【mac/windows】webデザインに適したパソコンを解説 | WEBCAMP NAVI
【7月枠も残りわずか】転職保証コース

【mac/windows】webデザインに適したパソコンを解説

机の上のパソコン

Webデザインの初心者がWebデザインを始めてみようと思ったときに必ず悩むのが、Mac(マック)とWindows(ウィンドウズ)のどちらのパソコンを選ぶべきなのかという問題です。

Webデザインの経験がある方や業務で取り組んでいる方であれば自分に合う作業をしやすい方を選ぶことができますが、Webデザインをやったことがない初心者の場合はそうもいきません。

そこでこの記事では、Webデザインを始めたばかりの初心者がパソコンを選ぶ際、MacとWindowsのどちらを選ぶべきなのかということについて、それぞれのパソコンのメリットやデメリットなどを比較しながら解説していきたいと思います。

Webデザイン用のパソコン選びに頭を悩ませていた方は、ぜひ参考にしてくださいね。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

 

Webデザイン用のパソコンを選ぶときの注意点

Webデザインようのパソコンを選ぶ際、ネットサーフィンをおこなう家庭用のパソコンを選ぶような感覚で選ぶのはおすすめできません。

Webデザインではデザインやコーディングなど専門的な作業をおこなっていくので、使用するツールも専門的なものになります。

そのため、一般家庭用のパソコンと同じものを選んでしまうとスペックが足りなくなってしまい、作業に支障が出てしまいます。

スペックが上がるため、Webデザインに適したパソコンは一般家庭用のものと比べると若干高くはなってしまいますが、スムーズにストレスなく作業を進めるためにも妥協はせず、しっかりと検討して選ぶようにしましょう。

Webデザイン初心者はMacとWindowsのどちらを選ぶべきか

Webデザイン用のパソコンを選ぶときの注意点について理解したところで、Webデザイン初心者はMacとWindowsのどちらのパソコンを選ぶべきなのかという点についてみていきましょう。

MacとWindowsそれぞれのメリット・デメリットを交えて解説していきたいと思います。

Macのパソコンのメリット

とにかく起動が早い

Macのパソコンの魅力といえば、電源を入れてから立ち上がるまでの起動やアプリの起動が早いというところにあります。

パソコンを触る機会多ければ多い人ほど、起動が早いという点は魅力的に感じるかもしれませんね。

直感的な操作でわかりやすい

直感的に操作できるわかりやすさもMacのパソコンの魅力の一つです。

MacのパソコンはWindowsのパソコンに比べ直感的に操作することができます。

スマホが普及している今、スマホと同じような感覚で操作できるMacのパソコンの操作性はかなり魅力的だといえるのではないでしょうか。

デスクトップをいくつも用意できる

Macのパソコンではデスクトップをいくつも用意できる機能があります。

アプリケーションやファイルごとにデスクトップを用意することできるので、デスクトップがごちゃごちゃすることがありません。

慣れが必要ではありますが上手く使いこなせればWebデザインの作業が格段に早くなりますよ。

マウスがなくても作業に支障がない

カフェなどで作業をおこなう場合ノートパソコンを使用する方も多いかと思いますが、Macのノートパソコンにはトラックパッドという機能が備わっており、ドラッグやフリックといった手の動作で操作することができます。

トラックパッドの魅力は、実際にMacのノートパソコンを利用してみると実感できるかと思いますが、慣れればマウスも必要なくなります。

トラックパッドもMacのパソコンを利用するメリットの一つだといえますね。

Macのパソコンのデメリット

Windowsに慣れていると操作になれるのに時間がかかる

Macのパソコンを最大のデメリットといえば、その独特の操作になれるまでに時間がかかるという点があげられます。

Macのパソコンは直感的に操作しやすいとメリットの項目であげましたが、Windowsのパソコンに慣れている方の場合、ところどころ操作方法が異なってくるので、慣れるまでに多少の時間が必要になるでしょう。

Macを採用していないデザイン会社が意外と多い

Webデザインの会社といえばMacで業務をおこなっているというイメージが強いかもしれませんが、業務にMacのパソコンを使用していないデザイン会社は結構あります。

紙面のデザインをおこなっている会社であればMacを採用しているところが多いのですが、Webのデザインを専門としている会社の場合、Windowsで作業をしている割合はとても多くなっています。

対応していないアプリがある

MacのパソコンでWebデザインをおこなうデメリットとして大きいのが、対応していないアプリがあるということです。

Macの人気が高まってきているとはいえ、パソコンのシェアはまだまだWindowsの方が多いので、Windowsにしか対応していないアプリやソフトもたくさんあります。

そのため、使用したいアプリやソフトがMacに対応しているのかを確認することが大切です。

Windowsのメリット

スムーズに操作できる

先ほども解説した通り、やはりパソコンのシェアはまだまだWindowsの割合が高くなっています。

Macのパソコンは触ったことがなくてもWindowsのパソコンは触ったことがあるという方は多いのではないでしょうか?

Windowsのパソコンの操作に慣れている人であればWebデザイン用にWindowsのパソコンを購入したとしても、スムーズに操作することができるでしょう。

ソフトやアプリが豊富

Macのパソコンに比べてWindowsのパソコンはシェアの割合が高いので、当然対応しているソフトやアプリも豊富に揃っています。

Webデザインに活用できるソフトやアプリのなかでも、Windowsにしか対応していないものも結構多いです。

Windowsのデメリット

アプリの起動に時間がかかる

WindowsのパソコンはMacのパソコンに比べ、本体の起動やソフト・アプリの起動に時間がかかります。

多少の違いでも作業をおこなっているときには結構な違いに感じてしまうものなので、この点はWindowsのパソコンの大きなデメリットだといえますね。

まとめ

MacとWindowsのどちらもおすすめ!自分に合う方を選ぼう。

Webデザインを始めたばかりの初心者の方のために、MacとWindowsのパソコンのどちらを購入するべきなのかといったことについて解説してきました。

メリットやデメリットをあげ比較してきましたが、Webデザインをするならこのパソコンという明確な決まりはありません。

また、今はMacのパソコンであってもWindowsのOSをインストールし、Windowsのパソコンと変わらない環境で使用することもできます。

ですので、今回紹介したメリットとデメリットを参考にして、より自分に合っていると思う方のパソコンを選ぶようにすると良いでしょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 12019年4月時点