エンジニアがスキルアップするには?必要な能力や成長する方法 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【3月枠も残りわずか】転職保証コース

エンジニアがスキルアップするには?必要な能力や成長する方法

エンジニア スキル

エンジニアは実力がわかりやすい職業です。
プログラムを綺麗に書け、エラーをすぐに解決できるエンジニアほど重宝され、特に最初の頃は「自分もあそこまで力をつけることができるのか・・・?」と不安になる人もいるかと思います。

そこで、どんどん成長するための方法や身につけるべきスキル、そして成長をより加速させる環境マインドセットを紹介します!
それでは、見ていきましょう!

スキルアップする目的とは

目的

早速スキルアップの方法を・・・とその前に、そもそも「なぜスキルアップしたいのだろう?」という問いを投げたことはあるでしょうか?

何事も目的意識は重要です。
ゴールが定まっていない状態では、何を学習するべきか曖昧になり、最悪の場合は「全然違うスキルを磨けばよかった・・・」という状態にもなりかねません。

逆に固まっていれば、戦略的にスキルを習得していくことができます。
まずは目的を認識する方法から紹介していきます!

新しい技術を触りたい好奇心を満たすため

エンジニア業界は新しい技術が日進月歩のペースで開発されています。
そういった新しい技術に日々触れることが楽しい!という方も多いのではないでしょうか。

そういった知的好奇心をより満たしていくために成長する、という理由も1つあげられるでしょう。
この観点が自分に当てはまるかどうか、見つめ直して考えてみましょう。

年収を上げるため

成長するもう1つの理由として、年収を上げるためというのが挙げられます。
こちらはある意味、能力を上げる理由として当然のものですよね。

組織で動く中で自分の出せるバリューを増やしていくことで、年収を上げるという目的も多くの人が考える理由でしょう。

必要なスキル

自分がどの目的に当てはまるか確認できましたか?
それでは実際に、エンジニアに求められるスキルについて考えていきましょう。

キャリアアップの力になるスキル

エンジニアに必要な代表的なスキルはプログラミング技術ですが、それだけでキャリアアップするのはなかなか難しいです。

より裁量を上げていくために、ぜひ身につけると良い4つのスキルを紹介します!

マネジメントスキル

キャリアアップしていくために、最も鍵になってくるのはマネジメントスキルです。

プロジェクトに参加したことがある方ならご存知の方も多いですが、自社・他社含めて数十人から数百人のエンジニアが関わるプロジェクトも珍しくありません。
そのため、プロジェクトをまとめるリーダーや管理業務ができる人が必要になってきます

特に急成長しているベンチャーだと、人もプロジェクトも一気に増えます。
そうなると、チームをマネジメントできる人材が多く必要になってきますので、統括できる能力はものすごく重宝されます。
早いキャリアアップを臨むのであれば、ぜひマネジメントの経験を積んでおきましょう。

コミュニケーションスキル

テレビや映画などではコミュニケーション能力がない個性的なエンジニアがよく登場してきますが、先ほども述べたように、プロジェクトによっては多くのエンジニアがアサインされています。
そんな中で、コミュニケーション能力が低ければ仕様間違いや連絡漏れなどによる後戻りが発生してしまいます。

正直、プログラミング技術以上に必要なスキルだとも言えます
情報技術はいくらでも吸収できますが、コミュニケーションを鍛えるのには時間を要します。
普段から「端的に、かつ相手が理解できるように伝える」ということを意識してみましょう。

マーケティングスキル

マーケティングスキルも身につけることで他のエンジニアたちに差をつけることのできる能力の一つです。

システム開発に重要なのは、顧客が求める情報と市場を分析して最適解を導き出すことであるため、マーケティングスキルを身につけることで自社からも顧客からも評価されるエンジニアになることができます。

自己管理能力

エンジニアの仕事は納期との戦い、と言っても過言ではありません。
納期に合わせて自分のタスクを分析してスケジュールを立てたり、他のエンジニアと連携していくスケジュールなどの自己管理が非常に重要です。

そこで必要なのが、自己管理能力です。
現状のタスクを客観的に把握し、計画通りに仕事を遂行する力があると良いでしょう。
いわゆる「仕事術」の部類になるので、経験を積みながら日々改善していく必要があります。

職種別に必要なスキル

「基礎となるスキルは分かったけど、職種別にも必要なスキルを知りたい・・・」という方もいるのではないでしょうか?

種類別に必要なスキルについてはこちらで紹介しています。
主に扱う言語や取得するといい資格などを記載しているので、詳しく知りたい方はぜひ読んでみてください!

今後目指すべきITエンジニアの種類は?【年収や必要なスキル・適正も】

早く成長するための行動とは?

成長

次は成長のために取るべき行動について考えていきましょう。
何を勉強するかも重要ですが、どのように勉強するかで達成する早さも変わってきます。

しかし矛盾するようですが、細かいテクニックは必要なく、愚直に続けることが何より大事です
それでは、見ていきましょう!

学習し続ける

当たり前ですが、学習し続けるということはエンジニアに限らず、多くの職種で大切なことです。

求められるスキルがどんどん変化し続ける社会では、自ら学習するという習慣は持っておくべきことでしょう。

しかし「言うは易し少し行うは難し」と言うように、学習し続ける習慣を持ちましょう!と言うのは簡単ですが、実際にそれを実行し続けるのはなかなかできないものです。

一人ではモチベーションが上がらない!というときには、一緒に成長できる仲間を見つけることも大切でしょう。
一緒に成長する仲間がいるのは、とても心強いものです。

エンジニアの勉強会が簡単に探せるサイト5選【オススメ勉強会も紹介】

得意な分野を作る

エンジニアとして得意な分野を1つでも作ることは、キャリアを形成していく過程で重要です。

中には、ではどの分野が得意なのか?と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、得意分野が簡単にわかるということは稀で、どんな分野でもまずはやってみるということが必要となります。

はじめは興味がなくても、多くの分野を経験してみて、まずはやってて苦ではない分野を見つけましょう。
そして、その分野を他者を圧倒するようなレベルまで高めることで、はじめてその分野が得意となります。

さらに、一つの得意な分野を高めることで、そこでの技術や経験を別の分野にも応用することができるようになるでしょう。
まずは得意な分野を1つ作ることから始めましょう。

積極的に情報発信する

新たに学習したことを、自分自身の言葉としてアウトプットすることで学習の効果は飛躍的に高まります。

なぜなら、わかりやすく情報を発信するためには、学習したことを自分の中で一度整理する必要があるからです。
学習したことや仕事で習得したスキルは積極的に外へ情報発信していきましょう。

その情報発信のツールとなるのが、ブログやGithubなどです。
自分の文章やコードを閲覧している人を意識することが良い効果を生みます。
特にGithubでは、利用者同士のコミュニケーションも可能になっているため、わからないところがあれば質問もできるので魅力的です。

情報を自分の中で滞留させるのではなく、外に流すことによって新たな知識も得やすくなります。
ぜひ、週1回からでも始めてみましょう。

エンジニアのブログに興味がある方はこちらの記事がオススメです。

エンジニアブログまとめ【現役プログラマーが選ぶテックブログとは?】

言語の情報収集を習慣化する

プログラミング言語の情報収集は日頃行うように心がけましょう。
言語ごとに最新情報を発信している媒体(SNSや公式サイト)を参考にするのがオススメです。

エンジニアに求められるプログラミング言語も、日々更新されています。
5年前にはなかった言語が、数年後には多くの現場で使われているという状況も珍しいわけではありません。
新しい言語をいち早く使用することで、他のエンジニアとの差別化を図ることができますし、メリットは大いにあるでしょう。

ただし気をつけるべきことは、情報収集が目的ではないということです
情報収集をし始めると、別の情報も入ってくるため、だらだらと長い時間をかけがちです。
本末転倒にならないためにも「1日30分寝る前に」というように、情報収集する時間を決めておこなうのが良さそうです。

スキルアップするための内部・外部要因

スキルアップするためには行動だけでなく、自分の気持ちや周りの環境も重要です。

特に環境は変えにくい部分であるため、自分のいる場所は慎重に選ぶ必要があります。
どんなマインドセットや環境で成長していくべきか、考えていきましょう。

内部要因:成長するためのマインドセットとは?

わからない部分をごまかさない

成長の第一歩は、自分の弱さと向き合うことです。

一般的に、人はよく自分のわからない部分について、なかったことにしてしまいがちです。
もちろん、わからないことを解決することは非常に難しいことですし、誰に相談したらいいのかわからないかもしれません。

しかし、分からないことをそのままにしていては、多くの成長する機会を逃してしまうことになりかねません。
成長する機会をみすみす逃すことのないようにしましょう。

特に、エンジニアになりたての方は、新人の時期が一番のチャンスです。
新人の頃は、何もかもがわからないことだらけかも知れませんが、一方でまわりの人たちに頼りやすい貴重な時期でもあります。

わからない部分をごまかさずに、まずは自分で調べてから、どうしてもわからない時にまわりの先輩に積極的に頼るようにしましょう。
質問しづらい!という方は、自分で期限を設定して、それまでに解決しなければ相談するというルールを決めるなど、あなたなりに工夫してみてください。

技術の向上を楽しむ

エンジニアとしての技術の向上を純粋に楽しむというのも一つです。

今、私は何ができるのかと考えるのではなく、1ヶ月前と比べて私は何ができるようになったのか?と考えるようにしましょう。
ちょっと前の自分と比べることができるようになれば「これができるようになった!」とポジティブに成長をとらえることができるようになります。

逆に、できていない部分に目を向けることはほどほどにしましょう。

もちろん、そういった反省も大切ですが、できない部分ばかりに目を向けると、反対にやる気が下がってしまうこともあります。
時に、黙々と作業をしていくことが必要となるエンジニアによって、楽しいという感覚は非常に重要です。

自分という土台に一つずつ積み上げていくという感覚を大切に、技術の向上を楽しんでみてください。

さらに成長したい!という思いこそが、次のステップへの足がかりにもなります。

外部要因:成長しやすい環境とは?

外部環境

キャリアを大切にしてくれる会社

会社でエンジニアとして働こうとする場合、そこでの業務内容がそのままあなたのキャリアとなります。
したがって、自分のキャリアと一致する分野がそもそも、その会社にあるのかを知っておくことは重要です。

最近では、業務経験や技術を求めないポテンシャル採用を導入している会社もあります。
このような会社では、技術や経験が未熟な若手を積極的に育てていこうという姿勢が見られるため、会社を選ぶ際の判断基準の一つになります。

あなたの目標とするキャリアに合わせて、スキルアップの機会が整っている環境かどうか。
これがあるかないかでは、キャリアの歩み方も大きく変わってきます。

もしエンジニアとして働き始めようとしている人がいれば、ポテンシャル採用を導入してる会社をオススメします!

メンターが周りにいる

ジュニアエンジニアとして会社に採用してもらうというのも良いでしょう。

ジュニアエンジニアは、メンターとなるシニアエンジニアとともに業務を遂行していく人材のことです。
気軽に相談できるメンターと業務を一緒に進めることができるため、経験を積みながら一人前のエンジニアとして効率良く成長をすることができます。

わからないことがあれば、まずは自分で調べるということが基本ですが、一人でいつまでも悩むことは効率の良い成長を阻むことにつながります。
そんな時に、メンターが周りにいる環境というのは、あなたの成長を効率的に進める上でかなり有利にはたらきます。

先ほどのポテンシャル採用と合わせて、ジュニアエンジニアも成長しやすい環境を選ぶ際の基準にしてみてください!

まとめ

エンジニアのスキルアップ方法は、目的によって変わってきます。
プログラマーとしてレベルアップしていきたいのであれば多くの情報を取り入れていく必要がありますし、マネージャーを目指すのなら早くからマネジメントに触れておくべきです。

繰り返しになりますが、何のための成長なのかは意識しておきましょう。
そうすれば、それに対する最適な方法が見えてくるはずです。

3月枠も残りわずか!!未経験からエンジニアを目指すならDMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは転職保証型のプログラミングスクールです。転職成功率は、98%!短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

「未経験だから不安…」、「転職できるんだろうか…」などの不安があると思います。そんな不安や心配を解消する、無料のカウンセリングを実施しています。

無理な勧誘や面倒な電話は一切ありませんので、お気軽にお越しください。

【無料】キャリア相談の日程を見る

転職保証付のDMM WEBCAMPで
安心してエンジニア転職を目指そう

「スキルがないし…」「失敗したくないし…」
カウンセラーがあなたのキャリアを真剣に考え、
ご相談に乗ります。