話題沸騰のエンジニア留学の実態を徹底解説 | WEBCAMP NAVI
【7月枠も残りわずか】転職保証コース

話題沸騰のエンジニア留学の実態を徹底解説

地図とパソコン

エンジニアと聞くと皆さんはどんなイメージをお持ちですか。

少し前まではIT土方だとか、ブラック企業などあまり良いイメージを持っていない方も多かったと思います。

しかし近年では将来性のある職業としてITエンジニアが上位になる話も少なくありません。

そこで今回はITエンジニアを目指す方で話題になっているエンジニア留学について、徹底解説していきます。

エンジニアとは

ITエンジニアはシステムエンジニア・プログラマーなどの専門的な技術を使用するエンジニアの総称で、広義で使用されるシステムエンジニアも同じ意味になります。

エンジニア職は専門的な知識とクリエイティブさが必要になる為、AIなどの進歩で仕事が将来奪われくく、需要も高い為将来性がある職種として近年就職・転職希望者が増加しています。

以下エンジニアについて詳しく書いておりますので、お時間ありましたら一読してください。

https://web-camp.io/magazine/archives/17854

エンジニアに必要なもの

エンジニアになる為には特別な資格は必要ありません。

しかしエンジニアに就職・転職するのは新卒か実務経験者でなければ、なかなか難しいのが現状です。

IT業界は皆さんご存知の方も多いですが、慢性的な人材不足に陥っており、労働時間が長くなる傾向にあります。

他業種の人材不足であれば、未経験者でもどんどん雇い入れますが、プログラミングを始めとする専門的な技術は一朝一夕で習得する事ができず、戦力になるまで育った頃には長時間労働に耐えられずに辞めてしまう方が多い事から即戦力以外は雇用しない企業が多いからです。

エンジニアになる為またはエンジニアになった後も必要になる代表的なスキルは下記になります。

プログラミング

プログラマーはもちろん、システムエンジニアや他のITエンジニアでもプログラミングが必要な場面は多く、新卒でもない限りは最低限プログラミングの基本を習得していなければ就職は難しいです。

また仮に就職・転職に成功しても働きながらプライベートの時間を削ってプログラミングスキルを習得しなければいけない事も多い為、事前に習得する事が重要です。

英語

エンジニアはプログラミングなどの専門的な技術のみ重要視されていると思っている方も多いですが、実は英語も非常に重要なスキルの1つです。

ある程度英語力があれば、プログラミング学習がスムーズに進められます。

また日本でもある程度の中小企業になると海外にコーディングを外注する所も多く、海外のエンジニアとやり取を行う場合は英語でのコミュニケーションが必要になります。

更にIT業界の最新の技術は日本発の物よりも海外で開発された技術が圧倒的に多く、英語の情報に比べて日本語のドキュメントや書籍などが出回るまでには時間差があり、それだけ新しい技術を使用できるまでの差が生まれてしまいます。

将来エンジニアとしてどう言う役回りを希望するかにもよりますが、エンジニアが英語を習得しておいて損になる事はありません。

エンジニア留学とは

今回本題となるエンジニア留学ですが、言葉からイメージされる方もいらっしゃると思いますが、エンジニア留学は海外に行ってエンジニアになる為に必要な技術を習得する為の留学です。

エンジニア留学を提供する企業やプランによっても違いますが、セブ島などのリゾート地への留学がメジャーです。

エンジニア留学と日本での学習の違い

詳細なエンジニア留学のメリットやデメリットは後述しますが、エンジニア留学と日本での学習の大きな違いは、エンジニア留学はエンジニアになる為に生活環境を変える点です。

日本でプログラミングを学習する場合は独学・勉強会・プログラミングスクールに通うなどの方法が代表的ですが、いずれも多かれ少なかれ自宅などで過ごす時間がある為、遊びや飲み会などの誘惑があります。

エンジニア留学を行う事でエンジニアとして必要なスキル習得に集中する事ができます。

エンジニア留学のメリット

エンジニアやエンジニア留学の概要について、解説をしてきましたが、ここからは実際にエンジニア留学をする場合のメリットについて、詳しく解説をしていきます。

集中して学習が行える

日本での学習との違いでも記述しましたが、エンジニア留学をする事で最大のメリットはエンジニアに必要な事を学習するのに集中できる環境です。

プログラミングの習得には個人差はありますが、習得まである程度の時間を必要とし実践で使えるレベルまでとなると更に時間が必要になります。

日本で学習する場合は、友人からの誘いやゲームなど誘惑が多く、なかなか毎日決まった時間を確保する事が難しくなりやすいです。

しかしエンジニア留学の場合は、エンジニアを目指していて、留学している仲間しかいない環境の為、他者からの誘惑が少なく学習に集中する事ができます。

プログラミングが学べる

当然の話ではありますが、エンジニア留学をする事でプログラミングを学習する事ができます。

独学での習得を目指している方は疑問点や理解できない点があると自己解決をしなければいけない為、必要以上に時間を要したり最悪嫌気がさして挫折してしまう事も少なくありません。

エンジニア留学やプログラミングスクールは講師から直接教わる事ができる為、プログラミング学習に詰まる事はあっても必要以上に理解するまでの時間を要する事はありません。

また独学での学習は孤独感を感じられる方も多いですが、周りに同じようにプログラミング習得を目指す方がいる為、プログラミング習得を諦めようと思う方が少ないです。

英語が学べる

日本のプログラミングスクールとエンジニア留学との大きな違いの1つが英語です。

カリキュラムとしてプログラミングと英語の両方が組み込まれていますが、カリキュラムの時間以外でもセブ島などのリゾート地に留学する為、私生活に英語が必要になります。

現地のネイティブな英語に触れる事で、就職・転職はもちろんですが、働き始めた後も海外の人と会話ができると言うのはこれからのITエンジニアにとって非常に有利です。

就職・転職サポート

全てのエンジニア留学ではありませんが、エンジニア留学後の就職・転職をサポートを受けられるプランがあります。

プログラミング習得を独学で目指している方に多いのが、実際にスキルを習得してもなかなか就職・転職活動時にアピールする事ができずに不採用となる話は決して珍しくありません。

更にプログラミングを独学で学習している方がその事実を知ってしまい、今学習している事が本当に就職・転職で役立つのか不安になり集中できずに諦めてしまう事もあります。

就職・転職のサポートによりエンジニア留学後の不安も解消される為、学習に集中する事ができる点もメリットの1つです。

エンジニア留学のデメリット

エンジニア留学はメリットも多いですが、デメリットもいくつかあります。

エンジニア留学のデメリットで代表的なものは下記になります。

最低限の英語力が必要

エンジニア留学でネイティブな英語を学ぶ事ができるメリットはありますが、最低限の英語力がなければ留学時の私生活の部分や英語の授業でネイティブな部分を学習に入るまでに時間を要してしまいます。

エンジニア留学の大半は大学生や第2新卒を目指している方が多いので、比較的英語の授業から離れている方は少ないですが、20代後半以降で英語から離れて何年も経っている方は参加される方は英語の復習をしておく必要があります。

日本のプログラミングスクールに比べて費用が高額

エンジニア留学の最大のデメリットは、受講するのに必要な費用です。

エンジニア留学をする為には海外での生活費やパスポートの準備など参加する為に必要な費用に加えてプログラミングスクールなどと比べても受講料が高額になります。

学習に集中できる環境や就職・転職などのサポートもあったりとメリットはありますが、留学中は収入も見込めない為、働きながら費用を捻出する事ができない為、気楽に参加する事はできません。

エンジニア留学がオススメの人

エンジニア留学のメリットとデメリットについて、解説しましたが、それでは実際にどの様な人にエンジニア留学がオススメかを解説していきます。

海外を視野に入れて活躍をしたい方

エンジニア留学を最もオススメできるのは、ITエンジニアとして海外での活躍したい方にオススメです。

プログラミングと英語の両方を日本で学習するとなるとそれなりに費用がかかり、自分で学習の比重などを計画していかなければいけません。

更にエンジニア留学のカリキュラム外の時間も英語に触れて経験できる事は日本では中々習得する事ができません。

就職先の幅を広げたい方

プログラミングだけできる方とプログラミングと英語が話せる方では、就職先の幅に差があります。

ある程度の企業になると国内のエンジニアだけでなく、海外のエンジニアと連携する機会が増える為、英語が話せる事が条件に設けられている企業も少なくありません。

海外で活動をしない場合でも就職先の幅を少しでも広げたいと考えている方にはエンジニア留学がオススメです。

エンジニア留学の就職事情

ここからはエンジニア留学後の就職事情について、解説をしていきます。

エンジニア留学後の就職

上記でも少し触れましたが、エンジニア留学後の就職・転職サポートにより全て希望通りの就職先に着けると言う訳ではありませんが、ITエンジニア業界に就職・転職に成功した方は多いです。

特にプログラミング技術だけでなく、英語力も重視して採用された方の場合は好条件で就職された例もあります。

ただしエンジニア留学後の就職・転職サポートを受けずに就職・転職活動を行った場合は、不採用になる場合も少なくありません。

また就職・転職サポートを受けられていても年齢などによっては、就職・転職が決まるまでに時間がかかってしまう場合もあり、必ずITエンジニアになれると言う訳ではないので注意が必要です。

まとめ

今回はエンジニア留学について、解説をしてきましたが、いかがでしたか。

エンジニア留学には費用と纏まった期間が必要になる為、参加できる条件を揃えるのは簡単ではありません。

しかし時間と費用をクリアできれば、学習効率は非常に高くこれからエンジニア業界で活躍したい方に非常にオススメです。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 12019年4月時点