WordPress制作とは?コーディング代行会社に依頼できる5つの作業を解説

2022.07.18
wordpress-コーディング-代行

「社内にエンジニアがいないので、ホームページ制作ができない」
「現在のWebサイトに機能を追加したい」

と思うことはありませんか?

Webサイトをリニューアルしたくても、社員だけでは技術力が足りなくて、対応できないこともありますよね。

では、WordPress制作を代わりにおこなってくれるコーディング会社にはどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  1. WordPress制作の基礎知識
  2. WordPressコーディング代行会社の種類と特徴
  3. WordPressコーディング代行会社の利用方法

について詳しく解説します。

この記事を読めば、Web制作を代行できることがわかり、コーディング会社の仕組みを理解できるようになります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

WordPress制作とは

wordpress

WordPressは、HTMLを触らなくてもページの追加と更新が可能ですが、決済機能などの高度なカスタマイズには、コーディングが必要になってきます。

そのため、ランディングページ(LP)のコーディングや通常のコーディング(プログラミング)をおこない、ホームページ作成をすることをWordPress制作といいます。

導入後にサイトの更新作業がスムーズにいく点や、デザインの統一性が保たれる点などがメリッです。

WordPressコーディング代行会社に依頼できる5つの作業内容

wordpressデザイン

WordPressコーディングとは、どういったことをしているのでしょうか。

ここからは、WordPressコーディング代行会社でできることについて解説します。

  1. WordPress構築
  2. コーディング
  3. カスタム投稿フィールド
  4. カスタム投稿
  5. レスポンシブWebデザイン

以降で、それぞれの特徴をみていきましょう。

1.Wordpress構築

Webサイトをまだ持っていない方でもWordpressの新規構築から対応できます。

既存サイトのカスタマイズはもちろん、長期的にサポートを依頼したい場合でも契約できるコーディング会社はあります。

2.コーディング

コーディングには、

  • ランディングページ(LP)コーディング
  • 通常コーディング

の二通りあります。

ランディングページ(LP)のコーディングは、仕様どおりにLPを組み立てる作業をします。

なぜなら、ランディングページ(LP)では商品の魅力を訴求をするときに、お客様が用意したLPのイメージをサイトに反映していくからです。

通常のコーディングは、お問い合わせフォームを設置したり、ランディングページ(LP)の背景に動きをつけるプログラミング処理をする場合に用います。

3.カスタム投稿フィールド

カスタム投稿フィールドとは、Wordpressの入力フォームを「タイトル」と「本文」以外に追加することをいいます。

例えば、不動産サイトの場合、本文に必須項目(場所、築年数)を入力できますが、毎回入力するとなると大変です。

カスタム投稿フィールドを使うと必須項目を任意のフォームとして作成できるので、記入漏れなく入力更新がしやすくなります。

4.カスタム投稿

WordPressの投稿タイプは、単体でなる固定ページと、タグやカテゴリで分類できる投稿ページがあります。

既存の投稿ページとは別にジャンルを作ってカテゴリ分けをしたい場合に、カスタム投稿が使えます。

カスタム投稿とは、固定ページと投稿以外に「投稿を作る機能」です。

カスタム投稿を使うと、ニュース投稿追加などのカスタマイズができ、通常の投稿とジャンルが分かれているので更新と分類もしやすい特徴があります。

5.レスポンシブWebデザイン

レスポンシブWebデザインは、ユーザーがPCやタブレット、スマートフォンなどの異なる画面サイズで見ても、最適な状態で表示することをいいます。

端末のサイズに応じてCSSを切り替え、ひとつのHTMLで複数の表示を可能とします。

個別でスマホ用のページを作るとアクセスするサイトが分散しますが、レスポンシブ対応をすると、一つのサイトにあらゆる端末のアクセスが集中するため、検索エンジンから評価されるようになります。

wordpress-コーディング-練習WordPressのコーディングを練習するための全ステップを丁寧に解説

WordPressコーディング代行会社の比較10選

wordpressロゴ

WordPressコーディング代行会社にはどういった特徴があるのでしょうか。

ここからは、各コーディング会社のサービスについて解説します。

  1. コーディングアライブ
  2. くまWeb
  3. コーディングパック
  4. コーディングベア
  5. クロノドライブ
  6. WordPress制作工房
  7. 株式会社インスパイアデザイン
  8. More Web
  9. ファストコーディング
  10. ココナラ

自分の依頼したい作業に対応してくれるのか確認しておくことが重要です。

以降で、それぞれのサービスの特徴をみていきましょう。

1.コーディングアライブ

アライブ株式会社は、15年以上Webサイト開発をおこなっており、コーディングサービスを提供している会社です。

高度なアニメーションを使った動的WEBサイトの実装を得意としています。

WordPressの実績が豊富で、Wordpress構築からランディングページやレスポンシブデザインのコーディングに対応しています。

公式サイト:コーディングアライブ

2.くまWeb

くまWebは、コーディング業務に特化したサービスを提供している代行会社です。

CMS構築を得意としており、Wordpressコーディング実績も300件を超えています。

部分的なコーディングから100ページ以上までも得意とし、月額固定で既存サイトの運用にも対応しています。

公式サイト:くま web コーディング代行

3.コーディングパック

コーディングパックは、WEB制作会社、システム開発会社、企画制作会社向けにHTMLコーディングやレスポンシブ対応、ワードプレス制作サービスを提供しています。

お客様からのデザインデータをもとにホームページ構築(コーディング)、システム(Wordpress)の導入、カスタムフィールドの設定まで一括で対応可能です。

WEBデザイン制作にも対応しているので、コーディングとデザインのリソースが不足している会社をサポートします。

公式サイト:WordPress制作 – コーディングの外注・代行なら

4.コーディングベア

コーディングベアは、Wordpress等のCMSコーディングからカスタマイズまで対応しているコーディング代行会社です。

カスタム投稿やカスタムフィールド設定、レスポンシブ、ランディングページなど、公式サイトには見積もり事例が多く掲載されています。

動的サイトにも対応しているので、動きのあるWEBサイトが作成可能です。

公式サイト:コーディングベア

5.クロノドライブ

クロノドライブは、2000年よりコーディングに特化したサービスを提供しています。

WordPressの新規構築から既存のコンテンツ修正やカスタマイズまで幅広く対応可能です。

WordPressのテンプレートデザインにおいても対応できるので、さまざまな視点からWordpress制作のお悩みを解決します。

公式サイト:クロノドライブ

6.WordPress制作工房

WordPress制作工房は、Wordpressホームページ制作を代行する会社で、制作工程によって4つのプランを用意しています。

アフターサポートも充実しており、有料ではありますが、操作マニュアルの制作や後々のカスタマイズにも対応可能です。

ユーザー視点で更新しやすいカスタマイズを実施しています。

公式サイト:WordPress制作工房

7.株式会社インスパイアデザイン

株式会社インスパイアデザインは、2008年に創業したWordpressに特化した会社です。

制作工程に合わせて3つの料金プランがあり、HTMLやデザインデータがあれば、Wordpress化に反映します。

プラグインに頼らない独自開発をおこなっているため、納品後のアップデートでトラブルが起きた事例が一度もありません。

公式サイト:WordPress制作代行【外注をお探しの方はコチラ】 | 株式会社インスパイアデザイン

8.More Web

More Webは、全国対応可能なWordpress&コーディング外注サービスをおこなう会社です。

忙しくてコーディングまで手が回らないWeb制作会社やデザイナー向けの支援をしています。

WordPressに関することなら、なんでも対応しており、WordPressのオリジナルテーマも販売しています。

公式サイト:More Web

9.ファストコーディング

ファストコーディングは、Webデザイン・制作会社向けのWordpress制作代行サービスです。

SEOに強いHTMLコーディングに対応しているので、SEO対策もできると好評です。

リピート率が96.2%と高く、コーディング実績も豊富なので、安心してお任せできます。

公式サイト:FASTPRESS

10.ココナラ

ココナラとは、得意を売り買いできるスキルマーケットのWebサービスです。

WordPressのコーディングスキルを持つワーカーが多く登録しています。

これまで紹介してきた会社よりも金額は安い印象ですが、レスポンシブデザインに対応していたり、カスタム投稿やお問い合わせフォームの実装などにも対応してくれます。

中には初心者ワーカーや、相場よりも高単価で案件を受注するワーカーもいるので注意してください。

納品される成果物の質を保証するためにも、契約前にかならず相手の評価を確認しておきましょう。

高評価なことはもちろんですが、これまでの案件の実績数も重要になります。

公式サイト:ココナラ

WordPressコーディング代行の料金相場

ウェブデザイン

WordPressコーディング代行の料金相場は一定ではありません。

なぜなら、プラン込みの提示価格や、動的・静的サイトで異なる場合など、作業単位が会社ごとに違うからです。

公式サイトでは、下記のように項目ごとに金額が設定されています。

トップページコーディング 20,000円~30,000円
下層ページコーディング 6,000円×ページ数
流し込みページコーディング 2,000円~(CSSを全く触らない場合)
ランディングページ(LP)コーディング 20,000円~(約A4 3枚程の場合)
メールフォーム実装 30,000万円~
操作マニュアル作成 12,000円~
レスポンシブWebデザインコーディング 設計料 25,000~
1ページ 3,980円

また、同じ依頼項目でも会社によって対応してくれる作業量が異なるので、あらかじめリサーチしておく必要があります。

気になる会社があれば見積もり依頼もしくは電話にて問い合わせてみましょう。

WordPressコーディング代行を利用する4つのステップ

ウェブデザインとプログラミング

WordPress制作会社にホームページ作成を代行してもらう場合、どのような手順で進めればよいでしょうか。

ここからは、WordPressコーディング代行を利用する流れについて解説します。

  1. お見積り
  2. 用意するもの
  3. 納期の目安
  4. 納品

以降で、それぞれ詳しく解説していきます。

1.お見積り

見積りは無料でおこなっていることが多いです。

なので、公式サイトからお問い合わせフォームに入力するか、電話で見積り依頼をしましょう。

  • 希望納期
  • ページ数
  • 希望サイト種類(レスポンシブサイト、PCサイト、スマートフォンサイト)
  • 予算感
  • デザイン入稿希望
  • 参考サイトURL

上記のような質問内容に回答して進めていきます。

見積もりがでたら金額を鵜呑みにせず、作業内容と見合うのか確認するようにしてください。

2.用意するもの

提出するデータには、

  • デザインデータ(PhotoshopやIllustratorなど)
  • JavaScript/jQueryなどの参考サイトURL

などがあります。

お客様の希望どおりにランディングページ(LP)や処理を組み立てていくため、参考になるサイトやオリジナルデザインを提出します。

この際、デザインデータはできるだけ詳細に分かるものを渡しましょう。

納品後に修正を多く依頼すると、別途で料金が発生するケースがあるからです。

3.納期の目安

納期の目安は会社によって異なりますが、

  • WordPress構築 3営業日~
  • トップページ 1~3営業日
  • PCサイト、スマートフォン・タブレットサイト(10P以内) 5営業日

などの指定があります。

デザインデータを受け取ったら、コーディング開始です。

納期の目安は公式サイトに記載されていることが多いのですが、お見積りの段階でおおよそ決まってきます。

もし、至急対応となった場合は、別途費用が発生するので気を付けましょう。

デザインデータの提出が遅れる場合も、スケジュール調整することになるので、事前に連絡して進めます。

4.納品

コーディング作業が終わったら、次は確認作業です。

入金確認後に、お客様の指定サーバーか制作会社のテストページへアップロードして、ブラウザの表示やスペルチェックをおこないます。

修正作業が完了しましたら、納品となります。

WordPressコーディング代行会社の仕組みを理解してサービスを利用しよう

今回は、Wordpressコーディング代行会社について解説してきました。

まとめると以下となります。

  • WordPress制作ではWebサイトをカスタマイズできる
  • WordPressコーディング代行会社は、自分の条件に合わせて決める
  • コーディング会社に依頼する際はデザインデータを用意する

WordPress制作を依頼すると、ランディングページやカスタム投稿フィールドの設定などを一括で代行してくれます。

もし、コーディング会社に迷った際は、制作実績のサイトや希望プランなどを確認して見積りの相談まですると安心です。

デザインデータがあると進めやすいので、今後Wordpressで管理をおこないたいなら、一度利用してみるのをおすすめします。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5