◆当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

DMM WEBCAMP【マンツーマンサポート】1ヶ月短期集中でプログラミングを学ぶスクール
1ヶ月通い放題・メンター常駐の教室環境でプログラミングを学びたい方!
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
TECH::CAMP教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
DMM WEBCAMP PRO転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアへ3ヶ月で転職する為のスクールです!
1月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月生は満員となっております。1月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

IT企業に長い期間務めて方のほとんどが、時折自分の市場価値や実力を試したくなるときがあるといいます。

その場合、今自分が務めている会社より大きな企業に転職しようと考えたり、今の会社より給与や福利厚生が充実している企業へ転職しようと考える人がほとんどですが、そんな方におすすめしたいのが監査法人への転職です。

そこでこの記事では、IT経験者が監査法人へ転職する際の方法やその手順、メリットなどについて詳しく解説していきたいと思います。

自分の市場価値や力を試してみたい方や給与アップを目指している方は、ぜひ参考にしてください。

※プログラミングを学んでみたいけど、時間がなくて全文の記事が読めない!という方は、WebCampの無料説明会(毎日開催)に参加してみてください!

 

 

監査法人とは

IT経験者が転職を考えているのであれば監査法人がおすすめだと解説してきましたが、そもそも監査法人とはどういいった企業なのでしょうか?

まずは監査法人がどういった企業なのかについてみていきましょう。

監査法人とは監査の証明を主におこなうことを目的としている法人で、公認会計士が5人以上集まり組織化した法人のことを指します。

監査法人の業務内容

では、その監査法人では主にどのような業務をおこなっていくのでしょうか?

監査法人の代表的な業務は、監査証明業務、非監査業務、コンサルティング業務の3つです。

監査証明業務では、企業や地方団体などの財政情報に誤りがないかの調査をおこなっていきます。

第三者である監査法人が入り監査をおこなうことで、その企業や団体の財政情報が適正におこなわれているかをチェックするわけですね。

監査法人の業務は監査証明業務だけではありません。

非監査業務では、企業の株式公開の支援をおこなったり、企業の合併や企業の買収をおこなうM&Aに関してのアドバイスを担当していきます。

最後にコンサルティング業務についてですが、公認会計士としての豊富な知識を活かし、企業や団体の財務全般に関するコンサルティグ業務をおこなっていきます。

多くの監査法人がエンジニアの確保に動いている

企業の財政に大きく関わってくる監査法人は一見ITとは無縁の業界のように思われがちですが、そんなことはありません。

今現在あらゆる業界においてITの利用は不可欠となってきています。

それは監査法人も例外ではなく、多くの監査法人で会計システムの開発などに運営などを担うエンジニアを確保する動きが活発化してきています。

エンジニアが監査法人に転職することには大きなメリットがあるので、今監査法人への転職はエンジニアのキャリアアップのための手段として一般的になりつつあります。

監査法人に転職するメリット

長年IT業界でエンジニアとして活躍してきた方のキャリアアップ手段として監査法人が一般的になりつつあると解説してきましたが、なぜ今監査法人への転職が人気の手段となってきているのでしょうか?

IT業界から監査法人へ転職する大きなメリットの一つに年収があります。

IT業界から監査法人へ転職した方のほとんどが50万円〜100万円ほどの年収アップに成功しているといいます。

これはIT化の波によりさまざまな業界でエンジニアの需要が高まってきていることもありますが、監査法人で働くことでエンジニアとしてのスキルや知識だけでなく、会計など会社の経営に近いところの経験や知識を得ることできるという点が大きく関係していると考えられます。

監査法人に転職する方法とそのステップ

では、実際にIT業界から監査法人に転職するにはどのようにして転職活動を進めていけばいいのでしょうか?

IT業界から監査法人に転職する方法とその流れについてみていきましょう。

転職エージェントを活用しよう

IT業界から監査法人へ転職するのであれば転職エージェントの活用が必須になります。

というのも、監査法人の求人情報は一般的にはほとんど公開されていないので、一般には公開されていない非公開求人を多く抱えている転職エージェントの利用が必須になってくるわけです。

では、実際に転職エージェントを活用していくときの流れについても確認しておきましょう。

まずは利用する転職エージェントを探して登録するところから始めていきます。

転職エージェントは一つだけでなく、複数利用するのがおすすめですよ。

転職エージェントに登録したら、監査法人の求人案件を探していきます。

良い案件が見つかったら早速応募していきましょう。

応募が決まったら担当者と面談やカウンセリングをおこない、準備をおこなっていきます。

担当のアドバイスを参考に応募書類の準備などを進めていきましょう。

準備が終わったらいよいよ面接です。

自分のこれまでの実績経験をしっかりとアピールしていきましょう。

面接が終了したら後は採用の結果を待つだけです。

以上が大まかな流れになります。

監査法人でのエンジニアの業務内容

監査法人のエンジニアの主な業務は既存のシステムの監査です。

ほとんどの監査法人ではすでに何らかのシステムが導入されているケースがほとんどなので、一からシステムを作り上げるのではなく、すでに導入されているシステムの監査をおこなっていくわけですね。

また、監査法人での勤務を続けて会計などの知識を身につけていくことで、ITアドバイザーとしてキャリアアップすることも可能です。

さらに近年セキュリティの専門家に対する需要も高まってきているので、セキュリティの知識を身につけてセキュリティコンサルタントとして活躍することもできます。

ITアドバイザーやセキュリティコンサルタントになることができると更なる給与や待遇面のアップが期待できます。

これまでの経験を活かして監査法人へ転職しよう

IT業界からの転職を考えている方におすすめしたい、監査法人への転職について詳しく解説してきました。

より専門的な業界である監査法人への転職は決して簡単なものではありませんが、上手く転職することができればキャリアップや年収アップなど、さまざまなメリットが期待できます。

これからの時代は一つの業務に特化したスペシャリストよりもさまざまな業務をおこなえるジェネラリストが求められる時代です。

これからの時代を生き抜けるスキルを身につけるためにも、監査法人への転職に強い転職エージェントを活用して、IT業界から監査法人への転職にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

DMM WEWBCAMP/DMM WEBCAMP PROについて

DMM WEBCAMPは1ヶ月でプログラミング・WEBデザインを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。DMM WEBCAMP PROは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

1月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP PROコース。
12月受入枠は満員となっております。1月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!


▼ついに開講!オンラインでWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事