プログラミングスクールは就職できない?就職するために必要なこと

2024.01.03

「プログラミングスクールに通っても就職できないって本当?」
「プログラミングスクールを卒業しても就職できないってSNSで見た…」

このような声を聞いて不安に感じている方もいるでしょう。
プログラミングスクールには一定の費用と期間がかかるため、その投資に見合った成果を得たいというのは自然な考えです。

この記事では、プログラミングスクール生が本当に就職できないのか?
そもそも就職できない場合の特徴や、成功への鍵となるポイントを紹介します。
同時に、就職・転職支援が充実しているプログラミングスクールについても理解しやすく解説しますので、ぜひ参考にしてください!

プログラミングスクールで就職できない理由は?

そもそもなぜ就職できないのでしょうか?
もちろん実際には就職や転職されている方もいらっしゃいます。
それでもプログラミングスクールに通っても就職できないのには、下記のような理由があげられます。

  • 就職・転職実績が低いプログラミングスクールを選んだ為
  • 就職・転職に必要なプログラミングスキルが身についてない為
  • 実務経験を積めず、未経験者同士で差がつけにくい為

それでは各ポイントごとに詳細を解説していきます。

就職・転職実績が低いプログラミングスクールを選んだ為

プログラミングスクールでは、就職や転職を希望する受講生が手厚いサポートを受けられます。
しかしながら、プログラミングスクールによってはそもそも就職・転職サポートを行っていないスクールや、サポートを行ってはいるものの、紹介企業数が少なく就職・転職に繋がらない事例があります。
このようにプログラミングスクールを選ぶ段階から、間違ってしまい就職・転職ができないことがあります。

必要なプログラミングスキルが身についてない為

成長が激しいIT業界では情報の変化が度々行われています、その中で企業が求めているスキルを学ぶ必要があります。
なので明確な目標設定をせずに学習し卒業すると、企業が本当に求めているスキルを習得できず、就職・転職できない場合があります。

他にも、実際の現場ではプログラミング言語だけではなく、環境構築やバージョン管理、テストなど、様々な知識が必要となります。

実務経験を積めず、未経験者同士で差がつけにくい為

プログラミングスクールでは、一定のカリキュラムを修了することが一般的であり、卒業生同士のスキルや経験に大きな差が生まれにくい傾向があります。
加えて、プログラミングスクールを利用する多くの人が、就職活動時に使用するポートフォリオが似通ってしまうこともあります。
テンプレートに基づくポートフォリオでは、他のスクール卒業生との類似性が高まり、個性的なアピールポイントが欠けてしまう可能性があります。

皆さんが実際に採用する立場になった時にどう考えますか?
ありふれたポートフォリオやよくあるスキルセットを持って面接に来た方と、最新の技術や自身の会社が推している技術を使ったポートフォリオを持ってきた方
当然、自身の会社にあった技術を使った面接者だと思います。

このように成功するためには、卒業生それぞれが自身の考えやスキル習得のアプローチ、技術以外の能力をどのように生かせるかなど、個々の魅力を明確に伝えることが必要です。
単にプログラミングスクールを卒業しただけでは、他の卒業生との差別化が難しく、採用担当者に対して特異な価値をアピールすることが難しいと感じる人が増える傾向があります。

プログラミングスクールを利用して就職に成功するためには?

ここまで、プログラミングスクールでは就職できない理由を解説しました。
それでは就職や転職を成功するためには何が必要なのか、先程の就職できない理由を参考にし、下記ポイントをメインに解説していきましょう!

  • 就職・転職サポートが充実しているスクールに加入する
  • 目標設定を明確にし企業に必要なスキルを習得する
  • 実務経験を積むかポートフォリオを作成する

就職・転職サポートが充実しているスクールに加入する

就職できない理由でも説明しましたが、プログラミングスクールでは就職・転職サポートを行っている場合があります。
具体的な支援内容としては、転職相談やキャリアカウンセリング、企業の求人紹介、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などが含まれます。
多くのスクールはIT企業と提携しており、転職相談やキャリアカウンセリングを通じて適した求人を紹介する場合もあります。
履歴書や職務経歴書の添削、面接対策など、幅広いサポートが提供されているスクールを選ぶことで、受講生は安心して学ぶことができます。

さらに、一部のスクールでは「転職保証」を導入しています。
この制度は、受講者が転職に成功できなかった場合に、受講料を一部または全額返金するものです。転職保証の有無はスクール間で異なり、条件も様々ですが、「確実にプログラマーやエンジニアとして活躍したい」という意向を持つ受講生にとっては大きな利点となります。
このように就職・転職サポートを有効活用し、自分自身の目標を叶えましょう!

実際にDMM WEBCAMPを例に説明しますが、転職コースの転職成功率は98%です。


この実績の理由としては
・企業が本当に求めるビジネススキルを優先的に学習
・キャリアカウンセラーとメンターが受講者への転職活動とスキル獲得を両面サポート
・紹介可能企業が600社以上
このように手厚いサポートを行うことで、安心して受講者の方に学習してもらうことができます。


DMM WEBCAMPの転職コースの詳細はこちらをご覧ください!

目標設定を明確にし、企業に必要なスキルを習得する

プログラミングスクールを活用して就職・転職成功を目指す際の重要なポイントの一つは、「自分がどのようなエンジニアになりたいのかを具体的にし、それに基づいて最適なスクールを選ぶ」ことです。

なぜ目標を明確にする必要があるのか、医者の仕事を例に説明してみましょう。
皆さんは歯が痛かったら歯医者に行き、眼に違和感があったら眼科に行くかと思います。
それは問題に対して適切な技術を持っている方々だからです。

同じようにエンジニアと一言で言っても、一部だけでも以下のようにあります。
・ソフトウェアエンジニア
・システムエンジニア
・フロントエンドエンジニア
・バックエンドエンジニア
・クラウドエンジニアなど
このようになりたい姿によって必要な技術は様々です。

将来のエンジニア像やキャリア目標を具体的に把握することで、必要なスキルや知識を的確に磨くことが可能です。

エンジニアとしての目標がはっきりしていない場合は、スクール受講前に無料のカウンセリングを受けてみるのもおすすめです。
例えば、DMM WEBCAMPでは、気になる点だけでなく、適切なスキルの選択や将来のキャリアに関する相談も無料で行えます。
少しでも悩んだ方は無料カウンセリングを試しに受けてみてください!

「今の仕事楽しくないなぁ・・・」

「IT業界に転職してみたいなぁ・・・」

という方、DMMが運営する「WEBCAMP エンジニア転職」をご検討してみてはいかがですか?

WEBCAMP エンジニア転職

「WEBCAMP エンジニア転職」では最短12週間でITエンジニアを目指すことが可能です!

WEBCAMPの卒業生は転職後に年収もUP!(例:年収250万円→500万円)

しかも今なら受講料の最大70%が給付金として支給されます

DMM WEBCAMPは経済産業省・厚生労働省が認定した専門実践教育訓練給付金制度の対象です

DMM WEBCAMPについてもっと詳しく

実務経験を積むかポートフォリオを作成する

就職・転職する際に必要なポイントとして、実務経験かポートフォリオの有無を求められる場合があります。
無いからと言って就職・転職できないというわけではありませんが、あるだけで大きなプラス材料になります。
実際どのように有益に働くか?下記のような内容が考えられます。
・実際のスキルの証明
・自己マーケティング
・信頼性と競争力の向上

ポートフォリオサイトや実務経験は、単なる学習や理論だけでなく、実際のプロジェクトでのスキルや知識を証明する手段となります。
採用担当者は実際の成果物を通じて、応募者の技術力や実践的な能力を確認しやすくなり、自分自身をアピールするためのプラットフォームとなります。
プロジェクトの説明やコードの品質、デザインのセンスなどを適切に表現することで、採用担当者に良い印象を与え、個々の強みを強調する手助けとなります。

実務経験は、リアルな業務状況での対処能力やチームワークを示すものです。
これにより、採用担当者は応募者が実際の業務にどれだけ適しているかを評価しやすくなり、ポートフォリオや実務経験は、面接や選考プロセスでの質問に対する具体的な回答材料となります。
実際のプロジェクトや課題を通じて得た知見や経験を挙げることで、自身の実力をより効果的にアピールできます。

\プログラミングを学んで/
人生を変えた3名

インタビュー記事一覧 >

就職・転職サポートが厚いプログラミングスクールを紹介!

ここまでプログラミングスクールでは就職・転職できない理由と成功するためのポイントを説明してきました。
ここからは実際に就職・転職サポートを実施しているプログラミングスクールを紹介していきます。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは、97%の受講生がコースを卒業し、98%の驚くべき転職成功率を誇ります。
豊富な転職実績を持ち、学習サポートがしっかりと提供されているため、未経験の方でも安心してプログラミング学習に取り組むことができます。
97%もの卒業生を輩出した背景には、キャリアアドバイザー、ライフコーチ、メンターによる徹底的なサポートによるものです。
※ライフコーチは就業両立コースのみとなります。

また転職に特化した、『DMM WEBCAMPエンジニア転職』は、転職保証が付いたエンジニア養成プログラムです。
対象となるコースには、教育訓練給付金が適用される「専門技術コース」や、最短3ヶ月でスキルを習得する「短期集中コース」(転職保証付き)、仕事をしながらでも無理なく6ヶ月かけて学べる「就業両立コース」があります。
具体的なサポート内容には、キャリアのヒアリング、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、企業紹介などが含まれており、補助金では最大56万円が支給されます。

DMM WEBCAMPをもっと詳しく知りたい方はこちら

「今の仕事楽しくないなぁ・・・」

「IT業界に転職してみたいなぁ・・・」

という方、DMMが運営する「WEBCAMP エンジニア転職」をご検討してみてはいかがですか?

WEBCAMP エンジニア転職

「WEBCAMP エンジニア転職」では最短12週間でITエンジニアを目指すことが可能です!

WEBCAMPの卒業生は転職後に年収もUP!(例:年収250万円→500万円)

しかも今なら受講料の最大70%が給付金として支給されます

DMM WEBCAMPは経済産業省・厚生労働省が認定した専門実践教育訓練給付金制度の対象です

DMM WEBCAMPについてもっと詳しく

コース・短期集中コース
・専門技術コース
・就業両立コース
受講料・短期集中コース:690,800円(税込)
・専門技術コース:910,800円(税込)
・就業両立コース:889,350円(税込)
補助金利用時・短期集中コース:補助金対象外 ローン対応可
・専門技術コース:350,800円(税込)
・就業両立コース:329,350円(税込)
期間・短期集中コース:3ヶ月
・専門技術コース:4ヶ月
・就業両立コース:6ヶ月 
講師現役エンジニア
学べる内容HTML CSS JS jQuery Ruby  Railsなど
サポート・卒業生限定コミュニティの提供
・キャリアアドバイザーによる転職
・就職先企業の紹介

RUNTEQ(ランテック)

RUNTEQは、エンジニアが開発現場で主体的に活躍できる能力を育成することを目指すプログラミングスクールです。
開発現場を想定したカリキュラムが特徴で、ITエンジニアに必要な自己推進力や技術力、利用者視点での開発能力を身につけることができます。

月2回のオンライン面談や企画段階からのポートフォリオ作成のサポートなどがあり、これが魅力の一環です。
特に、給付金対象のWebエンジニア転職コースでは、書類添削や面接対策はもちろんのこと、オリジナルポートフォリオの作成支援も提供されています。
これにより、受講中に転職時にアピールできる実績を充実させることが可能です。

RUNTEQでは卒業後も転職サポートと学習カリキュラムの利用が可能であり、進捗が遅れても自分のペースで活動できるというメリットがあります。

コース・Webエンジニア転職コースRuby on Rails専攻
・Webエンジニア転職プロコースRuby on Rails専攻
受講料・Webエンジニア転職コースRuby on Rails専攻:550,000円
・Webエンジニア転職プロコースRuby on Rails専攻:440,000円
補助金利用時・要問い合わせ
期間・Webエンジニア転職コースRuby on Rails専攻:9ヶ月
・Webエンジニア転職プロコースRuby on Rails専攻:6ヶ月半
講師現役エンジニア
学べる内容HTML/CSS/Ruby/Rails/JavaScript/UNIX/Linux など
サポート・キャリアサポート

まとめ

プログラミングスクールに通っても就職できないと言われる理由や、就職するために必要なことを解説しました。

プログラミングスクールは、皆さんのスキル向上と就職活動をサポートするための環境です。
これを有効に活用することで、就職成功も失敗もあり得ます。

プログラミングスクールを通じて就職を成功させるためには、自分のキャリアやスキルについてよく考え、自主的に学び、成果を記録しておくことが非常に重要です。

今回の内容を参考に、ぜひプログラミングスクールを有効に活用して、就職を成功に導いてください。

\プログラミングを学んで/
人生を変えた3名

インタビュー記事一覧 >

\プログラミングスクールを比較/

DMM WEBCAMP

COACHTECH

RUNTEQ

DMM WEBCAMP COACHTECH RUNTEQ
目指せる姿 WEBエンジニアへの転職
フリーランスエンジニア WEBエンジニアへの転職
分割払い
補助金 ×
転職保証 × ×
受講期間 12週間〜 3ヶ月〜 5ヶ月〜
特徴 【IT業界の転職を一番に考えたい方向け】
大手DMMが運営のプログラミングスクール
転職成功率98.8%
豊富なキャンペーンや補助金制度あり
【フリーランスを目指したい方向け】
フリーランスのエンジニアを最短で目指す
エンジニアと共に実際の案件開発を担当
【とことん勉強してから転職したい方向け】
1,000時間(約9カ月)のカリキュラムでしっかり勉強
企業の求める即戦力のWEBエンジニアを目指す
料金 329,350円〜
※給付金適用後
42万9,000円~ 55万円

公式HP

公式HP

公式HP

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2024 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5