プログラマーのスペシャリストになる方法は?おすすめのキャリアや向いている人も解説

公開日: 2023.06.02
更新日: 2024.01.17
プログラマーのスペシャリストになる方法は?

「プログラマースペシャリストって何をするんだろう」
「スペシャリストになりたいけど向いているのかな」

と思うことはありませんか?

プログラマースペシャリストを目指そうとしても、自分が向いているのかわからなくて決断に迷ってしまいますよね。

では、プログラマースペシャリストに向いている人にはどのような特徴があるのでしょうか?

そこで今回は、

  • スペシャリストに向いている人の特徴
  • プログラマースペシャリストのメリット・デメリット
  • プログラマースペシャリストの目指し方

について詳しく解説します。

この記事を読めば、プログラマースペシャリストになる方法がわかります

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

プログラマーのスペシャリストとは

プログラマーのスペシャリスト集団

プログラマーのスペシャリストとは、プログラミングの専門家です。

特定の言語スキルと知識を高め、現場で活躍できるプログラマーしか名乗れません。

また、スペシャリストの市場価値は高く、企業から求められる人材として重宝されています。

プログラマースペシャリストの仕事内容

プログラマーの仕事内容

プログラマースペシャリストの仕事内容は、基本的にプログラミングのみになります。

専門家であるため、ほかの仕事をするよりプログラミングに専念しもらったほうが企業としても助かるからです。

ただし、企業規模が小さい場合は、開発現場とあわせてリーダー職を担うケースもあります。

加えて、フリーランスのスペシャリストだと案件獲得のために営業もするので、プログラミングのみ仕事すればいいわけではありません。

そのため、企業規模や働き方によって若干違うものの、基本的にはプログラミングが主となると覚えておきましょう。

プログラマーはどんな仕事?プログラマーはどんな仕事?具体的な業務内容、やりがいを紹介

プログラマースペシャリストに必要な3つのスキル

スキルの高いプログラマースペシャリスト

プログラマースペシャリストに必要なスキルを紹介します。

  1. 高いプログラミングスキル
  2. 問題解決能力
  3. コミュニケーションスキル

では、見ていきましょう。

1.高いプログラミングスキル

スペシャリストには、高いプログラミングスキルは必須となります。

プログラマーの仕事はそもそもプログラミングなので、専門家として高いスキルが必要だからです。

レベルでいえば、誰の力も借りずに業務できるのが前提といえます。

また、プログラミングが早く、生産性に長けていないとスペシャリストとは名乗れません。

そのため、スペシャリストの最初の道はプログラミングのスキルアップといえるでしょう。

2.問題解決能力

問題解決能力も、不可欠なスキルといえます。

プログラミングは、エラーを見つけて問題解決の繰り返しだからです。

加えて、スペシャリストと名乗る以上はひとりでできることが前提条件となります。

一般的なプログラマーよりも高いレベルの問題解決能力が必要なので、意識してトレーニングしていきましょう。

3.コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルも、スペシャリストを目指すうえで必要になります。

業務の円滑化を図るには欠かせないスキルだからです。

スペシャリストでコミュニケーションを必要とする場面は、下記のとおり。

  • 上司や同僚との伝達と確認
  • 納期調整
  • 情報共有

どれを取っても現場で必要となり、コミュニケーションが円滑じゃないと生産性が低下します。

プロジェクトの進行を遅らせるプログラマーは、スペシャリストではありません。

そのため、意思疎通ができる能力も高めていきましょう。

プログラマーの適性とは。プログラマーの適性とは。向いている人の特徴や向いていない人の対処法3選を紹介

プログラマースペシャリストのメリット3選

プログラマースペシャリストの男性

プログラマースペシャリストのメリットについて解説します。

  1. 収入が上がりやすい
  2. 企業貢献度が高い
  3. 言語スキルを複数持つ必要がない

それぞれ説明します。

1.収入が上がりやすい

スペシャリストは、収入が上がりやすいメリットがあります。

なぜなら、プログラマーの年収はスキルと直結しているためです。

専門家である以上、高いスキルを持ち合わせているので、必然的に高収入が見込めます。

加えて、特定の分野を極めていくのがスペシャリストであることから、スキルとともに年収も上がりやすいです。

収入は仕事をするうえで大切なので、稼ぐプログラマーになりたい人は目指してみるとよいでしょう。

2.企業貢献度が高い

企業貢献度が高いのも、スペシャリストのメリットといえます。

企業貢献度が高ければ、活躍の場が広がるためです。

今の職場で長く貢献できるのはもちろん、転職してキャリアアップを目指す方法もあります。

スペシャリストを求めている企業は多いので、貢献できるプログラマーとして安定して働けるでしょう。

3.言語スキルを複数持つ必要がない

言語スキルを複数持つ必要がないのも、スペシャリストならではのメリットといえます。

特定の言語スキルのみで活躍できるためです。

そもそも、プログラミング言語のトレンドは移り変わりが早く、需要も年々変化しています。

そのため、プログラマーとして長く働き続けるためには、複数の言語を使いこなせるスキルが必要です。

ただし、スペシャリストの場合はひとつの言語に特化していることで高い価値を見いだしています。

よって、複数の言語スキルを習得しなくてもプログラマーとして長く活躍することが可能です。

ひとつの分野を極めるのが苦にならない人は、手に職としてスペシャリストを目指すのもよいでしょう。

プログラマースペシャリストのデメリット2選

仕事が上手くいかないプログラマー

プログラマースペシャリストのデメリットについて解説します。

  1. 管理職へのキャリアアップが難しい
  2. 転職先が限られる

どのようなデメリットがあるのでしょうか。

1.管理職へのキャリアアップが難しい

スペシャリストは管理職へのキャリアップが難しいことがデメリットといえます。

専門家と管理職のスキルは大きく異なるためです。

管理職に必要なスキルは、下記のとおり。

  • リーダーシップ力
  • ビジネススキル
  • マネジメント力
  • 視野を広げて状況判断する能力

もちろんスペシャリストでも管理職のスキルを持ち合わせている人はいます。

とはいえ、視野を広げて状況判断する管理職と、特定の分野に長けているスペシャリストはまったく別の職種です。

そのため、新たなキャリアを目指すにはイチからスキル習得をしないといけません。

管理職やリーダー職を目標にしている人にとっては、デメリットになるでしょう。

2.転職先が限られる

転職先が限られるのも、スペシャリストのデメリットといえます。

特定の分野の求人しか応募できないためです。

もちろん条件がマッチすればスペシャリストとして貢献度は高いですが、数と質はまた別の話になります。

また、求人があっても条件面が悪い転職先しかない可能性もあるので、思うように転職活動が進まないケースも出てくるでしょう。

プログラマースペシャリストに向いている人の3つの特徴

プログラマースペシャリストに向いている男性

プログラマースペシャリストに向いている人の特徴を紹介します。

  1. ひとつのことに集中できる人
  2. 興味があることを深堀したい人
  3. 強みとなるスキルを持ちたい人

それぞれの特徴について、詳しく解説します。

1.ひとつのことに集中できる人

ひとつのことに集中できる人は、スペシャリストに向いています。

同じ業務を繰り返しおこなう必要があるためです。

加えて、スキルアップのためには勉強が必要なのも理由といえます。

逆に、飽き性な人はスペシャリストに向いていないので、性格を踏まえて目指すか考えていきましょう。

2.興味があることを深堀りしたい人

スペシャリストは、興味があることを深堀りしたい人にも向いています。

特定の分野を極めるためには探究心が必要だからです。

また、問題改善に取り組むためにも、深掘りできる力が求められます。

逆に、浅く広く知識を覚えたい人は、スペシャリストには向いていません。

この場合は、どちらかというと幅広い知識・スキルを持つゼネラリストの方が向いているので、選択肢のひとつとして覚えておきましょう。

3.強みとなるスキルを持ちたい人

強みとなるスキルを持ちたい人もスペシャリストに向いているでしょう。

なぜなら、専門家として手に職になるためです。

言語の需要がなくならない限り、強みがひとつあるだけで一生働き続けられます。

ただ逆にいえば、需要がなくなりそうな言語スキルだと、手に職を失う可能性があるので注意が必要です。

そのため、強みをより活かすためにも、需要のある言語スキルを習得しておきましょう。

未経験からプログラマースペシャリストになる方法3選

プログラマースペシャリストを目指す

未経験からプログラマースペシャリストになる方法を紹介します。

  1. プログラミングスクールに通う
  2. 専門学校に通う
  3. 自宅学習も必須

それぞれ説明します。

1.プログラミングスクールに通う

スペシャリストを目指すなら、プログラミングスクールに通うのは必須といえます。

高いスキルを身につけるには独学じゃ厳しいためです。

実際に、独学でスキル習得を目指した人のほとんどが途中で挫折しています。

加えて、スペシャリストと名乗るプログラマーが、中途半端なスキルを習得しても意味がありません。

スペシャリストの道は最初が肝心なので、基礎からしっかりと学べるプログラミングスクールに通いましょう。

2.専門学校に通う

専門学校に通うのも方法のひとつです。

IT系の専門学校に通えば、授業を通じてプログラミングを学習できます。

また、専門学校卒業という証明があるので、その後の就職にも役立つでしょう。

注意点として、専門学校は2年~3年程度通う必要があり、その間は収入が途絶えてしまいます。

加えて、入学費用から授業料など多くのお金がかかるので、貯蓄がないと厳しいです。

そのため、まだ就職を経験していない若者で、親の援助も受けられる人におすすめの方法といえます。

3.自宅学習も必須

スペシャリストの場合は、自宅学習も必須になります。

専門家である以上、人よりも努力しないとスペシャリストにはなれないためです。

加えて、就職のときからスペシャリストと名乗れないとしても、今後は目指すには継続してスキルアップに取り組む必要があります。

ただし、実際に働きはじめてからは、モチベーションがある今より学習意欲が減少するのが実際のところです。

そのため、スタートの段階でスクールとは別に自宅学習できない人は、スペシャリストになるのは難しいといえます。

スペシャリストになるための目標と計画をしっかりと立てて、継続して学習できる環境を整えておきましょう。

プログラミングはクロームブックでもできる?プログラミングはクロームブックでもできる?モデル選びの4つのポイントも解説

プログラマースペシャリストにおすすめのキャリア3選

キャリアアップするプログラマー

プログラマースペシャリストにおすすめのキャリアを紹介します。

  1. フリーランスプログラマー
  2. ITアーキテクト
  3. ITスペシャリスト

どのようなキャリアがあるのか、それぞれ見ていきましょう。

1.フリーランスプログラマー

フリーランスプログラマーは、高収入を目指せるキャリアのひとつです。

加えて、専門性が高いほど多くの収入が見込めるので、スペシャリストのキャリアとして最適といえます。

ただし、案件獲得や仕事をこなすスキルが必要になることから、未経験からだとハードルは高いです。

そのため、実務で経験を積んだプログラマーにおすすめのキャリアといえます。

2.ITアーキテクト

ITアーキテクトとは、ITシステムの全体像の骨組みであるアーキテクトを設計する職種です。

クライアントのニーズをシステムに反映し、よりよいシステムを開発するためのポジションとなります。

ITアーキテクトは3つの種類に分類されるので、下記を見ていきましょう。

  • アプリケーションアーキテクチャ
  • インテグレーションアーキテクチャ
  • インフラストラクチャアーキテクチャ

それぞれで携わる業務は異なりますが、どれも社会的需要が高いものばかりです。

加えて、ITアーキテクトは専門性が高く、経験ありきな職種でもあります。

そのため、目指すべきハードルは高いですが、スペシャリストだからこそ貢献できるキャリアです。

最初のステップとしてシステムアーキテクト試験があるので、取得を目標にすると効率よく学習ができるでしょう。

3.ITスペシャリスト

ITスペシャリストは、ITSSにおいてレベル3以上を持つ専門家です。

ITSSとは経済産業省が定める「ITスキル標準」のことで、7段階でレベルが定められいます。

そのなかで、応用的知識・技術を持ち合わせている人材がレベル3の条件です。

ITスペシャリストには専門分野6つあるので、下記をご覧ください。

  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • プラットホーム
  • データベース
  • システム管理
  • アプリケーション共通基盤

どの分野も企業から求められる人材として、高年収を目指せます。

また、ITSSでレベルと必要な資格が定められているので、目標を決めて取り組みやすいです。

ITスペシャリストを目指してみたい方は、一度ITSSについて調べてみてください。

プログラマースペシャリストによくある質問

プログラマーの質問をする男性

プログラマースペシャリストによくある質問を紹介します。

  1. ゼネラリストとの違いは?
  2. システムエンジニアとの違いは?
  3. 将来性はある?

それぞれ説明します。

1.ゼネラリストとの違いは?

ゼネラリストは幅広い技術と知識を持った人材になります。

よって、特定の分野を極めているスペシャリストとはまったく異なる職種です。

ゼネラリストの特徴は、下記のとおり。

  • 幅広い知識を持ち合わせている
  • 状況によって臨機応変な対応が求められる
  • 知識・技術は60%程度の習得度が必須

ゼネラリストは、複数の知識を幅広く覚えられる器用な人が向いています。

もしスペシャリストが自分に合わない道と感じるなら、ゼネラリストを目指すのも方法のひとつです。

2.システムエンジニアとの違いは?

システムエンジニアは、クライアントの要望に応じてシステム設計をする職種です。

そのため、開発現場でプログラミングをおこなうスペシャリストとは仕事内容が違います。

また、プログラマーは下流工程に携わりますが、システムエンジニアは上流工程に携わる仕事です。

どちらとも給料の相場は高いですが、活躍する場面が違うと覚えておきましょう。

3.将来性はある?

習得する言語スキルによって異なります

PythonやJavaなど今後も需要のあるといわれる言語スキルがあれば、長く働ける可能性は高いです。

逆に、VBAやVB.NETなど需要がなくなるといわれている言語だと、将来性が高いとは断言できません。

そのため、将来性のあるスペシャリストを目指すなら、需要のある言語スキルを習得しましょう。

まとめ:プログラマースペシャリストになるにはスキルアップをしよう

本記事では、プログラマースペシャリストになりたい方に向けて、必要なスキルや向いている人の特徴について説明してきました。

  • スペシャリストは高いプログラミングスキルが必須
  • プログラミングスクールを活用しないと道は厳しい
  • 需要のあるプログラミング言語の習得が成功の秘訣

プログラマースペシャリストは、高いプログラミングスキルを持つことが前提です。

加えて、将来性を考えると、需要のあるプログラミング言語を覚えるのが必須といえます。

そのため、未経験からスペシャリストを目指すなら、プログラミングスクールに通うのがおすすめです。

スキル習得のために現役エンジニアがわかりやすく教えてくれるので、ぜひ活用してください。

\プログラミングスクールを比較/

DMM WEBCAMP

COACHTECH

RUNTEQ

DMM WEBCAMP COACHTECH RUNTEQ
目指せる姿 WEBエンジニアへの転職
フリーランスエンジニア WEBエンジニアへの転職
分割払い
補助金 ×
転職保証 × ×
受講期間 12週間〜 3ヶ月〜 5ヶ月〜
特徴 【IT業界の転職を一番に考えたい方向け】
大手DMMが運営のプログラミングスクール
転職成功率98.8%
豊富なキャンペーンや補助金制度あり
【フリーランスを目指したい方向け】
フリーランスのエンジニアを最短で目指す
エンジニアと共に実際の案件開発を担当
【とことん勉強してから転職したい方向け】
1,000時間(約9カ月)のカリキュラムでしっかり勉強
企業の求める即戦力のWEBエンジニアを目指す
料金 329,350円〜
※給付金適用後
42万9,000円~ 55万円

公式HP

公式HP

公式HP

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2024 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5