• WebCamp_インタビュー
    「1カ月頑張ればこの先が見えてくる」地元メディアを立ち上げたママさん
    2017.07.20
  • WebCamp_インタビュー
    【卒業生インタビュー】台湾で月間100万UUの訪日旅行メディアを手掛けるCEOが、プログラミングを学んで得たものとは?
    2018.01.15
  • WebCamp_インタビュー
    “未経験”でもたった1ヶ月で営業からエンジニアとして転職!『WebCamp』受講者インタビュー
    2017.10.04
  • WebCampPro_インタビュー
    自分で稼ぐ力をつけるため、新卒5年目の営業マンがエンジニアに転職!【WebCampPro転職者インタビュー】
    2018.02.02
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp卒業生インタビュー】1ヶ月でRubyをゼロから学び、Webエンジニアとして転職!
    2018.01.15
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験でも寿司職人からWebデザイナーになった!ホスピタリティでスクールを支える宮脇トレーナー
    2017.05.26
  • WebCamp_インタビュー
    【WebCamp受講生インタビュー】起業準備中にCEOが気がついたプログラミングスキルの重要性とは?
    2017.12.25
  • WebCamp_インタビュー
    時間や場所にとらわれず自由に働くために必要なスキルとは?【WebCamp卒業生インタビュー】
    2018.01.26
  • WebCamp_インタビュー
    「自信の持てるスキルを得たい!」内定辞退した女子大生がプログラミングを学習したワケ。
    2018.04.28
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験31歳からエンジニア転職を実現【実際に聞いてみた】
    2017.04.01
  • WebCampPro_インタビュー
    未経験から上京し、テレビでも話題のIT企業に転職!【WebCampPro卒業生インタビュー】
    2018.03.10

▼当サイトで人気のプログラミング教室のおすすめランキングはこちら!
プログラミングは独学では非効率で、時間を無駄にするリスクがあります。効率的なカリキュラムで学べるスクールを受講しましょう。

金王冠WEBCAMP ONLINE【業界最安値】1ヶ月集中/オンラインで学べるWebデザインコース
オンラインでWebデザインが学べるスクールです。教室通い放題のコースはこちら
TechAcademyオンラインで開講しているプログラミングスクール
オンラインでどこでも学べる!/教室に行くのが忙しい人でも安心!
銅王冠Tech Camp業界最大級!教養としてのITスキルを学べるスクール
Webデザイン/AI(人工知能)/IOS/Androidアプリ制作/VRを学びたい方!
びっくりマークWebCampPro転職保証付き!エンジニアとして転職したい人におすすめ!
未経験からプロのエンジニアを3ヶ月で目指すプログラミングスクールです。
7月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

IT業界は、近年非常に注目を浴びている業界でもありますが、その中でも特に注目されている最新技術はどのようなものがあるのでしょうか?

2017年9月30日~10月5日にフロリダ州オーランドで開催された「GartnerSimposium/ITxpo」では、今後注目すべきITトレンドが紹介されています。

IT業界はこれからも需要が高いと見込まれており、スキルアップのためにIT技術を習得する方も増えてきています。

では、そんなIT業界において2018年注目される最新技術についてご紹介しましょう。

IT業界の注目度とGartnerSimposium/ITxpo

GartnerSimposium/ITxpoは、CIOやITリーダーなどから絶大な評価を誇る業界最大手機関「ガートナー」年に1度主催しているイベントで、IT業界の将来や予想される展開、IT業界に向けて必要な施策を提言する場となっています。

IT業界の注目度の高さを痛感させるのは、その参加者数です。

GartnerSimposium/ITxpoの参加者数は毎年8000人を超えており、いかにIT業界が注目されているのかが理解できます。

ガートナーの予測では、今後のITトレンドとして、10の技術が今後注目されるだろうと提言しています。

2015年の時点では、デジタルビジネス時代、2016年はエコシステム推進、2017年はデジタルビジネスにおいてつながる未来と企業の課題を予想していました。

ガートナーの着目した予測は、今後もIT業界にとって大きな注目を集めるに違いないでしょう。

2018年注目される最新技術

では、ガートナーが提言した今後の10のトレンドについて具体的に紹介していきましょう。

音声・視線による検索方法

まず1つが、音声や視線などを使って新しい検索方法が展開されていくとしています。

2020年までには、こうしたビジュアルにおける検索方法が全体の3割を占める可能性が高いと予測しています。

これを踏まえて、1部の先進企業においてはデジタルコマースの売上を増加させることを明らかにしているのです。

ビジネスモデルの再構築

Google、Apple、Facebook、Amazonを含む大手の計7社は「デジタルジャイアンツ」と呼ばれていますが、そのうち5社が今後のリーダーシップを取るべく独自のビジネスをディスラプトして再構築することを示しています。

デジタルジャイアンツは様々な最新テクノロジーを駆使してサービスを展開し続けていますが、新しいビジネスで市場のリーダーシップを取っていくためにビジネスモデルを作り直すことが重要と捉えているのです。

仮想通貨がもたらすビジネス規模

仮想通貨は、日本でも最近注目を集めています。

ガートナーは、今後仮想通貨は金融業界において正式に受け入れられると予測しており、2020年までにおよそ10億ドルものビジネス規模になっていくだろうと示しているのです。

仮想通貨は、日本を含む世界各国において金融業界ではその存在を正式に認められています。

こうした背景を汲み取り、現時点で900以上もの銘柄がある仮想通貨の選択肢とブロックチェーンテクノロジーの重要性に着目したと言えるでしょう。

ガートナーは金融業界において、今後仮想通貨はさらに進化を遂げ、ブロックチェーンテクノロジーを活用した変革が2023年までに実現できるだろうとしています。

情報過多がもたらす社会

現在、日本はもちろん、世界中において言えることがあります。

それが情報過多で、正しい情報があれば、偽りの情報も多く出回っているという状況が近年問題になっているのです。

ガートナーは、そういったフェイクニュースについても提言しています。

正しいニュースと偽のニュース

ガートナーのフェイクニュースについて提言は以下の通りです。

フェイクニュースは、近年ネットやSNSなどで多く目にすることができます。

実際に正しいデータが発信されていても、人々は自分が信じたい内容を信じる傾向があるという特徴があります。

ガートナーは、そんな偽りのニュースによって今後さらに多くの人々が惑わされるだろうとしているのです。

特に2022年までは、様々な情報に惑わされないよう企業の情報や信頼性に注意深く見ていく必要があるとしています。

フェイクニュース拡大で訪れること

ガートナーは、フェイクニュースによって操られているメディアを「偽の現実」として定義付けしています。

IT技術の発展でAIも進化し続けています。

AIの技術は非常に繊細かつ高レベルなもので、人間の顔の違いや表情の変化などを一瞬にしては見極めることができるのです。

これは、フェイクニュースを見極める能力も備わっていることを示しています。

しかし、フェイクニュースを発見できる可能性を持つ一方で、逆に高度なフェイクニュースを作成できる技術にも富んでいると言われています。

そのため、今後しばらくはAIがフェイクニュースを見極めることが困難であり、デジタル社会の不安をさらに加速させると予想されているのです。

AIがもたらす影響

AI技術の発展が見込まれている中で、2020年にはおよそ180万の仕事を人間から奪うと言われているのをご存知でしょうか?

実際にAIは今後日本でも様々な局面での活躍が期待されており、その影響で関連企業に携わる人々が仕事を失う可能性が指摘されているのです。

しかし、ガートナーは、AIは仕事を奪う以上に新しい仕事を作り出すと提言しているのです。

2020年には、230万もの仕事を生み出し、それに最も影響を受ける業界が製造業であることも指摘しています。

IT業界の発展と今後の展開

ガートナーは次に、2021年までにエンタープライズの半分以上は従来のモバイルアプリではなくボット・チャットボット開発へと変わっていくだろうとしています。

サービスのインターフェースがチャットボットとの会話になり、従来のようにアプリをストアからダウンロードすることは単なるオプションとして捉えられるようになっていくとしているのです。

IT業界と人材の需要

現在、IT業界は高い専門性が問われており、専門職として位置付けられています。

しかし、今後はバイモータルやデジタルトランスフォーメーションにより、ビジネススピードや激しい変化に伴って、1人が複数の役割をこなす必要があるだろうと予想されているのです。

テクノロジー関連において高い技術と知識、スキルが必要とされているIT業界ですが、今後はどちらかと言うとビジネスよりの役割をこなすだろうとされています。

IoTの発展とセキュリティ

IoTは今後のテクノロジーの発展で安価にその機能を追加できるようになるでしょう。

将来的に、新製品のほとんどに活用されるのではないかとされていますが、ガートナーも2020年までには95%の新製品に活用されると予測しています。

しかしその一方で、セキュリティ面に関しては2022年まではリコールや安全性面に注意しなければならないとも提言しています。

まとめ

IT業界で今後2018年に発展が見込まれるIT技術について紹介してきました。

今後数年のうちに、IT業界はさらなる発展を続けていくに違いないでしょう。

また、それを予測するガートナーの提言は、世界的にますます注目されていくに違いありません。

WebCamp・WebCamp Proについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。WebCamp Proは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成するプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

7月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のWebCamp Proコース。
6月受入枠は満員となっております。7月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWebデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

▼ついに開講!オンラインでWebデザインを学びたい方はこちら!

関連キーワード
学習の関連記事
  • 【料金を比較】人気プログラミングスクールの費用を比較!
  • 【python入門者必見!】Pythonタプルの使い方と応用事例
  • 【徹底比較】絶対に失敗しないプログラミングスクールの選び方とおすすめスクール20選
  • 【python入門者必見!】配列・連想配列を徹底解説
  • 【python入門者必見!】誰でもわかる日付の基本と応用
  • 【python入門者必見!】Python数値型の基本から応用

当サイトで人気のオススメ転職サービスTOP3

1位 マイナビエージェント×IT

おすすめポイント

・平日忙しい人も、土曜日開催の個別キャリア相談会に参加できる

・職種や仕事内容(要件定義、上流工程から携わる仕事など)の要望が細かくできる
・マイナビの規模を活かした豊富で幅広い求人数

マイナビエージェント×ITの登録はこちら

2位 レバテックキャリア

おすすめポイント

・求人登録数4,000件以上

・エンジニア未経験、経験者両方に対応

・有名企業の採用担当者インタビューがみれる

・一次面接NGからの内定実績もあるほど、内定率が高い

レバテックキャリアの登録はこちら

 3位 type転職エージェント

おすすめポイント

転職者の71%が年収アップ

・IT系企業、特にエンジニアに限らず営業職の求人も充実している

各職種専門の転職アドバイザーが援助

type転職エージェントの登録はこちら

おすすめの記事