【9月枠も残りわずか】転職保証コース

技術力のあるエンジニアとは?技術力をアップさせる方法を紹介!

パソコンを触る男

エンジニアとして評価されるのは技術力であるといわれています。
しかし技術力とは具体的に何をさしているのでしょうか。例えば一つの案件で高い適性を示すことができたとしても、IT業界の技術は日々進歩しています。次の案件で必ずしも同じ評価を得られるとは限りません。また、技術力があるとしても、それが適正な判断を下されるかは別の話になります。技術力よりコミュニケーション能力や資格を取ることが重要に思えることもあるかもしれません。
この記事では、エンジニアにとって重要な技術力とは何かを解説し、それをアピールする方法や取得する方法についても書いています。この記事を参考に技術力を身に着けるための一歩を踏み出していただければ幸いです。

そもそも”技術力”とは?

技術力とはあいまいな表現になりますが、一つはその技術に対する知識量です。
とくにIT技術は日々進歩が著しいですから、仕事をしていて必要な情報を得るだけではなく、自主的に情報を得るように努力しなくてはなりません。また、知識は得ただけでは身になりません。それを自分のなかに知識として溜め込むために、アウトプットを行っていく必要があります。
もう一つは応用力でしょう。
同じ知識を持っていても、それを応用できるかどうかは別の話です。知識を得たうえで、それをどのように活用できるのかという視点を常に持っていることが必要になります。たとえば問題が発生したときに、システムに関する詳しい知識と判断能力がなければどこに問題が発生しているのかすらわかりません。それを分析し、解決策を講じることができれば高い技術力を持っているといっていいでしょう。

技術力の有無の見分け方

技術力の有無は、こなした案件の数よりも、問題の対応能力で判断できるでしょう。もちろん経験を積むことで得られるものは少なくありません。しかし手持ちのスキルのみで仕事を回して稼ぐということも不可能ではないので、それは基準にしがたい面があります。知識に対する積極性と応用力を判断するためには、問題を分析する能力と、その問題を言語化できる能力を見る必要があります。問題が発生したときに、より具体的にそれを指摘し、他人に共有できるかどうかで技術力の有無が判断できます。

なぜ技術力が重要なのか

黒い服の男とテクノロジー機器

技術力が高いと何が良いのか

評価の向上

技術力が高ければ、自分に対する評価をあげることができるでしょう。ただ、技術力というのはすぐに判断するには難しいものです。数値化して証明するわけにはいかないので、正しく技術力を評価される環境にいることが前提になります。
たとえば、企業の中でも技術力で売っているところでは正しく評価される可能性が高いでしょう。技術力を売りにしている企業では、最新の技術を用いた開発に挑むこともあります。そうした案件では蓄積されたノウハウが少ないため、個々の技術力がもとめられます。

給与の向上

こちらも評価基準によりますが、評価が高くなれば給与も向上する可能性があります。企業によっては技術力ではなくとった資格の数や役職などで給与を決めるところもあります。技術力を評価してもらって給与を向上したい場合は、あらかじめ評価制度を公表している企業や、会社のトップにエンジニアがいる企業を選びましょう。
エンジニアの資格にはどのようなものがあるのでしょうか。
難易度別に解説している記事は下記のリンクをクリック!

新たな仕事の獲得

技術力を正しくアピールすることができれば、それは転職において大きな武器になります。技術力とは面接や書類だけで判断するのは難しいもので、実際の評価は同じ案件で働いてから定まるかもしれませんが、逆に過去の案件を評価されて引き抜きの話が来るというパターンもあり得ます。また個人でコードの公開などを行っていると、それが評価されるということもあるでしょう。

自分の技術力を正当に評価してもらうには?

マックブックの前においてあるカプチーノ

技術力だけではいけない理由

技術力というものは数時間の面接で分かるものではないので、正当に評価してもらうにはアピールと評価する側の能力が必要です。たとえばシステムを構築するとき、技術力はなくてもコミュニケーション力を生かして要件を定義するポジションの人のほうが、技術力はあってもクライアントと交渉することのない人よりもより評価されやすい、という現実があります。実際には要件定義などはITの豊富な知識や交渉力が必要とされる難しいポジションですが、技術力だけではこのポジションを得ることはできないのです。
たとえ高い技術力を持ってシステムを構築しても、こまめにユーザーと接触してサポートできる人間が参加したシステムのほうが評価されやすいのです。
エンジニアにとって必要なコミュニケーションスキルとは、、、、下記のリンクをクリック!

技術力を向上させるには?

働く女性

やるべきこと

エンジニアが技術力の向上を目指す際、重要なのはレコーディングです。
まず自分のキャリアプランを決め、目標やそのためにやるべきことを一つ一つ書き出してみましょう。同時に自分が今現在持っているスキルについても書き出してみれば、不足しているものがわかるはずです。
次にやるべきことについてできる限り分割してリスト化し、達成するための道のりを具体的にしましょう。達成できた場合も、思ったより達成に時間がかかっている場合も、同じようにレコーディングして自分の技術力について常に客観的な視点を持つようにしましょう。こうすれば他人にアピールする際にもエピソードや数字を交えた具体的な話ができるはずです。
エンジニアのキャリアプラン、キャリアパスについて徹底解説!下記のリンクをクリック!

技術力を高める方法を紹介

独学

技術力を高めるにあたって、一定の水準を超えた場合は独学が必要になります。独学と言っても完全に一人で行うだけではなく、勉強会に参加して仲間を作り励ましあったり、セミナーに参加してメンターを作ったりすることでモチベーションを確保することもできます。自分に合ったやり方を考えてみましょう。
ネット上には情報があふれていますが、それが正しいものであるか、最新のものであるかというのは疑わしい場合が多いです。信頼できる情報提供サイトを探したり、論文を読んだり、書籍を購入するなどして最新の知識に対する感性を磨きましょう。

プログラミングスクール

プログラミングスクールでもエンジニアとしての技術を得ることはできます。プログラミングスクールによっては講師を全員現役のエンジニアでそろえているところもあるので、彼らをメンターとしてキャリアプランや最新の知識について相談してみるのもいいでしょう。また仲間を作ってグループワークで実績を積んだり、仲間に教えることで自分自身の知識を強化したりするなど、さまざまな活用法があります。
プログラミングスクールといってもその形態は様々なので、自分の目標に合ったスクールを探してみてください。

【完全無料!】無料のプログラミングスクール4選と無料の理由の解説の記事は下記のリンクをクリック。

黒いパソコン 【完全無料!】無料のプログラミングスクール4選と無料の理由の解説

技術力を武器に転職

パソコンを見る女性

転職に役立つ技術力について解説

技術力を武器に転職をするとき、矛盾した話になりますが、重要なのは技術力以上にコミュニケーション能力になります。
もともと技術力を評価されての引き抜きなどの場合は別として、転職をするときは、誰に対して自分の何をアピールするかという視点が必要になるためです。
相手にエンジニアの経験がある場合は、共有している知識があるのでより具体的な経験を話しても構いません。自分にできること、解決した課題やそのための思考、知識を得るためにしていることなど、細かい話をすることもできるでしょうし、それで話が盛り上がるかもしれません。
しかし相手がエンジニアでなくITにうとい人事の人間である場合、このような話をしてもよくわからないと思われてしまう可能性があります。相手の知識量を見定めて、ふさわしいアピールを行うコミュニケーションが必要です。
もちろんエンジニアとして転職する場合は面接でエンジニア色の人間と話ができる可能性が高いので、技術力をアピールしたい場合はその機会を逃さないようにしましょう。

エンジニアの転職をサポートしてくれる会社

転職のサポート会社は大きく分けて求人を掲載し、検索機能を備えたタイプと、専属のエージェントに相談やサポートをお願いできるタイプとがあります。もちろん両者を兼任している場合もあります。エージェントがいる場合、できるだけ詳しく自分の持つ技術力や企業への希望を相談してみてください。
①レバテックキャリアはIT・Web業界の転職に特化したエージェントです。
レバテックキャリアのエージェントは、企業との信頼関係を武器に、企業ごとに対策を練ってくれるという特色があります。非公開求人には急募求人などもあるため、急いで転職したい場合は登録してみるといいでしょう。ただし地域によってはあまり求人のないこともあるので、あらかじめそのあたりを確認しておきましょう。
②マイナビエージェントITは、新卒向けなどで有名なマイナビのIT・エンジニアに特化したバージョンです。
名前を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。大手で実績のあるサービスで、好条件の非公開求人を探すことができます。
③TechClipsエージェントは高年収の自社開発求人に特化した転職支援サービスです。
取り扱い求人のほとんどが年収500万円以上の求人で、高年収を目指して転職したい方にはお勧めです。こちらのエージェントは現役エンジニアが務めており、希望者か持っているスキルについて当人に代わって企業に分かりやすく紹介してくれます。このため、高い企業への即戦力を売りにしているサービスです。

まとめ

エンジニアにとって技術力が大切と言われています。

この技術力というのは知識に対する吸収意欲と、その知識をもとにした応用力のことをさしています。

これらの能力を鍛えるためには独学を行ったりスクールに通うことが必要になります。

単に個人で学ぶだけでは躓いたりモチベーションが続かなくなることもあるでしょう。スクールに通ったり、セミナーや勉強会に参加して自身の技術力を磨いてください。

しかし、これらを他人に評価してもらうにはいくつか条件があります。ひとつはその技術力をアピールできるコミュニケーション能力、もう一つはその技術力を評価してくれるだけの環境です。

もし現在の環境が技術力に対する評価基準を持っていないと感じるなら、転職を検討してみてもいいかもしれません。転職の際技術力をアピールするためにはその技術力を言葉にするだけのコミュニケーション能力が必要ですが、それを代理で行ってくれる支援サービスも存在します。これらを利用してみてください。

10月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きのプログラミングスクール

で未経験からエンジニアを目指そう!

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある