【初心者向け】プログラミングの環境構築方法を丁寧に解説

2022.11.25
プログラミングの環境構築方法を丁寧に解説

「プログラミングの環境構築の方法を知りたい」
「プログラミング学習の環境構築が難しい」

と思うことはありませんか?

これからプログラミング学習を始めようとしても、環境構築の方法が難しいので迷ってしまいますよね。

では、プログラミング初心者はどのようなことに気を付けると、環境構築が上手くできるでしょうか?

そこで今回は、

  • プログラミングの環境構築の方法
  • プログラミングの環境を構築するためのツール
  • プログラミングの開発ツールを選ぶときのコツ

について詳しく解説します。

この記事を読めば、プログラミング学習を始めるための必要な環境がわかります

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

プログラミングの環境を構築するための3ステップ

プログラミング環境構築のための手順

環境構築とは、プログラミングができるように開発環境を整えること

プログラミングの開発環境はさまざまあるため、どのような手順で環境構築をおこなえばいいのか悩む人は多いです。

ここでは、プログラミングの環境構築の全体像を解説していきます。

  1. 備品を揃える
  2. プログラミング言語に適したツールを選択する
  3. 必要なツールをインストールする

初心者の方は、まずは全体像を掴んでから、細かい設定に進むとスムーズです。

それぞれ解説していきます。

1.備品を揃える

プログラミングの環境構築に必要な備品を理解しましょう。

わからないまま進めると、必要のないものまで購入してしまい、コストが膨らんでしまうからです。

例えば、パソコンとインターネット接続環境、テキストエディタはプログラミング学習に必要になってきます。

まずは、必要最低限なものから揃えてから、自分の目的に合った備品を追加していくと良いでしょう。

2.プログラミング言語に適したツールを選択する

プログラミング言語に適したツールを選択する必要があります。

その理由は、使用するプログラミング言語により、開発や実行に必要なツールが異なる場合があるからです。

例えば、Pythonを学ぶなら、Pythonの開発環境が必要になります。

使用する言語が特定されていない場合は、幅広い言語に対応しているものを選ぶと良いでしょう。

3.必要なツールをインストールする

必要なツールを選べたら、それぞれのOSに合わせたものをダウンロードし、インストールする必要があります。

ツールは正しくインストールしなければ利用できません

そのため、プログラミングの環境構築をおこなう際は、必ず自身のパソコンに合ったツールをインストールしてください。

プログラミング 作りたいものがないプログラミングで作りたいものがないときの探し方と学習ステップを解説

プログラミングの環境構築が難しい4つの理由

プログラミング環境構築に悩む女性

プログラミングの環境構築は、何も知らずに進めてしまい、結局やり方がわからず挫折してしまう人が多いです。

ここでは、プログラミングの環境構築が難しい理由を解説していきます。

  1. プログラミング言語やOSに合うツールがわからない
  2. ツールが多いので迷ってしまう
  3. エラーが多くて先に進めない
  4. ツールの設定ができない

多くの人が困ってしまうポイントを理解しておけば、スムーズに解決できるはずです。

では、見ていきましょう。

1.プログラミング言語やOSに合うツールがわからない

使用するプログラミング言語や、自身のOSに合うツール選びが難しいです。

使用しているOSや、プログラミング言語によって、

  • インストール不要で使えるもの
  • 専用ソフトをダウンロードするもの

など、いろいろとあるからです。

環境構築をする前に、正しいツールを選ぶように心がけましょう

2.ツールが多いので迷ってしまう

プログラミングの環境構築が難しい理由として、使えるツールが多いことがあげられます。

いろいろあって結局どれをインストールして良いかわかりにくいのです。

まずは無料で使えるものの中から、ピンときたもので始めてみましょう。

3.エラーが多くて先に進めない

ツールのインストール時や使用時に、エラーが出てくるのも困ってしまうポイントです。

エラーが出てしまうのは、

  • 使用しているOSとの相性が良くない
  • バージョンが古いものをインストールしている

などの原因が考えられます。

もしたくさんエラーが出てきてしまっても、焦らずひとつずつ解決することを心がけましょう。

4.ツールの設定ができない

ツールの設定も、多くの人がつまづいてしまうポイントです。

なぜならOSによってやるべきことが多かったり、少なかったり、設定方法が異なることがあるからです。

各ツールの設定方法を確認しながら、何のために、何をおこなっているのかを理解した上で、進めましょう。

【別検索意図】プログラミング やる気が出ないプログラミング学習のやる気が出ないのには原因がある!頑張れないときの対処法10選

プログラミングの環境構築に必要な設備・ツール7選

プログラミング環境構築のツール

ここでは、プログラミングの環境構築に、必要な備品やツールをご紹介します。

プログラミング環境を構築したいなら、最低限揃えておきたいものです。

  1. パソコン
  2. キーボード
  3. マウス
  4. ディスプレイ
  5. ネット回線
  6. コーディングツール
  7. プログラムの実行ツール

ひとつずつ見ていきましょう。

1.パソコン

プログラミング環境の構築には、パソコンは必ず必要です。

パソコンの中にツールをインストールして、開発を進めるからです。

パソコンには、主に以下3つのOSがあります。

  • Windows
  • Mac
  • Linux

どれでも構いませんので、手元にあるもので始めてみましょう。

2.キーボード

パソコンに付随して、キーボードも必要な備品です。

ノートパソコンであればキーボードはついていますが、デスクトップの場合は自分で用意しなければなりません。

パソコンがBluetoothに対応していれば、無線のキーボードも便利です。

お持ちのパソコンの機能によって、有線・無線のどちらかから選び、キーボードを準備してください。

3.マウス

マウスとは、パソコン上でカーソルを操作するための入力デバイスです。

ノートパソコンの場合は、マウスを使わなくてもカーソルを動かせますが、デスクトップではマウスがなければカーソルを動かせません

ただ、ノートパソコンだとしても、マウスの方が素早い処理ができるので、用意しておくことをおすすめします。

4.ディスプレイ

2つのディスプレイ(モニター)を使うと、作業範囲が広がるのでおすすめです。

なぜなら、コードを打ち込む画面と実行画面を分けることで、効率的に作業ができるからです。

  • ノートパソコンと、ディスプレイ
  • デスクトップパソコンと、ディスプレイ

このように、プログラミングを本格的におこなうなら、作業画面は広いほうが良いでしょう。

5.ネット回線

プログラミングをおこなう環境には、ネット回線は必要不可欠です。

なぜなら、以下のようなことがあるから。

  • 必要なツールのダウンロード
  • 開発したプログラムの実行
  • 情報収集

プログラミングの環境構築には、パソコンや付属品だけでなく、ネット回線も使えるようにしておきましょう。

6.コーディングツール

プログラミングは、パソコンにインストールしたコーディングツールでおこないます。

既存のテキストツールでもできないことはありませんが、コーディングツールにはプログラミングで使える機能がたくさん付いているからです。

例えば、以下のような機能が付いています。

  • コードのタイプミスを検知する
  • コードのテストができる
  • Githubなど外部機能と連携する

いろいろなソフトを立ち上げなくても、コーディングツールさえあれば、ほとんどのことができます。

なので、パソコンなどの備品を準備したら、必ずインストールしておきましょう。

7.プログラムの実行ツール

プログラミング環境の構築には、プログラムの実行ツールも必要です。

コーディングツールで書いたプログラムも、実行ツールがなければ実際のプログラムとして使用できません

例えば、HTMLやCSS、JavaScriptであれば、以下のようなWebブラウザで実行できます。

  • Google Chrome
  • Firefox

プログラムの実行ツールは、言語によって異なるので、適したものを準備するようにしてください。

おすすめのプログラミング開発環境ツール5選

プログラミング環境構築ツールを勧める人

こちらでは、5つのおすすめツールをご紹介します。

お使いの言語や、使用しているパソコンのOSにより適したものを選ぶ必要があります。

  1. Visual Studio Code
  2. Xcode
  3. Eclipse
  4. AndroidStudio
  5. PHPStorm

それぞれの特徴を見ていきましょう。

1.Visual Studio Code

Visual Studio Codeとは、Microsoft社が提供している無料のコーディング用テキストエディタです。

主な特徴をまとめると、以下のとおり。

  • Windows、Mac、Linux、どのOSでも対応
  • 日本語対応あり
  • ほとんどのプログラミング言語に対応

Visual Studio Codeでは、拡張機能によりあとから好きな機能を追加できるので、ほとんどのプログラミング言語に合わせて環境を整えられます。

とくに、初心者にはおすすめできるコーディングツールです。

2.Xcode

Xcodeとは、Apple社が提供している開発者向けの無料ツールです。

コード編集機能に優れているため、コード補完や検索機能の動作が早く、コーディングがしやすい特徴があります。

  • MacやiPhone、iPad向けのアプリケーション開発に特化
  • コーディングだけでなく、実行環境も用意
  • プログラミング言語はSwift

Swiftを使って、Apple系製品のアプリケーション開発をするならXcodeがおすすめです。

3.Eclipse

Eclipseは、コーディングと実行環境が備わっている無料の開発ツールです。

Eclipseには、以下の特徴があります。

  • 主なプログラミング言語は、Java
  • Java以外にも、C++やPHP、Rubyで使える
  • 外部ツールとの連携

Java言語がメインですが、プラグイン機能により、ほかの言語でも使えます。

とくに、Javaでの開発を考えているならEclipseで始めるのが良いでしょう。

4.AndroidStudio

AndroidStudioは、Google社がリリースしたAndroid開発ツールです。

Android端末上で動作するアプリを作るときに、使います。

  • Google公式のAndroid開発ツール
  • Androidスマホやタブレットのアプリに特化
  • 主な使用言語は、Java

Android製品のアプリケーションを開発する、Androidエンジニアに必須なツールです。

5.PhpStorm

PhpStromは、JetBrains社が開発したコーディングツールです。

特徴をご紹介します。

  • PHP言語だけでなく、JavaScriptやHTMLでも使用可能
  • ライセンスの購入が必要
  • コード補完機能に優れている

サブスクリプション型なのが難点ですが、PHP言語を学ぶ方で高機能なエディタを探しているのであればおすすめです。

プログラミング開発ツールを選ぶときのコツ

プログラミング環境構築のポイント

プログラミング開発ツールは、たくさんのツールがあるため、基準を定めないと選ぶのが難しいです。

ここでは、プログラミング開発ツールの選び方を解説します。

  1. サポートの充実度
  2. 利用者数
  3. 対応言語

それぞれ見ていきましょう。

1.サポートの充実度

開発ツールを選ぶのであれば、サポートの充実度を確認しておきましょう。

サポートが充実していれば、開発中のトラブルをすばやく解決できるからです。

まずは、以下のポイントを押さえてください。

  • 問い合わせ方法には、どんなものがあるか
  • 問い合わせの時間帯はいつか
  • 問い合わせは、日本語で対応可能か

サポートの充実度は、気に入ったツール毎にまとめておくと良いでしょう。

2.利用者数

ツールの利用者数を基準に、選んでみることもおすすめです。

なぜなら、利用者数が多ければ、現状の使い勝手はもちろん、情報の得やすさや機能の更新などにも期待がもてるからです。

ほしい機能が揃っているなら、利用者数の多いツールを選んでおけば間違いありません。

3.対応言語

開発ツール選びでは、対応言語も気にしておきましょう。

なぜなら、使用する言語により必要な機能が異なるから。

例えば、Pythonであればターミナル機能が付いているツールが良いでしょう。

C言語であれば、コンパイル可能なツールがおすすめです。

なので、開発環境は言語によって正しいツールを選んでください。

HTML&CSSサンプルコードおすすめ16選【コピペOK】HTML&CSSサンプルコード16選!サイトの参考などに

プログラミングの環境構築に関する2つのQ&A

プログラミング環境構築についての疑問

プログラミングの環境構築に関する、よくある悩みに答えていきます。

あとで困ったことにならないよう、事前に確認しておきましょう。

  1. 環境構築なしでもプログラミングを始められますか?
  2. プログラミング初心者の開発環境はWindowsとMacどちらがいい?

ひとつずつ解説していきます。

1.環境構築なしでもプログラミングを始められますか?

環境構築なしでも、プログラミングを始めることは可能です。

例えば、以下のようなオンラインのプログラミングサービスでは、ブラウザ上でコードが書ける環境が用意されていることがあります。

  • paiza.io
  • CodePad
  • PHP Sandbox

オンラインの環境は、始めたばかりの方におすすめできるサービスです。

プログラミング初心者には、オンラインサービスでプログラミングを学習しながら、ゆっくり自宅に環境を構築していくことをおすすめします。

2.プログラミング初心者の開発環境はWindowsとMacどちらがいい?

プログラミング初心者の開発環境は、使用する言語などが決まっていないのならMacがおすすめです。

なぜなら、Macの方がプログラムの実行環境が整っているからです。

例えばMacであれば、PythonやRubyなどは初期設定なく使えます。

Apple製品を作る際もMac上でのみ動作可能です。

Windows向けのアプリ開発など特殊なケース以外は、MacOS搭載のパソコンをおすすめします。

まとめ:プログラミングの環境構築は目的によって正しく選ぼう

当記事では、プログラミングの環境構築方法について一から解説してきました。

  • プログラミングの環境を構築するために必要なものを理解しよう
  • プログライングで必要なツールは、使用する言語や開発の目的に合わせて選ぼう
  • もし使う言語が決まっていないなら、OSはMacがおすすめ

プログラミングの環境構築は、知らずに進めても上手くいかないことが多いです。

学びたい言語や目的をしっかりと定めて、順を追って準備を進める必要があります。

プログラミングを学ぶ前につまづかないように、しっかりと確認して、ひとつずつ進めてください。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2022 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5