IT業界で描くキャリアプランとは?成功例を紹介

2021.09.10
成功に向かっていく

IT業界に進むのであればIT業界でのキャリプランについてもしっかりと理解しておくべきです。

IT業界も他の業界と同じようにそれぞれの職種に応じたキャリアプランがあり、変化の激しいIT業界で活躍し続けていくにはキャリアップし続けていくことがとても重要になってきます。

そこでこの記事では、IT業界へ進もうと考えている方が理解しておくべきIT業界でのキャリアプランについて詳しく解説していきたいと思います。

これからIT業界へと進んで活躍し続けたいと考えている方は、この記事を参考にしてIT業界へ進んだ後のキャリアプランについてもしっかりと考えておくようにしましょう。

IT業界の業種は多種多様

IT業界にはさまざまな職種があります。

Webデザイナー、プログラマー、Webディレクター、Webマーケターなど行う業務や求められるスキルも様々です。

そのため、これからIT業界へ進みたいと考えているのであればまずは自分がどういったポジションでIT業界に携わっていきたいのかを考え、目指すべき職種を決める必要があります。


今の仕事がつらい…」「もっとやりがいのある職場で働きたい…」そんな悩みを抱えていませんか?
転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】は
✔︎効率的にスキルアップしたい
✔︎スキルを上げてキャリアチェンジしたい
✔︎安定した仕事に就きたい
といった方におすすめです!

エンジニア転職のプロがあなたのキャリアをサポート!

業種が多種多様なIT業界には多くのキャリアプランが存在する

目指すべき職種が決まったら、次に考えるべきなのがキャリアプランです。

IT業界も他の業界と同じようにそれぞれの職種ごとにキャリアプランが存在します。

全てのキャリアプランを把握しておく必要はありませんが、最低でも自分が目指す職種にはどういったキャリアプランがあるのかといったことぐらい把握しておきましょう。

なぜキャリアプランを考えておくことが大切なのか

では、なぜキャリアプランを考えておくことがそれほど重要になってくるのでしょうか?

まず第一にIT業界で今後もずっと活躍し続けたいのであればキャリアップして実績を積む必要があるからです。

今IT業界では一つの仕事に特化したスペシャリストではなく、様々なことに対応できるジェネラリストが求められています。

キャリアアップをおこない色々な業務を経験することで様々なスキルや知識を身につけることができるので、結果的にIT業界で求められるにジェネラリストとして成長することができるわけですね。

また、キャリアプランを考えておくことは就職活動でも有利に働きます。

今後のキャリアについて考えているということは、それだけ意欲と向上心に満ち溢れていると捉えられます。

就職活動において意欲や向上心をアピールできることはプラスに働くので、やはりキャリアプランはしっかりと考えておくべきだと言えますね。


ITスキルを身につけて活躍できる人材を目指しませんか?
✔︎ITスキルで理想のキャリアを築くなら【DMM WEBCAMP
✔︎作業効率化やテクノロジー理解、論理的な思考力を養える!
✔受講者の97%が未経験者!独自開発の教材で徹底サポート!

あなたの転職を一歩有利に!

エンジニアを目指す方向けのキャリアプラン例

では、IT業界のキャリアプランについて実際にどういったものがあるのかみていきましょう。

ここでは、今IT業界で最も注目されている職種であるエンジニアのキャリアアッププランを例にしてみていきたいと思います。

  1. プログラマ―
  2. SE(システムエンジニア)
  3. PL
  4. PM

プログラマーからPMまでのキャリアプラン例

エンジニアはまずプログラマーとしてキャリアをスタートさせ、SEやPLを経てPMへとキャリアップしていきます。

それぞれの過程でどういった業務を担当していくのか、細かくみていきましょう。

①プログラマー

プログラマーとしてIT業界に進んだ場合、まずは基本的なプログラミングスキルやITに関する知識を、業務を通して身につけていきます。

SEが設計した設計書を元にプログラミングをおこなっていくのがプログラマーの主な業務内容になります。

企業にもよりますが3年間ほどプログラマーとしてのスキルを磨くパターンが多いようです。

②SE

プログラマーの次の段階がSEです。

SEになると、その上のPLから指示された内容を元にシステムの設計を考えていくようになります。

また、実際にプログラミングの作業をおこなう作業者であるプログラマーに指示を出して開発を円滑に進めていくのもプログラマーの大切な役割の一つです。

SEでいる期間についても企業によってことなってきますが、3〜4年ほどになるパターンが多いようです。

③PL

SEの次の段階が、PL(プロジェクトリーダー)です。

PLになるとクライアントと直接やり取りをおこなうようになります。

クライアントの要望をヒアリングしまとめていくわけですね。

また、SEやプログラマーの管理も並行しておこなっていきます。

4〜5年ほどの時間をかけてPLとしての経験を積んでいくパターンが多いようです。

④PM

エンジニアのゴールの一つがこのPM(プロジェクトマネージャー)です。

PMになるとプロジェクトに関する責任者という立場になり、予算や利益率などについても考えなくてはいけなくなります。

PMまでキャリアップすると完全に管理職という立場になりますね。

エンジニアがキャリアアップするために必要なポイント

エンジニアの定番のキャリアプランについて解説してきましたが、このようにキャリアアップしていくのは決して簡単なことではありません。

エンジニアがこのようにキャリアップしていくために必要なポイントについてみていきましょう。

目指すべきキャリアに必要な知識を身につける

まずは何と言ってもキャリアアップに必要な知識を身につける必要があります。

プログラマーであれば、自分が目指すPLやPMはどういった職種で、どういった業務をおこなっているのかしっかりと把握しておきましょう。

また、それらの職種に求められるであろうスキルを高めておくことも重要です。

コミュニケーション能力を磨く

プログラマーからキャリアアップし、SEやPLになると管理する立場になってきます。

管理者にはコミュニケーション能力が求められます。

下の人間をまとめるためのコミュニケーション能力はもちろん、クライアントとコミュニケーションを取ることもあるので、コミュニケーション能力は磨いておくべきだと言えますね。

まとめ:キャリアプランを描きながら業務に取り組もう

IT業界でずっと活躍し続ける人材になるために考えておくべきキャリアプランについて解説してきました。

キャリアプランを考えおくことはビジネスマンにとってとても大切なことです。

キャリアプランを明確にしておくことで仕事のやりがいも上がります。

これからIT業界へ進もうと考えている方は、IT業界のさまざまなキャリアプランについての理解を深め、自分の今後のキャリアプランを明確にしておくようにしましょう。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

PAGE TOP

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5