データベースエンジニアにおすすめなプログラミングスクール6選!選び方のポイント6つも解説

2023.01.24
データベースエンジニア プログラミングスクール

「データベースエンジニアを目指せるプログラミングスクールが知りたい」
「プログラミングスクールを選ぶときのポイントも知りたい」

と思うことはありませんか?

データベースエンジニアを目指そうとしても、どのプログラミングスクールを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

では、データベースエンジニアのスキルが学べるプログラミングスクールはどこがおすすめなのでしょうか?

そこで今回は、

  • データベースエンジニアを目指す上で知っておきたい基礎知識
  • プログラミングスクールの選び方
  • データベースエンジニアを目指す方におすすめのプログラミングスクール

について詳しく解説します。

この記事を見れば、データベースエンジニアを目指すためにおすすめなプログラミングスクールがわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

データベースエンジニアのスクール選びで失敗しないための必要知識

勉強する3人

データベースエンジニアになるためには、まずデータベースエンジニアに関する基本的な内容を理解しなければいけません

ここでは、以下の2つについて解説していきます。

  1. データベースエンジニアの仕事内容
  2. データベースエンジニアの必要なスキル

それぞれについてみていきましょう。

1.データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアの主な仕事内容は、クライアントの要望にあったデータベースの開発や、その後の保守運用などです。

具体的には、以下のような仕事内容になります。

  • データベースアプリを使ったデータベースの開発
  • サーバーの最適化や効率化などのチューニング
  • データベースへのアクセス権の管理やデータのバックアップ

データベースはネット上の倉庫のようなもので、データベースエンジニアは目的のデータを保存し、必要な時に容易に取り出せるように管理します。

また、データベースエンジニアとしてキャリアアップしていくと、データを活用した企業戦略などの提案もおこないます。

データベースエンジニアの仕事内容を理解し、どのような業務をおこなっていくのかのイメージを掴んでおきましょう。

2.データベースエンジニアに必要なスキル

データベースエンジニアは、データベースの開発や保守運用をおこなうためのスキルが必要になります。

具体的には、以下のようなスキルが必要です。

  • データベース製品に関する知識
  • データベースの操作スキル
  • クラウドの知識
  • セキュリティスキル

近年はデータベースをクラウドで構築することも増えてきたため、データベースエンジニアもクラウドの知識やスキルが求められます

データベースエンジニアは、専門性の高い職種のため、必要なスキルも幅広くなります。

データベースエンジニアを目指したいと思った方には、初心者でも確実にプログラミングが身につく【DMM WEBCAMP】がおすすめです。

プログラミング初心者の受講生が97%以上の【DMM WEBCAMP】では、未経験者コースも用意もされており、安心して学習を進めていくことが可能です。

オンラインと教室受講のどちらも可能なので、あなたのライフスタイルに合わせて好きなコースを選択してみてください。


DMM WEBCAMP】で、ITスキルを身につけて理想のキャリアを実現!
✔︎未経験からITエンジニアへ転職したい
✔︎スキルを上げて、キャリアチェンジしたい
✔︎ITエンジニア転職に興味はあるけど、一人で目指すのは不安
といった方におすすめです!

あなたの転職を一歩有利に!

データベースエンジニアになるためのプログラミングスクールの選び方のポイント6つ

左右悩んでいる人

ここでは、プログラミングスクールの選び方で重要な6つのポイントを紹介します。

  1. 受講形式
  2. カリキュラムやコース
  3. レッスン回数やレッスン時間
  4. 学習サポート体制
  5. 転職サポート
  6. 無料カウンセリング

選び方のポイントを抑えておくことで、プログラミングスクール選びに失敗する可能性が下がります

それぞれのポイントをみていきましょう。

1.受講形式

プログラミングスクールを受講する上で、どの受講形式選ぶかが重要です。

なぜなら、自分にあった受講形式を選ぶことで、プログラミング学習を継続しやすくなるからです。

プログラミングスクールの受講形式は、以下の2種類にわかれます。

  • 離れていても受講できるオンライン型
  • 通学して受講を受けるオフライン型

オンライン型であれば、地方に住んでいて近くに通えるプログラミングスクールがないひとでも、学習できます。

一方で、オフライン型は通える場所が限られてしまいますが、直接講師に質問できるメリットがあります。

それぞれのメリットを比較して、あなたにあった受講形式を選びましょう。

2.カリキュラムやコース

プログラミングスクールは、自分の目的にあったカリキュラムやコースを選ぶことが大切になります。

なぜなら、自身のレベルに合わせた内容を学ぶことで、効率よくプログラミング学習を進められるからです。

具体的には、以下のような目的に合わせてカリキュラムやコースを選ぶ必要があります。

  • プログラミングの基礎から学んでいきたい
  • 独学でつまづいているところを教えてもらいたい
  • エンジニアとして働いており、専門性を身につけるために学びたい

あなたの目的に合っていなければ、無駄な時間になってしまう可能性もあるので、カリキュラムやコースはしっかり考えていきましょう。

3.レッスン回数やレッスン時間

プログラミングスクールは、レッスン回数やレッスン時間が違うため、事前に比較検討しておくことが重要です。

理由として、受講期間が同じでも受けられるレッスンの回数や時間がことなるからです。

具体例としては、以下のようなコースがあります。

  • 150分×14回 12週間コース
  • 90分×20回 6ヶ月コース

このように、レッスン回数や時間には大きく差があるため、スクールに通う前に比較検討しておくことが重要です。

レッスン時間が長いと一度に多くの内容を学べますが、必然的に回数が少なくなります。

また、レッスン時間が短いと一度に学べることは少なくなりますが、回数が多くなるため、反復して学習できます。

レッスン回数や時間は、学ぶ人のモチベーションや学習意欲とも関係があるので、自分のペースに合わせたものを選んでいきましょう。

4.学習サポート体制

プログラミングスクールによって、学習サポートの体制が異なるため、事前に比較しておくことが重要です。

理由としては、学習サポート体制によって、プログラミング学習の挫折する可能性が大きく変わるからです。

具体的には、以下のようなサポートをおこなっています。

  • いつでも相談できるチャットサポート
  • 週2回のメンタリングサポート
  • 受注して納品するまでのサポート

スクールによって特徴がさまざまなので、学びやすいと思える学習サポート体制のプログラミングスクールを選ぶことが大切です。

5.転職サポート

プログラミングスクール受講後、転職を考えているなら、転職サポートをおこなっているかも確認しておきましょう。

プログラミングスクールによっては、条件を満たしていて転職できなかった場合、授業料を返金する転職保証をおこなっているプログラミングスクールもあります。

転職サポートと転職保証の違いは、以下のようになります。

  • 転職サポート:転職に関するカウンセリングや面接対策
  • 転職保証:転職できなければ授業料全額返金や一部返金

転職に不安を抱えているひとであれば、転職保証がおすすめです。

もし転職に失敗しても、授業料が返金されるため、その後の進路変更もスムーズにおこなえます。

プログラミングスクールが就職に有利な3つの理由とは?転職支援と転職保証の違いも解説プログラミングスクールが就職に有利な3つの理由とは?転職支援と転職保証の違いも解説

6.無料カウンセリング

プログラミングスクールの雰囲気を知るために、無料カウンセリングをおこなっているかも確認しましょう。

なぜかというと、受講前に相談することで、感じている不安を解消してプログラミングスクールに通えるからです。

無料カウンセリング以外にも、プログラミングスクールによっては、下記のようなことを実施しています。

  • 無料説明会
  • 無料で一週間お試し受講

無料カウンセリングなどを受ける前に、あなたが感じている不明点を明確にしておくことで、より具体的にプログラミングスクールについて知ることができます。

あなたに合ったプログラミングスクールかどうかを知るためにも、無料カウンセリングを試してみましょう。

データベースエンジニアを目指せるプログラミングスクール6選

階段の上を目指す人

ここでは、データベースエンジニアを目指すのにおすすめなプログラミングスクールを紹介します。

おすすめなプログラミングスクールは、以下の6つです。

  1. DMM WEBCAMP
  2. SAMURAI ENGINEER
  3. KENスクール
  4. TechAcademy
  5. CodeCamp
  6. レバテックカレッジ

それぞれ特徴が異なるため、あなたに合ったプログラミングスクールがどれかを確認しながら読み進めてください。

それぞれ紹介していきます。

1.DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは、未経験者が効率的に学べるカリキュラムが用意されており、高い転職率を実現しているプログラミングスクールです。

また、未経験者向けの内容だけでなく、以下のような専門技術講座の受講もできます。

  • AI教養
  • クラウド教養

さらに、DMM WEBCAMPは、専門技術コースを受講する際に最大560,000円の給付金が受け取れる厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座です。

気になる方は、DMM WEBCAMPが実施している無料カウンセリングを試してみてください。

2.SAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEERは、オンライン型のプログラミングスクールです。

個人毎にカリキュラムを組めるので、受講者のレベルに合わせた学習ができ、データベースのスキルを身につけることが可能です。

マンツーマン形式を採用しているで、きめ細かいサービスを受けられ、初心者にも優しい内容となっています。

オリジナルサービス企画・開発などもあり、下記のようなスキルが身につきます。

  • サービス企画
  • 画面設計
  • Webアプリ
  • データベース設計

上記のように、充実した内容になっているので、初歩的な内容からデータベース設計まで学べるので、データベースエンジニアを目指すならおすすめといえます。

3.KENスクール

KENスクールは、データベースエンジニアを目指す方におすすめなプログラミングスクールです。

なぜなら、データベースエンジニアに必要なスキルを習得する講座が充実しているからです。

具体的には以下の講座があげられます。

  • SQL講座
  • ORACLE MASTER Bronze講座
  • ORACLE MASTER Silver講座

SQLの基本的な用途を学び、Oracleのデータベース構成や機能の操作方法を習得することができるため、データベースエンジニアに必須のスキルが身につきます。

基礎から応用まで学べるので、KENスクールのプログラミングコースは、データベースエンジニアを目指すためにおすすめなプログラミングスクールです。

4.TechAcademy

TechAcademyは、オンライン型のプログラミングスクールです。

TechAcademyには、以下のような特徴があります。

  • 一週間の無料体験がある
  • プログラミングスクールの中でもリーズナブルな料金体系
  • 週2回のメンタリング

TechAcademyは20種類のコースが用意されているため、何を学ぶか迷っている人でも、あなたに合ったコースを見つけられます。

TechAcademyは、一週間の無料体験があるため、まずは試してみてスムーズに学習を進められそうか判断してみてください。

5.CodeCamp

CodeCampは、マンツーマンレッスンでプログラミング学習ができるプログラミングスクールです。

レッスンごとに講師を選べるため、あなたにあった講師からプログラミングを学ぶことができます。

  • オンライン完結型で料金体系がリーズナブル
  • メンターを指名できる
  • 無料体験でレッスン内容やカリキュラム内容が確認できる

また、MySQLも学べるため、データベースエンジニアとして実践的なスキルが身につきます。

無料体験でレッスン内容やカリキュラム内容を確認できるため、気になる方は無料体験を試してみてください。

6.レバテックカレッジ

レバテックカレッジは、最短3ヶ月でプログラミングスキルが身につけられるプログラミングスクールです。

カリキュラムは、Web開発の現場で使用されるPHPに特化しています。

レバテックカレッジのメリットは、以下の3つです。

  • オフライン、オンラインどちらも選べる
  • 就職活動の支援が充実している
  • 月額29,800円で受講できる

しかし、対象が大学生と大学院生向けであるため、社会人は受講対象外となっています。

学生であれば、ぜひ受講したいプログラミングスクールです。

プログラミング未経験でデータベースエンジニアを目指すことに不安を感じますよね。

そんな方には、基礎からプログラミングが学べる【DMM WEBCAMP】がおすすめです。

【DMM WEBCAMP】では、初心者のために開発した独自のカリキュラムが用意されており、基礎から確実にプログラミングスキルを身につけることができます。

また転職保証付きのプランもあり、プログラミング学習も転職活動も安心して取り組めます。
厚生労働省認定のコースでは、高いスキルが身につく上、受講料最大56万円のキャッシュバックもついてきます。

是非あなたのライフスタイルに合ったプランを見つけてください。


転職成功率98%のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
その卒業生のリアルな声をご紹介!
未経験者へのサポートは充実してる?
✔カリキュラムは仕事でどう活かされた?
身に付くスキルはどんなもの?

未経験からプログラミングを学ぶ方必見!

データベースエンジニアとして働くメリット3つ

ひらめく女性

データベースエンジニアは、エンジニアの中でも専門性の高い職種になります。

データベースエンジニアとして働くメリットは、以下の3つです。

  1. ビジネスの戦略に関われる
  2. 開発プロジェクトの主要メンバーとして活躍できる
  3. 業務範囲広い

データベースエンジニアとして働くメリットを理解し、データベースエンジニアを目指すモチベーションを高めていきましょう。

それぞれのメリットを紹介していきます。

1.ビジネス戦略に関われる

データベースエンジニアのメリットは、ビジネス戦略に関われることです。

なぜなら、ビジネス戦略に幅広く関わることで、プロジェクト毎にスキルも上がり、将来的なキャリアアップにもつながるからです。

データベースに保存される情報は、企業戦略にとって重要な情報資産になります。

  • 商品開発に向けた顧客分析
  • 購買データによる商品のベストプライス設定
  • 行動データ分析による効果のある集客チャンネル設計

直接ビジネス戦略に関われるため、データベースエンジニアとしてビジネスに貢献できます。

ビジネス戦略に関われるのは、データベースエンジニアとして働くメリットのひとつです。

2.開発プロジェクトの主要メンバーとして活躍できる

データベースエンジニアは、開発プロジェクトの主要メンバーとして活躍することができます。

なぜなら、データベース管理システムに精通しているエンジニアは希少価値が高いからです。

データベースエンジニアには、以下のようなスキルが必要になります。

  • データベース管理システムのスキル
  • データベースのセキュリティ対策
  • チューニングによる日々のデータ利用の安定化

上記のスキルは、専門性が高く、対応できるエンジニアは限られています。

なので、データベースエンジニアは開発プロジェクトの主要メンバーとして活躍できます。

3.業務範囲が広い

データベースエンジニアは、業務範囲が広いことがメリットとしてあげられます。

なぜなら、業務範囲が広いことで、習得するスキルも自ずと増え、市場価値をあげていけるからです。

データベースエンジニアがキャリアアップしていくことで、以下のような職種として働けます。

  • ITコンサルタント
  • プロジェクトマネージャー
  • データベースコンサルタント

データベースエンジニアとしてスキルの幅が広がることで、キャリアプランの選択肢も増えていきます。

業務範囲が広いことは、データベースエンジニアとして働くメリットといえます。

まとめ:データベースエンジニアを目指すならプログラミングスクールに通ってスキルを身につけよう

ここまで、データベースエンジニアにおすすめなプログラミングスクールを解説してきました。

以下、今回のまとめです。

  • データベースエンジニアを目指すなら、事前に仕事内容やスキルを把握しておくことが重要
  • 選び方のポイントを抑えて、自分に合ったプログラミングスクール選びが大切
  • データベースエンジニアはキャリアプランの幅広い

データベースエンジニアは専門性の高いエンジニアであるため、プログラミングスクールを活用することで効率的にスキルが身につけられます

どのプログラミングスクールを選ぶか迷う方は、DMM WEBCAMPの無料カウンセリングを試してみるのがおすすめです。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2023 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5