アパレル店長を辞めたい。退職前の行動7選と転職先で活かせる5つのスキルを徹底解説

2022.09.26
アパレルの店長を辞めたい

「アパレル店長を辞めたい」
「店長職を円満退職するためには、一体どうしたらいいんだろう」

と思うことはありませんか?

アパレル店長を辞めたいと考えても、店舗やスタッフを置いて本当に退職してもいいのか悩んでしまいますよね。

では、アパレル店長を円満に退職するためには、一体なにから始めればいいのでしょうか?

そこで今回は、

  • アパレル店長を辞めたい理由
  • 退職する前に取り組んでみるべきこと
  • アパレル店長をスムーズに辞める方法

について詳しく解説していきます。

この記事を読めば、アパレル店長をスムーズに退職でき、新しいスタートを切り拓けます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

アパレル店長を辞めたい6つの理由

アパレル 店長 辞めたい

アパレル業界での勤務は、お客様におもてなしをしながら、自分が働く商品のプレゼンテーションを求められます。

また店長となると、店舗の責任者として仕事の辛さや悩みに直面することは多いです。

ここではアパレル店長の退職にも繋がる、悩みの種やストレスの原因について解説していきます。

  1. 責任が大きい
  2. 仕事量が多い
  3. 土日が休めない
  4. クレーム対応がきつい
  5. スタッフとの関係性が難しい
  6. 本社と現場の板挟みになる

自分にも当てはまるものがないか、見ていきましょう。

1.責任が大きい

アパレル店長を辞めたい理由として、責任が大きすぎることが挙げられます。

なぜならアパレル店長は、店舗で何かしらトラブルが発展した際に、全責任を負わなければいけないからです。

具体的には、

  • 売上や在庫管理
  • スタッフの教育
  • ほかの店舗と実績を比較される

といった、自分の管轄である店舗で問題が起きた際は、責任を取らなればいけません。

このようなプレッシャーに耐えられず、店長を辞めたいと考える方は多いです。

2.仕事量が多い

アパレル店長の業務量が多いことから、退職を悩む方もいます。

その理由は、店長としての店舗の業務だけでなく、運営や本社との連絡も任されていからです。

仕事内容として、以下のような内容が挙げられます。

  • 出勤スタッフのシフト制作
  • 商品や在庫の管理・棚卸し
  • 売上やレジ誤差の確認
  • 本部とのやり取り
  • 全体ミーティングの出席

店長としての仕事量も多いため、ほかのスタッフに頼れず、ひとりでおこなわなければいけません。

そのため、業務量にきつさを感じて、アパレル店長を辞める方もいます。

3.土日が休めない

アパレル店長を辞めたい理由として、土日祝日が休めないことが挙げられます。

なぜかというと、衣料品の販売をおこなうアパレル業界の店舗は、土日祝日が繁忙期だからです。

もし店長が繁忙期に休んでしまうと、残された店舗側は、

  • 人手不足でお客様の対応に追われてしまう
  • レジ金の過不足の際に戸惑ってしまう
  • クレームが起こったときにスムーズに対応できない

など、さまざまな対応に困ってしまうことも。

ほかにも土日祝日だけでなく、ゴールデンウィークや年末年始といった連休に休めない店舗が、アパレル業界は多いと言われています。

土日だけでなく大型連休も休めないことに嫌気を差し、アパレル店長を退職する方も少なくないでしょう。

4.クレーム対応がきつい

アパレル業界でのクレーム対応は、店長が誠心誠意に対応が求められます。

店舗内や商品に対してお客様が不快や不満に思ったことに、店長が店舗責任者として円滑に対応しなければいけません。

実際によくあるクレーム内容として、以下の詳細が挙げられます。

  • 購入した商品が不良品だった、汚れていた
  • 担当したスタッフの態度が気に食わなかった
  • 購入商品が入っていなかった、違う商品が入っていた

このようなクレームが店舗で起きた際は、本部への連絡やお客様への迅速な対応が求められます。

自分が休みの場合でも対応しなければいけないため、不満と苛立ちが募ることもあるでしょう。

クレーム対応に精神的な辛さを感じて、アパレル店長を辞めたいと考える方は多いです。

5.スタッフとの関係性が難しい

アパレル店長を辞めたい理由として、店舗内で働くスタッフとの人間関係に悩まされることが挙げられます。

店長としての責任から、状況によっては指導や厳しい発言をしなければいけないからです。

たとえば、スタッフの教育ミスからクレームになった場合は、以下の詳細を確認した上で、今後の取り組みや解決方法について、具体的に指導しなければいけません。

  • 勤務していたスタッフの状況チェック
  • お客様やクレーム発生時の防犯カメラの確認

その結果から、お互いの働き方や関係性に影響が出る可能性は高く、今までの信頼関係にヒビが入ることも。

スタッフとの人間関係に悩まされることによって、店長職から離れたいと考える方もいるでしょう。

6.本社と現場の板挟みになる

本社や店舗のスタッフ、また利用するお客様の板挟みになることが、アパレル店長を辞めるきっかけになる方もいます。

なぜかというと、さまざまな人間関係に振り回されることによって、憂鬱になるからです。

具体的には、

  • 本部からの売上・実績向上と人件費削減の圧力
  • スタッフの信頼関係の構築や教育管理
  • お客様の対応やクレーム処理

といった、幅広い関係性を築きながら、自身の責任感の強い業務を遂行しなければいけません。

多くの努力をしても必ず報われるとは限らないこともあるので、本部と現場の板挟みに耐えられなくなり、店長を辞める方もいます。

仕事-できない-辞めたい「仕事ができないから辞めたい…」仕事ができないと思う理由と対処法5選を解説!

アパレル店長が辞めたいと感じたときの対処法4選

アパレル 店長 辞めたい

アパレルの通常業務だけでなく、店長職でのプレッシャーや業務量から「辞めたい」と感じることは多いです。

ここでは、アパレル店長を退職したいと悩んでいる際に、少しでもストレスを減らす方法について紹介していきます。

  1. 自己分析と店長のイメージを照らし合わせる
  2. スタッフの意見をすべて聞かなくてもいい
  3. マネージャーや友人に相談する
  4. しっかりとした休息を取る

精神的、肉体的に疲労を感じている方は、ひとつでも試してみてください。

1.自己分析と店長のイメージを照らし合わせる

アパレルの店長を辞めたいと感じたときは、自己分析と自分が持っている店長のイメージを照らし合わせてみましょう。

自分の立ち位置を理解することで、理想とどのようなギャップを感じているのか確認できます。

以下の内容を振り返ることで、自分に足りないものを理解できるでしょう。

  • 自分の長所を活かせているか
  • どのような店長になることを目指していたか
  • 自分が働きたい理想の店舗のイメージとはなにか

どのように改善すべきか整理することによって、そのままアパレル店長を続けるべきか、辞めるべきかも把握できます。

働き方に悩みを感じたときは、自己分析と店長のイメージを照らし合わせることをおすすめします。

2.スタッフの意見をすべて聞かなくてもいい

ストレスと削減するために、店舗のスタッフの意見をすべて解決しなくてもいいことです。

なぜなら店長だからといって、必要以上にすべての意見や悩みを叶えなくていいからです。

たとえば、スタッフの中には自分だけの主張をしてくるケースや、話を聞いて欲しいだけの事例もあります。

ですので「店長として」と考える必要はなく、すべての意見に答える必要もありません。

人間関係や部下の扱いは、大きなストレスの要因となるきっかけにもなるので、たまには流すことも大切です。

3.マネージャーや友人に相談する

アパレルの店長を辞めたいと感じたときは、マネージャーや友人に相談しましょう。

早めに相談することによって、仕事でのアドバイスや悩みを解決できるヒントを得られる可能性があります。

具体的には、

  • マネージャーであれば、仕事面について冷静に相談に乗ってくれる
  • 友人であれば、客観的にあなたに必要なことをアドバイスしてくれる

といった、それぞれのメリットがあるので、自分の話しやすい相手に相談しましょう。

また信頼関係の浅い店舗スタッフに相談すると、噂が立ってしまったり、誤解を招いたりと混乱を生む事例もあるので、避けるべきです。

店長の立場になると相談できる相手は限られてしまうため、信頼できる人がいるのであれば積極的に相談することによって、悩みの解決や心が落ち着きます。

4.しっかりとした休息を取る

ストレスを緩和する対処法のひとつとして、しっかりとした休息を取ることが重要です。

なぜかというと、店長職は業務量が多く、プレッシャーも強く感じやすいため、休める期間が通常のスタッフよりも短いからです。

もし無理を募らせてしまうと、精神的な不安定さから鬱病になり一生、働けなくなることも。

長めの休暇を取ることによって、

  • 心身ともにリフレッシュできる
  • 仕事に対しての意識が変わる
  • 店長職の退職について冷静な判断ができる

といった、多くのメリットを得られるので、有給消化を活用することをおすすめします。

人手不足で休むことが難しい店舗の場合は、マネージャーや本部の方に早めに相談した上で行動しましょう。

仕事-辞めたい-ストレス「仕事を辞めたい…」ストレスで限界がきたときの7つの症状や対処法を解説

アパレル店長を辞める前に必ず考えること3選

アパレル 店長 辞めたい

どのような仕事を退職する前には、必ず冷静な判断が必要です。

ここでは、アパレル店長が辞める前にどうやって判断をすべきなのか、具体的に解説していきます。

  1. 仕事のどこに不満なのか明確にする
  2. 店長を辞めて後悔しないか考える
  3. 今後のライフスタイルを見直す

辞めたい気持ちが日頃、強くなっている方は順番に考えていきましょう。

1.仕事のどこに不満なのか明確にする

アパレル店長を退職したいと考えている方は、仕事面のどこに不満を抱えているのか、はっきりしましょう。

仕事の嫌な面を明確にすることで、解決策が見つかる可能性があるからです。

具体的には、

  • 給料面での不満の場合、マネージャーや本部に相談してみる
  • 人手不足で困っている場合、新しい採用や広告に力を入れてみる
  • 店長としての孤立に悩んでいる場合、コミュニケーションを増やしてみる

など、それぞれの悩みにあった、対処法を見つけ出せます。

自分の不満や不安を紙に書き出すことによって、具体的な悩みを明確にしていきましょう。

2.店長を辞めて後悔しないか考える

退職に向けて行動する前に、アパレル店長を辞めた後に後悔しないか、考えることが重要です。

怒りに身を任せて、勢いで退職を決めてしまい後悔する事例もあるので、冷静に一度立ち止まることが大切です。

店長という立場は大変ですが、以下のような大きなメリットや経験も得られます。

  • スタッフの成長
  • 仕事に対してのやりがい
  • 繁忙期を乗り越えた達成感
  • 積み上げてきたお客様との信頼関係
  • 売上や実績を積んだ場合、本部からの評価

アパレル店長を辞めることによって、もう二度と手に入らない経験もあるので、本当に後悔しないか考えましょう。

3.今後のライフスタイルを見直す

アパレル店長を退職する前に、自分の将来プランを今一度、見直すことが求められます。

なぜかというと店長職の年収は、一般的に年収300万から400万と言われているため、転職先によっては収入が下がる可能性があるからです。

ほかにも転職のデメリットとして、

  • 築き上げてきたお客様とスタッフの信頼がなくなる
  • 個人の売上や目標達成でのボーナスを貰えなくなる
  • マネージャー昇格などキャリアアップできる道を失う

など、アパレル店長として努力したものを退職と同時に、手放すことが挙げられます。

このようなデメリットが発生した上で、転職活動をしなければいけないので、求人先の情報の見定めや貯金事情が重要になるでしょう。

長く続けられる仕事長く続けられる仕事に就きたい人必見!やるべきこととおすすめの仕事9つを紹介

アパレル店長が円満退職する4つの方法

アパレル 店長 辞めたい

店舗責任者として、多くのやりがいと楽しさを築いてきたものの、退職を決断したのであれば、早めに行動することが大切です。

ここでは、アパレル店長を円満に退職するための秘訣について、紹介していきます。

  1. マネージャーに3ヶ月前に退職の意志を伝える
  2. 繁忙期や異動前後の退職時期は避ける
  3. 新しい店長やスタッフに引き継ぎする
  4. 常連のお客様や取引先に挨拶する

どのように辞めるか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

順番に見ていきましょう。

1.マネージャーに3ヶ月前に退職の意志を伝える

アパレル店長が退職する際は、3ヶ月以上前にマネージャーや本部に報告しましょう。

店長が退職することによって、店舗の環境が良くも悪くも大きく影響されるからです。

早めに伝えなければ、引き継ぎ漏れが起きたり、お客様に迷惑をかけたりとトラブルに発展することも。

そのため3ヶ月以上前に、以下のような前向きな理由や引き止められにくい理由を伝えることがポイントです。

  • 新しい仕事に興味が湧いた
  • 家業を継がないといけなくなった
  • 親の介護をしなければいけなくなった
  • 恋人やパートナーが引っ越すことになった

このような退職の意思を報告することで、スムーズに辞めることが可能になります。

2.繁忙期や異動前後の退職時期は避ける

店長を円満に辞める際は、忙しい時期や後任者の異動直前での退職は避けるべきでしょう。

繁忙期や引き継ぎがおこなわれていない状態で退職することで、あなたの印象が一気に悪くなる可能性があるからです。

忙しい時期に辞めることによって、

  • 悪い噂が立ってしまう
  • お世話になったお客様に十分な挨拶ができない
  • 退職当日までに孤立した空気で過ごさなければいけなくなる

など、気持ちよく退職することが難しくなるケースが多く挙げられます。

また店長として、今まで積み上げてきた信頼や実績もなくしてしまう可能性もあるでしょう。

繁忙期が終わった後や、異動が落ち着いた頃に退職することで、円満にアパレル店長を退職できます。

3.新しい店長やスタッフに引き継ぎする

円満退職するために、新しい店長やスタッフに引き継ぎをしましょう。

「立つ鳥跡を濁さず」という、ことわざがあるように、自分の業務を後任者に伝えておくことが大切です。

以下の業務を口頭だけでなく、メモに残して伝えるといいでしょう。

  • シフトの作り方
  • 在庫の棚卸し
  • 商品の管理
  • 顧客の情報

引き継ぎ漏れがあると、自分が退職した後に連絡が来てしまうこともあります。

気持ちよく店舗を去るためにも、しっかりと引き継ぎをおこなうことが重要です。

4.常連のお客様や取引先に挨拶する

アパレル店長を退職するときは、お世話になっているクライアントや常連のお客様に挨拶を済ましておきましょう。

事前に辞めることを伝えておくことで、感謝の気持ちも一緒に伝えられるからです。

もしも何も知らせずに退職をしてしまうと、知らなかったお客様や取引先は、悲しい気持ちや苛立ちを感じることもあります。

また退職後に、なにかしらのきっかけで遭遇する可能性は0ではありません。

退職前に挨拶を済ませておくことで、お互いが気持ちよく再会できるでしょう。

仕事-辞めたい「仕事を辞めたい」辞めてもいい8つの判断ポイントと円満退職について徹底解説

アパレル店長の転職先で活かせる5つのスキル

アパレル 店長 辞めたい

店長として働いてきたものの別の企業や会社に勤める際に、自身のどのようなスキルが活かせるのか、気になる方が多いでしょう。

ここでは、アパレル店長が転職の際に活用できる知識と技術について、紹介していきます。

  1. ビジネスマナー
  2. 行動力
  3. 管理能力
  4. トレンド分析力
  5. コミュニケーションスキル

転職先に悩んでいる方は、必見の情報です。

あなたにどのようなスキルがあるのか、具体的に見ていきましょう。

1.ビジネスマナー

アパレルの店長が辞めた後に活かせるスキルとして、ビジネスマナーがあります。

ビジネスマナーとは、仕事を円滑に勧めるための重要なスキルと言われており、取得しているかどうかで転職先の好印象は大きく変わります。

一般的なビジネスマナーとして、

  • 社風に合った身だしなみ
  • 姿勢やお辞儀の角度
  • 名刺交換のスムーズな流れ
  • 明るい挨拶や電話の受け答え
  • 適切な言葉遣いやコミュニケーション

といった、礼儀作法がありますが、ほかにも「守秘義務や機密事項を守る」ことや「報告・連絡・相談の徹底」も挙げられます。

アパレル業界で店長をしたことから、培ってきたビジネスマナーの質は高いでしょう。

どの職場でも洗練されたビジネスマナーが求められるので、他業種に転職した際でも必ず役に立ちます。

2.行動力

アパレル店長が転職先で活用できるスキルは、行動力です。

自分から積極的に動ける行動力は、どのような仕事にも必要なものとなってくるので、転職した後でも活躍できる可能性が高いです。

またアパレル店長は、以下のような行動をおこなっていたため、多くの企業や会社に重宝されます。

  • お店の売上やノルマを達成するための計画
  • スタッフのやる気やモチベーションを高めるための行動
  • マニュアル制作や店舗の知名度を上げるための広告依頼

自らが率先して、さまざまな行動を取ることがアパレル店長は癖となっているので、幅広い転職先に求められる人材でしょう。

3.管理能力

管理能力は、転職先で有効活用できる大きなスキルです。

なぜならアパレル店長として、幅広い業務に関わっていたことで保守や運営に関連する知識が身に付いているからです。

具体的には、

  • 売上や顧客の管理
  • 在庫や備品の棚卸し
  • スタッフの管理や育成
  • シフトの調整やセール時の時間割

など、通常のスタッフよりも多くの作業をひとりでおこなうこともあったでしょう。

管理能力はどのような職種でも求められますが、学べる機会はそれほど多くありません。

ですが、アパレルの店長だったという経験が、ほかの転職希望者よりも優位に立てるポイントになります。

4.トレンド分析力

アパレル店長は、トレンド分析の能力を転職先で活用できます。

店長として働いた経験により、販売のスキルだけでなく、

  • 目に見える「観察力」
  • ものごとの本質を見抜く「洞察力」
  • 売上や客層から数値分析をおこなう「マーケティング力」

など、お客様の求めているものに気づくスキルを高めているからです。

たとえばアパレル業界では、常に以下のようなことを求められ、市場の動向、流行・トレンドに敏感でなければなりません。

  • SNSを使って日頃からおすすめ商品の紹介
  • ほかのブランドの人気商品や接客のチェック
  • お客様のニーズに合わせた最適な商品のプレゼンテーション

すなわち、トレンド分析能力がなけらば「アパレル店長は務まらない」と言えるほど高いスキルとなり、転職先での強みになるでしょう。

5.コミュニケーションスキル

転職先で大いに活用できるスキルとして、販売時でのコミュニケーション能力です。

アパレル業界では、お客様との信頼関係が売上に直結することから、日常的にコミュニケーション能力をフルに活用しています。

またアパレル店長は、とくにコミュニケーション能力が高いと言われており、以下のような特徴を持っている方が多いです。

  • 人の話の聞き方がうまい
  • おもてなしや優しさの気持ちが強い
  • スタッフへの目配り、気配りの能力が高い
  • 困っているお客様への的確なアドバイスができる

コミュニケーションスキルがあることによって、多くの人たちの信頼と好感を掴むだけでなく、さまざまな関係構築もできるので非常に高いスキルです。

アパレル店長を辞めたメリット3選

アパレル 店長 辞めたい

では、実際にアパレル店長を退職した際は、どのようなメリットを得られるのでしょうか。

転職することによって、アパレル店長のときから変わる特徴を見ていきましょう。

  1. プライベートが充実できる
  2. プレッシャーから解放される
  3. 将来性の不安がなくなる

ひとつずつ紹介していきます。

1.プライベートが充実できる

アパレル店長から転職したことによって、自身のプライベートの時間を充実できることが挙げられます。

なぜかというと転職をきっかけに、土日や大型連休の休みが可能となり、しっかりとした休暇を取れるようになるからです。

土日に休めることで、

  • 自分の趣味の時間をつくれる
  • 長期旅行や実家への帰省が可能になる
  • 家族や友人、恋人との時間を大切にできる

といった、今までは難しかったメリットを得られます。

アパレル店長から転職したことで、土日休みだけでなくプライベートの充実が可能になるでしょう。

2.プレッシャーから解放される

転職のメリットとして、プレッシャーから解放されることです。

アパレル店長は責任感の多い業務なので、転職することによって責任を負わなくてよくなります。

ほかにも以下のような、店長職の悩みに頭を抱えることも減るでしょう。

  • 本部からの圧力
  • 売上や在庫の問題
  • スタッフとの人間関係
  • お客様のクレームやわがまま

多くのアパレル店長の不満である、プレッシャーから解放されることは、大きなメリットに挙げられます。

3.将来性の不安がなくなる

アパレル店長から転職することによって、将来性の不安がなくなります。

なぜかというと接客業や販売職は、今後の日本にとって存在意義を問い直されているからです。

近年では、新型コロナウィルスの影響により、多くの業界が経済的困難に陥り、倒産や社員の解雇が起きました。

またアパレル業界では、

  • オンラインショップの利用が圧倒的に上昇
  • YouTubeやTikTokなど動画媒体での広告や告知
  • InstagramやTwitterによるSNSでの商品紹介

など、インターネットやSNSを活用したケースが増えているので、店舗や現場で働く方たちが不要と言われることも。

今後の自分の将来への不安が解消されることが、アパレル店長を辞めたメリットに挙げられます。

まとめ:アパレル店長を辞めたいと悩むときは、無理をしないことから始める

本記事では、アパレル店長を辞めたいと感じる方に向けて、退職前に考えるべきことや転職先で活用できるスキルについて解説しました。

  • アパレル店長の仕事量は多くプレッシャーも感じてきつい
  • 退職を決断した後は後悔しないか、将来のライフスタイルについて見直す
  • 転職した後にアパレル店長のスキルは、どの職場でも大いに活用できる

アパレル店長は大変な仕事ですが、やりがいや達成感を感じる職種でもあります。

退職を決断する前には、まず自分のストレスをなくす方法をひとつでも実行していきましょう。

友人やマネージャーへの相談や、しっかりとした休息を取ることで精神的負担が減るきっかけになります。

体に限界が来る前に、無理をしないことから始め、その上で本当に辞めるべきなのか判断していくことが重要です。

高収入の転職を希望する場合は、プログラマーやエンジニアがおすすめです。

DMM WEBCAMPでは、最短3ヶ月で専門的知識を学べるので、気になる方は無料カウンセリングに参加してみましょう。

新しい将来プランを考えた後に、退職を考えることもひとつの選択肢です。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5