Webマーケティングを辞めたいと思った4つの理由を紹介|対処法と成功者たちの辞めなかった理由7つも解説

2022.04.18
webマーケティング-辞めたい

「Webマーケティングを辞めたい…」
「Webマーケティングの仕事内容が自分には向いてないのかな?」

と思ったことはありませんか?

Webマーケティングの仕事内容は楽しいものと思われがちですが、中には辛い理由も多く、辞めたいと思ってもしまいますよね。

では、Webマーケティングを本当に辞めてもいいのでしょうか?

そこで今回は、

  • Webマーケティングを辞めたいと思う理由
  • Webマーケティングを辞めたくなったらやるべきこと
  • Webマーケティングが辛くても辞めない成功者たちの理由

について詳しく解説していきます。

これを読めば、Webマーケティングを辞めたい理由や対処法が理解できます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

Webマーケティングの仕事内容を解説

パソコン

Webマーケティングは、Web上からユーザーを集客し、自社のサービスや商品への購入につなげるためにさまざまな施策をおこなうことです。

ここでは、Webマーケティングの具体的な仕事内容についてを紹介していきます。

  1. アクセス数の増加施策
  2. アクセス解析をおこなう
  3. リピーター獲得の施策をする

Webマーケティングの仕事内容は、ぜひ改めて確認してみてくださいね。

では、見ていきましょう。

1.アクセス数の増加施策

Webマーケティングの仕事内容として、多くのユーザーを集めることが最も重要といわれています。

集客の主な施策としては、以下の2つが代表的です。

  • SEO対策:検索エンジンの対策をおこない、上位表示させる
  • 広告運用:検索エンジンやSNSなどにお金を払って表示させる

そこからユーザーの求めるものを提供することで、ユーザーの満足度が上がり、口コミや評価から集客につながるため、重要の仕事のひとつです。

2.アクセス解析をおこなう

Webマーケティングでは、集めたアクセス数の解析もおこないます。

なぜなら、アクセス解析をすることでWebサイトの改善につながるからです。

アクセス数をいくら集めても、商品の購入やサービスへの申し込みにつながらなければ意味がありません。

そのため、サイトの状況を見ながら、

  • サイトのコンテンツ
  • サイトのデザイン
  • ユーザーのサイトの利便性

などを常に改善していきます。

なので、アクセス解析は、Webマーケティングの業務において重要な業務内容です。

3.リピーター獲得の施策をする

Webマーケティングの仕事内容のひとつとして、リピーター獲得の施策があります。

なぜなら、リピーターにサービスを繰り返し利用してもらったり、商品を購入してもらうことで、企業の売上の向上や安定につながるからです。

具体的には、以下のようにさまざまなリピーターを確保するための施策があります。

  • TwitterやInstagramなどのSNS
  • メールマガジン配信
  • YouTubeなどの動画配信

リピーターを獲得する施策をすることで、認知度と売り上げの向上になるため、重要な仕事内容となります。

“プログラマーは長く続け実務経験を積むことによってキャリアアップが可能な職業です。
フリーランスや業務委託など働き方も自由な傾向が強いので、ワークライフバランスを保ちながら長く続けることが可能な職業といえます。”


DMM WEBCAMP】で、ITスキルを身につけて理想のキャリアを実現!
✔︎未経験からITエンジニアへ転職したい
✔︎スキルを上げて、キャリアチェンジしたい
✔︎ITエンジニア転職に興味はあるけど、一人で目指すのは不安
といった方におすすめです!

あなたの転職を一歩有利に!

Webマーケティングを辞めたいと思う4つの理由

辛い女性

ここでは、Webマーケティングを辞めたい思われる4つの主な理由について解説していきます。

  1. 頑張りと成果が結びつかない
  2. 無限に業務がありすぎて終わらない
  3. 日々、目標に追われてきつい
  4. 人間関係がうまくいかない
  5. 納期に間に合わないと信頼を失う

Webマーケティングが辛いと思う人は、当てはまるか確認してみてください。

ひとつずつ解説していきます。

1.頑張りと成果が結びつかない

Webマーケティングを辞めたい理由のひとつとして、頑張りと成果が結び付かないことがあります。

なぜかというと、Webマーケティングが頑張って時間をかけておこなった改善策が、必ずしも成果に結びつくわけでないからです。

Webマーケティングにおいて重要なのは、成果を出すことであって、改善策を時間をかけて出すのはあくまで方法のひとつでしかありません。

なので、せっかく努力したのに報われない状態が続くと、精神的に疲弊していきます。

このような理由から、頑張りと成果が結びつかないことはWebマーケティングを辞めたい理由としてあげられます。

2.無限に業務がありすぎて終わらない

Webマーケティングは、無限に業務がありすぎて終わらないことがあるため、辞めたい理由のひとつとなっています。

なぜなら、Webマーケティングは細かいところを見ていけば、やることはいくらでもあるからです。

具体的には、以下のようにさまざまな業務内容があります。

  • サイトやWeb広告の改善点を探す
  • 競合のリサーチをする
  • 新たな広告やコンテンツを作成する
  • メルマガ・SNSの配信内容の編集
  • リピーターの顧客管理

このようなことから、業務が無限にありすぎて終わらないことに嫌気が差し、辞めたいと思ってしまいます。

3.日々、目標に追われてきつい

Webマーケティングを辞めたいと思う理由のひとつに、日々目標に追われてきついことがあげられます。

その理由は、Webマーケティングの成果は日々、明確に数字としてあらわれるからです。

たとえば、成果がでているときは、それがやりがいに感じられるでしょう。

しかし、中々成果がでないときは、日々の目標にどれだけ足りないかを日々、数字として突きつけられることになります。

正解のない仕事を試行錯誤しながら進める仕事だけに、これがきついと感じて辞めたいと考える人も多いのです。

4.人間関係がうまくいかない

Webマーケティングを辞めたい理由のひとつとして、人間関係がうまくいかないことがあります。

理由としては、Webマーケティングは考え方の違う関係者が関わるため、コミュニケーションが難しいからです。

Webマーケティングは、以下のような関係者が関わります。

  • Webマーケター
  • クライアント
  • 営業
  • エンジニア

そのため、単純に数値に向き合えばよいだけでなく、人間関係にも気を配らなければいけません。

なので、人間関係がうまくいかないことは、Webマーケティングを辞めたいと言われる理由のひとつです。

職場 人間関係 めんどくさい職場の人間関係がめんどくさい!居てもたってもいられないときに見直す6つの行動

Webマーケティングに向いていない人の特徴3つ

泣く男性

ここでは、Webマーケティングに向いていない人の特徴を紹介していきます。

  1. 地道な業務が苦手な人
  2. 向上心がない人
  3. 勉強したくない人

自分に当てはまる特徴があるかを確認しながら見てください。

では紹介していきます。

1.地道な業務が苦手な人

地道な業務が苦手な人は、Webマーケティングに向いていないといわれています。

その理由は、Webマーケティングという仕事は一度で結果が出ず、繰り返しトライアンドエラーをおこなって成果がでる職業だからです。

Webマーケティングは華やかな世界だと思われがちですが、以下のように地道な作業が多くあります。

  • 改善策を考えるためにリサーチをおこなう
  • 実際に改善策を実施して、どのような結果が出たかをまとめる
  • 改善策の数値をもとに新たな施策を出す

コツコツと業務をこなしていくことが重要になります。

なので、地道な業務が苦手な方はWebマーケティングが向いていないでしょう。

2.向上心がない人

Webマーケティングに向かない人の特徴は、向上心がない人です。

なぜなら、Webマーケティングの仕事は、現状を打破し収益を上げたいという向上心をもった人たちが多いからです。

したがって、彼らと共に仕事をするには常に高い向上心を維持することが必要となりますよね。

たとえば残業を求められることや、直接業務とは関係ない知識を学ばなければいけないケースもあります。

そんな場面で「プライベートを優先したい」「仕事に必要以上のエネルギーをかけたくない」と考える人には、適性がないといわざるを得ないでしょう。

3.勉強したくない人

勉強したくない人は、Webマーケティングに向いていないといえます。

一番の大きな理由は、Webマーケティング業界は覚えることが多く、また技術やトレンドの変化が激しいからです。

Webマーケティング業界では、昨日まで使っていたノウハウやツールが急に役に立たなくなる場面が少なくありません。

ですので、クライアントからの信用を低下させないためにも、常に新しい知識をインプットしておく必要があるため、勉強をしたくない人は向いていないでしょう。

しかし、「初心者でもスキルは身に付くのだろうか…」と不安に思う方も多いと思います。
【DMM WEBCAMP】では、WEBデザイン未経験でも基礎から確実にWEBデザインスキルを身に着けることができます!
初心者のために開発した独自のカリキュラムが用意されており、基礎から確実にプログラミングスキルを身につけることができます!
また、ライフコーチによる手厚い学習サポートで、挫折することなく学習を進めることも可能です。

一人で学習を進めていくのが不安、基礎から確実にスキルを身につけたいという方におすすめです!


転職成功率98%のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
その卒業生のリアルな声をご紹介!
未経験者へのサポートは充実してる?
✔カリキュラムは仕事でどう活かされた?
身に付くスキルはどんなもの?

未経験からプログラミングを学ぶ方必見!

Webマーケティングを辞めたくなったらやるべきこと4つ

パソコン

ここでは、Webマーケティングに対しての考えを変えられる対処法について解説していきます。

  1. 自分の考え方や行動を見直す
  2. 仕事の時間配分を見直す
  3. 今より条件の良い会社やポジションを探してみる
  4. スキル不足と感じるときはマーケティングスクールに通う

ひとつだけでも実行することで、今後の自分の働き方が変わります。

順番に解説していきます。

1.自分の考え方や行動を見直す

Webマーケティングを辞めたいと思ったときは、自分の考え方や行動を見直すことが大切です。

見直す一番の大きな理由は、客観的に見たらどのような状況なのかを自分が理解するためです。

  • 正しい方向性で行動できているか
  • 結果が出ていないことが環境のせいにしていないか
  • ただ疲れているだけで辞めたいと思っているのではないか

あらためて、自分の考え方や行動を見直すことで、現在の辞めたいな理由や、改善策が見つかります。

Webマーケティング自体は、2〜3年経験を積めば稼げる職業のため、限界かどうかの判断をするためにも、行動を見直しましょう。

2.仕事の時間配分を見直す

Webマーケティングを辞めたくなったら、仕事の時間の配分の見直しも重要です。

なぜかというと、やらないことを決めないと作業時間が長くなり、達成感より疲労感が積もってしまうからです。

仕事に対して、自分の知識や能力が見合っているかを見直しましょう。

もしやりたい仕事に能力が見合っていないのであれば、やみくもに仕事を続けるよりも勉強する時間を確保するほうが効率的です。

勉強する結果として、スキルが上がり仕事の効率もおのずと上がるため、仕事の時間配分を見直すことは重要でしょう。

3.今より条件の良い会社やポジションを探してみる

Webマーケティングを辞めたくなったときは、今よりも条件の良い会社やポジションを探してみるのもひとつの方法です。

理由としては、Webマーケターは人手不足になっているため、転職市場において市場価値が高いからです。

そのため、今より良い会社や役職を探せば、キャリアアップをしていくこともできます。

Webマーケティングを辞めたい理由が今の職場に限界を感じていることが原因であれば、新たな会社を視野に入れてみるのもおすすめです。

4.スキル不足と感じるときはマーケティングスクールに通う

Webマーケティング辞める前に、もし自分のスキル不足を感じたときは、マーケティングスクールへ行くのもおすすめです。

Webマーケティングスクールがなぜおすすめなのかというと、体系的にWebマーケティングを専門の講師から学べるからです。

Webマーケティングスクールの例としては、以下のようなスクールがあります。

  • マケキャン by DMM.com
  • デジプロ
  • TechAcademy Webマーケティングコース

今すでに疑問に思っていることや、わからないことがあるのなら、Webマーケティングスクールに通うことで問題が解決します。

なので、スキル不足を感じたときは、Webマーケティングスクールで学びスキルアップをしていくことがおすすめです。

仕事にやりがいを見出す5つの方法と自己分析のやり方を徹底紹介!

Webマーケティングが辛くても辞めない成功者たちの7つの理由

成功者

上記にも述べたとおり、Webマーケティングを辞めたい理由は多数あります。

しかし、Webマーケティングで成功している人たちは、「辛い」「辞めたい」と思っていても続けることで成功しています。

ここでは、Webマーケティング経験者が辛くても辞めない理由について詳しく解説していきます。

  1. やる気があればすぐ成長と結果が出る
  2. 失敗も経験のひとつになる
  3. 将来性がある
  4. 市場価値が高い
  5. 年収が高い
  6. 成果が会社の業績に直結する
  7. 独立やフリーランスも可能になる

ひとつずつ解説していきます。

1.やる気があればすぐ成長と結果が出る

Webマーケティングは、やる気があれば、すぐに成長と結果が出るメリットがあります。

なぜなら、Webマーケティングは未経験者からでもあっても、本質的なニーズを掴むことができれば、すぐに結果に繋がるからです。

また、Webマーケティングの技術は移り変わりが早いため、新たに参入した人でも、昔からWebマーケティングをしている人と同じ土俵に立てます。

なので、Webマーケティングの仕事はやる気次第で結果を出すことができるため、仕事を続ける人が多いです。

2.失敗も経験のひとつになる

Webマーケティングを辛くても辞めない理由として、失敗をしたとしてもひとつの経験になることです。

なぜなら、自分の適性や得意なことや苦手なことを知ることで、別の新しい視点からものごとを考える力が身につくからです。

また失敗をしたとしても、次は同じことをしないように改善できるという意識から、前向きに取り組むことができます。

そのためWebマーケティングという職業は、失敗も経験になり、前向きな考え方を手に入れれるメリットがあげられます。

3.将来性がある

Webマーケティングは、将来性のある職業です。

なぜなら、インターネット広告は、広告市場で唯一右肩上がりで増えている媒体だからです。

その他の広告市場は、年々減少しています。

  • 地上波テレビ
  • 雑誌・新聞
  • ラジオ

今後もインターネット市場が拡大していくことが予測されるため、Webマーケティングが辛くても辞めない人が多い理由のひとつになっています。

4.市場価値が高い

Webマーケティングを辞めるのがもったいない理由として、市場価値が高いことがあげられます。

なぜなら、Webマーケティングはさまざまな会社に必要になっているにも関わらず、人材が不足しているからです。

また、Webマーケティングは未経験者でも採用されやすくなっており、経験者であればより市場価値は高まっています。

Webマーケティングは市場価値が高いものの人材が常に求められているので、辞めないほうがいいでしょう。

5.年収が高い

Webマーケティングを辞めないほうがいい理由として、年収が高いことがあげられます。

なぜかというと、責任者クラスや業界によっては、専門的な知識が必要になるからです。

責任者クラスになるためには、以下のようなスキルが必須となります。

  • マネジメントスキル
  • データを駆使した意思決定
  • テクノロジーへの深い理解

Webマーケティングは年収が高い傾向にある職業なので、辞めたいと思っても続ける理由になっています。

6.成果が会社の業績に直結する

Webマーケティングが辛くても辞めない理由のひとつとしては、成果が会社の業績に直結するからです。

自分のやったことが会社の業績に直結するため、大変な分やりがいを感じられる仕事です。

Webマーケティングは、マーケティングにおいて重要度が高まっており、企業の売上を大きく左右する施策になっています。

そのため、Webマーケティングは成果が会社の業績に直結するため、仕事にやりがいを求める人は、辛さよりもやりがいを求めるため、Webマーケティングの仕事を続けています。

7.独立やフリーランスも可能になる

Webマーケティングは、他の仕事よりも独立やフリーランスも十分可能な仕事です。

独立が可能な理由としては、Webマーケティングのスキルは属人性が高く、少人数であっても結果を出しやすい仕事だからです。

また、Webマーケティングの人材不足もあり、独立しても比較的仕事を受注しやすい環境にあります。

Webマーケティングを志す人は、独立やフリーランスを目指す人が多いため、 辞めたいと思っても、Webマーケティングを続けている人が多いです。

自己啓発本おすすめ自己啓発本40選をジャンル別に紹介!選ぶポイントや読み方も解説

まとめ:Webマーケティングを辞めたいと思ったら、継続している人の意見も参考にしてみる

本記事ではWebマーケティングを辞めたいと思っている人へ向けて、辞めたくなったらやるべきことや辛くても辞めない理由について紹介しました。

  • 急いだ判断をしてWebマーケティングを辞めることはもったいない
  • 未経験でも何度も経験を積めば、失敗を乗り越えられる
  • ほかの仕事よりも将来性が明るく希望が多い業界である

Webマーケティングの市場は拡大している一方で、人材は不足しているため、Webマーケティングのスキルを持った人はますます市場価値が高まっています。

なので、もしWebマーケティングを辞めたい理由が会社の方針が自分と向いていない場合は、ほかにいい条件を出してくれる会社を探してみるのがおすすめです。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5