難波校OPEN記念入学金無料キャンペーン実施中!
DMM WEBCAMPは難波校の開校を記念して、通常100,000円(税抜)無料で入校できるキャンペーンを実施しています。
関西未経験からエンジニアになりたいプログラミングで人生を変えたい方はこの機会にぜひご検討ください!

プログラミングを学ぼうと考えているけれど、なかなか手が出ず二の足を踏んでいる方も多くいるかと思います。

その原因には、

「英語ができなくてもプログラミングはできるのか?」

「プログラミング学習には、どの程度の英語力が必要なのか?」

「英語とプログラミングのどちらから勉強した方が良いのか?」

などもあると思います。

そこで、今回はプログラミングにおける英語の必要性について解説していきます。

プログラミングになぜ英語が必要なの?

結果から申し上げますと、プログラミングに英語は必要です。

なぜなら、プログラミングのコード全てに英語が用いられているからです。

英語が全くわからず簡単な単語やローマ字もわからない状態だとプログラミングを習得することは難しいです。

しかし、そんなに心配する必要はありません。

我々日本人は英語を義務教育で学んでいるため、プログラミングにおける英語力について問題ありません。

プログラミングコードに用いられる簡単な英単語(中高生レベル)や、プログラミングについて記載された英語の資料を読むことができる程(Google翻訳があるので、こちらもある程度で大丈夫です)の英語力があれば十分です。

プログラミング最新情報は英語

プログラミング関連の最新情報は、まず英語で発信されることがほとんどです。

その後様々な言語に翻訳されていきます。

シリコンバレーなど、海外発の情報が日本語に翻訳される時期については予測が立たないため、職業としてプログラミングを行う場合、英語で記載された最新情報を読み解く力が求められます。

日本語書籍はあるが遅れる

英語で発信された最新情報が日本語書籍として日本で出回る時にタイムラグが生じてしまい、すでに最新情報ではなくなっている可能性があります。

そもそも100%全ての情報が日本語書籍として出回るわけではありません。

そこで英語力をつけていれば、最新情報の原書を読むことができ、他のプログラマー、エンジニアに差を付けられます。

最近では電子書籍ですぐにその情報を掴むことも可能です。

日本語では微妙なニュアンスが違う

英語の情報を日本語に翻訳した時に微妙なニュアンスの違いが理解を妨げる原因になります。

Google翻訳などで翻訳された文書というものはある程度は不正確なものであるとの認識が一般的です。

しかし、この不正確な部分がプログラミングに関わる重要な情報部分であった場合にその情報を本質的に理解することが不可能になります。

そのため、英語の情報はそのまま英語で理解することが推奨されています。

全てを英語で読むのは無理でも、翻訳で違和感を覚えた箇所だけでも原文で確認出来るようにしましょう。

プログラミングは英語で理解

最新情報については英語で発信されることが多いことと、そもそもプログラミングとは英語でコードを構成していくものです。

そのため、学習段階で、わざわざ一度日本語に翻訳しないで英語のまま理解した方が習得はく、記憶も定着しやすいといえます。

プログラミングは英語力

プログラミングは簡単な英語力があれば習得することは可能です。

しかし、ITの世界は情報の移り変わりが他の世界と比較して非常に早く、「一度プログラミング習得してしまえば学習終了」というわけではなく、日々の学習が求められます。

また、その移り変わりの早い世界では、どれだけ最新情報を早く手に入れられるかでライバルとスキルの差がついてしまいます。本格的にプログラミングを仕事として行うのであれば英語もセットで学んだ方が良いでしょう。

変数、関数も英語表記

プログラミングでは、変数や関数も英語表記です。

そのため、プログラミングの学習を進めていくと今まで見たこともない英語を見ることもあります。

しかし、プログラミング学習を進めていけば自然と覚えることができるため、さほど心配する必要はありません。

小学生の頃、初めて英語の授業を受けた時を思い出して、簡単な単語を覚えるように変数や関数名も覚えていきましょう。

プログラミングに必要な英語力はどの程度?

プログラミングを初めて学ぶ段階では、それほど高度の英語力は必要ありません。

学生の頃、英語が苦手だった方も心配する必要はないです。

ただし、プログラミングの専門用語が多くあるため新しく覚える英単語は多くなります。

初めて学ぶ段階では英語で記載された最新情報なども読む必要がありませんので、英文法も理解しておく必要はありません。

プログラミングがある程度理解出来るようになってきて、簡単なプログラムは自分で出来る状態になった後、次のステップに進むためには英語力が求められます。

そのため、ネイティブほどの英語力は必要ありませんが、読む、聞く、書く能力が高校英語レベルまでは必要になるため、高校英語レベルの英語力がない方は英語を勉強しましょう。

プログラミングは英語配列キーボート?

英語も問題なく習得してプログラミングに慣れてくると、ほとんどの方がまた新たな疑問に直面します。

それは、「プログラミングにはJISキーボードよりもUSキーボードの方が作業効率が良くなるのではないか?」という疑問です。

JISキーボードとUSキーボードの大きな違いはホームポジションに優れているか否かです。

JISキーボードがホームポジションに優れていないというわけではないのですが、Enterキーの位置がUSキーボードの方がホームポジションから近いためUSキーボードを利用しているプログラマーも多くいます。

しかし、JISキーボードに慣れ親しんだ方がUSキーボードに慣れるまでには時間がかかります。

JISキーボードかUSキーボードのどちらが良いかは大した問題ではありません。

そのため、USキーボードに慣れるまでの時間を英語の学習やプログラミングにさらなる理解に利用した方が効率的です。

これまでパソコンを触ったことがなくプログラミングの学習を始める方はUSキーボードを使用するという選択肢もありますが、すでにパソコンの操作をしたことがあり、JISキーボードに慣れている方はわざわざUSキーボードに変更する必要はありません。

プログラミングと英語どっちから勉強?

「プログラミングと英語をどちらから先に学んだ方が良いのか?」といった疑問を持っている方が多いようですが、どちらも同時並行で学んでいきましょう。

プログラミングを学習していくと必ず英語の壁にぶつかります。

そのため、プログラミングを学習していてわからない英語がでてきたら、その都度わからない英語を勉強すれば良いのです。

これを繰り返していくことでどんどんとプログラミングの理解と英語力が身についていきます。

重要なのは、座学で人に教えてもらうのではなく実践的に学んでいくことです。

これまで「海外の好きなアーティストの曲の歌詞が英語だったので、興味を持って歌詞の日本語訳を調べてみた」「ゲームをしている時に出てきた英単語がわからなくてゲームをクリアできないので、英単語を調べてみた」など自分から積極的に知識を吸収しようとした経験がある方がほとんどだと思います。

プログラミングと英語の両方を実践的に学びながら自分の探究心や好奇心を刺激していくことで学習理解度はさらに深まることでしょう。

プログラミングと英語を勉強するには?

現在のプログラミングを学ぶ方が増えてきているため、プログラミングに関する日本語の動画学習サイトや書籍、オンラインプログラミングスクールも多くあります。

日本語でプログラミングを学ぶ方はこれらを利用するケースが多いですが、英語とプログラミングを勉強する方は海外の動画学習サイトを利用しましょう。

プログラミングを学ぶと同時に英語力を身につきます。

また、最近では英語でプログラミングを学べるスクールも存在しています。英語が全くわからずこれから学ぶ方向けに授業の一部だけ英語で行うレッスンや英語がある程度できる方向けに授業の全てを英語で行うレッスンなどスクール生の英語力に合わせてプログラミングを学べるスクールが増えています。

このようなスクールに通いプログラミングの英語の基本的な部分をスクールで学び、レッスンのない日は自宅で動画学習サイトで自主学習をしていけば、英語でのプログラミングもすぐにマスターできるはずです。

また、このようなスクールには親子で参加できるレッスンも用意されていることが多いので、お子さんのいる方は親子で英語とプログラミングを学ぶことも可能です。

さらに最近ではビジネス留学が流行っています。

留学することで英語を学びながら、英語ベースでビジネススキルを身につけるというものです。

ビジネススキルに中にはプログラミングスキルも含まれるため英語とプログラミングの両方を勉強することができます。

大学生の方は、卒業前にビジネス留学をするのがおすすめです。

まとめ:プログラミングで必要な英語力のおさらい

これまで優秀なビジネスマンの必須スキルは英語だといわれていました。

そのため、外国人講師による英語スクールが非常に流行った時期がありました。

駅前に英語スクールが多かったため、駅前留学をいう言葉もできたほどです。

しかし、そのような時代は終わり、現在では英語に加えてプログラミングスキルも必要な時代にさしかかりました。

英語ベースでプログラミングを学ぶことで英語の知識がつき、英語で世界中のプログラマーとコミュニティを形成することも可能であり、海外のプログラマーとの情報交換も行えるようになります。

また、英語を覚えておくとプログラミングに必要な最新情報もいち早く手に入ります。英語とプログラミングのどちらもすぐに1~2日で習得できるようになるものではありません。

学習していく上では、自ら積極的に学ぼうという好奇心、探究心が重要になってきます。どのようなことにも関心を持ち自分のスキルを上げていきましょう。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

5月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
4月受入枠は満員となっております。5月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事