ITリテラシーが低い?危険性や知っておくべき4つの改善方法も解説

2022.11.21
itリテラシー-低い

「自分ののITリテラシーのレベルが知りたい」
「従業員のITリテラシーを高める方法はあるのかな」

と思うことはありませんか?

現代では新しいIT技術が普及しているため、最新技術に対応できていない従業員も増えてきています。

それはITリテラシーが身についていないかもしれません。

そこで今回は

  • ITリテラシーとは何か
  • ITリテラシーが低い人の特徴
  • ITリテラシーを改善する方法

この記事を読めば、ITリテラシーが低い人でも改善する方法を知ることができます。

ぜひ最後まで読んでみてください。

ITリテラシーは情報技術を活用する知識・能力

情報を持っている女性

まずはITリテラシーの基礎知識について解説します。

  1. ITリテラシーとは何か
  2. ITリテラシーは時代とともに変化する

それそれしっかり抑えておきましょう。

1.ITリテラシーとは

ITリテラシーとは、IT=情報技術を活用、運用するための基本的な知識やスキルのことです。

リテラシーとは本来「読み書きの能力」の意味ですが、ITに対して抵抗感なく一定のレベルで使いこなせる基礎力、という意味でこうした表現が使われています。

それにより、技術の発展によって現在活用しているITツールやシステムが変更されたとしても、ITリテラシーさえあれば一から勉強し直さずにすぐに対応することが可能です。

社会インフラも、今後は基本的なITツールを使えることが前提として整備されていくので、ITリテラシーは必須の能力といえます。

2.ITリテラシーは時代とともに変化する

ITリテラシーは時代と共に変化していきます。

その理由としては、ツールの技術開発や発展にともなって要求される知識や技術が絶えず変化しているからです。

近年だけでも以下のような最新技術が登場しています。

  • スマートフォン
  • クラウド
  • EC

それに加え情報漏洩などのリスクが高まり、個人個人が自衛のために一定以上の知識を身につける必要もあるのです。

例えば、コロナウイルスの影響もありECサイトの利用者が非常に増えました。

他にも、

  • 決済ツールの連携
  • SNSでのステルスマーケティング
  • 個人情報漏洩のリスク回避
  • セキュリティの問題

このようなさまざまな領域の問題が絡み合い、それに伴って求められるITリテラシーのレベルも高度化・複雑化していると言えます。

そうした環境において、デジタルデバイドによるITリテラシーの低下はより深刻な問題となっています。

自分もプログラミングを学習してみたいと思った方には、初心者でも確実にプログラミングスキルが身につく【DMM WEBCAMP】がおすすめです。

97%以上の受講生がプログラミング初心者からのスタートであるため、ライフコーチによる手厚い学習サポートが受けられます。

また、プログラミングの基礎知識からしっかり身につけられるコースも用意されており、安心して学習を進めていくことが可 能です。


DMM WEBCAMP】で、ITスキルを身につけて理想のキャリアを実現!
✔︎未経験からITエンジニアへ転職したい
✔︎スキルを上げて、キャリアチェンジしたい
✔︎ITエンジニア転職に興味はあるけど、一人で目指すのは不安
といった方におすすめです!

あなたの転職を一歩有利に!

ITリテラシーが低い5つの特徴

成績が悪い男性

ITリテラシーが低い人は以下のような特徴があります。

  1. 用語を理解できていない
  2. ツールの使い方がわからない
  3. 自分で検索して調べる力がない
  4. 不具合の原因がわからない
  5. ネット上のリスクを理解していない

これらに当てはまる方は、ITリテラシーの改善をおこないましょう。

1.用語を理解できていない

ITリテラシー低い人は、ITに関する用語理解できていません。

なぜなら

  • インターネットやIT技術の知識がない
  • 興味・関心がない

このように思っているため、ITの用語に関してまったく理解ができないのです。

組織に加わっていないのなら、まだ興味や関心がなくてもいいかもしれません。

しかし会社の一員として所属している場合は、組織の生産効率をさげることになるので、投げやりにせず、しっかりITと向き合う必要あります。

2.ツールの使い方がわからない

ITリテラシーの低い人の特徴として、ツールの使い方がわからないとことがあります。

ここ20年でITツールは日進月歩の発展を遂げており、企業や社会においても一定以上のITリテラシーを前提として運用されてきています。

そうした中でITリテラシーが低いと組織や社会が準備したツールを使えず、本人が不利益を被るばかりか会社や社会全体の動きにも影響が出かねません。

例えば、ITツールを導入してコミュニケーションスピードや密度を上げようと思っても、そのツールを使えない人の数が多いとその教育コストを考えた際に導入ハードルが著しく上がってしまいます。

また昨今進むDXの流れで大掛かりなシステムを導入したとしても、それを使える人材の育成がないと効果を発揮しません。

ITリテラシーの低い人がツールを使いこなせないことの影響は、個人のみならず全体にも波及するのです。

3.自分で検索して調べる力がない

ITリテラシーが低い人はわからないことを調べる時に、YahooやGoogleなどの便利なツールがあっても使い方がよく理解できず、自分で検索して調べる力がありません。

なぜなら、このような感情を抱いているからです。

  • 自分には使いこなせない
  • 面倒だ
  • アナログの人間だからわからない

これらはすべて思い込みです。

検索エンジンを当たり前のように活用している人は、理解しがたいかもしれません。

つまり、そのような人は古い概念にとらわれず、チャレンジする精神が必要なのです。

4.不具合の原因がわからない

ITリテラシーが低い人の特徴のひとつに「不具合の原因が分からない人」というのが挙げられます。

具体的には、ITトラブルが発生したときに

  • 自分は何もしていないのに不具合が起きた
  • 原因がわからないから、このツールは使わない

となってしまい、何も学びがないまま投げ出してしまうような人を指します。

例えばパソコンの操作やアプリの使用において、少しでも動作に不具合があったときに原因を自分で考えなければ、いつまでもそのツールに対しての理解や習熟度が上がりません。

自分自身で解決にいたらなくても、原因が何なのか・どう言う操作に問題があったのかを考えることで、ITに対する知識や理解を深めることができるはずです。

5.ネット上のリスクを理解していない

ITリテラシーが低い人は、ネットのリスクを理解できていません。

なぜなら、ITリテラシーが低いひとはインターネットに繋がっているということは、不特定多数の人が自分の情報にアクセスできるということが想像できないからです。

具体的に、ネットのリスクとは下記のことを指します。

  • ウイルスに感染
  • 詐欺被害
  • 炎上
  • 情報漏れ

このような状態になることを防ぐためにも、ネットの危険性について学ぶ必要があります。

ITリテラシーが低い人の4つの原因

悩みに取り憑かれている男性

ITリテラシーが低い人には下記のような原因があります。

  1. デジタルバイトの加速
  2. IT教育がいままでなかった
  3. 知識を持っている人が少ない
  4. 企業がITを取り入れようとしていない

ITリテラシーが低い原因はどこにあるのかを知って、何を改善すべきなのか考えてみましょう。

1.デジタルバイトの加速

ITリテラシーが低い原因としてあるのは、デジタルデバイド、すなわちITに関する情報格差の加速です。

現在、年齢や教育、収入の格差によって得られる情報の差が大きく広がっています。

特に先端分野であるITに関する情報格差は非常に大きくなっています。

例えば、親のITリテラシーが高い環境に生まれると、ITの活用が豊富であるゆえに小さなころから当たり前のようにITに囲まれて育つことになります。

一方でITリテラシーが低い家庭や地域に生まれ、外部の環境に触れる機会もなく長い間過ごしてしまうとITリテラシーは身につきません。

つまり、ITリテラシーの低い環境に置かれてしまうことで、個人や組織のITリテラシーは著しく低くなってしまうのです。

2.IT教育がいままでなかった

2020年からは小学校でのプログラミングの授業が始まりましたが、それ以前にはITリテラシーに関する教育はおこなわれていませんでした。

そのため、それ以前に小学校を卒業した人はITに関して学ぶことができていません。

このように、IT教育がいままでなかったことがITリテラシーが低い原因のひとつと考えられます。

何故これまでIT教育がおこなわれていなかったかというと、

  • インターネットにアクセスすることのデバイスの普及は近年急速に広がった
  • 年配の方や低所得者、また地方で暮らす方は、それらのITに触れることができなかった

というのもあります。

3.知識を持っている人が少ない

ITリテラシーが低い原因のひとつに、知識を持っている人が少ないことがあります。

社内やコミュニティにITに関する知識を持っている人が少ないと、デジタル化を遂行する人員が足りません。

例えば企業として業務のデジタル化を進めようとしても、社内にIT人材が居なければ検討すら難しくなります。。

アウトソーシングで人材を用意するにも、余計な人件費がかかることも考えられるでしょう。

ITの知識や経験を持つ人材を社内で確保することは、企業としてのレベルを上げ、ITリテラシーを高めることにおいて非常に重要になります。

4.企業がITを取り入れようとしていない

ITリテラシーが低い原因のひとつに、企業がITを取り入れようとしていないがあげられます。

企業内でアナログ手法で業務をおこなうことが当たり前になっていると、ITソリューションを進んで取り入れようとしません。

をのためそもそもITに触れる機会が無く、ITリテラシーが上がらないことが考えられます。

具体的に言うと、企業内で

  • 書類は常に紙で作成する
  • 承認作業は紙の書類への押印

これらの業務が当たり前になっていて改善意識も無い場合、ITソリューションを導入し業務フローをデジタル化しようという考えにはいたらないでしょう。

そうすると社員もITに触れる機会をほとんど得られないため、ITリテラシーが上がらないという結果を招いてしまいます。

スキマ時間に効率よくプログラミングを学習したいという方には、プログラミングスクールがおすすめです。

受講料はかかってしまいますが、短期間で効率よくプログラミングスキルを習得することが可能です。

【DMM WEBCAMP】なら、初心者向けに開発された独自のカリキュラムと充実した学習サポートで、挫折することなくプログラミング学習を進めることができます。

また、学習を進めていく中で分からないことが出てきたときは、 チャットもしくはビデオ通話でメンター(講師)に好きなだけ質問をすることができます。

オンラインと教室受講のどちらも可能なので、あなたのライフスタイルに合わせて好きなコースを選択してみてください。


転職成功率98%のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
その卒業生のリアルな声をご紹介!
未経験者へのサポートは充実してる?
✔カリキュラムは仕事でどう活かされた?
身に付くスキルはどんなもの?

未経験からプログラミングを学ぶ方必見!

ITリテラシーが低いことで及ぶ危険性2つ

危険な状況にいる男性

ITリテラシーが低いと、個人だけではなく組織全体に危険を及ぼしてしまいます。

  1. 企業の情報を流失させる
  2. 詐欺被害に合う可能性がある

どんな危険性があるのか、しっかり覚えておきましょう。

1.企業の情報を流失させる

情報化が進む現代社会において、インターネットの使用は当たり前になっています。

そのような中で、ITリテラシーが低いと、企業の情報を流出させる危険があるのです。

なぜそのような危険性が生じるかというと、業務上でも業務外でも誰もが手軽にIT利用をおこなっているからです。

例えば、業務上で必要なデータを自分のスマートフォンにメール等で送信することも今は簡単です。

そして、それを他の人に転送することも容易です。

企業の情報を、うっかり個人的に繋がりのある社外の人間に送ってしまう、ということもITリテラシーが低いと起こってしまうかもしれません。

2.詐欺被害に合う可能性がある

現代社会においては、スマートフォン等の普及により誰でも、どこでも、いつでも簡単にインターネットから情報を得ることができます。

そのような中で、ITリテラシーが低いと詐欺被害に遭う可能性があります。

なぜなら、インターネット上の情報を全て鵜呑みにしてしまうからです。

溢れる情報の中で、インターネット上の情報が正しいか間違っているかを判断せず信用しすぎてしまうと、言葉巧みに騙されて詐欺被害に遭ってしまう可能性が高くなります。

ITリテラシーを高める2つのメリット

腕を組んだ男性

下記の項目はITリテラシーを高めることで得られるメリットです。

  1. 生産性の向上
  2. 企業ブランドを守る

これらは、企業のビジネス活動を続けるために重要です。

1.生産性の向上

ITリテラシーを高めるメリットとして、生産性が向上することがあげられます。

企業として、最新のデジタルツールを取り入れる基盤を作れ、実際にツールを活用して生産性の向上に取り組めます

具体例としては、以下のようなものがあります。

  • 経費精算システム導入による経理作業の自動化
  • 勤怠管理クラウドツール導入による効率化
  • 営業ツール導入による営業活動の向上

生産性が向上することで、競合の企業に対してビジネス上で優位性を保てます。

2.企業ブランドを守る

ITリテラシーを高めるメリットとして、企業ブランドを守ることができるがあげられます。

なぜなら従業員のITリテラシーを高めることで、SNS炎上や個人情報流出を防ぐことができるからです。

具体的には、SNSの扱い方を従業員に注意・教育することで、SNSに不適切な内容を投稿して炎上トラブルを起こしてしまうような事態を防ぐことが可能です。

また、情報機器の扱い方やルールを教育することで、情報機器の置き忘れやウイルス感染による個人情報流出を防ぎます。

ITリテラシーを社内で改善する4つの方法

仕事を掲げている男女

社内にITリテラシーが低い人多くて困っている、という場合は下記の方法で改善を図りましょう。

  1. 社内教育をおこなう
  2. 社員のITリテラシーレベルをチェックする
  3. マニュアルを作成する
  4. 資格取得のサポートをおこなう

ITの技術は常に進化していくので、遅れてしまわないように常に知識を身に付けていく必要があります。

1.社内教育をおこなう

ITリテラシーの改善方法の中でも社内教育はとても重要です。

社内で教育をおこなうことによって、

  • デジタル化の促進
  • トラブルの未然防止
  • 社員のITリテラシーレベルを維持

このように、企業の生産性や安全性を高められるからです。

特にセキュリティに関する脅威は日々進化していますので、定期的に研修や訓練をおこなうことで情報漏洩などのトラブルを未然に防ぐことが可能です。

2.社員のITリテラシーレベルをチェックする

ITリテラシーの改善方法として、社員のITリテラシーレベルのチェックがあげられます。

  • 社員のITリテラシーレベルがどれくらいなのか
  • どのような分野の知識や経験が足りていないのか

これらを明確にすることで、有効な改善策を考えることができるからです。

社員にIT教育を行う場合、ひとりひとりのレベルに応じた教育をおこなう必要があります。

素人に最初から専門的な研修をしても基礎が身に付いていなければ意味が無いですし、その逆もまた時間の無駄になります。

つまり、まずはひとりひとりのレベルを把握し、そのレベルに応じた研修をおこなうことで、効率的に社員のITリテラシーを高めることができるのです。

3.マニュアルを作成する

ITリテラシーを改善する方法として、マニュアルを作成があげられます。

なぜなら、ITツールの使用方法や設定方法を手順化したり、ITトラブルを発生させないための注意事項などをナレッジ化しておくことで、より効率的に従業員にIT教育をおこなうことできるからです。

例えば、集合で研修することが難しい場合に、マニュアルを用意するのは有効な手段です。

新しいツールを導入したりツールのアップデートがあった場合に、予めマニュアルを用意しておくことでより効率的に従業員にその内容を周知できます。

また、FAQなどを用意しておくことでトラブル発生時に従業員自身が「この場合はどうするべきか」を判断することができ、コミュニケーションコストを削減できます。

4.資格取得のサポートをおこなう

ITリテラシーのを改善方法する方法として資格のサポートがあげられます。

なぜなら、資格取得のための勉強によることで、よりITに関する知識を深めることができるからです。

具体的には、企業として従業員の資格取得をサポートすることで、従業員の資格取得にかかる負担を軽減します。

サポート方法としては例えば、

  • 受験費用
  • 教材費

これらの負担などがあげられます。

また、資格取得に対する報奨金などを用意するのも良いでしょう。

要するに、従業員の資格取得に対するモチベーションを上げることが重要です。

ITリテラシーとは?ITリテラシーとは?高めるメリットと今からすべきことをわかりやすく解説

まとめ:ITリテラシーが低い人でも改善できる

本記事では、ITリテラシーが低い人の特徴や、改善方法について解説しました。

  • ITリテラシーはIT技術を使いこなせる能力のこと
  • ITリテラシーが低い人は、その原因を知ることが必要
  • ITリテラシーを高めれば、企業業績を伸ばすことができる

今やIT技術は私達の生活にも、ビジネスにおいても欠かせないものです。

そんな中、ITリテラシーが低い人は、社会についていけなくなっってしまいます。

そうならないために、IT技術ときちんと向き合って改善をおこなっていきましょう。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2023 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5