間(20時間)
  2. JavaScript:最低10週間(200時間)

必要なスキルの勉強時間を見ていきましょう。

1.HTML/CSS:最低1週間(20時間)

フロントエンドエンジニアの必須スキルであるHTML/CSSの勉強は、初心者でも比較的短期間で習得できるといわれています。

以下は、それぞれ目安となる勉強期間と勉強時間になります。

  • 最短で1〜2週間の20時間
  • 最長でも2〜3ヶ月の300時間

HTML/CSSについては、短期間で集中して勉強することで、簡単なデザイン変更やサイト制作ができるようになります。

ただし、ここで紹介した勉強時間はあくまでHTML/CSSをマスターできる勉強時間ではありません

常に最新技術を学びながら実務経験を積むことが重要になるため、紹介した勉強時間では基礎が学べる時間の目安と考えておきましょう。

2.JavaScript:最低10週間(200時間)

フロントエンドエンジニアの必須スキルであるJavaScriptの勉強時間は目安として、200時間程度といわれています

ここで紹介している勉強時間は、あくまでフロントエンドエンジニアとして就職を目指すのに必要といわれている勉強時間です。

200時間程度勉強することで、JavaScriptを使ってWebサイトやアプリを公開できるレベルになれるでしょう。

そのため、1週間に20時間ほど勉強することで、3ヶ月以内に習得できる計算になります。

フロントエンドエンジニアは、JavaScriptのスキルは必須となるため、この勉強時間も必要不可欠といえるでしょう。

「そんなに学習時間の確保はできるかな」と不安に思った方には、プログラミングスクールがおすすめです。

【DMM WEBCAMP】なら、初心者向けに開発された独自のカリキュラムと充実した学習サポートで、短期間で効率よくプログラミングスキルを習得することが可能です。

また、学習を進めていく中で分からないことが出てきたときは、 チャットもしくはビデオ通話でメンター(講師)に好きなだけ質問をすることができます。

挫折することなく、プログラミング学習を進めていきましょう。


転職成功率98%のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
その卒業生のリアルな声をご紹介!
未経験者へのサポートは充実してる?
✔カリキュラムは仕事でどう活かされた?
身に付くスキルはどんなもの?

未経験からプログラミングを学ぶ方必見!

フロントエンドエンジニアになるための勉強ロードマップ

やる気に溢れた女性

フロントエンドエンジニアになるためには、どのような手順で勉強を進めていくのかが重要です。

フロントエンドエンジニアになるための勉強のロードマップは、以下になります。

  1. プログラミングの基礎を学ぶ
  2. 実際にWebサイトを作ってみる
  3. ポートフォリオを制作する

理解につなげるためのロードマップを、順番に説明していきます。

1.プログラミングの基礎を学ぶ

フロントエンドエンジニアの基礎として、ここまで何度も出てきている以下のスキルを学びましょう。

  • HTML/CSSでのコーディングスキル
  • JavaScriptの基礎構文

フロントエンドエンジニアになるためには、このふたつの言語を学ぶことが必須条件となってきます。

基礎スキルなので、途中で不明点があったとしてもまずはひと通り学習を進めましょう。

何度も学習を進めることで、最初は理解できなかったことも全体像が掴めることで理解できるようになります

フロントエンドエンジニアの基礎スキルとして「HTML」「CSS」「JavaScript」は勉強していきましょう。

2.実際にWebサイトを作ってみる

プログラミングの基礎学習を終えたら、次はチュートリアルに沿って実際に作品を作ってましょう。

ただ勉強して終わりではなく、実際に作品を作ってアウトプットすることでプログラミング学習の理解度を把握できます

以下のサイクルの学習を繰り返すことが重要です。

  • 基礎学習
  • アウトプット
  • アウトプットして理解できなかった点を再度基礎学習

基礎学習のインプットだけでは、どこまで理解して、どこがわからないのかがわかりません。

そのため、プログラミングスキル習得のスピードアップを目指すためにも、チュートリアルに沿って実際に作品を作ってみましょう。

3.ポートフォリオを制作する

チュートリアルに沿って作品を作れたら、次はオリジナルのポートフォリオを制作しましょう。

ポートフォリオは、面接時にフロントエンドエンジニアとしてのスキルをアピールするために必要になります。

いきなりオリジナルのポートフォリオを制作するのが難しい場合は、既存のWebサイトの模写から始めるのもいいでしょう。

面接時には、ポートフォリオに関する以下のような質問を受けるため、事前に回答を準備しておきましょう。

  • このWebサイトの想定ユーザーは誰ですか?
  • こだわった点について教えてください
  • 使用した技術を教えてください

ポートフォリオに関する質問に答えれると、スキルのアピールにつながります。

フロントエンドエンジニアになるために効率の良い勉強方法3つ

ひらめく男性

フロントエンドエンジニアの勉強は時間がかかるため、あなたにあった効率の良い勉強法を見つけるのが重要です。

フロントエンドエンジニアになるために、効率の良い勉強方法を3つご紹介します。

  1. 学習サイトを使った勉強方法
  2. 本を使った勉強方法
  3. プログラミングスクールに通う

効率の良い勉強方法を知っておくことで、今後のモチベーションにもつながります。

自分にはどの方法が合うかを考えながら、読み進めてみてください。

1.学習サイトを使った勉強方法

フロントエンドエンジニアになるための効率の良い勉強法として、学習サイトを使った勉強方法があります。

学習サイトはWebブラウザ上でプログラミングの勉強を進められるため、自分で勉強するための環境構築の必要がありません

PCとインターネット環境さえあれば学習を始められます。

また、学習サイトの中には無料で使えるものもあるため、プログラミング学習を無料で始められるメリットもあります。

環境構築の手間や学習にかかる費用を抑えて、効率的に勉強したい方には、学習サイトを使った勉強方法がおすすめです。

2.本を使った勉強方法

初心者向けの本や参考書を使って学習することで、プログラミングの基礎知識からWebサイトを制作するまでのスキルがひと通り学習できます。

本や書籍は体系的にまとまっているため、プログラミングの全体像を把握した上で学習を進めることが可能です。

独学の際に学習サイトと本はよく比較されますが、本で学習するメリットは以下のようになります。

  • 自分のPC上で開発環境を整えられる
  • 基礎的なサーバの知識が身につく
  • テキストエディタの知識が身につく

学習サイトはWebサービス上に開発環境が用意されているため、自分で開発環境を整える必要がありません。

しかし、本で学習する際は自分のPC上で開発環境を用意するところから始める必要があるため、必然的にサーバーやテスト環境の構築のスキルが身につきます。

 3.プログラミングスクールに通う

未経験が、プログラミングスキルを学ぶにあたって最も効率の良い学習方法は、プログラミングスクールに通うことです。

なぜならプログラミングスクールは、未経験者に合わせた学習プランやカリキュラムが用意されているからです。

本や学習サイトを使った学習は、自分自身で学習プランを立て、必要な教材を選ばなければなりません。

また、学習プランや教材が合わなかった場合は再度プランを考え直す必要があります。

さらに、プログラミングスクールは講師にわからないことやエラー内容を質問できるため、プログラミング学習に挫折する可能性も少なくなります。

プログラミングスクールに通うのを検討している方は、まずはプログラミングスクールの無料カウンセリングを試してみてください。

プログラマー 働きながらプログラマーは働きながらでも目指せる!社会人におすすめのプログラミングスクール10選

プログラミングスキルの勉強時間の確保・継続するためのコツ7つ

満点評価

フロントエンドエンジニアになるための勉強時間は、適当に決めていると集中力もなくなり効率がガタ落ちしてしまいます。

勉強時間の確保・継続するためのコツを学んで実践していきましょう

  1. 目的の明確化
  2. 具体的な目標設定
  3. 勉強の習慣化
  4. 勉強計画を立てる
  5. 行動を見直す
  6. 仲間を見つける
  7. スキマ時間を有効活用する

勉強時間の確保・継続するためのコツ7つを解説していきます。

1.目的の明確化

フロントエンドエンジニアになるための勉強をするなら、学ぶ目的を明確化しておきましょう。

なぜなら、学ぶ目的を明確化していなければ勉強の継続が難しくなり、モチベーションが下がる原因にもなるからです。

勉強の目的を明確化していれば、初心に帰ることもでき、自分が何のために学んでいるのかを思い出すこともできます。

下記は、目的の具体例になります。

  • エンジニアに転職してリモートワークを実現したい
  • 今の仕事よりも収入をアップさせたい
  • 手に職をつけたい

あくまで一例なので、あなたのモチベーションにつながる目的を設定するのが重要です。

フロントエンドエンジニアの勉強時間を確保・継続させるためにも「目的の明確化」をしっかりしていきましょう。

2.具体的な目標設定

フロントエンドエンジニアになるためには、具体的な目標設定をしていくことが重要になってきます。

目標設定なしでは、ゴールのないマラソンを走るようなものなので、時間もやる気も無駄になってしまう可能性もあります。

具体的な目標設定方法がわからない場合は、以下の項目に答えることから始めてみてください。

  • 何を達成するのか
  • 達成の具体的な基準は何か
  • いつまでに達成するのか
  • どうやって達成するのか

目標設定する際の注意点としては、目標が高すぎると自分の成長を感じることができずに終わってしまう可能性があることです。

まずは、自分のスキルに合った目標をしっかり考えることがおすすめです。

3.勉強の習慣化

フロントエンドエンジニアになるには、勉強を習慣化することが重要です。

プログラミングスキルを身につけるために1,000時間かかると言われていてることから、習慣化なくしてプログラミングスキルを身につけることは困難です。

具体的には、以下のような習慣を身につけられるとよいでしょう。

  • 仕事から家に帰る前に近くのカフェで1時間勉強
  • これまでより1時間はやく起きて1時間勉強
  • 週末は近くのコワーキングスペースで6時間勉強

自分のライフスタイルに合った勉強のルーティーンを作っていきましょう。

無意識レベルで習慣化できるのが理想です。

4.勉強計画を立てる

プログラミング学習の継続するためには、勉強計画を立てましょう。

勉強計画を立てることで、プログラミング学習が想定通りに進んでいるのか、思っているよりも進んでいないのかを把握できます

プログラミングの学習計画を立てるポイントとしては、以下の点に注意しましょう。

  • 勉強時間じゃなく、勉強量で決める
  • 復習時間・復習日を取り入れる
  • 自分のできるペースにする
  • 休憩する日も入れる

初めの計画段階で細かい部分をしっかり決めることで、勉強の時間や進み具合もかなり変わってきます。

フロントエンドエンジニアになるため、勉強の計画をしっかり立てていきましょう。

5.行動を見直す

フロントエンドエンジニアになるための学習計画を立てたら、計画通りに進められているかを定期的にチェックしていきます。

最初に立てた計画とのズレがあるとモチベーションの維持が難しくなったり、自分の成長を実感できない可能性もあるでしょう。

フロントエンドエンジニアになるためには膨大な知識を習得する必要がありますので、学習期間はとても長くなります。
そのため、途中で挫折する人も少なくありません。

定期的に振り返りをおこなうことで、学習漏れがないか、忘れてしまっている部分がないかをチェックできます。

行動の振り返りは、自分の成長を感じられるタイミングでもありますので、モチベーションの維持にもつながるでしょう。

6.仲間を見つける

プログラミング学習は一人で頑張るよりも、同じ目標に向かって進む仲間を見つけることで、モチベーションを保つこともできます。

また、他の人たちがどのように勉強しているかを知ることもできるため、非常に参考になります。

仲間を見つける方法としては、以下のような方法を試してみてください。

  • オンライン学習会に参加する
  • ITの勉強会イベントに参加する
  • 勉強会を開いているサークルに参加する

周囲にプログラミングの勉強をしている人がいなくても、勉強仲間を見つけることは難しくありません。

自分に合った探し方で、ともに成長できるプログラミング学習仲間を見つけてみてください。

7.スキマ時間を有効活用する

フロントエンドエンジニアの勉強時間の効率をアップさせるためにも、スキマ時間を有効活用しましょう。

スキマ時間を有効活用するためには、以下のようなことを試してみてください。

  • スマホのオンライン学習サイトを利用する
  • プログラミングに関するニュースサイトを見る
  • 気になるWebサービスのサイトを研究する

また、事前にスキマ時間ができたら何をするかを決めておくことで、時間をムダにせず有効活用できます。

スキマ時間を使って、プログラミング学習をすすめていきましょう。

まとめ:フロントエンドエンジニアになるための勉強時間は効率次第

今回は、フロントエンドエンジニアになるために必要な勉強時間や勉強方法を紹介していきました。

  • 未経験者だと基礎学習で1,000時間はかかるといわれている
  • プログラミングの勉強を継続するためには目的や目標設定が重要
  • プログラミングスクールの活用が効率化のポイント

フロントエンドエンジニアになるための勉強時間は、プログラミングスクールを活用することで短縮できます

効率的に勉強したい方は、気になるプログラミングスクールの無料カウンセリングなどを活用しみてください。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5