プログラマー学歴不要論とは?注意点や学歴なしでもなれる7つの方法を解説

2022.12.28
プログラマー学歴不要論とは?

「プログラマーの学歴不要論は本当なのか」
「学歴なしでプログラマーになるには、どうすればいいんだろう」

と思うことはありませんか?

学歴なしでもプログラマーになれる噂を聞いても、本当になれるのか疑ってしまいますよね。

では、学歴がない人でもプログラマーになる方法は存在するのでしょうか?

そこで今回は、

  • プログラマーの学歴不要論と注意点
  • 学歴なしでプログラマーになる方法
  • プログラマーに関するよくある質問

について詳しく解説します。

この記事を読めば、学歴なしでもプログラマーへの道を切り拓けます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

プログラマー学歴不要論とは

学歴のない男性プログラマー

「プログラマーになるために学歴は必要ではない」と、断言されているスクールや企業は多いです。

しかし、プログラマーの仕事内容と学歴が不要な話が繋がるのか、疑問に感じる方も少なからずいるでしょう。

ここでは、プログラマーの学歴不要論について詳しく解説します。

  1. 実績やスキルがすべてである
  2. IT業界の需要が高い
  3. 必須な資格がない

順番に見ていきましょう。

1.実績やスキルがすべてである

プログラマーの学歴不要論として、経験や能力が業界で求められるからです。

具体的には、専門的プログラミングに携わるスキルや多くの案件に携わった実績が必要です。

即戦力になれる知識と技術、経験が学歴よりも重視されるため、プログラマーには学歴は不要と挙げられます。

2.IT業界の需要が高い

IT業界で働くプログラマーやエンジニアといった職種は、今後の需要が高いため学歴なしの人材も募集しています。

なぜかというと「今後の日本のIT人材不足が拡大する」と予測されているからです。

経済産業省のデータによると、

  • 2015年の時点で約17万人
  • 2022年では、約35万人
  • 2023年では、約58万人

といった、ITで活躍する人材が不足する結果が発表されています。(出典:経済産業省のIT人材需給に関する調査

プログラマーは、現代では必要不可欠な存在なため、学歴で制限するのではなく、実力と活気がある人材を多くの業界が求めています。

3.必須な資格がない

プログラマーの学歴不要論として、資格が求められる事例が少ないことです。

その理由は、プログラマーになるために資格取得は必須ではないからです。

例えば、

  • 医者の場合、医師免許
  • 自動車を運転する際は、免許証

など、資格が必要になりますが、プログラマーには存在しません。

学校に通って資格取得をする必要がないため、学歴も不要とまとめられるケースもあります。

プログラマー学歴不要論の注意点

注意点を確認する男性プログラマー

プログラマーには、学歴は不要と言われていますが、隠れた落とし穴も存在します。

ここでは、プログラマー学歴不要論の注意点について、解説していきます。

  1. 技術力以外に多種多様なスキルが求められる
  2. 企業や会社によって学歴は重要視される

学歴なしで勉学に取り組む前に、必ず目を通しておきましょう。

1.技術力以外に多種多様なスキルが求められる

プログラマー学歴不要論の注意点として、専門的技術以外に幅広い能力が求められることです。

なぜかというと、プログラマーの仕事は1人でおこなえるものではないから。

具体的には、

  • ものごとを順番に考えられる、論理的思考力
  • 円滑に会話できる、コミュニケーション能力
  • 設計書の理解だけでなく解釈もおこなう、読解力

といった、スキルを用いてチーム内で業務をおこないます。

1人だけで先走った行動をしてしまうと、会社だけでなくクライアントの信頼に関わる問題に発展することも。

そのため、プログラマーは学歴は不要でも、協調性や思考力は必須な職種となります。

2.企業や会社によって学歴は重要視される

プログラマーの学歴不要論は、すべての会社が対象ではありません。

中小企業では、学歴なしのプログラマー雇用がよく挙げられますが、大手企業は学歴を重視するケースが多いからです。

大手企業は知名度や業績が安定していることから、多くの求職者から優秀な人材の見極めが必要です。

書類選考で応募者の選別をおこなうため、学歴で左右される事例もあるでしょう。

勉強エンジニアと学歴の関係性は?本当に実力重視なのか徹底検証

学歴なしでプログラマーになる7つの方法

学歴のない女性がプログラマーを目指す

プログラマーになるためには、能力や経験の習得が必須になります。

ここでは、プログラマーになるための知識や経験の積み方について解説していきます。

ひとつずつ見ていきましょう。

1.資格取得の勉強をおこなう

プログラマーには、資格は必須ではありませんが、取得するための勉強をおこなってみることがおすすめです。

なぜかというと、資格取得の勉強をすることで専門的知識を身につけられ、スキルの証明になるからです。

おすすめの資格として、下記が挙げられます。

  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • ITパスポート

資格取得をすることで、就職や転職の際にほかの求職者との差別化ができるでしょう。

2.幅広いスキルを身につける

学歴なしでプログラマーになるために、さまざまなスキルを身につけましょう。

プログラマーには、協調性だけでなく、体力や学習意欲も必要だからです。

例えば、

  • チーム内での協調性やコミュニケーション能力
  • 長時間勤務を乗り切れる、体力や精神力
  • 変化に対応できる、柔軟性や適応性
  • 最新のトレンドを把握する、学習意欲や読解力

など、多種多様な能力を備えておくことで、社内での業務を円滑におこなえます。

自己分析をおこなって、長所や才能を伸ばしたり、足りないスキルをどのように補うべきか考えたり、視点を増やしてみるのも良いでしょう。

3.参考書を読む

書籍を読むことで、学歴なしでもプログラマーになれる可能性が上がります。

なぜなら、プログラマーの仕事を最初に理解することで、仕事のイメージが湧きやすくなるからです。

下記の初心者向けの本から、学習を始めていくことでプログラマーの全体像を掴みやすくなります。

  • イラスト付きで解説されている「プログラミング入門講座」
  • たとえ話がわかりやすい「教養としてのプログラミング講座」
  • プログラミングの本質がわかる「これからはじめるプログラミング 基礎の基礎」
  • Webの根本的理解が可能になる「Webとプログラミングのきほんのきほん」
  • 初心者の不明点を解消してくれる「おうちで学べるプログラミングのきほん」

すぐに行動することも大切ですが、まずは「プログラマーがどのような仕事なのか」理解していくことも大切です。

4.プログラミング学習用のWebサービスを活用する

プログラマーを目指すためには、Webサービスを利用して学習するとおすすめ。

Webサービスを使うことで、学ぶだけでなく実践のアウトプットも可能だからです。

例えば、参考書を読んだり、ノートにまとめたりするだけでは、専門的知識は身につきません。

実際にコードを書いて、行動することで技術を自分のものとして習得できるでしょう。

おすすめWebサービス おすすめポイント
Progate
  • 初心者におすすめの学習サイト
  • スマートフォンやiPadでもコードを入力できる
  • 隙間時間で基礎学習を学べる
Udemy
  • 幅広い講座が学べる、オンライン型プラットフォーム
  • 動画を閲覧しながら実践していく
  • 定期セールで数万円の動画を安く購入できる
ドットインストール
  • 3分間の動画で効率的に学習できる
  • 動画数が充実している
  • 中級者・上級者向けの有料コースがある

5.プログラミングスクールに通う

学歴なしでプログラマーになるために、プログラミングスクールに通うこともおすすめです。

なぜかというと、スクールに通うことで専門的知識を最短で身につけられるから。

費用が発生するデメリットはありますが、

  • わからない点をすぐに質問できる
  • スクールを卒業した実績を得られる
  • 現役エンジニアやプログラマー、プロの講師から学習できる
  • 課題やポートフォリオで実際にWeb制作や開発をおこなえる

といった、多くのメリットを得られます。

スクールを探す際は、学習環境や期間、就職サポートの有無について詳しくチェックしましょう。

自分に合うスクールを具体的に探し出すことで、挫折せずに専門的知識を身につけられ、プログラマーとして活躍できます。

おすすめスクール おすすめポイント
SAMURAI ENGINEER
  • 挫折しないためのカリキュラム
  • 専属の講師がつくため、質問しやすい
  • 女性やシニア向けのプログラムがある
RUNTEQ
  • 独自のポートフォリオを作成できる
  • 論理的思考力を鍛えられるサポートがある
  • オンラインコミュニティで仲間と出会える
DMM WEBCAMP
  • 働きながら転職可能カリキュラムがある
  • 週に1回のメンタリングで不安をなくせる
  • 自己分析や面接対応、企業の紹介も可能

6.面接練習を入念にする

プログラマーになる際は、企業への面接練習を入念におこないましょう。

その理由は、学歴に自信がないことから、面接のときに実力を発揮できないケースが多いからです。

面接練習をおこなう際は、

  • 明るい表情で相手の目を見ながらゆっくり話す
  • 質問には、意図・行動・結果の3セットで返す
  • 応募先にとって需要のあるスキルをアピールする
  • 1〜2分で簡潔にまとめて話す

といった、対策を活用しながらおこなうことで、自分に自信を持てるでしょう。

面接練習を何度も繰り返すことによって、他人は他人、自分は自分といった前向きな姿勢で取り組めます。

7.研修制度がある企業に就職・転職する

学歴なしでプログラマーになるために、研修制度が充実している会社へ勤めることもおすすめ。

なぜかというと、教育制度が整っている企業で学ぶことで、収入を得ながら知識を習得できるからです。

ほかにも、

  • 研修中に社内の人間関係を把握できる
  • 仕事のタイムスケジュールを確認できる

など、職場の全体像が掴みやすくなるメリットも挙げられます。

しかし、ブラック企業も少なからず存在するため、ホームページや会社のSNS、社員の口コミを要チェックしましょう。

具体的に研修制度がある会社を調べることで、自分の希望する企業が見つかります。

プログラミングスキルを身につける3つのメリットとはプログラミングスキルを身につける3つのメリットとは。効果的な学習方法も解説

プログラマーと学歴に関する3つのよくある質問

プログラマーに学歴は必要が悩む男性

ここでは、プログラマーと学歴に関連する質問について解説していきます。

  1. 高学歴でプログラマーの年収は変わるのか
  2. プログラマーにおすすめの学部とは
  3. 中卒や高卒でもプログラマーは可能なのか

ご自身の悩みもないか、チェックしていきましょう。

順番に解説していきます。

1.高学歴でプログラマーの年収は変わるのか

高学歴の方と学歴なしの方の年収は、そこまで大きく変わらないと言われています。

実績がすべての社会のため、会社にどれ程の結果を残したかで年収やインセンティブが変わるからです。

もしも高年収を目指したい場合は、下記のプランを考えてみることで年収アップを目指せます。

  • 知人から案件をもらう
  • クラウドソーシングを使って副業をする
  • 経験を糧に独立やフリーランスを考える

年収を上げるためには、今までのスキルをさらに伸ばす必要性がありますが、努力の分だけ収入も増えるでしょう。

2.プログラマーにおすすめの学部とは

プログラマーにおすすめの学部は、とくに存在しません。

文系学部の方や未経験の人でもスキルを磨けば、プログラマーは可能だからです。

しかし、大学進学を希望している場合は、情報学部や理工学部など、情報系学科への進学を選ぶことで、下記の知識を身につけられます。

  • コンピュータの仕組み
  • ネットワークの理論
  • プログラミングに関する知識

学部によって、学ぶ範囲は大きく変わるので「プログラマーになって何をしたいか、何を作りたいか」具体的に考えた上で、学部を決めると良いでしょう。

3.中卒や高卒でもプログラマーは可能なのか

中卒や高卒の人、フリーターでも、プログラマーになることは可能です。

なぜかというと、学歴不問のプログラマー求人は幅広く募集されているからです。

しかし、プログラマーは学歴よりもスキルや経験が重要視される社会のため、勉学は避けられません。

部活動を頑張ってきた忍耐力や、プログラマー向けの長所を伸ばすことで、プログラマーになれる確率は高くなります。

IT業界は高卒に厳しい?IT業界は高卒には厳しい?高卒でも入社可能な3つの理由とキャリアパスを解説

まとめ:プログラマーに学歴は不要だが、能力や実績は求められる

本記事では、プログラマー学歴不要論や学歴なしでプログラマーになる方法について解説しました。

  • プログラマーの需要は高いため、いつ学んでも遅くない
  • 大手企業は学歴で選別するケースもある
  • 文系学部や未経験、高卒でもプログラマーになれる

プログラマーは、学歴よりもスキルが重視されます。

そのため、論理的思考力やコミュニケーション能力など必要な知識を身につけることで、学歴関係なしにプログラマーになれるでしょう。

専門的知識を習得するためには、挫折しないための学習方法が必須です。

最短でプログラマーになりたい場合は、独学での勉学よりもプログラミングスクールでの学習をおすすめします。

DMM WEBCAMPでは、現役エンジニアからのサポートや転職支援、面接への対策も充実しているので、気になる方は無料カウンセリングで詳しく聞いてみても良いでしょう。

エンジニア転職のプロがマンツーマンで悩みを解決! 累計卒業生数3,000人以上* 転職成功率98%* *2020年4月時点

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中

無料カウンセリングに申込む

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2023 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5