インフラエンジニアにおすすめ!AWS資格の役割と難易度を解説 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【11月枠も残りわずか】転職保証コース

インフラエンジニアにおすすめ!AWS資格の役割と難易度を解説

近年エンジニア業界で話題になっているのがクラウド化です。クラウド化でもっとも重要なポイントがインフラ周りのクラウド化ですが、これによりプログラマー・システムエンジニアはもちろんですが、インフラエンジニアの仕事にも大きな影響を与えます。

今回はそんなクラウド化でもっとも注目されているAWSの仕組みとAWSの資格について解説をしていきます。

AWSとは?

考えている男性そもそもAWSは新しいサービスであるため、現役のエンジニアでも正しく理解していない方や名前しか聞いたことがない方も少なくありません。

そこでまず最初に、AWSの基本的なサービス内容について解説をしていきます。

AWSはAmazon提供のサービス

AWSはAmazon Web Servicesの略でAmazonが提供しているクラウドサービスです。

AWSのサービスでは仮想サーバ利用・オンライン上のストレージ利用・データベース利用することができます。AWSを利用するメリットは下記になります。

インフラコストの削減

AWSは有料のサービスですが、高額なインフラハードをベンダーが準備する必要がなく、また故障した場合のリスクを考える必要がない為、導入コストを安く済ませることができます。

Hyper-V・Citrixなどベンダー側でサーバーを準備しその上でクラウド化したサーバーを動かす企業もありますが、仮想サーバーを動作させているハードが故障してしまうリスクは残ってしまいます。

AWSを利用すればそのリスクも合わせて回避することができます。

使用料に応じたストレージ費用

データを格納するストレージもインフラ費用ですが、上記と内容が少し違うため、別で解説を行います。

通常、ベンダーがデータを格納するためのストレージを納品する場合、想定される使用量に余裕を持たせて導入します。結果として想定外の使い方をされない場合は、それだけ余裕を持って導入した容量が無駄になってしまいます。

しかし、AWSでは使用容量で金額が増える仕組みとなっており、ベンダーは使用量に応じたストレージ代金だけで済ませることができます。

堅牢なセキュリティ

AWSを使用しない場合、セキュリティの維持も導入するベンダー側で準備をしなければいけません。

しかし、AWSを導入することで、データを格納しているAWSのセキュリティはAmazonが担保してくれるようになります。当然エンドユーザーや導入ベンダーからの情報漏洩などについては対応されませんが、サーバー側のセキュリティのコストを削減することができます。

awsの基礎についてもっと知りたいという方は下記の記事をご覧ください。

AWSとは何か?サービス例やメリットをわかりやすく解説!

AWS認定資格について

積み重なった本ここまでAWSの仕組みについて解説をしてきましたが、ここからは本題であるAWS認定資格について解説をしていきます。

上述したように、AWS自体が名前は有名になっていますが、各業界で導入されているわけではないため、一部の業界ではまだAWSについて詳しく知らないエンジニアもいます。

しかし、今後AWSの需要が高まる可能性があり、AWS認定資格も重要視される資格になる可能性が非常に高いです。

AWSの認定資格って?概要から試験勉強方法まで詳しく解説

AWS認定資格を取得するメリット

エンジニア業界全体を通してインフラ・ソフトウェア両方でクラウド化の傾向にあります。上述しましたが、クラウド化の中でもベースとなるインフラを一切準備しなくて良いAWSはベンダーだけでなくクライアントからも注目を浴び始めています。

AWS認定資格を取ることで、正社員エンジニアの方は自社・他社から信頼され、派遣エンジニアやフリーランスエンジニアの場合は高額報酬が見込める契約が結べる可能性が出てきます。また、AWS認定資格を取得することで名刺にロゴを記載する許可を得られるため、技術力をアピールすることにも繋がります。

AWS認定資格には役割に応じた資格とそれぞれ難易度が分かれています。

AWS認定資格の種類

概要と仕組みしか解説をしていませんが、一言でAWSと言っても非常に多くのサービスが含まれています。それに合わせてAWS認定資格も3つの種類に分かれており、それぞれの認定資格に応じて認定される技術が変わってきます。

AWSを使って現場で即戦力になるのであれば、全てのAWS認定資格を取得すれば問題ありませんが、全ての資格を取得するのは簡単ではありません。

そこでまずはご自身にあった役割の資格から取得するのがおすすめです。AWS認定資格のそれぞれの特徴は下記になります。

ソリューションアーキテクト

ソリューションアーキテクトを取得することでアーキテクチャ設計原則を守った堅牢なアプリケーションを定義できることが証明されます。

また、堅牢なアプリケーション構築もできる証明としても使用することができます。

デベロッパー

デベロッパーはAWSを使った開発者向けの資格です。

AWSの基本的なサービス内容を理解し、基本的なアーキテクチャを踏まえた開発業務が行える証明になります。

具体的にはAWSのサービスを使用した開発・デバッグ・デプロイが行える資格です。

SysOps アドミニストレーター

SysOps アドミニストレーターはAWSを使った運用者向けの資格です。

ソリューションアーキテクトと内容が似ている部分もありますが、運用に絡むセキュリティ・モニタリングなどが主な出題内容で、AWS運用者としての実力が証明できる資格になります。

DevOps エンジニア

DevOps エンジニアはAWS の分散アプリケーションシステム運用・管理など技術的な専門知識を必要とするエンジニア向けの資格です。

開発と運用両方に必要な知識が習得できた証明になります。

AWS資格の種類毎の難易度

老眼AWS資格の種類について解説を行いましたが、資格の種類以外にも難易度が設けられており、ソリューションアーキテクト資格試験は2つの難易度に分かれています。

また、他の資格試験もそれぞれ難易度が設定されています。AWSの資格の難易度は下記になります。

AWS資格試験難易度:アソシエイツ

AWS資格試験難易度にはアソシエイツがあります。

後述するプロフェッショナルに比べてアソシエイツは難易度が低くAWSの資格取得で最初に受ける難易度になります。

アソシエイツの難易度資格はソリューションアーキテクト・デベロッパー・SysOps アドミニストレーターが該当します。

AWS資格試験難易度:プロフェッショナル

AWS資格試験難易度プロフェッショナルはアソシエイツ試験よりも難易度が高い試験になります。

元々はプロフェッショナル試験を受験する前提条件としてアソシエイツの資格を取得する必要がありましたが、2018年10月に前提条件が廃止され、現在ではプロフェッショナル試験から受講することができます。プロフェッショナルの難易度に設定されている試験はソリューションアーキテクト・DevOps エンジニアになります。

現時点では難易度がアソシエイツの認定資格でもある程度評価されますが、AWSの需要が高まり始めるとアソシエイツ取得者が増える可能性が高く、これからAWS資格試験に挑戦するのであればプロフェッショナル取得を目指すのがおすすめです。プロフェッショナルは難易度は他のエンジニア業界の資格の中でも比較的取得難易度が高く、取得することでAWSだけでなくエンジニアとしても実力が認められる資格の1つです。

AWS認定試験の有効期限

パソコンを見る男AWS認定試験には種類や難易度に関係なく2年の有効期限が設けられています。

取得後は2年で有効期限が切れてしまいます。再認定を受けなければ失効してしまうため、注意しなければいけません。

アソシエイツの再認定の方法

アソシエイツの再認定方法は大きく分けて2つあります。

1つは取得したAWSの認定試験を再度受験して再認定を受ける方法です。

もう1つは上位にあたるプロフェッショナルの認定試験に合格する方法で、そこから2年間が有効期限になります。失効する6ヵ月前にはAmazonから通知がされます。

プロフェッショナルの再認定の方法

難易度プロフェッショナルの認定試験の場合は、現時点で上位難易度にあたる試験がないため、再度プロフェッショナル試験を受けて再認定される以外に方法はありません。

AWS認定資格の受験料

給料AWSの受験料について解説をしていきます。

模擬試験

AWS認定資格試験には公式の模擬試験を受けることが出来ます。

模擬試験の料金は2,000円で受けることができ、資格取得を目指すのであれば是非模擬試験を受けることをおすすめします。

本試験料金:アソシエイツ

AWS本試験の試験料はアソシエイツプロフェッショナルに分けられています。

アソシエイツの場合は1,5000円で受験することができます。

資格試験の中では特別高い料金ではありませんが、複数のAWS認定資格を取得したい方はもちろんですが、安くはないので出来るだけ1度で合格できる様に準備することが大事です。

本試験料金:プロフェッショナル

プロフェッショナルの場合は30,000円で受験することができます。

資格試験の中でも比較的高い料金が設定されており、難易度の高い試験ですが、1度で合格できるように試験対策を行っておくことが重要です。

また、本試験受験前には確実に模擬試験を受験することをおすすめします。模擬試験を受験することで、試験対策はもちろんご自身の実力を測ることにも繋がるため模擬試験はおすすめです。

まとめ

今回はクラウド化で話題になっているAmazonのAWS認定資格について、解説をしてきましたが、いかがでしたか。AWSを含めクラウド化技術はIT業界の標準になる可能性が高くこれからも右肩上がりに需要が上がって行くことが予測されます。

現在エンジニアを目指している方はもちろんですが、現役エンジニアの方もAWS認定資格取得をおすすめします。特にエンジニア業界の中でも現在インフラエンジニアとして活躍している方は、今後インフラエンジニアとして生き残る為にはAWSを始めとするクラウド化対応出来ることが最重要課題になります。

AWSで転職するには?求人状況や必要なスキルを徹底解説

11月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%