製造業を辞めたい6つの理由を紹介|辞めるべき人はどんな人?次の転職先は?

2022.07.19
製造業 辞めたい

「製造業の仕事がキツイ」
「今の仕事を辞めるにはどうしたら良いの?」

と思うことはありませんか?

製造業の仕事が思ったより辛いので辞めようとしても、本当に辞めるべきか、どうやって辞められるのかで迷ってしまいますよね。

では、製造業の辞め方や次の仕事はどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 製造業を辞める理由
  • 製造業を辞めるべきかどうか
  • 製造業を辞めるときのおすすめの転職先

について詳しく解説します。

この記事を見れば製造業の辞め方と次に何をすれば良いのかがわかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

製造業を辞める人に多い6つの理由

工場内

製造業とは部品を加工したり、製品を製造したりして、販売する仕事を指します。

ものづくりに、やりがいを感じられる仕事ですが辞めたいと感じる人も多くいます。

  1. 仕事が単調でつまらないから
  2. 人間関係が良くないから
  3. 体力的にキツイから
  4. シフト制で夜勤が辛いから
  5. 作業環境が良くないから
  6. 残業や休日の出勤が多いから

1.仕事が単調でつまらないから

製造業の仕事は、決められた作業を繰り返しおこなうことが多いです。

仕事が単調なことはさまざまな不満の原因となります。

例えば、

  • やりがいを感じられない
  • 自分の成長が見えない
  • 時間の経過が遅く感じる

などがあげられます。

単調な仕事を毎日繰り返すと、「仕事にやりがいを見いだせない」「自分は何のために働いているのだろう」と辞めたくなってしまう原因となっているといえるでしょう。

2.人間関係が良くないから

製造業の現場では、話の合わないメンバーがいるチームに所属したとしても、長時間一緒に過ごさなければなりません

なぜかというと、以下の理由があげられます。

  • 職域が限定されている
  • 同じメンバーで仕事をする
  • 外部の人と関わることが少ない

お互いが過度に意識してしまう環境だといえるでしょう。

また社員一人一人の年齢やバックグラウンドも幅広いので、気がある人と一緒になる確率も低いです。

あまり気の合わない人たちと、繰り返しの退屈な作業は、辞めたいと感じる人を増やしてしまいます。

3.体力的にキツイから

製造業の仕事を辞めたい理由の一つとして、体力的にキツイことがあげられます。

製造業の現場では、立ちっぱなしでの作業も多く、製品を出荷するための仕分けや梱包作業など、ときには重い荷物を運ぶことも必要です。

腰に負担がかかりコルセットをしながら働く方や寒い中で関節に痛みを感じながら荷物を運んでいる方もいて、精神的にもきつくなり、最後には辞めてしまいます。

4.シフト制で夜勤が辛いから

製造業の現場では、2交代・3交代制のシフト勤務で働くことがあります。

日によっての日勤・夜勤の入れ替わりは、続けていけば肉体的・精神的な疲労の原因となります。

苦にならない方もいらっしゃるようですが、身体に合わない方は辛いと感じて、辞めてしまう原因となっています。

5.作業環境が良くないから

製造業の仕事では、さまざまな環境下で作業をすることになります。

オフィスのように環境が整っている職場はまれで、夏は暑く、冬は寒い現場で長時間の労働が必要です。

また扱っている商品によっては、冷凍庫のような寒い場所や塗料などの匂いがキツイ場所に長時間滞在することにもなります。

普段と違う不快な環境で働くことでストレスがたまり、体調不良となり、辞めたいと感じる方がいらっしゃいます。

6.残業や休日の出勤が多いから

多くの製造業関連の会社では、納期が近い仕事が来た場合、社員の残業や休日出勤ありきで工程を組んでしまうことがよくあります。

例えば、

  • 急ぎの発注がきたとき
  • 需要が増加して、生産数を増やさなければならないとき
  • 機械などの故障により、前工程までが計画通りに進まなかったとき

など、ほぼ最後の工程に近い製造の現場で埋め合わせをしなければなりません。

どれだけ個々が計画的に進めていても、会社の意向で残業や休日出勤が増えることに耐えきれず、辞めたいと思う方が出てきてしまいます。

製造業に向いている・向いていないを判断するためのポイント

製造と供給網

製造業はメリットもデメリットもある仕事です。

少し嫌だと感じていても、続けたほうが良い方もいらっしゃいます。

あなたが製造業に向いているのか、そうでないのかを判断するために以下の基準をご用意しました。

  1. 単純作業が苦になる・ならない
  2. コミュニケーションが好き・嫌い
  3. 体力に自信がある・ない
  4. 収入が安定している・成果により変動する
  5. 性格が細かい・大雑把

あなたの考えと基準を照らし合わせて、今の仕事を続けるかどうかの判断材料としてください。

それぞれ見ていきましょう。

1.単純作業が苦になる・ならない

製造業は単純作業が多いです。

繰り返しの単純作業ができるかどうかは、製造業を続けるべきかの判断材料といえるでしょう。

繰り返しの単純作業が苦でないのなら、製造業に向いているといえます。

2.コミュニケーションが好き・嫌い

製造業は、コミュニティケーションをあまり取らずに働けます。

もちろん最低限のコミュニケーションはあるものの、製造業の現場では比較的人ととの関わりが少ないのが特徴です。

もし黙々と作業でき、人とのコミュニケーションを少なくしたいという方は、製造業に向いていると思って良いでしょう。

3.体力に自信がある・ない

製造業の現場は、「立つ」「歩く」ことが多い仕事です。

座ってじっとしているよりも、体を動かすのが得意な方は製造業の現場には向いているでしょう。

また体を動かすことが好きだとしても、怪我をしやすい人や体調を崩しやすい人は、製造業の現場にはあまり向いていないかもしれません。

4.収入が安定している・成果により変動する

製造業では、成果の有無を判断するのが難しいため、個別の成果で給与を変えることができません。

ただしその分、全体的に安定した給与がもらえるのが特徴です。

もし成績により大きく変動するよりも、時間を費やした分、安定して給与をもらいたいという方は、製造業に向いているといえるでしょう。

5.性格が細かい・大雑把

製造業の現場では、マニュアルが準備され、指示とおりに丁寧な仕事を求められることが多いです。

雑に仕事をしてしまうと、欠品や不良品の原因となってしまうからです。

発想が豊かで失敗を恐れずにチャレンジしたい方には、向いていない業務といえるでしょう。

性格が細かくて、きっちりとしている方に製造業は向いています。

仕事が合わないなら辞めるべき?判断基準と今すぐできる5つの対策

製造業を辞める前にもう一度考えるべきこと

工場作業

製造業の仕事は、悪いことばかりではありません。

「仕事が大変だから辞めたい」と思っても、辞める前に一度整理して考える必要があります。

こちらでは以下のとおり、辞めたいときに一度考えるべきポイントを整理しました。

  1. 辞めることが解決策なのかを考える
  2. 製造業に未練はないかを考える
  3. 辞める理由で前向きなものを考える

一つ一つじっくり考えて、本当に辞めてよいのかを検討することをおすすめします。

1.辞めることが解決策なのかを考える

なぜ今の会社を辞めたいのかを整理して、辞めずに解決する方法はないのかを一度考えてみましょう。

なぜなら辞めるということは、今まで積み重ねたキャリアを捨てることにも繋がるからです。

悩みと解決策の例をあげると、

  • 人間関係に悩まされているのなら、担当部署や職場を変更できないか
  • 体力的な疲れに悩まされているのなら、有給休暇を使って体を休められないか
  • 労働環境に悩まされているのなら、システムや教育制度の導入で解決できないか

などがあります。

辞めることを最優先とするのではなく、問題の解決を最優先とすることで何か新たな方法が見つかるかもしれません。

2.製造業に未練はないかを考える

製造業を離れる前に、一度製造業の良いところを整理して考えることをおすすめします。

参考までに、製造業のメリットを挙げると以下のとおりです。

  • 残業が少ない
  • 給与が安定している
  • 繰り返しの作業なので、いろいろと考える必要がない

このようなメリットがある製造業を本当に離れるのが、あなたによって良い選択かを検討してください。

3.辞める理由で前向きなものを考える

仕事を辞める理由は、ネガティブなものであることが多いでしょう。

ただネガティブな理由そのままを会社に伝えて辞めるのはおすすめできません。

なぜなら不満を伝えてやめようとすれば、会社も立場が悪くなるので、退職に反対される可能性が高くなるからです。

また会社がその不満を解消することを約束され、退職を取り消されてしまうこともあるかもしれません。

あくまでも辞めるのが目的なら、誰からも否定されない、前向きな理由を伝えるのが良いといえます。

製造業を辞めて転職するときの4つのコツ

物流

今の製造業界から抜け出したいという方に向けて、転職を成功させるコツをご紹介します。

ポイントは以下の4つです。

  1. 早いほうが良い
  2. 今の経験をまとめる
  3. 転職先探しを含めた情報収集
  4. 資格やスキルの習得を目指す

製造業界を辞めることが決まったのであれば、転職・退職に向けて早めに動き出しましょう

1.早いほうが良い

製造業に限りませんが、他業界への転職は、できるだけ早く進めるのが良いでしょう。

なぜかというと、

  • 若いうちであれば、ポテンシャルで採用される可能性があるから
  • 苦痛を感じている現職を辞めることで、気持ち的に楽になれるから
  • 長く勤めれば責任がついてくるので、辞めにくくなってしまうから

などの理由があげられます。

早いほうが辞めやすく、選択肢が多いということを覚えておきましょう。

すでに辞めることが決まっているのであれば、早い行動が大事です。

2.今の経験をまとめる

製造業でおこなってきた業務から、経験してきたことをまとめましょう。

経験をまとめる際には以下を参考にしてください。

  • どんな仕事や業務を担当してきたか
  • 印象に残る仕事は何か?なぜ印象に残っているのか?
  • 入社後にどのようなことを覚えたか?
  • 自分で勉強するのに使った本や参考書などはなにか?
  • 仕事で詳しい分野をあげるならどれか?
  • どんな人たちと関わり、どのようにコミュニケーションをとってきたか?

表彰されたことや成績がトップだったことなど、華やかなものばかりが経験となるわけではありません

ちょっとしたことでも学んだことは強みになりますので、できるだけ書き出すなどして整理してみることをおすすめします。

3.転職先探しを含めた情報収集

今の会社を辞めたいと思ったら、行動を起こす前に必ずたくさんの情報を集めましょう。

集める情報は、

  • 世の中の仕事や職種で、自分の経験を活かせるものや未経験でもできるもの
  • 具体的に募集している仕事はどんなものがあるか
  • なりたい職業に必要な資格はあるか

などになります。

情報が集まれば、次は何をすればよいのかが明確になってきます。

4.資格やスキルの習得を目指す

資格を取得して専門性を高めれば、他業界への転職が容易になるでしょう。

資格といっても、今までの仕事に関わる資格はもちろん、新しい分野のエンジニアの資格など、目指したいものによりさまざまです。

転職を試みているのなら、資格獲得により新しい業界にチャレンジすることをおすすめします。

製造業を辞めたい人向けのおすすめ転職先5選

スマートロジスティクス

製造業できつい仕事を頑張ってきた方は、もし経験そのものが役立たなくても、やってきたことは決して無駄ではありません

こちらでは、製造業で勤めていた方が転職するのにおすすめな仕事を5つご紹介します。

  1. 営業職
  2. 接客・販売業
  3. 公務員
  4. 事務職
  5. プログラマー・エンジニア

あなたの目標ややりたいことによって、職種は大きく変わります。

今後のプランを立てるにあたっての参考になれば幸いです。

1.営業職

営業職は、評価項目がわかりやすく、給与に反映されやすい職種です。

営業職のメリットとして、経験よりも

  • 人柄
  • コミュニケーション
  • フットワーク

が重視される場合があることがあげられます。

対してデメリットは、ノルマがあることや、時間ではなく成績で評価をされることなどです。

未経験の仕事にチャレンジしたい方で、労働環境よりかは給与アップを狙いたい方におすすめできる職種です。

2.接客・販売業

サービス系のお仕事で、接客や販売業などは、転職先としておすすめできる仕事の一つです。

とくに現職と関わりのある業界のサービスや商品の販売や接客であれば、いままでの経験をそのまま活かせます。

そのため接客業が初めてでも抵抗が少なく、コミュニケーションが苦になることもありません。

コミュニケーションが得意で、新たな業界にチャレンジしてみたいのであれば、接客・販売業はおすすめの仕事です。

3.公務員

公務員は、試験に合格さえすれば、未経験者でも転職できる仕事です。

公務員のメリットは、

  • 終身雇用
  • 安定収入
  • 整った労働環境

などになります。

給与はある程度年功序列で決まってしまいますが、公共機関に勤めることになるので、労働環境の整った職場で働きたい方におすすめです。

4.事務職

事務職は身体に大きな負担をかけずに働ける、未経験でも転職可能な仕事です。

必要なスキルとしては、

  • パソコンスキル
  • コミュニケーション
  • タスク管理

などがあげられます。

また事務職のメリットとして、在宅でできることや休みが取りやすいことがあげられます。

ただし成果の良し悪しの判断が難しいので、給与が大きく上がったりすることは少ないといえるでしょう。

体を酷使せずに、在宅ワークなどで働く環境を重視したい方にはおすすめです。

5.プログラマー・エンジニア

「プログラマーって難しそう」「エンジニアって専門的だから未経験だと無理なのでは?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

実はそんなプログラマーやエンジニアも、未経験で転職できる可能性がある仕事です。

なぜなら人材が足りていないので、教育環境が整え、プログラマーを育てようという動きがあるからです。

未経験を採用し教育をしていく企業や未経験の転職を支援するプログラミングスクールなど、活用できるものはさまざまです。

一度スキルを身につければ、転職先の可能性も一挙に広がります。

これを機に検討してみることをおすすめします。

まとめ:製造業を辞めたいのなら、できるだけ早めに行動しよう

本記事では、製造業を辞めたいと思っている方へ、よくある辞める理由や辞めるべきかどうかを判断するための情報を提供してきました。

  • 製造業を辞める理由は、業務内容についてや人間関係などさまざまなものがある
  • 製造業に向いている性格と向いていない性格があるので、あなたがどっちかを正しく判断することが大切
  • 製造業で頑張ってきた経験は他業界で活かせるものもある

製造業の仕事に面白みがなく、やめようと決断しているのであれば、早く行動するのが良いでしょう。

製造業で真面目にコツコツ頑張れたのであれば、違う業界にチャレンジしても必ず成功できるはず。

ぜひ新しい仕事にチャレンジしてみてください。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5