動画編集の相場料金を徹底解説|安く依頼できる3つの方法も紹介

2023.03.06
動画編集-相場

「動画編集を依頼したい」
「相場ってどれくらいなんだろう」

と思うことはありませんか?

動画編集を依頼したくても、いろんな制作会社があって相場がどれくらいなのかわからないですよね。

では、できるだけ安い費用で依頼するにはどうすればいいのでしょうか?

そこで今回は、

  • 動画編集を依頼する際の相場
  • おすすめの動画制作会社
  • 動画編集を依頼する際のコツと注意点

について解説していきます。

この記事を読めば、安くハイクオリティで動画を依頼する方法がわかります。

ぜひ最後まで読んでみてください。

YouTubeの動画編集の相場料金を紹介

考える男性

企業の宣伝広告や、個人の動画をYouTubeで配信したい方向けに相場料金を紹介します。

下記は、You Tubeの動画制作を制作会社にお願いした場合の相場です。

また、相場は動画の長さや使用する素材で大きく変動します。

依頼内容 費用
編集のみ 5.000〜50,000円
企画・構成・編集 50,000円〜100,000円
撮影 30,000円~100,000円
企画や構成、撮影を自社でおこない、編集のみを依頼する場合は、下記のような作業を依頼します。
  • カット
  • テロップ挿入
  • 効果音の挿入
  • エフェクトの挿入
  • 画像・イラストの挿入
社内に動画編集のスキルを持っている方がいないときは、編集のみでしたら制作会社でも高額になることは少ないです。
しかし動画編集以外の依頼をするとかなり高額になってしまうので、コストを抑えたい場合は対応できる作業は、なるべ自社でおこなようにしましょう。

自分もプログラミングを学習してみたいと思った方には、初心者でも確実にプログラミングスキルが身につく【DMM WEBCAMP】がおすすめです。

97%以上の受講生がプログラミング初心者からのスタートであるため、ライフコーチによる手厚い学習サポートが受けられます。

また、プログラミングの基礎知識からしっかり身につけられるコースも用意されており、安心して学習を進めていくことが可能です。


「お金の心配、人間関係のストレス、仕事への不満を抱えているあなたへ」

今の生活を変えるには、〇〇が必要です。

年収を上げたい
人間関係に囚われない生活を手に入れたい
やりがいに満ちた仕事を見つけたい

と思っているあなたへ向けて、
人生を変えるロードマップを無料でプレゼントします!

完全無料なので、悩む前に今すぐ下のバナーをクリックして資料を読んでみてください!

\簡単30秒/

下のバナーからLINE友だち追加をして、無料で限定資料をGET!

TikTokなどその他動画編集の相場料金

スマホの中の右肩上がりの男性

下記の表は、ショートムービとロングムービーの動画編集を制作会社に依頼した場合の相場になります。

YouTubeなどの動画編集をする場合と同じく、動画の長さや使用する素材によって相場は変動します。

依頼内容 費用
TikTokやInstagramのショートムービー 5,000円〜依頼可能
その他のロングムービー 100,000円〜依頼可能

最近では、TikTokやInstagramのSNS媒体で、動画を配信することが流行しています。

TikTokやInstagramで閲覧者を増やすには、動画のクオリティはもちろんですが、頻繁に新しい動画を配信する必要があります。

撮影で精一杯、せめて編集だけでもお願いしたい、という方は制作会社の方にまとめて編集をお願いするのも一つの方法です。

また、フリーランスの方でしたら、ショートムービのような簡単な動画編集をおこなえる方は多いので、比較的安い費用で依頼することが可能です。

動画編集を制作会社に依頼するメリットとデメリットを解説

握手する男女

動画のクオリティを求めるなら、制作会社への依頼がおすすめです。

しかし、メリットだけでなくデメリットも考えたうえで依頼しましょう。

  1. 制作会社に依頼するメリット
  2. 制作会社に依頼するデメリット

それぞれ解説していきます。

1.制作会社に依頼するメリット

制作会社に依頼することで、プロの技術による質の高い動画編集をしてもらうことができます。

動画編集の知識がない人が動画編集をおこなうと、視聴者に伝えたい目的を効果的に見せられないことがあります。

一方制作会社で編集してくれる方はプロとして雇われているため、クオリティの保証があります。

なので動画編集はできないけど、クオリティを求める方には制作に依頼することがおすすめです。

2.制作会社に依頼するデメリット

制作会社に依頼することで、理想の仕上がりにはなりますが、下記のようなデメリットがあります。

  • 費用が高い
  • 少額の案件は引き受けてくれないこともある

制作会社は、個人で動画編集をしている人と比べると、非常に高い費用になってしまします。

また、大きな動画制作会社になると小回りがききにくくなるため、少額の案件を引き受けてくれない可能性があります。

スキマ時間に効率よくプログラミングを学習したいという方には、プログラミングスクールがおすすめです。

受講料はかかってしまいますが、短期間で効率よくプログラミングスキルを習得することが可能です。
【DMM WEBCAMP】なら、初心者向けに開発された独自のカリキュラムと充実した学習サポートで、挫折することなくプログラミング学習を進めることができます。

また、学習を進めていく中で分からないことが出てきたときは、 チャットもしくはビデオ通話でメンター(講師)に好きなだけ質問をすることができます。

オンラインと教室受講のどちらも可能なので、あなたのライフスタイルに合わせて好きなコースを選択してみてください。


「やばい、今月はもっと節約しないと...」
「はぁ、嫌いな上司の顔見たくないな....」
「やりがいのない仕事ばっかで将来が憂鬱...」

と思ったことはありませんか?

そんなあなたに向けて
「人生を変えるロードマップ」を無料でプレゼントします!

年収をUPさせる
人間関係に囚われない生活を手に入れる
やりがいに満ちた仕事を見つける

これらを達成するためには、正しい思考法を学ぶ必要があります!

完全無料なので、悩む前に今すぐ下のバナーをクリックして資料を読んでみてください!

\簡単30秒/

下のバナーからLINE友だち追加をして、無料で限定資料をGET!

動画編集を安く・ハイクオリティで依頼できる制作会社3選

会議するメンバー

費用が高いけど、どうしても制作会社に依頼する必要がある、という方のためにおすすめの制作会社を紹介します。

  1. 株式会社ヴェン.カンパニー
  2. 株式会社I.D.K.ピクチャーズ
  3. 株式会社 Global Japan Corporation

これらは、比較的動画編集の費用が安くてハイクオリティに仕上げてくれる制作会社です。

参考にしてみてください。

1.株式会社ヴェン.カンパニー

株式会社ヴェン.カンパニーは、累計3万件以上の実績を持つ動画制作事業「Dokopre」を始めとし、動画やWebサイト制作に便利なウェブコンテンツサービスを多種多様に展開しています。

ほかにも、株式会社ヴェン.カンパニーの提供するサービスの一つに「AKAPON」というツ-ルがあります。

これは動画編集における変更や修正を、ワンクリックで簡単におこなうことができるという画期的なものである。

このような画期的なツールは、個人から大手企業まで多くの依頼者に支持されています。

ツールを提供しつつも、動画編集の依頼にも対応しています。

2.株式会社I.D.K.ピクチャーズ

株式会社I.D.K.ピクチャーズは、さまざまなシチュエーションの動画編集をお願いできる会社です。

対応可能な案件は、企業案件からご家庭のイベント動画まで幅広い業務にしていいます。

また安心して依頼ができるように、さまざまな具体的な状況の作業内容や料金設定が記載されています。

なので、事前に自分が依頼したい動画編集の費用目安を知ることが可能です。

3.株式会社 Global Japan Corporation

株式会社 Global Japan Corporationは、価格に関わらずどんな動画でも相場より安い価格でクオリティを追求している会社です。

下記が具体的なおすすめのポイントです。

  • 納得がいくまで、無料で修正してくれる
  • デザイン性の高いデザイナーが在籍している
  • Webマーケティングに特化した映像制作をしてくれる

制作会社は、安い案件は引き受けてくれないことが多いですが、株式社 Global Japan Corporationは安くても、最後まで手を抜かずに作業をおこなってくれるとこが魅力的です。

動画編集をフリーランスに依頼するメリットとデメリットを紹介

会話する男女

動画編集の依頼は制作会社だけではなく、フリーランスの方に依頼する方法もあります。

制作会社よりも比較的費用が安くて済みますがデメリットもあるので、それを踏まえたうえで依頼しましょう。

  1. フリーランスに依頼するメリット
  2. フリーランスに依頼するデメリット

それぞれ解説していきます。

1.フリーランスに依頼するメリット

動画編集をフリーランスに依頼するメリットは、大きく2つあります。

  • 低コストが期待できること
  • 柔軟性の高さ

具体的には、フリーランスの方に動画編集を依頼した場合、編集費用以外かからないので、比較的安く依頼することが可能です。

また制作会社の場合、他に抱えている案件が多い場合があることで、依頼人の要望や変更に柔軟に対応できないことがあります。

その点フリーランスは組織ではありませんので依頼人からの要望にも柔軟に答えてくれやすいのです。

2.フリーランスに依頼するデメリット

フリーランスの方に依頼すると、動画編集の各工程毎の発注先が変わってしまい、管理コストが上がってしまう可能性があります

企業であれば各工程それぞれで適した人材を用意してくれますが、フリーランスの場合は全工程で一貫して対応できる人は少ないです。

そのため色々な人に発注しなければならなくなり、コストが高まってしまうのです。

なので、もしフリーランスの方に依頼する場合は、その方の実績を確認しておく必要があります。

フリーランスに動画編集を依頼する方法を紹介

パソコンを見て話す男女

動画編集をフリーランスに依頼する場合には、大きく分けて

  • 知人の伝手をたどる
  • クラウドソーシングを介して募集する

になります。

前者で行き当たることができれば費用も多少の融通が利く可能性がありますが、クラウドソーシングの場合は適正報酬を定めて募集をする必要があるでしょう。

どちらの方法でも言えることですが、依頼するにあたって、適正報酬を予算内にする必要があります

金額によっては請けてもらえない可能性もあるため、相場をきちんと知って交渉するようにしましょう。

動画編集をハイクオリティで安く依頼する3つのコツ

パソコンを見ながら話すメンバー

動画編集をハイクオリティで安く依頼するコツは、以下の3つです。

  1. 今までの制作動画を見せてもらう
  2. テンプレートを作っておく
  3. 社内でできないところだけ対応してもらう

依頼する前の準備や依頼する箇所をハッキリさせておくのがポイントです。

それぞれのコツをみていきましょう。

1.今までの制作動画を見せてもらう

動画編集を依頼する前に、今までに作った制作動画を見せてもらいましょう。

なぜなら動画編集において、制作会社や個人によっては編集の強みや特徴がさまざまだからです。

  • 動画のテイスト・特徴
  • 制作実績

これらを確認することで、自分が目標とするターゲット層なども踏まえ、目的に合致した作り手を探すことができます。

2.テンプレートを作っておく

動画編集を依頼するにあたっては、ある程度のシナリオやテンプレートを作っておくことがポイントです。

なぜなら編集の方向性がある程度定まっていれば、編集にかかる時間を大幅に減らすことができるからです。

しかし、何も決まっていないところから編集の方向性を決めるとなると、それだけで何度も擦り合わせをしなければなりません。

依頼前にちゃんと用意するべきものを用意しておけば、そうした手間をなくすことができますし、依頼報酬を抑えることにもつながります。

また、編集する側としても仕事がしやすくなるので、請けてもらえる確率がグッと上がるでしょう。

3.社内でできないところだけ対応してもらう

動画編集の依頼を出すときのコツは、社内でできないところだけを依頼するのが良いです。

なぜなら全てを依頼するわけではないので、編集依頼の費用が抑えられるからです。

具体的には、

  • アイコン
  • サムネイル
  • BGMの挿入

このような簡単な作業自社でおこなえば、作業工程をへらして依頼することができます。

また制作側に、変更や修正をお願いするリスクも低くなるので、追加の費用まで抑えられます。

macの動画編集ソフトの選び方とおすすめ15選を紹介【無料】Macの動画編集ソフトの選び方とおすすめ15選を紹介

動画編集を依頼する3つの注意点

握手する男性

動画制作を依頼する場合は下記の3つに注意しましょう。

これらに注意しなければ、イメージで大きく異る動画が納品される可能性があります。

  1. 予算・納期を明確にする
  2. 著作権に気をつけてもらう
  3. 口コミや評価を確認する

それぞれ解説していきます。

1.予算・納期を明確にする

動画編集を依頼するときは、予算・納期を明確にすることが大切です。

制作会社にお願いするときは、ホームページに記載されている料金表で大まかな制作費を参考にするといいでしょう。

ある程度制作会社が絞れたら、どんな動画にしたいか内容を伝えて見積書を依頼します。

また、制作会社によって納期がそれぞれ違うので、制作のスケジュールなども考慮しつつ、条件にあった制作会社を選びましょう。

希望の納期にちゃんと間に合うかどうかも信頼できる制作会社を選ぶ重要なポイントです。

2.著作権に気をつけてもらう

動画編集を依頼するにあたっては、著作権に注意しておく必要があります。

編集者に対しては、制作物の著作権はすべて譲渡してもらう形が一般的ですが、あらかじめ断りをいれて依頼しておかないと無断使用される恐れがあるので注意しましょう。

また、動画編集の際に使用する素材についても著作権が絡む場合があり、自己作成以外のBGMや背景などはフリー素材であっても商標を明記したり、商用の場合は連絡が必要といったケースが多いです。

その点も踏まえて著作権が絡むものは編集前に確認しておきましょう。

3.口コミや評価を確認する

動画編集を依頼する際は、評価などを参考に自分に合った会社を選ぶことが重要です。

なぜなら、費用や対応の良さなど、何を優先するかは人によって違うからです。

具体的には

  • 口コミや評価の数・高さ
  • 実績数
  • レスポンスの速さの確認

会社の紹介文や、クラウドソーシングのプロフィールは大げさな実績を書いていることもあります。

動画編集に依頼するを前に、自分でしっかりリサーチをおこなうようにしましょう。

まとめ:動画編集の依頼方法は目的に合わせて変える

本記事では動画編集の相場や、安く依頼するコツを紹介しました。

  • 動画編集の相場はフリーランスの方が安い
  • 制作会社・フリーランスは目的に合わせて依頼する
  • 動画編集の依頼費用は下げることが可能

制作会社もフリーランスも、それぞれメリットとデメリットがあります。

動画編集の目的に合わせて、選択するようにしましょう。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2023 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5