プログラミングフォントに変更する時の2つの手順とおすすめ7選 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【11月枠も残りわずか】転職保証コース

プログラミングフォントに変更する時の2つの手順とおすすめ7選

プログラミング

開発を進めるにあたって、効率を上げるための工夫というのは非常に大切です。
工夫と言っても、コーディングのスピードを上げる、スペルミスを減らす、開発環境を変えてみるなど、やり方は様々です。

そんな中で今回紹介したいのが、プログラムにおけるフォントです。

プログラミングでのフォントはスタイリッシュさを求める人が工夫する点だと軽視されがちですが、実は開発効率の向上に繋がる、工夫のしがいがある部分です。
プログラミングフォントが必要な理由からオススメのフォント、導入方法まで解説します!

プログラミングフォントとは?

プログラミング

そもそも「プログラミングフォント」っていったい何なのでしょうか。
一般的なワープロのフォントとは何が違うのでしょうか。

普段あまり目にすることのないプログラミングフォントというものについてまずは見てみましょう。

プログラミングに向いているフォント

プログラミングフォントとは、プログラミングに向いているフォントです。
プログラミングはコンピュータやパソコンに指示を出すために必要な工程ですが、それには専用の「プログラミング言語」というものを使用します。
プログラミング言語は、最近子ども向けのプログラミング学習ソフトやツールで見ることもあるかもしれません。

2020年から小学校の学習指導要領改正により、小学校の学習からプログラミングが導入されるようになるからです。
しかし子ども向けのプログラミングツールは視覚的・感覚的に構築できるように開発されているので、プロのエンジニアが行うプログラミングとは少々異なります。

プロのエンジニアやプログラマーは、プログラミング言語という専用の言語を使ってコーディングという打ち込み作業を行います。
プログラミングフォントは、コーディングを行う際に使用する、特殊なフォントです。

ワープロソフトで文書を作成する時によく使う、ゴシック体や明朝体、教科書体などのフォントとは使用目的が異なるため、フォント自体もかなり異なります。

見やすく等幅の文字であるフォント

プログラミングフォントは、プログラミングがスムーズに行えるように開発されています。
一般の文章を打つフォントは漢字・ひらがな・カタカナと記号、数字などが見やすいように構成されています。
しかしプログラミングは細かなアルファベットの羅列なので、一般の文章に比べてはるかに見づらく、間違えたりズレたりしても気づきにくいというポイントがあります。

そのため、プログラミングフォントは細かな羅列でも見やすく、等幅の文字であることが求められるのです。

プログラミングフォントを変更する目的

プログラミングフォントを変更するのは、何のためなのでしょうか。
変更するべき目的について見てみましょう。

プログラムの行頭を揃えるため

プログラミングでは正確性が問われます。
プログラミングフォントによっては、文字によって大きさが異なるため、同じ文字数を打ち込んでも長さが違ってしまうことになります。

たとえば1と8では8の方が大きいですよね。
iとQも大きさが異なります。「`」や「”」といった記号も入れると、文字の大きは意外と違うものなのです。
そこで文字の大きさを揃えるように作られているプログラミングフォントを使えば、プログラムの行頭がきれいに揃います。

文字の見分けがしやすいとミスを見つけやすい

文字の見分けも意外と難しいものです。
たとえば小文字のエルと数字の1は、フォントによっては見分けがつかないことがあります。

アルファベットのオーと数字の0、アルファベットの小文字のビーと6や、小文字のキューと数字の9も、フォントによってはとても似ています。

こうした「文字の見分けがしにくいフォント」を使用していると、打ち間違えた時に気づきにくくなってしまいます。
逆に見分けがしやすいフォントだと、ミスをしても後ですぐに見つけることができるようになるのです。

生産性や開発効率を上げるため

プログラムの行頭がきれいに揃い、ミスも見つけやすくなれば、生産性や開発効率もアップします。
逆に見にくいフォントを使っていると、ミスも出やすくなりますし、エンジニアの目も疲れます。
目が疲れると姿勢も悪くなり、体調全体に響くことさえあるのです。

もちろん作業効率は悪くなり、オフィスの人々のモチベーションも上がらなくなってしまいますよね。
作業をする際に自分の体を気遣うためにも、プログラミング言語の見やすさはとても大切なのです。

プログラミングフォント人気ランキング

それではプログラミングフォントの人気ランキングを見てみましょう。
今はどんなプログラミングフォントに人気があるのでしょうか。

情報処理推進機構が公開した「Tacao」

情報処理推進機構(IPA)が公開した「Tacao」(タカオ)は、非常にシンプルな書体で、プログラミングフォントの王道のひとつです。
文字サイズの加減で、若干記号のごく一部が見分けにくくなるという欠点がありますが、ほかにはほぼ欠点がないというくらいの優れたプログラミングフォントと言えます。

多くの人々に使用され、人気のOSのデフォルトにもなっています。
安定性がありきれいなので、初心者にもおすすめのフォントです。

半濁点を見やすくした「Migu」

Migu」(ミグ)は、情報処理推進機構(IPA)が公開するIPAフォントと、M+を合成したフォントです。
文字の見分けやすさも優れており、等幅も守られた美しいフォントで、さらに半濁点をみやすくしたものもあります。
完成度が非常に高く、MIguそのものも人気が高く、タイプもいくつかあるので選べるという点も魅力です。

また他のフォントと合成して使うケースもよくあります。

丸みのある見やすい「Myrica」

Myrica」(ミリカ)は、花の名前のような可愛らしいネームがついているフォントですが、判別性を高くするため見た目も丸みを帯びているのが特徴です。
他のフォントよりも線が細いため、詰まった感じのする羅列が苦手という方にはおすすめですが、細すぎて見づらいと感じる人もいます。

スッキリとしたプログラムで、ミスも見つけやすい人気のフォントです。

プログラマーに人気の高い「Ricty Diminished」

Ricty Diminished」(リクティ・ディミニッシュト)と読みます。
名前はちょっと複雑ですが、プログラマーには非常に高い人気のあるフォントです。
行間、視認性の高さ、線の細さの絶妙さなど、とにかく品質の高さが際立ちます。

唯一の欠点は、ミリカと同様線が細いという点です。
だからこそ見やすいのですが、Windowsだと若干見にくいケースもあるようです。

日本語対応のプログラムフォントについて

日本語対応のプログラムフォントもあります。
日本語対応ならプログラミングやコーディングの際も便利なことがたくさんありますよね。

そんな日本語対応のフォントをご紹介していきます。

日本語が見やすい「Richy」

Richy」(リクティ)は日本語対応プログラミングフォントの王道です。
和文は「Migu」の一種と「IPAゴシック」を合成して作られています。

またラテン文字部分は、「Inconsolata」というフォントを採用しており、いずれも見やすくなっています。

日本人が開発した「Source Han Code Jp」

Source Han Code Jp」は、Adobeの日本語フォント開発チームの日本人が開発したフォントです。
欧文フォントと和文の「源ノ角ゴシック」を組み合わせています。

プログラミング用に開発されたフォントの上、日本語表示もできるということで、日本のエンジニアには人気があります。

等幅で見やすい「VLゴシック」

「VLゴシック」は、M+のフォントをベースとして、さざなみゴシックを合成して作られたフォントです。

もともとプログラミングフォントとして生まれたわけではないのですが、等幅に揃えられているため、見やすいということでプログラミングフォントとして使用されています。

プログラミングフォントを入手・変更する方法

これらのプログラミングフォントを手に入れるには、どうすれば良いのでしょうか。
これからプログラミングやコーディングを学びたい、という方が家のパソコンで使えるようにするために、プログラミングフォントの入手方法~変更方法をチェックしてみました。

各フォントのサイトからダウンロードする

プログラミングフォントを手に入れるには、各フォントのサイトからダウンロードする必要があります。
「Myrica(ミリカ)」や「Ricty Diminished (リクティ・ディミニッシュト)」、「VLゴシック」などは配布サイトで無料ダウンロードできますし、「Source Han Code Jp」もオープンソースです。

多くのプログラミングフォントは無料ダウンロードをして使う事ができます。
ダウンロードして活用する際は、配布サイトの利用規約をしっかり読み、ライセンスなどをきちんと確認してから規約に従って使用するようにしてください。

 

エディタで使いたいフォントに変更する

ダウンロードしたプログラミングフォントは、エディタで変更します。
エディタとはパソコンやコンピュータ上でオブジェクトを編集するためのテキストエディタを一般には指しています。

プログラミングを行うための編集画面上で、プログラミングフォントに変更する、ということを覚えておきましょう。

 

まとめ

プログラミングフォントは、プログラミングに適したちょっと特殊なフォントです。
プログラミングのために開発されたものもあれば、プログラミングに適したスタイルのため活用されるようになったものもあります。
視認性・判別性に優れ、文字や記号がすぐに見分けられるようになっています。

また文字の幅がなるべく同じになるように揃えられており、プログラミングやコーディングをする際に、エンジニアやプログラマーの負担を軽くし、ミスをチェックしやすくして効率性をアップします。
日本語対応の使いやすいプログラミングフォントもいろいろ無料配布され、ダウンロードして使えるようになっています。

自分に合ったプログラミングフォントを探してみましょう。

11月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%