WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

組み込み系エンジニアがWeb系へ転職するときの4つのポイント

プログラミング教室・人気ランキング

順位 スクール名 こんな方におすすめ 公式サイト
   Web Camp 【業界最安値】1ヶ月通い放題/Webサービスなど作りたい方 公式サイト 
  TECH BOOST ブロックチェーン/AI/IoTコースあり/3ヶ月でエンジニアに! 公式サイト
Tech Camp Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方! 公式サイト
▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

現在組み込み系エンジニアとして活躍中の方で、Web系への転職を考えていませんか?

もともと人手不足なITエンジニア業界がスマートフォンやタブレットなどのデバイスが普及し、更にITエンジニアの需要が増えています。

ITエンジニアの中でも、特にWeb関係の需要が高く、給与面や社会的な地位についても高くなっています。

そこで今回は組み込み系エンジニアからWeb系への転職するポイントについて、解説していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

組み込み系エンジニアとWebエンジニアの仕事内容について

同じITエンジニアでも、組み込み系エンジニアとWebエンジニアでは製作するものはもちろん、重要視する点や使用するプログラミング言語などのスキルについても大きな違いがあります。

転職のポイントを解説する前に、それぞれの仕事内容について解説しておきます。

組み込み系エンジニアの仕事内容

組み込み系エンジニアの仕事は電子機器のCPUに組み込むプログラムを開発するのがお仕事です。

具体的には炊飯器や冷蔵庫などには小さなCPUがあり、それに組み込み系エンジニアが作成したプログラムを入れることでご飯を炊いたり、温度調整などが行えます。

IT化が進んでいる現在の日本でプログラマーを始めとするITエンジニアの仕事はミスが許されません。

現実は数千~数万行があるプログラムをまったくのミスがなく作成するのは困難な為、残念ながらバグが発生することは少なからずあります。

Webなどのシステムを更新することでバグを解消することができます。

しかし組み込み系エンジニアが作成するプログラムはネットワーク機能がついていな機器も多く、システム更新をするすべがない為、ミスが許されません。

ITエンジニアの中でもトップクラスにミスが許されない仕事になります。

Web系エンジニアの仕事内容

Web系エンジニアの仕事はWebサイト開発、SNSなどのWebコンテンツ開発、ソーシャルゲーム開発と非常に幅が広く、また組み込み系エンジニアの技術に比べて、どんどん新しい技術が開発されています。

組み込み系エンジニアとのもっとも大きな違いは、開発速度です。

組み込みプログラムと違い、Web開発は後で修正やバージョンアップなどが行える為、プログラムの正確性以上にどれだけ速くユーザーにサービスを提供することができるかに重点がおかれます。

当然ミスをして良いわけではありませんが、Web系開発を行う企業にとっては新しいサービスをより速く提供できなければユーザーがいなくなってしまいます。

組み込み系からWeb系開発への転職する時の4つのポイント

組み込み系からWeb系への転職は年齢などにもよりますが、比較的難しくありません。

上述でそれぞれの仕事について解説を行いましたが、重要視する点や使用するスキルについては違いがありますが、プログラミング言語は1つマスターすれば、他のプログラミング言語の習得はそれ程難しくありません。

ITエンジニアとして実務経験さえあれば、十分転職は可能です。

しかし慢心できる程簡単という訳ではありません。

組み込み系からWeb系へ転職する際の4つのポイントをご紹介します。

1.Webの仕組みについて学習する

組み込み系エンジニアやITエンジニア未経験者が転職する前の準備として、Web系プログラミング言語を学習することは少なくありません。

後述でも紹介しますが、Web系プログラミング言語を転職を有利にする為に学習することは決して間違っていません。

しかしまずはWebの仕組みを初歩から学習することが重要です。

Webサイトはどういう仕組みで表示されているか等を理解していなければ、Webプログラミング言語を学習しても正しく理解できないこともあります。

Web系への転職を行う場合はWeb自体の基礎知識から理解し、それからWeb関係のスキルを身につけることで転職を有利に進めることができます。

2.Web系の言語を習得する

組み込み系エンジニアが使用する言語はCまたはC++などC言語をベースとしている為、Webで使用するプログラミング言語とは異なります。

Web開発で主に使われるHTML・CSS・PHPなどマークアップ言語や需要が高いプログラミング言語を習得することがオススメです。

常に人不足な業界の為、人材を新しく育てるのではなく、即戦力として働く人を募集していることが多いです。

基礎となる部分だけ習得するだけでも採用の確率が変わってきます。

3.Webサイトを作成する

Webプログラミング言語などを習得しただけでは、面接や履歴書などの上では自己申告だけになります。

中には全然勉強すらしていないにも関わらず、習得したと虚偽をする方もいらっしゃいます。

しかし企業側の採用担当者からするとこれを見抜くのは困難です。

残念ながら実務経験がない方の自己申告に関しては、せっかく習得したスキルも評価されないこともあります。

そこでオススメなのが実際にWebサイトやを作って、作成したWebサイトを見てもらって評価してもらうことです。

これも組み込み系とは違い、どこでも閲覧できるWebならではのアピール方法になります。

またただアピールできるだけでなく、自身で1から設計して開発まで行うことで、学習したWebの知識とWeb開発で使用するプログラミング言語の復習をしたり、自分の実力を把握することがにもつながります。

4.エージェントサービスへの登録

エージェントサービスはエンジニアと企業を結んでくれる転職にオススメのサービスです。

転職を希望しているエンジニアに1人~複数名のエージェントが転職のサポートをしてくれます。

自身の経歴やスキルとこれから転職したい分野、例えば今回主なテーマとしている「Web系に転職したい」などの希望を伝えることで転職先を探してきてもらえます。

自分のスキルなどを面接でアピールするのが苦手な人にとって非常にオススメのサービスです。

またエージェントは複数の企業とコネクションがある為、自身で求人情報を検索して応募するよりも採用率が高くなることも少なくありません。

無料で登録できるところが殆どの為、登録だけでもしておくことをオススメします。

終わりに

今回は組み込み系エンジニアがWeb系エンジニアに転職する為のポイントをご紹介してきましたが、いかがでしたか?

上述でもご紹介しましたが、未経験から転職する為にはかなりの努力が必要ですが、分野が多少違ってもITエンジニアとしての実務経験があれば基礎スキルを習得して準備さえ怠らなければ、それほど難しくありません。

またエージェントなどの転職をサポートするサービスを使用することで更に採用される可能性を上げることができます。

スキル習得と転職エージェントを同時に行いたいという方は当社のサービスの受講をご検討ください。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログライミングを学びたい方はこちら!

▼IT未経験からエンジニアに就職・転職したい方はこちら!

 

IT業界志望者におすすめの転職サイト3選

転職活動は、転職エージェントに支援して貰うことで大幅に成功可能性が上がり、個人の負担も最小限に抑えられます。

しかし、転職エージェントサイトは数が多く、どこに相談すればいいか迷ってしまいますよね。

ここでは、IT業界への就職・転職を考えている人が登録すべき転職サイトを紹介します。

1 ワークポート

https://www.workport.co.jp/

ワークポートは、IT業界の転職に手厚いサービスが期待できる大手転職エージェントです。

IT業界のなかでも、様々な職種別に専門の転職エージェントがおり、自分の目指すキャリアに対する適切なアドバイス、企業選びを期待できます。

eコンシェルという独自のツールで転職活動中の進捗が管理しやすくなっています。

面談予約システムも使いやすく、在職中の転職活動にも活用しやすくなっています。

2 ギークリー

https://www.geekly.co.jp/

ギークリーは、IT・Web・ゲーム業界に特化した人材コンサルティング会社です。

求人登録されている各社のカルチャーや働き方など、求人票だけでは手に入りにくい情報も多く、本人の希望とマッチする企業を丁寧に選んでくれます。

ミスマッチが少ない優良転職エージェントです。

3 レバテックキャリア

https://career.levtech.jp/

レバテックキャリアはITエンジニアとクリエイターの転職に特化した転職エージェントです。

そのため、エンジニアやクリエイターの技術に関わる専門用語、最新情報の知識が豊富なエージェントが多く、技術的な要望、マッチングが上手くいきやすいです。

前職で得た専門技術的な知識を基に転職先を探したい方には、特におすすめです。