3月生募集中!当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月生は満員となっております。3月生募集に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

PythonをインストールしてPythonのコマンドを実行できるようになるまでの作業は、非常に簡単に行えるようになっています。
本記事ではWindows,LinuxにおいてPythonのインストールを行うところから、インストール後の動作確認として、コマンドプロンプトやPowerShell(Windows)、ターミナル(Linux)等により対話形式でPythonコマンドを実行するところまでをレクチャーしていきます。

インストーラーのダウンロード

スマホ

Windowsの場合は、公式サイトからインストーラーをダウンロードする必要があります。
まずは下記のサイトにアクセスしてください。
Pythonインストーラーのダウンロード

以下の画像のように、サイト側でサイトを閲覧しているOSを自動判別し、ダウンロード対象のインストーラーを決定してくれます。「Download Python 3.x.x」と表示されている黄色いボタンをクリックすることで、ダウンロードが始まります。Pythonのバージョンにこだわりがない場合は、このボタンにより最新版のPythonのインストーラーをダウンロードすることができます。
python ネット画面 スクショ
お使いの端末が64-bitか32-bitかでダウンロード対象のインストーラーに違いが出てきますが、こちらも自動判別されます。また、OSのバージョンによりインストーラーが変わることはないので、気にしなくて大丈夫です。
ダウンロードの方法は以下のように、アクセスしているブラウザによってちょっとした操作の違いがあります。

もし最新版でなく過去のバージョンが必要な場合は、上記画像の
「Looking for Python with a different OS? Python for Windows」の最後の「Windows」の部分をクリックしてお好きなバージョンを選択してください。

Edge(Windows)の場合

ダウンロードボタンをクリックすると、以下のようなダウンロードバーが表示されるので、①をクリックして「名前をつけて保存」をクリックすることで、ダウンロード先の任意のフォルダを選択します。
python ネット画面 スクショ

以下の①で任意の場所を選択し、②の「保存」をクリックして保存します。
ダウンロード方法 スクショ
上の図の場合では、「ダウンロード」フォルダに「python-3.7.2.exe」というファイル名で保存されます。

「保存」をクリックした場合は、自動的に「ダウンロード」フォルダにダウンロードされます。

GoogleChrome(全OS)やSafari(Mac)の場合

これらのブラウザの場合は、クリックするだけで自動的にダウンロードされます。

以下はGoogleChromeの場合です。ダウンロードバーが表示され、自動的にダウンロードされることがわかります。
この場合、ダウンロードしたファイルは「ダウンロード」フォルダに格納されます。
ダウンロード先 スクショ

インストーラーの実行

スマホとパソコン

WindowsとLinuxのそれぞれの場合でのインストール方法を説明します。

Windowsの場合

Windowsでのインストール手順は以下の通りになります。画像はWindows10でのキャプチャです。

「エクスプローラー」で、前の手順でインストーラーをダウンロードしたフォルダを開きます。「Python 3.x.x.exe」を選択し、ダブルクリックしてインストーラーを実行します。

インストーラー起動後の操作方法は以下の通りです。ここでの画像はWindows10に3.7.2をインストールした場合の操作です。
インストーラー起動後、以下の画面が開きます。
Python ダウンロード 手順

コマンドプロンプトなどからPythonを呼び出すとき、PythonコマンドのPATHが環境変数に設定されていないとコマンドの場所がわからず、プログラムのある場所など、任意のフォルダから起動できません。
環境変数に設定するため、"Add Python 3.x to PATH"をチェック(画像の①)します。
「→Install now」をクリック(画像の②)してインストールを開始しましょう。
もしここで"Add Python 3.x to PATH"のチェックを忘れてしまった場合は、他の記事で紹介している環境変数の設定を行ってください。

また、マイナーバージョンが同じで異なるマイクローバージョンのPythonがすでにインストールされている場合は、インストーラー起動時にアップグレード用の画面になります。
※マイナーバージョン、マクロバージョンについて
pythonのバージョンにはメジャーバージョン、マイナーバージョン、マイクロバージョンがあります。例えば3.7.2の場合では、「3」がメジャーバージョン、「7」がマイナーバージョン、「2」がマイクロバージョンです。メジャーバージョンが変わるのが一番大きな変更になり、マイクロバージョンが変わるのが一番小さな変更になります。

以下の画面が出てきたらインストール完了です。「close」ボタンをクリックして画面を閉じましょう。

Windows10からファイルパスの最大が260を超えて扱えるようになりました。「Disable path length limit」は、260を超えたファイルを扱えるようにする設定です。そのような長いファイルパスを扱うことはあまりないのですが、お好みで設定してください。

Linuxの場合

Linuxの場合はPython2やPython3がプリインストールされていますが、最新版をインストールしたい場合はこちらの手順でインストールを行いましょう。Windowsとは異なり、コマンドのみで自動的にインストールします。

パッケージ管理システムを使ってターミナルからコマンドを実行することで、公式のPythonをインストールします。
Linuxディストリビューションの主要な系統のうち、UbuntuなどのDebian系とCentOSなどのRedHat系では異なるパッケージ管理システムが開発されているので、それぞれ使用するコマンドも異なってきます。

【入門者向け】PythonをLinuxで使用する方法は下記のリンクをクリック。

https://web-camp.io/magazine/archives/13267

Ubuntu16.10以降の場合

Ubuntu16.10以降では、aptコマンドを使います。ターミナルを起動し、コマンドを実行します。
以下は、Python3の最新のマイナーバジョンが「x」の時のコマンドになります。最新のバージョンは(https://www.python.org/downloads/)を参照して指定してください。
リポジトリの一覧を最新にしてからインストールします。

$ sudo apt update
$ sudo apt install python3.x

ターミナルがコマンド入力待ち状態に戻ったらインストール完了です。

CentOS7の場合

CentOSのリポジトリにはPython3.xがないので、IUS(Inline with Upstream Stable)のリポジトリを追加してからインストールします。

$ sudo yum install https://centos7.iuscommunity.org/ius-release.rpm

ISUリポジトリのインストールが終わったら、以下のコマンドでPython3.xをインストールします。

$ sudo yum -y install python3x

Pythonコマンドの実行による確認

やじるし

Python起動のコマンドについてはOSやディストリビューションによる違いはありません。Windowsの場合は、Powershellやコマンドプロンプトを開いてください。Linuxの場合は、お好みのターミナルを開いてください。

「python」コマンドで起動します。ここでパスが見つからないといった場合、インストールできていないか環境変数にPythonコマンドの場所のPATHが通っていない可能性があります。
インストールできていない可能性がある場合は、本記事を参考にインストールをやり直してみてください。
環境変数の設定については本サイトの以下の記事を参考に設定してください。
https://web-camp.io/magazine/?p=19240

Pythonを起動するため、Powershellやコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。以下はPowershellの場合のイメージです。

PS C:\Users\xxxx> python

Linuxの場合などで2系と3系があらかじめインストールされている場合などは以下のコマンドで実行します以下はUbuntuの場合のイメージです。

$ python3

インストール後の動作確認方法

キーボード

Pythonコマンドが起動して下記のような画面になればインストールは正常に完了しています。画像はUbuntuの場合ですが、どのOSでも「>>>」とPythonの入力待ち状態が表示されていれば大丈夫です。

このまま対話形式でpythonの標準関数を呼び出してみましょう。以下のように打ってみます。

>>> print('hello')
hello

print関数でhelloを画面表示するだけですが、helloと表示されました。

対話形式の終了方法

キーボードを打つ手

対話形式を終了し、再びPowershellやターミナル等のコマンド入力待ち状態に戻るには、「exit()」コマンドで抜けることができます。

>>> exit()

まとめ

本記事では、Pythonのダウンロードとインストール、インストール後の動作確認方法について解説してきました。pythonコマンドで動作確認までできたでしょうか。冒頭でお伝えしていた通り、Pythonのインストール自体はインストーラーやパッケージ管理ソフトから簡単に実行できてしまいます。
対話形式でも関数が実行できるので、初めて触るという方は対話形式で関数などを入れて遊んでみるのもいいでしょう。
インストールができたらあとは動かすだけです。これからどんどんPythonを楽しみましょう。

【python入門者向け】おすすめの学習方法は下記のリンクから。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

 

3月枠も残りわずか当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
2月受入枠は満員となっております。3月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい
上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事