【どこまで伸びる?】IT業界の今後の成長を予想 | WEBCAMP NAVI
【11月の受講枠も残りわずか】

【どこまで伸びる?】IT業界の今後の成長を予想

近年クラウド化、IoT、AIなど様々なトレンドが生まれており、IT業界の話題が増えています。

実際様々な企業でIT化が促進されています。

一方で気になるのが、今後のIT業界の成長についてです。

現役ITエンジニアは今後どの様にキャリアアップすれば良いか、またIT業界未経験者は今からIT業界へ転職する価値があるのか気になりますよね。

今回はIT業界の今後の成長について、解説していきます。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料相談に参加してみてください!

 

IT業界の需要について

近年多くの企業でIT化が進められており、IT技術の進歩も進んでいます。

数年前に話題になったクラウド技術は既に多くの企業で使用され、社内や公共機関でもサーバの仮想化などが一般的になりつつあります。

またAIの進歩により、これまでIT化が難しかった業界にも進出が進んで行くと考えらており、更にIT技術の需要は右肩上がりに成長を続けていきます。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

転職成功率98%の【DMM WEBCAMP COMMIT】で需要の高まるITエンジニアに転職しよう!
フルタイムのコミット型学習と手厚いキャリアサポート!
万が一転職できない場合は、全額返金の転職保証付き!
条件を満たすことで最大56万円のキャッシュバックも受けられます。
まずはお気軽に無料カウンセリングへ!

\参加者満足度99%!/
エンジニア転職のプロに無料で相談する!
※最短1分で申し込み可能

IT業界の今後の成長について

IT業界の今後の成長ですが、既に多くの企業で採用されているクラウド化が一般的になり、最先端技術のビッグデータの活用、AI、VRなどトレンドになった技術を中心に様々な分野で成長が予想されます。

最先端技術の今後の成長について、それぞれご紹介しておきます。

クラウド

既に多くのサービスがクラウド化されており、サーバーやクライアント端末だけでなく、ソフトウェアなどの仮想化サービスも徐々に増えています。

クラウド化の代表的なメリットは従来ではハードウェア障害でサーバーが停止してしまうと、業務に影響を与えることが少なくありませんでしたが、サーバーを仮想化することで障害発生時に自動的に仮想サーバーを別の動作環境に切り替わりエンドユーザーにまったく影響を与えることなく対応できる点や物理的なスペースを減らすことができます。

また今後の成長としてはクラウド化が更に進むことで、エンドユーザー個別に仮想クライアント端末を使用できるようになれば、インターネット環境と接続用のデバイスさえあれば、いつでもどこでも自分の仮想クライアント端末を操作できる様になります。

既に一部の企業などでは採用されており、今後もクラウド環境の導入費用が下がって行くことで近い将来一般的になります。

ビッグデータ

ビッグデータは従来では処理しきれなかった大量のデータやデータの種類について注目を集めています。

従来のデータは記録としての扱いが中心でしたが、今後はビッグデータから統計情報などデータの2次利用からサービスの向上や業務改善などが期待されます。

今後の成長はビッグデータを取り扱う技術だけでなく、ビッグデータの技術だけでなく、データそのものが市場に出回り価値を持つ可能性があり、IT業界は技術提供だけでなくコンサルタント業務も成長が見込まれます。

AI

AI技術自体は昔から存在していた技術ですが、ビッグデータの活用などにより近年急成長したAI技術は、医療業界を始め多くのプロジェクトが遂行されています。

AI技術は今後も成長を続け、多くの分野で活躍が期待されています。

VR

2017年はVR元年とも呼ばれ、ゲームなどの娯楽だけでなく既に建築業界など様々な分野で試験的に導入されています。

今後は既に導入されている業界を始め、まだVRが導入されていない業界にも進出が見込まれており、成長が期待できます。

IoT

IoTは「モノのインターネット」で近年話題になっている最先端技術ですが、IT業界の中でも最も成長が見込まれる技術です。

既にポッドを使用した時に通知が飛ぶ老人向けセキュリティーや薬を飲んだ人の体調がわかる等活用例がどんどん増えています。

今後についてもIoT技術は成長が期待されています。

黒いバナー

最先端技術以外のIT業界の需要と成長について

上記でご紹介した以外にも従来のIT業界についても、今後様々な分野で変わらず成長や需要が見込まれます。

それぞれの分野について、これからの成長を予想を解説していきます。

Web業界

Web業界は今後も技術面の成長が見込まれており、特にWeb広告などは更に成長が期待されます。

更にクラウド化に伴いクライアントアプリケーションのWeb化など、従来の技術についても今後も需要があります。

クライアントアプリ開発

Javaなどを始めとするクライアントアプリ開発についても、Webアプリではレスポンスやセキュリティー面に限界がある為、イントラネット環境で使用するシステムや高いレスポンスが要求されるスマートフォンやタブレットのアプリケーションについては、今後も需要があります。

ハードウェア業界

ハードウェア業界についても、IoTを始め最先端技術に合わせたハードウェアの成長が見込めます。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

現在の仕事や育児を続けながらも、自身の新しい可能性を発掘してみませんか?
完全オンラインで最大1年間の転職サポートの付いた高品質カリキュラムで、仕事合間や土日時間を有効活用し、未経験から需要の高まるエンジニアを目指しましょう!
まずはお気軽に、無料カウンセリングへ!

キャリア発掘の第一歩
プロのキャリアアドバイザーに相談する!
※最短1分で申し込み可能

IT業界の成長に伴う人材不足

今後も成長を続けるIT業界ですが、それに伴い既に慢性的な人材不足問題が更に深刻化されます。

特に最先端の技術については、需要に対して実践導入できるITエンジニアは非常に少なく、企業単位ではなくIT業界全体で問題となっています。

日本では2020年にオリンピックやその後も万博などIT業界が活躍する場が多くありますが、数十万人単位で人材が不足しており、現状は現役のITエンジニアの負荷が高くなってしまいます。

黒いバナー

IT業界への転職について

IT業界の成長については、今後も十分期待でき問題となっている人材不足は、転職希望者にとってはチャンスでもあります。

特に自分が希望する職種の基礎知識を習得しておくことで、IT業界未経験者の方でも転職できる可能性があり、更に最先端技術について資格やスキルを習得しておくと、IT業界未経験者でも好条件の就職先を見つける事も不可能ではありません。

終わりに

今回はIT業界の成長について、解説してきますたが、いかがでしたか?

IT業界は今後も成長を続けていき、またそこで働くITエンジニアの地位や収入についても成長を期待できます。

また今回ご紹介した最先端技術以外にも今後どんどん新しい技術が開発されて行くと思われます。

IT技術が発展することで、将来消えてしまうと予想される業界もありますが、今後もIT業界は成長を続け、需要がなくなることは考えられません。

 

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点