難波校OPEN記念入学金無料キャンペーン実施中!
DMM WEBCAMPは難波校の開校を記念して、通常100,000円(税抜)無料で入校できるキャンペーンを実施しています。
関西未経験からエンジニアになりたいプログラミングで人生を変えたい方はこの機会にぜひご検討ください!

現在IT化が進み、エンジニア需要が高まっている中、エンジニア不足が深刻な問題となっております。

そんなエンジニア不足を解消する事が出来る人材がいます。

それがジュニアエンジニアです。

この記事ではジュニアエンジニアとは何なのか、魅力について解説していきます。

エンジニアへの転職を考えている方はぜひ一読ください。

ジュニアエンジニアって何?

Jr,エンジニアとはエンジニア未経験の方が転職向けのプログラミングスクールを受講し、卒業された方の事を指します。

普通のエンジニアの方とは違い、他の業種を経験したのち、エンジニアに転職しようとしている方です。

全くの未経験のエンジニアの方を採用すると、教育コストが非常に高く、戦力レベルになるまで時間がかかってしまいます。

しかしジュニアエンジニアは転職向けのプログラミングスクールでしっかりとスキルを身に付けている為、採用コストが低く採用する事が出来るだけではなく、教育コストも低くすることが出来ます。

これからジュニアエンジニアの魅力を紹介していきます。

ジュニアエンジニアの魅力

ジュニアエンジニアは他のエンジニアや未経験エンジニアにはない魅力があります。

他の形態のエンジニアと比較しながらジュニアエンジニアならではの魅力を解説していきます。

社会人としてのスキル

ジュニアエンジニアは他の業種で働いていて、プログラミングを勉強した方を対象にしています。

エンジニア経験者やフリーランスエンジニアの方は技術的に既に戦力レベルの方が多いですが、エンジニアとして働くにはコミュニケーションスキルは必須です。

元々社会人で働いていた方はすでに実務経験があるため、社会人スキルとしてのマナーはすでに身に付いています。

さらに実務経験から社会人としてのコミュニケーションスキルも身に付いています。

しかしエンジニア経験者やフリーランスエンジニアの方は社会人スキルを既に身に付けているとは言い難いと思います。

さらに転職希望の方は前の職場に対するネガティブ理由か他の業種に挑戦してみたいというポジティブな理由のどちらかが多いと思います。

ポジティブな理由で転職希望の方は学ぶ意欲が高く、早い段階で戦力レベルになる可能性が非常に高いです。

エンジニアとしての順応力

エンジニアで働いていた方やフリーランスエンジニアの方は自分のコードやプログラムに自信を持っている方が非常に多いです。

それ自体はネガティブな意味ではなく、自己研鑽を続けてきた結果なのですが、それが会社やクライアントの求める内容ではない場合も多いのが現状です。

しかしジュニアエンジニアはエンジニアとしての実務経験がないため、コードやプログラムにこだわりはありません。

会社やクライアントの要望通りにすぐ順応する事が出来ます。

長期戦力としての活躍

エンジニアやフリーランスエンジニアの方はすぐに転職したり、フリーになる方が非常に多いです。

理由としては既にプログラミングスキルがあり、案件を会社を通さず取る事が出来れば収入額も違います。

独立出来るスキルがあるため、会社内の人間関係やクライアントとの関係性などのしがらみが原因で辞めてしまう可能性が非常に高いです。

しかしジュニアエンジニアは入社し立ての段階では独立する程のスキルは無く、すぐに転職するリスクはありません。

その為、長期戦力として活躍してくれる可能性が非常に高いです。

エンジニア雇用の現状

エンジニア雇用はIT企業にとって深刻な問題です。

この現状についてあまりご存じではない方もいらっしゃると思うので、解説していきます。

エンジニア不足の説明

業種ごとの求人状況は以下の画像にまとめました。

画像をみてわかる通り、IT・通信系だけで13倍以上あります。

他の業種に比べてIT・通信業界が圧倒的に需要があるのは一目瞭然です。

エンジニアが足りていない事がこの求人状況に反映されている事がわかります。

エンジニアにあるハードルが高い事がこのエンジニア不足の現状のであるといえます。

この現状を変える事が出来るのがジュニアエンジニアです。

ジュニアエンジニアが今後の日本のIT発展を支えていく重要な要素になるといえます。

使い捨てにされるエンジニア

今の日本IT業界では「デジタル土方」や「35歳定年説」などの言葉が表現している状況になっています。

「デジタル土方」などのいくら経験を積み、スキルを身に付けても年収が上がらず、

「35歳定年説」などの体力の低下と新たなスキルをスキルを身に付ける事の難しさから途中で引退、クビになってしまうのが現状です。

このようにIT業界の発展によりエンジニア需要が高まっている反面、エンジニアの長期雇用が難しいという矛盾している状況になってしまっています。

このような現状ではIT業界が発展しない大きな要因になってしまいます。

ジュニアエンジニアを育成するスクールDMMWEBCAMPについて

DMMWEBCAMPのLP

WEBCAMPは3ヶ月で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職サポート付きのプログラミングスクールです。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

具体的な学習形態としては3ヶ月で400時間以上を渋谷の教室と自宅で学習する事が出来ます。

そして前職を退職した上でプログラミング学習に取り組んでいただいておりますので、エンジニアとして転職意識が高い方を育成する事が出来ます。

さらに設計から開発、デプロイ、フロントエンドからインフラまで実践に近い開発を行うカリキュラムを展開しております。

エラー、バグ修正、新しい機能や技術へのチャレンジなどチーム開発を行う事で自ら経験を積むことが出来ます。

また転職の際に必ず必要になるポートフォリオ作成までサポートするので、転職成功率98%の高い実績を持つ転職、就職保証付きのプログラミングスクールです。

総括

ジュニアエンジニアについて解説してきましたが、理解して頂けたでしょうか。

これからエンジニアとして転職しようと考えている方は転職者向けのプログラミングスクールに通い、実践的なスキルを身に付けてから入社する事の重要性をわかって頂けたと思います。

また企業の採用担当者の方はジュニアエンジニアのメリットや将来性を感じて頂けたと思います。

この記事が新たなエンジニアの誕生や今後のIT業界に発展に繋がれば幸いです。

5月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
4月受入枠は満員となっております。5月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事