初心者が趣味でプログラミングを始める5ステップ!活用例やメリットをご紹介

2021.09.05

近年プログラミング技術は様々な目的で使われ、プログラマーでなくとも仕事でも活かせるような場面が増えてきました。
ビジネススキルとして身につけるために、プログラミング学習を趣味で始めることを考えている方もいらっしゃるかと思います。

「プログラミングを趣味で始めたいけど、どうしていいかわからない」
「趣味で始めるとどんなメリットがあるんだろう。何に使えるの?」
「趣味で始めて、仕事で活かせるまで続けられるか心配…」
など、思い悩んでいませんか。

今回の「WEBCAMP  NAVI」では、これからプログラミングを趣味で始めてみたいと考えている方に向けて、以下のポイントでお伝えしていきます。

  • プログラミング学習の始め方、学習方法
  • 趣味でプログラミングを始めるメリット
  • 趣味のプログラミングを継続させる秘訣

この記事は趣味でプログラミングを始める要領が掴めます。
入門書のようなものになっていますので、ぜひ参考にしてみてください 。

プログラミングを趣味で始めてみよう

皆さんはプログラミングを習得することでどのようなことができると考えますか?

最初にプログラミングを習得することがどんなことに活かせるのか、何ができるのかについて例をあげながら確認していきましょう。

プログラミングはこんなことに活かせる

趣味のプログラミングの主な活用例は、以下の4つがあげられます。

プログラミングを勉強することで、今から詳しく説明するWebサイトの作成」や「スマートフォンのアプリ作成」、「ゲーム作成」など、様々なことができるようになります。
これらを趣味として自主作成することはもちろん、副業として利益を出すこともできます。

また、プログラミング言語を用いて仕事効率化のツールを作ることもできるため、ビジネスツールの一つとしてプログラミングを学習することもできます。

以下にプログラミングを趣味にした場合の例をご紹介しておきます。

Webサイトの作成

ホームページやブログなどのWebサイトの作成が可能になります。
Webで提供している無料のブログサイトやWordPressといったものを使えば、プログラミングスキルがなくても簡単にサイトが作れます。

しかし、プログラミング技術を使うことで自分の思い通りにWebサイトを作ることができます。

例えば、HTML/CSSでサイトの構造やデザインを作り、JavaScriptが使えればクリック時の動作など、動きを付け加えることが可能になります。

プログラミングができることで、Webサイトに独自の動作を入れたり、サイト構造やデザインで操作性をより良くすることができるのです。

スマートフォンアプリの作成

プログラミングによって、スマートフォンやタブレットのアプリ開発をすることができます。
プログラム言語としてはiPhoneなどのiOSの場合「Swift」、Androidの場合は「Kotlin」が利用されています。

スマートフォンやタブレットのアプリ分野の市場は需要が高い業界といえます。
個人が制作したアプリが日本、あるいは世界で数百万ダウンロードされたという事例も多くあります。

ゲームの制作

企業ではなく、個人レベルでもプログラミングを使ってゲーム開発ができる時代です。

例えば、「Unity」というゲーム開発環境があります。
WindowsとMacの両方に対応しており、無料で利用できます。
2Dゲームはもちろん、なんと3Dゲームまで作ることができるのです

ゲームエンジンの中でもUnityは一番使用されており全世界で100万人の開発者が使用しています。
最近では「ポケモンGO」に使用された事でも有名です。

Unityを使ってみたいという方のために、詳しい記事をご紹介します。

【初心者向け】Unityでプログラミングを学ぶ4つのステップ

仕事効率化のツールとして使う

プログラミングを学びプログラミングが組めるようになると、仕事の単純作業を効率化することができるようになります。
趣味が会社で使えるなんて、とってもお得感がありますよね。

ビジネスシーンで役立つ言語に、例えばVBAがあります。

VBAはマイクロソフトオフィスのソフトであるエクセルで使用できるプログラミング言語です。
VBAを活用すれば、手動でおこなうと数時間かかってしまうような作業を自動化し、あっという間に処理することができてしまいます。
もちろん自宅でエクセルを活用している方も活用できますよ。

以下はVBAの学習方法について詳しく書かれた記事です。
ぜひ参考にしてみてください。

本棚とパソコン【初心者・入門者向け】ExcelVBAプログラミング3つの学習方法

趣味でプログラミングを学習するメリット

趣味のプログラミングはプライベートだけでなく、仕事でも活かせることがわかっていただけたかと思います。
もちろん自分の為だけに趣味をするのもいいですが、好きでやっていることが自分のキャリアにつながれば更に嬉しいですよね。

このように実は趣味のプログラミングを生かすことで、副業や転職、就職に関するメリットもあるのです。

Webサイト作成が副業につながる

プログラミングを趣味として始めてみたいと思っている方であれば、Webサイトを作ってみたいと考えている方も少なくないのではないでしょうか?

簡単なWebサイトであればマークアップ言語のHTMLとCSSで作れてしまうのですが、プログラミング言語を習得すればより魅力的なサイトを作れるようになります。

また、Webサイトの作成で副業が可能になります。
クラウドソーシングサービスを利用することで、案件を受注し収入を増やすことが出来ます。

「Webサイト作成で副業を始めたい」また「クラウドソーシングっって何?」と思った方は次の記事をご覧ください。

プログラミング 副業プログラミングの副業で稼ぐには?クラウドソーシングの活用が不可欠

就職・転職に有利に働く

プログラミングスキルを身につければ、就職や転職にも有利になります。

プログラマーに転職するのももちろん良いですが、今までの仕事の経験や実績を活かして、更に上流の仕事につくこともできます。
プログラミング×〇〇のスキルを考えると、また違ったキャリアが見えてくるかもしれません。

IT業界に転職を考えている方は以下の記事が参考になるかと思います。

フリーランスとして働ける

プログラミングを趣味として学び、副業としてある程度稼げるようになれば、会社員を辞めても個人で稼ぐことも可能です。

ただ、一度就職や転職を通じて実務経験を積んでいないと、なかなか単価が上がりづらい面はあります。
できれば趣味として学んだ後、実務経験を1〜2年ほど積むのがおすすめです
そうすることで、単価の高い仕事ができるようになり、安定した収入を得ることができます。
スキルや実績によっては、会社勤めよりも良い収入が得られるかもしれません。

時間も場所も拘束されないフリーランスへの道も考えてみてはいかがでしょうか?
以下の記事を読んでいただくと、フリーランスのプログラマーで働くことについて詳しく知ることができます。

【最強マニュアル】フリーランス プログラマ―への近道はコレだ

プログラミングはどうやって学習するの?

初心者がプログラミングを学習する方法は、独学もしくはプログラミングスクールに通うという2つの選択肢があります。
学習方法については、この記事の中盤で更に詳しく説明していきますが、ここでも少しみていきましょう。

独学でも学習方法は様々で、学習サイトや動画学習、書籍などがあげられます。
特に学習サイトは、無料で始められるものもあるため、気軽に始められるのがメリットです。

プログラミングスクールは、決められた期間でシラバス通り学習ができるため、計画が立てやすいです。
質問できる環境があり、わからないところがすぐに解決できるため挫折の心配がありません。
転職者に向けたキャリアサポートをしているところもあります。

プログラミングスクールの中でも例えば「DMM WEBCAMP」では、最短3ヶ月で学習を終えることができます。
プログラミングに詳しいメンターにわからないところは何度でも質問ができる環境が整っています。


プログラミングスキルを身につけて、アプリケーションWEBサービスを作りたい方へ!
国内最大級のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】では、
✔受講生の97%が未経験からのスタート!
✔︎未経験からでも実践的なスキルが身に付くカリキュラムを用意!
✔︎一人一人に合わせた学習計画で、挫折することなく学習できる!

短期間で効率的にスキルが身に付くカリキュラム

プログラミングを趣味にする目的一覧

皆さんは、プログラミングを使って何がしたいですか?
前章を参考に考えてみてください。

プログラミングを趣味にするにあたって、目的を持つことがとても大切です。
明確な目的を持つことは、プログラミングを習得するのモチベーションにもなりますよね。

以下に主なプログラミング学習の目的をあげました。

・Webサイトをつくってみたい

・スマホアプリをつくってみたい

・ゲームをつくってみたい

・日々の業務を効率化するツールをつくりたい

・ロボットをつくってみたい

・エンジニアとのコミュニケーションを円滑にしたい

・プログラミングで仕事をしたい

・市場価値の高い人材になりたい

いかがでしょうか。

上記の他にもプログラミングを趣味にする目的は考えられるかと思います。
あなたなりの目的を考え、それを軸にしてこれからの学習に役立ててみてください。

初心者がプログラミングを学ぶ流れ

それでは実際に初心者が趣味としてプログラミングを始める方法を、順番にみていきましょう。

STEP.1
STEP.1
目的を決める
はじめに自分はプログラミングで何を作りたいのか、どんなことを達成したいのか目的を決めましょう。
目的が決まることで、何をすれば良いのか今後の予定が立ってきます。
STEP.2
STEP.2
学習する言語を決める
目的が決まれば、それが達成できるプログラミング言語を決めます。
最初から難しい言語に手をつけてしまうと挫折につながる可能性があるため、慎重に選びましょう。
次の章で初心者にオススメの言語もご紹介します。
STEP.3
STEP.3
学習方法を決める
プログラミング習得はまず独学かスクールに通うかで学習方法を選択します。
このSTEPも趣味を習得する上で重要なので、慎重に選びましょう。
学習サイトや書籍でプログラミングは独学が可能です。
またスクールに通えば、確実にものになるプログラミング学習が可能です。
学習方法に関しても、この記事の後半で改めて紹介します。
STEP.4
STEP.4
開発環境の構築をする
書籍などで勉強する場合は、プログラミングを実行するための環境構築の必要があります。
一部学習サイトなどでは全てブラウザで完結するものもありますので、このSTEPは必要に応じて行ってください。
STEP.5
STEP.5
プログラミング学習を始める
ここまでできればあとは勉強していくだけです。
目的を見失わず、根気よく学習を続けてみてください。

ざっくりとイメージは湧いてきたでしょうか。

この流れに沿ってプログラミングの習得に取り掛かってみてください。


未経験からホームページWEBアプリケーションが作れるようになりたい方へ!
国内最大級のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】は
✔受講生の97%が未経験!
✔分からないことは、チャットやビデオ通話で講師に好きなだけ質問可能!
✔通学不要!スキマ時間でプログラミング学習ができる!

目的別で選べる3つのコース

目的別!初心者向けのプログラミング言語

プログラミング習得の流れを理解したところで、フローSTEP2の「プログラミング言語」に焦点を当ててみていきましょう。

初心者向けのプログラミング言語を目的別にまとめました。
実際に、言語を選択する上で参考にしてみてください。

Webサービスを作りたい

HTML/CSS

HTMLはWebサイトを制作する上で必ず必要になる、サイト構造の中でも土台の役割を果たしています。

具体的には文字、画像の表示や文章を構成するための言語です。
HTMLはほぼ全てのWebサイトで使用されており、ソースを確認することも可能です。

HTMLのソースコードを確認したいWebサイトを表示させ、右クリックすると、「ページのソースを表示」というメニューが表示され、選択することで新たなブラウザが開かれ、HTMLのソースコードを確認できます。

一方でCSSは、文字の大きさや色、配置を変更や背景を設定し、Webサイトを美しく、また使いやすく装飾することができます。

最近では、スマホでWebサイトを閲覧する機会が増えているので、Webでもスマホでもみやすいレスポンシブデザインというものが主流になっています。

【初心者向け】HTMLとは?たった6つのステップで身につくプログラミング学習 【初心者向け】CSS(スタイルシート)基本の書き方を5ステップで解説

JavaScript

マウスを乗せたボタンの色が変わったり、ポップアップが出現したりなど、主にWebサービスに動きを加えるために使われるプログラミング言語です。

Webエンジニアにとっては必修と言える言語でWebサービスを作る上では欠かせません。
Webアプリケーション開発、ゲーム開発などができます。

JavaScriptとHTML/CSSを組み合わせて、iOSでもAndroidでも使える「ハイブリッドアプリ」が開発できます。

【JavaScriptの独学方法を1から解説】オススメ本や学習サイトまで詳しく紹介!

Ruby

Rubyは日本人によって開発されたプログラミング言語です。
スクリプト言語といって、簡単にいうと、プログラムを比較的簡単に実行することのできるプログラミング言語です。
そのため初心者でも身につけやすいのがRubyの特徴です。

Webアプリケーションの開発にRubyは多く使われています。
私たちの馴染みの深いものであると、「クックパッド」はRuby on Railsを用いて作られました。

初心者がRubyの独学を最短で成功させるためのマル秘情報

Python

コードが非常にシンプルで文量も少なく、誰が書いても同じコードになるため読みやすいといった特徴を持つ、現在人気急上昇中のプログラミング言語です。
初めてプログラミングを学ぶ人でもPythonはおすすめのプログラミング言語です。

「YouTube」や「Instagram」など世界的に有名なサイトの開発にもPythonが用いられています。

Webアプリケーション開発などにも使えるので、学んでおけばいろんな分野に活かせます。
特に、人工知能についての技術を身につけたいと考えている人は学ぶべき言語です。

Pythonエンジニアに未経験でなる4つの方法とおすすめスクール

モバイルアプリケーションを作りたい

Swift

2014年にApple社が開発したプログラミング言語です。
それ以前は、iPhone/iPad向けのアプリを作る時はObjective-Cという言語を使っていましたが、よりシンプルな開発を可能にした言語としてSwiftが誕生しました。

iPhone/iPad向けのアプリを開発するのであれば、Swiftは必ず学んでおくべき言語です。

スマホとパソコン【初心者向け】Swiftでアプリ開発をする7つのステップ

Kotlin

Googleが発表したAndroidの公式言語がKotlinです。

Javaの後継となる言語として誕生し、JavaでできたAndroidアプリの制作がKotlinでもできます。
Javaで書くと長くなってしまったコードでもKotlinであれば短くすることができ、開発がしやすい言語となっています。

ゲームを作りたい

Java

JavaはOSに依存をしないため、どんな環境でもソフトを動かすことができます。

また、Javaはサーバーサイドでも活躍しています。
ゲームだけでなくWebサイトでも使われており、どんなものにも搭載されているマルチな言語であるという事ができるでしょう。

Javaは初心者には少し難しいプログラム言語ですが、JavaはUnityを使ったゲーム制作に用いられる言語でもあります。

iPhoneアプリゲームやWeb向けゲームを作りたいのであればJavaにも挑戦してみましょう。
Unityでのゲーム開発はC#でも可能です。

虹色に光るMac【初心者向け】Javaでゲームを作るための5つのステップ

初心者におすすめのプログラミング学習方法

プログラミングスキルを身につけることでさまざまなことに活用できるようになるうえに、就職や転職でも有利になるということがわかったところで、実際にプログラミングスキルを身につける方法についてみていきましょう。

プログラミングスキルを身につける定番の方法は本」「学習サイト」「プログラミングスクール」の3つです。
「本」「学習サイト」は独学でプログラミングを習得するスタイルです。

定番の勉強方法「本」

とにかくプログラミングに触れてみたいのであれば、一番気軽に始められる本でプログラミングの勉強を始めてみましょう。

プログラミングに関する本はたくさん発売されているので、近所の本屋さんにいけば自分にピッタリの本を見つけることができるはずです。

ただし種類がたくさんあり迷ってしまうかと思うので、ネットで調べるなどしてあらかじめいくつか候補をあげておくと良いでしょう。

プログラミングの独学は本で学習すべき!?初心者にも最適な本をご紹介!

感覚的でわかりやすい「学習サイト」

本で勉強するより実査に手を動かしながら学んでいきたいという方には、Web上で実際に手を動かしながら学べる学習サイトがおすすめです。

学習サイトでは実際にコードを書きながらプログラミングを学んでいくことができるので、よりスムーズに学べます。

学習サイトには無料のものと有料のものがあります。
まずは気軽に無料のものから始めてみて、もっと学んでいきたいと思えるのであれば有料のものに切り替えていくといいかと思います。

プログラミング 独学 サイト【徹底比較】プログラミングを独学する!おすすめ学習サイト10選をご紹介

確実にスキルを身につけたい方におすすめ「プログラミングスクール」

確実にプログラミングスキルを身につけてガンガン開発していきたいと考えている方には、プログラミングスクールがおすすめです。

プログラミングスクールは受講料がかかりますが、一番早く一番確実にプログラミングスキルを身につけることができる学習方法です。

『つまずいている時間がもったいない!』と思う方にはプログラミングスクールでの学習をおすすめします。

以下の記事ではプログラミングスクールの選び方や主要プログラミングスクールを徹底比較しています。
プログラミングスクールでの学習を考えている方は参考にしてみてください。

プログラミングスクール おすすめプログラミングスクールのおすすめ厳選9校を徹底比較【2021年】

「DMM WEBCAMP」の短期集中講座では、3ヶ月間の学習で「個人学習」「チーム開発」「ポートフォリオ制作」を経験し、短期間でエンジニアへ転職することができます。
また専門技術講座は、短期集中講座での学習内容に加え、AIまたはクラウドの最先端領域の知識・スキルを4か月間で習得する講座です
どちらの講座もプロのキャリアカウンセラーが転職サポートを生徒一人一人に行うなど、徹底したサービスを保証します。
ぜひ一度、無料のカウンセリングにご参加ください。

\参加者満足度99%
無料カウンセリングに申し込む
※最短1分で申し込み可能

趣味のプログラミングを継続させる秘訣

これからプログラミングを習得するわけですが、趣味で始めるとなると継続できるのか気になりますよね。
どうせ勉強をするのであれば、ある程度の使いこなせるようになりたいですよね。

そこでこの章では、プログラミング習得の途中で挫折しないコツについてご紹介します。

明確な目的や目標を持つ

何のためにプログラミングを学び、開発をするのか、明確な目的を持ちましょう。
漠然とした目的がないまま学習を始めてしまうと、せっかく趣味としてスタートしてもすぐに飽きてしまったり、モチベーションが湧かなくなってしまったりと、結果的に学習の途中の段階で投げ出すことに繋がります。

「仕事の効率化させるツールを作る」といった何か具体的な目的をしっかり持っておくと、趣味としてプログラミングを続けやすくなります。

プログラミング仲間を見つける

自分と同じように趣味で、あるいは仕事でプログラミングをしている人たちとのつながりを持ちましょう。

仲間を見つける例としては、Web上のコミュニティーを使うことが一つあげられます。
Qiitaというサイトは、エンジニアリングに関する知識を記録・共有するためのサービスを提供する日本最大級のものです。
最初は人の記事を読むだけでもとても勉強になるかと思います。

他にも方法として、プログラミングスクールに通うことや勉強会に参加することもあげられます。
周りに自分と同じような人を見つけることは、勉強のモチベーションを保つことに繋がります。

仕事ではなく「趣味」というスタンスを持ち続ける

プログラミングは副業などのお金を稼ぐ手段、つまり仕事として十分に価値があるものです。

しかし、収入を目的にプログラミングをしてしまうと、プログラミングをすることに義務感が生まれてしまい、心から楽しめなくなります
また、思うように収入が得られなければ途中で挫折してしまう可能性があります

「ソースコードを書くのが好き」「自分の作ったシステムがきちんと動作するのが嬉しい」という風に、プログラミングの好きなところを大切にすると、趣味として継続しやすいです。

プログラミングは最高の趣味

いかがだったでしょうか。

今回の「WEBCAMP NAVI」では、これから趣味でプログラミングを始めてみたいと考えている初心者の方のために、プログラミングスキルを身につけることでできること、また、プログラミングの学習法について詳しく解説してきました。

記事のポイントをまとめると、以下の通りです。

  • 目的をしっかりと持ってプログラミングを趣味にする
  • プログラミングは趣味から副業をすることができる
  • 転職や就職にも役に立つ

プログラミングは学習を重ね、スキルを身につけることでさまざまなことができるようになる最高の趣味です。
今回紹介した内容以外にも、プログラミングスキルを上手く応用すればさまざまなことができるようになります。

プログラミング学習のフローを参考に、皆さんも是非プログラミングを趣味で始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

PAGE TOP

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5