エンジニアはリモートワークが可能?実情と転職方法を紹介 | WEBCAMP NAVI
【11月の受講枠も残りわずか】

エンジニアはリモートワークが可能?実情と転職方法を紹介

電話を受ける男

働き方改革の一環として、在宅勤務やリモートワークという言葉をニュースなどでもよく目にするようになりました。

ITやデザイン関係の業界などではリモートワークは他業界に先行して導入が進んでいます。

エンジニアにとって、リモートワークは現実的な選択肢となっているか、現状をご紹介します。

リモートワークとは、所属する会社以外の場所でも、会社で作業するのと同じように仕事を進める勤務形態のことを言います。

私が勤めていた会社でもリモートオフィスをレンタルして、客先回りの途中で利用することを認めるようになりました。

これで、都度、帰社する手間が省けて効率的に客先回りができるようになりました。

ライフスタイルとして、あるいは、個人的な事情から、エンジニアでもリモートワークを検討される方もいらっしゃると思います。

エンジニアにとってリモートワークが現実的な選択肢であるか、どうやって、リモートワークが可能な仕事を見つければよいかをご説明します。

エンジニアの仕事内容についてはこちらで説明しているので、参考にしてみてください!

エンジニアとは?をわかりやすく【業務内容からよくある質問まで】

エンジニアのリモートワークの実情

メモを取る男

では、技術者たるエンジニアにとって、リモートワークは身近なものになっているのでしょうか。

エンジニアは一般的には広く工業製品に関与する仕事ですので、全ての作業プロセスでリモートワークが可能になるとはいえないでしょう。

リモートワークに適する業種や雇用形態、担当業務などがどのようなものかを整理してみます。

フリーランスの違いは?

フリーランスという仕事のスタイルをよく耳にするようになりました。

リモートワークとこれらのスタイルについては、まず、雇用形態の違いを理解する必要があります。

会社勤めのサラリーマンの場合は法人と雇用契約を結びます。

自分で起業する起業家は株式会社や有限会社などの法人組織を立ち上げます。

しかし、フリーランスは、個人として仕事をこなしていくので、個人事業主に分類される場合が多いです。

一方、リモートワークは仕事の進め方に関するものであり、物理的な勤務場所の制約を取り除くことで効率的かつ働きやすくしようというものです。

したがって、リモートワークは、雇用形態とは切り離して仕事の進め方として考えるべきものです。

リモートワークが可能になりやすい仕事・言語は?

リモートワークを可能にするには場所の制約を取り払う必要がありますので、物理的なモノを取り扱う仕事には向いていません。

逆に、昔風に言うと、紙と鉛筆さえあればできる業務はリモートワークの対象となりやすいのです。

この点からは、デザインやIT関係の業務は相性が良いと言えます。

また、作業フローでいえば、上流側の仕事ほどモノと離れますので相性が良いと言えます。

また、関係者が集合して作業を行う業務形態はリモートワークに不向きです。

したがって、ソフトウェア開発でいえば、企画や設計、コーディングや単体デバッグといったフェーズが例となり、組み合わせテスト以降のテストフェーズや稼働準備などの作業には向いていません。

ただし、企画フェーズや設計フェーズにおいても、セキュリティの確保が重要となる場合は、情報の外部持ち出しにつながるリモートワークは制限されることがあります。

ソフトウェア開発に必要なプログラム言語としては、HTMLPHPなどWeb案件向けの言語が相性が良いでしょう。

HTMLでのホームページの作り方は下記のリンクに詳しく書かれております。

https://web-camp.io/magazine/archives/5054

業務アプリケーションや大規模システム構築に適したC言語Javaなどのシステム構築向けの言語での作業は相性が良くない場合があります。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

転職成功率98%の【DMM WEBCAMP COMMIT】で需要の高まるITエンジニアに転職しよう!
フルタイムのコミット型学習と手厚いキャリアサポート!
万が一転職できない場合は、全額返金の転職保証付き!
条件を満たすことで最大56万円のキャッシュバックも受けられます。
まずはお気軽に無料カウンセリングへ!

\参加者満足度99%!/
エンジニア転職のプロに無料で相談する!
※最短1分で申し込み可能

リモートワークのメリット・デメリット

喜ぶ子供

リモートワークはネットワーク社会における新しい働き方であり、メリットもあればデメリットもあります。

以下に主要な点をご説明します。

メリット① スケジュールに自由が効きやすい

リモートワークができない場合は、外出した際は必ず所属会社に戻る必要があるなどの成約があります。

また、1枚のペーパーで済む資料作成であっても、会社に出社して作成する必要があり非効率です。

リモートワークが可能であれば、状況に応じて効率的なスケジュールの再設定も可能となりますし、資料準備を含め仕事に関する自由度が増えます。

メリット② 集中した環境で仕事ができる

会社の自席に在席中は、電話対応や上司を含め他の社員からの呼びかけなど、手を動かしている仕事を中断せざるを得ない状況が発生します。

設計作業、プログラミングやデザインなど集中力の必要な作業では、こうした仕事の中断は作業効率を大きく低下させることがあります。

リモートワークの場合は、いわば籠り作業的な環境設定が可能であり、重要度の高い外部とのコミュニケーションを除いて、集中して仕事をこなすことが可能となります。

メリット③ 通勤時間を無くし、時間を作れる

通勤時間が片道1時間ということは珍しくありませんね。

自宅での勤務の認められる場合は、出社のための通勤時間が不要となり、通勤時間を仕事に充てたり、自己研鑽やリフレッシュするなど時間的な余裕を生み出すことが可能となります。

デメリット① コミュニケーションの難易度が上がる

リモートワークを行うということは、一般的には、担当業務に関係するメンバーの在席場所が分散することになります。

したがって、チャットやメールで連絡を取り合っていても、皆が集まっている時に比べて、どうしてもメンバー間でコミュニケーションが疎になりがちです。

意識してコミュニケーションを確保することが必要ですし、その手間も増える可能性が高まります。

デメリット② 孤独感との戦い

どうしようと迷ったり、困ったなと感じた時、同じ場所に上司や同僚がいれば、すぐに話を持ち掛けて相談に乗ってもらうなどが容易に行えます。

リモートワークの場合は、単独で業務を行う割合が増加し、結果、気軽に相談相手を見つけるなどが難しくなます。

また、チャットやテレビ会議で困った事項の話をするのは心理的な負担が高く結局話をするのをためらうことになる場合が多いと思えます。

このため、ややもすると、孤独感を感じることになります。

フリーランスの孤独を解決するための対策は下記のリンクに詳しく書かれております。

https://web-camp.io/magazine/archives/16689

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

現在の仕事や育児を続けながらも、自身の新しい可能性を発掘してみませんか?
完全オンラインで最大1年間の転職サポートの付いた高品質カリキュラムで、仕事合間や土日時間を有効活用し、未経験から需要の高まるエンジニアを目指しましょう!
まずはお気軽に、無料カウンセリングへ!

キャリア発掘の第一歩
プロのキャリアアドバイザーに相談する!
※最短1分で申し込み可能

未経験可能なリモートワーク求人の探し方

ドアから覗いている女

リモートワーク可能な求人を探すには、求人サイトを利用することになりますが、どんなサイトを利用すれば可能性が高まるでしょうか。

エンジニアには、システムエンジニア、ネットワークエンジニア、Webエンジニア、アプリケーションエンジニアなどさまざまですが、システム開発などでは常駐型の勤務を求める場合が多く、リモートワークができるのは、主にはWebエンジニアと考えた方が良いでしょう。

したがって、求人もWEB系の会社を中心に探すことになります。

そして、WEB系の会社でも大手などは、まだまだ、常駐やフルタイムの求人を求めており、リモートワーク案件は少ないと思います。

その意味では、スタートアップなどの勤務体系や規則に縛られず成果中心の企業を探すことになります。

高単価の案件は、WEBサイト構築やシステム構築などの経験やスキルを有する即戦力向けの求人が殆どです。

未経験可能という案件では、比較的若い方を中心にこれから経験を積んでノウハウを蓄積することを念頭に報酬も低めの案件となる傾向にあります。

クラウドテック

クラウドソーシング大手の株式会社クラウドワークスが提供するフリーランスのエンジニア、デザイナーを対象とする求人サービスです。

大手が運営するだけあって案件数も多いです。

フルリモートの求人も扱っていますが、週一度程度のオフィスでの打合せ出席は必要そうです。また、紹介料などは不要です。

専任のキャリアサポーターがついて仕事探しのフォローを支援してくれます。

また、仕事探しのみならず、契約交渉や契約更新時の調整、事務手続きなどについても支援してもらえます。

クラウドテックでは、クラウドワークス登録企業の案件の中からリモートワークのシステム開発やデザイン制作に特化して単価の案件を紹介しています。

週3日程度の案件や、フルリモート案件の募集もあります。

下記はクラウドテックのサイトです。

https://crowdtech.jp/

コデアル

コデアルは、「時給単価2,500円以上の高収入 × リモートワークの求人」をキャッチフレーズとして、リモートワークのみを扱っています。

高単価をうたい文句にするだけに、経験者やプロフェッショナルを対象としており、初心者層がここで仕事を探すのは難しいと思います。

しかし、リモートワークでかつ拘束時間も週2日~4日といった案件も扱っており、リモートワークの動向を知るには登録して情報をウォッチする価値があります。

下記はコデアルのサイトです。

https://www.codeal.work/

REMOTE STYLE

株式会社会社キャスターが提供するデザイナーやエンジニアなどのクリエータ向けに、フレキシブルな働き方を可能とするの求人サービスを提供しています。

リモートワークのみならず、週2~、時短、副業可といった案件も紹介しています。

求人は非公開なので、登録して案件を紹介してもらい求職活動を行うことになります。

下記はREMOTE STYLEのサイトです。

https://remotestyle.cast-er.com/

Reworker

職種に関わらず、「フルリモートワークや在宅勤務が可」、「副業可」、「週3で時短可」、「フリーランス」のいずれかの条件を満たす求人のみを提供するサービスです。

株式会社キャスターが運営しています。

株式会社会社キャスターはオンラインアシスタントサービスがメインの会社ですが、求人側企業にリモートワーク導入支援なども行うなど、リモートワークの普及に力を入れています。

下記はReworkerのサイトです。

https://www.reworker.jp/

レバテックフリーランス

フリーランス求人については大手のサービスです。

しかし、フリーランスエンジニアに常駐型の開発案件を紹介する案件を主に扱っており、リモートワークはまだ少ないです。

大手だけあって、フリーランス求人案件を多数扱っており、将来リモートワークへの移行を考えている方でチャネルを広げたいと思っている方は希望の条件を明確にして登録しておくとよいと思います。

下記はレバテックフリーランスのサイトです。

https://freelance.levtech.jp/lp/001ag/input/?sip=

まとめ

デザインやIT分野ではリモートワークを認める会社が増えています。

育児や介護などの制約からこれまでは、休職や退職といった方法しかなかった場合でも、今後は、リモートワークを採用する会社への転職などで対応できる可能性が高まります。

また、ノマドやフリーランスで働いている方にも、リモートワークは営業や受注の機会を増やすチャンスとなます。

リモートワークの普及の状況をウォッチしておいてはいかがでしょうか。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点