3月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月生は満員となっております。3月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

IT業界で活躍するプログラマーを目指している人の中で、自分はプログラマーに向いているのだろうかという不安を抱いている方はいませんか?

IT業界は今や最も需要のある職種と認識されていますが、IT業界で活躍するためには自分に適している職業であるかどうかが基本になります。

ここでは、IT業界に向いている人・向いていない人の特徴や判断基準となる5個のポイントについて解説していきましょう。

頭の回転の速さよりも好奇心と忍耐力が重要

IT業界は、常に新しい情報や知識を習得しなければならない分野にあたるため、基本的には学び続けていける人にしかできない仕事です。

しかし、高学歴なプログラマーの人の中には新しい知識どころかプログラミングの基礎さえ身に付いていない人がいます。

これは「プログラミングは実践することによって身に付くもの」と誤った認識をしているからです。

プログラマーとはテキストを読むだけで身に付けられるものではなく、コードを書くなど根気強く実践していくことによって習得できる知識です。

コンピュータはゼロかイチかの理論しかないので、人間のように融通が利きません。

自分が書いたものが思った通りのプログラムとして動かないこともたくさんあります。

間違ったコードを書いてしまえばその通りにしか動いてくれませんし、エラーを繰り返すこともあるでしょう。

ですから、間違いを目のあたりにする度「また同じようなミスをしてしまった」と常に反省しながら少しずつ上達していくというスタンスを持っています。

これは、どんなに優秀や学力や能力があっても補えることではありません。

そして、第一にプログラミングに興味が持ち、好きという気持ちがないと続けられない仕事です。

プログラマーは高学歴を活かすよりも、プログラミングに興味があり細かい違いやミスを見つけながら根気強く取り組めることの方が重要になってくるでしょう。

IT業界の待遇やステータスに惹かれている人

「なんとなくプログラマーになりたい」「求人が多く高収入だから」という理由で働くことを希望する方も多いでしょう。

IT業界はイメージがよくかっこいいといった印象が強いので、こういった理由で就職を決める人も大勢います。

この場合は、ソフトウェアやプログラム技術に興味があるのではなく、仕事内容以外のステータスに惹かれている可能性が高いです。

もちろん、最初のきっかけは待遇や条件を理由で始めた場合でも、実際に働いてみたら仕事内容に興味が出てきたという人もたくさんいます。

最終的に興味や働く意欲につながれば問題ないのですが、求人が多い職種だから、給料や待遇が良いから、という理由でプログラマーになった人は、ソフトウェアやプログラムの仕上がりや品質に影響が出てしまいます。

プログラマーとしての情熱がない人が書いたコードは、雑な書き方になっていることが多く、エラーやバグなどが発生しメンテナンスが必要になってしまうことも多々あるようです。

従ってIT業界で働く条件や待遇にばかりこだわっている人は、プログラマーに向いていないということが言えるでしょう。

勝手に試行錯誤してみようとする人は向いている

プログラミングは、パソコンさえあれば簡単にできる仕事です。

誰でもやってみたいと思えばすぐに実践できる技術で、パソコン以外の道具も必要ありません。

例えば目の前に出された課題に対してワクワクしたり、言われたことだけを淡々とこなしたりするだけでは満足できないという人は、プログラマーとして活躍できる可能性があります。

さらに、言われていないことまで自分で作ってみたり、一つのことをやり遂げたらその次にどんなことができるかと試行錯誤してみたりできる人はプログラマーとしての素質があります。

わからないことをうやむやにしない

プログラマーとして採用を決めた側は、受け入れたからといってすぐに技術面で活躍できることを期待する人はいません。

企業によってプログラミング内容や目的も違っているので、現場で実践してみないとどのようなプログラミングを行っていくのかはわからないことです。

疑問や不明確な部分も当然出てきますし、受け入れる側は作業を説明しながら仕事を覚えてもらうことを期待しています。

ですから、いくらプログラミングの知識が豊富にあったとしても、知ったかぶりをしたり分からないことをそのままにしたりするような人は業務に支障をきたしてしまいます。

知らないことは知らないと正直に伝えて、興味があることわからないことをその場で質問できることの方が重要な要素となってくるでしょう。

淡々と説明される雰囲気にのまれて、理解できていない状態を放置してしまう人は受け入れ側から必要のない人材ととらえられてしまいます。

知らないことは直接聞く・調べるなど、素直に今の心境や状態を伝えられる人はプログラマーに向いていると言えるでしょう。

冷静な決断力とコミュニケーション能力がある人

エンジニアやプログラマーは常に、解決できないバグとの戦いが生じます。

バグが出た時は、冷静に状況を把握し問題点を理論的に分析した後、考えられる解決策を一つずつ試していくことが問われます。

ものごとを冷静に判断できない人は、こういったトラブルが起きた時に慌ててしまい、感情的になってしまって問題と向き合えないことが多いものです。

自分で解決できず問題を放置したり挫折したりするパターンもあるでしょう。

ですからプログラマーとして活躍していくためには、冷静な判断力が問われることになります。

さらに、プログラミングを行う現場では、クライアントや社員とのコミュニケーションが必要になる場面が多いです。

これは、企業で働く会社員であろうとフリーランスであろうと就業場所は関係ありません。

誰でも理解できる言葉で相手と円滑にコミュニケーションがとれるスキルは、プログラマーだけでなくビジネスをする上で必須となる能力ではないでしょうか。

まとめ

ここでは、IT業界で活躍するプログラマーになるための向き不向きの特徴を5個ご紹介しました。

自分がここで解説した特徴にあてはまるものがあるか確認しながら、プログラマーとしてIT業界で活躍していけるか検討してみてください。

また、プログラマーとして自分に足りない要素が見つかった場合は、優秀なプログラマーに少しでも近づけるよう改善する努力をしてみましょう。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

3月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月受入枠は満員となっております。3月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事