ITエンジニアは未経験でもなれる!失敗しない方法も紹介 | WEBCAMP NAVI
【12月の受講枠も残りわずか】

ITエンジニアは未経験でもなれる!失敗しない方法も紹介

ITエンジニアは最近非常に注目を集めている職種です。
業界問わず、ITエンジニアへの転職が気になっているという方は増えています。

人気の高いITエンジニアですが、実際どのような仕事なのかを知っているでしょうか。

「ITエンジニアがどういうものなのか知りたい!」
「未経験からITエンジニアになる方法は?」

そんな疑問を持つ人は多いです。

今回は、

  • ITエンジニアとは?主な3分類
  • 未経験からITエンジニアを目指す前に知っておきたいこと
  • 未経験からITエンジニアになるための方法
  • 未経験からITエンジニア転職を成功させるコツ

などについてご紹介します。

「未経験からのITエンジニア転職について詳しく知りたい!」という方は、ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

ITエンジニアにはさまざまな種類があります。

企業によって役割や業務範囲が異なるため、明確な区別は難しい場合もありますが、大きく分類することが可能です。

ITエンジニアは、主に次の3つに分類できます。

  1. 開発エンジニア
  2. インフラエンジニア
  3. 営業系エンジニア
まずはこの3分類を理解して、ITエンジニアがどういうものかをつかみましょう。
それぞれについて、順番にご説明いたします。

開発エンジニア

開発エンジニアとは、WEBアプリケーションやゲームなどの開発を行うエンジニアです。
みなさんが普段利用しているサイトやアプリ、ゲームなどは開発エンジニアが作成しています。

開発エンジニアに含まれるのは、次のエンジニアです。

  • WEBエンジニア
  • ゲームエンジニア
  • 組み込みエンジニア
  • AIエンジニア

どんなコンテンツを開発するかは自分次第なので、クリエイティブなアイデアや意欲が求められる仕事と言えます。

インフラエンジニア

インフラエンジニアとは、ネットワークの構築や管理を行うエンジニアです。
みなさんがスムーズにネット上で情報を集めたり、買い物したりできるのは、インフラエンジニアのおかげとも言えます。

インフラエンジニアに含まれるのは、次のエンジニアです。

  • サーバーエンジニア
  • ネットワークエンジニア

サーバーやネットワークに異常がないかを常にチェックし、問題が発生したらすぐ対処する能力が求められます。

営業系エンジニア

営業系エンジニアとは、営業のノウハウでユーザーのサポートや、営業を行うエンジニアです。

営業系エンジニアに含まれるのは、次のエンジニアになります。

  • サポートエンジニア
  • セールスエンジニア
ユーザーやクライアントと関わる機会が多いため、プログラミングスキルと同じくらい、柔軟なコミュニケーション能力が重視される仕事です。

未経験からITエンジニアを目指す前に知っておきたいこと

未経験からITエンジニアを目指す前に、知っておきたいことがあります。

それは、全くの未経験からいきなりコードを書くITエンジニアとして採用されることはほぼないということです。

ITエンジニアは専門性の高い技術職であり、

  • プログラミングやIT業界の知識がない
  • コードを書いて開発したことがない

という人はほとんど採用されません。

未経験からITエンジニアに転職するには、ある程度の学習や経験が必要であると認識しましょう。

未経験からITエンジニアを目指すのは難易度が高いことだと理解した上で、学習をやめないことが大切です。

継続的に学習し、実務経験を着実に積めば、未経験からでも転職はできますよ

未経験からITエンジニアになるための2つの方法

しっかりと準備をすれば、IT業界未経験からエンジニアへの転職は可能です。

では、未経験からITエンジニアになるための具体的な方法を知っていきましょう。

しっかりスキルと知識を身につける方法を選べば、ITエンジニアへの転職を叶えられますよ。

ここでは、未経験からITエンジニアになる2つの方法をご紹介します。

  1. 独学でプログラミングを学習して就職する
  2. プログラミングスクールで学習して就職する

それぞれ見ていきましょう。

独学でプログラミングを学習し就職する

独学でプログラミングを学習し就職する方法の評価
スピード
(2.0)
簡単さ
(1.0)
成功可能性
(1.0)
費用の安さ
(5.0)
総合評価
(2.0)

プログラミングを独学で学び、就職する方法です。

近年はプログラミング学習の環境が整っており、質の高い教材もたくさんあります。

  • プログラミング学習サイト
  • 参考書などの書籍
  • YouTube動画

上記のものを教材として、学習を進めていくと良いでしょう。

ただし、プログラミングの独学は、モチベーションが続かずに挫折する可能性が高いです。

プログラミングは壁にぶつかることが多く、疑問点が解消できずにモチベーションを保てなくなるケースが多い傾向にあります。

わからないことを質問できる相手がいると、学習を継続しやすくなりますよ。

ある程度の知識が身についたら、実際に自分でアプリやサービスを開発してみましょう。
自作のコンテンツを持って就職活動すれば、採用される可能性が高まります。

プログラミングスクールで学習して就職する

プログラミングスクールで学習してから就職する方法の評価
スピード
(5.0)
簡単さ
(4.0)
成功可能性
(5.0)
費用の安さ
(2.0)
総合評価
(4.0)

プログラミングスクールで学習してから就職する方法です。

プログラミングスクールは、スキルを習得して就職する最も効果的な近道と言えます。

最高の学習環境が整っており、未経験からでも実践的な能力が身につくカリキュラムが提供されるためです。

また、スクールによっては転職サポートを行っているため、転職を目指す人にはぴったりでしょう。

受講料は高額ですが、プログラミングスクールの環境を最大限利用すれば、安心してITエンジニアを目指せますよ。

未経験からITエンジニアになるために資格は必要?

未経験からITエンジニアを目指す場合、資格が必要かどうかは気になりますよね。

結論からお伝えすると、資格は必須ではありません

むしろ、資格取得を目指すより、アプリやサービスなどを自分で開発するほうが、やる気を効果的にアピールできます。

まずは実績を作ることを第一に考えましょう。

ただし、資格も一定の能力を証明することができます。
実績などを作った上で、プラスアルファとして取得するのはおすすめです。

未経験からITエンジニア転職を成功させる5つのコツ

未経験からのITエンジニア転職はハードルが高いものです。

できる限りの準備をして挑みたいですよね。

未経験から転職する場合、おさえておきたいコツがあります。

ここでは、未経験からITエンジニア転職を成功させるためのコツを5つご紹介しましょう。

  1. 実務経験や実績を積む
  2. ポートフォリオを作成する
  3. 長期的なキャリアを考えておく
  4. 転職サポートを活用する
  5. SNSで発信する

順番にご説明していきます。

実務経験や実績を積む

未経験からのITエンジニア転職で最も重要なのが、実務経験や実績を積むことです。

転職活動時にすでに実務経験や実績があれば、未経験とは言え実践的な能力があることを面接官にアピールできます。

実務経験や実績を得るときは、クラウドソーシングを使うのがおすすめです。
クラウドソーシングとは、「仕事を発注したい人」と「仕事を受注したい人」をつなぐサービス。

主なクラウドソーシングは次の通りです。

  • Lancers(ランサーズ)
  • CloudWorks(クラウドワークス)

未経験からでも受注できる案件が多いので、実績作りに重宝します。

ただし、案件によっては単価が低い場合もあるので、あくまで実績作りに活用するのが良さそうです。

ポートフォリオを作成する

実績が作れたら、ポートフォリオを作成しましょう
ポートフォリオとは、自分のできることや能力、実績をまとめたものです。

ポートフォリオを作成しておくと、転職活動であなたの能力や実績をすぐに伝えられます

ITエンジニアは技術職なので、「どんな技術があるのか」「何ができるのか」は重要な判断基準です。

ポートフォリオに実績をまとめ、就職活動でアピールの材料として活用すると、あなたのポテンシャルやスキルを評価してくれる企業に出会えるでしょう。

簡単にポートフォリオサイトを作れるサービスを使えば、見た目も綺麗にまとめられますよ。

  • Portfoliobox
  • MATCHBOX
  • IM Creator

上記のほかにも、好みのデザインでポートフォリオを作成できるサービスはたくさんあります。

長期的なキャリアを考えておく

転職活動に挑む前に、あなたの長期的なキャリアを考えておきましょう
キャリアが定まっていないと、面接で答えに困ってしまう場面が出てきます。

面接では、キャリアに関する質問をたくさん聞かれるはずです。

  • 入社後は何がしたいですか
  • キャリアプランはありますか
  • 5年後、10年後にはどうなっていますか

このような質問は、事前に考えをまとえておかないと、とっさに答えられません。

ITエンジニアに転職した後のことまで考え、答えられるようにしておきましょう。

転職サポートを活用する

転職サポートを活用することも、未経験からの転職を成功させるコツです。

客観的な第三者の視点でアドバイスをもらい、自分の市場価値を理解して就職活動に挑めば、自信を持って自分をアピールできるでしょう。

未経験という不安を解消し、効果的な転職活動につながりますよ。

転職エージェントやプログラミングスクールの転職サポートは、あなたに合った企業を提案してくれます。

SNSで発信する

SNSで発信することもITエンジニアへの転職成功に役立ちますよ。

近年はLinkedInなど、ビジネスSNSを使って転職する人が増えています。

学習内容や携わった案件実績などを発信していれば、あなたに注目する人事や企業が出てくるでしょう。

SNSで発信していれば、自分のことを知ってもらいやすくなります。

企業側から「選考に進んでほしい」「うちで働いてほしい」と声がかかることもあるかもしれません。

エンジニアとしての適性確認

ITエンジニアは自分にとって本当に合っているのか不安に思いませんか。

特に未経験で開発エンジニアやインフラエンジニアになりたい方は、プログラミングが必須になるので不安に感じているのではないでしょうか。

ここからは、ITエンジニアの適性について解説します。

ITエンジニアに向いている人

①好奇心がある
②地味な作業が好き
③問題の解決が好き

IT業界は急激に成長しているので、現在使われているプログラミング言語が使われなくなる可能性があります。

よってITに関する最新情報を常に入手する必要があり、スキルアップしていかなければいけません。

また、コードの入力はかなり地味な作業なのでそれに耐えられる人でなければ難しい仕事です。

他に、コードのスペルミスですぐにエラーが起きてしまうので、問題に対して粘り強く考え解決しなければいけません。

ITエンジニアに向いていない人

①好奇心がない
②スキルアップが面倒臭い
③華やかな仕事が良い

先ほども述べたとおり、ITエンジニアは決して華やかな仕事ではありません。
常にスキルアップし、情報を仕入れ、地道に作業をこなす仕事です。

よって地道な作業が嫌い、スキルアップや情報収集が面倒臭いという方にはおすすめしません。

まとめ

今回は未経験からのITエンジニア転職についてご紹介しました。

未経験からITエンジニアに転職することは簡単ではありませんが、十分に準備すれば可能です。

全くの未経験ではやる気を伝えられないため、自分でアプリやサービスを開発し、実績や経験を積んでおくことが、転職成功のポイントになります。

ITエンジニアに興味がある方は、ぜひ挑戦してみてくださいね。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点