6月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
5月受入枠は満員となっております。6月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

「プログラマーになるために大学にいく必要があるのかな?」
「プログラミングを学ぶとき国立や私立で違いはあるの?また独学との違いは?」

2020年からプログラミング教育が必修化されることもあり、教育機関でプログラミングを学びたいと考える人が増えてきています。それこそ、それまではプログラミングに関わりのなかった人が第二の人生を見据えて新たに学ぶことも増えました。

今回は大学で学び、プログラマーになることについて解説していきます。そもそも大学で実践的なプログラミングを学ぶことができるのか、また、独立で学ぶこととの違いなどを詳しく紹介していくため、これからプログラマーになろうと考えている人はぜひとも最後まで読んでみてください。

そして、あなたにもっとも適した方法でプログラマーとしても第一歩を踏み出しましょう。

大学でのプログラミング学習

幸せな子供

はじめに、大学におけるプログラミング学習についてみていきます。そもそも大学でプログラミングを学ぶことはできるのでしょうか。

大学はプログラミング学習塾ではない

結論から述べると、大学においてプログラミングの実践的な内容を手とり足とり教えてくれるということはありません。大学は学習塾ではないためです。そのため、プログラミングを1から10まで細かく教えてもらうことを期待して大学に行くと期待を裏切られるはずです。

大学はあくまで「学問として」プログラミングを研究する場となります。もちろん研究するためには一定の知識は関らず必要となるため、それを習得することは可能でしょう。しかし塾や専門学校のように実践的な内容のみにしぼって授業が行われるということはありません。

大学での目的

先ほども触れたとおり大学で行われるのは学問としてのプログラミングに対する研究です。また大学では、プログラミングと直接関係のない教養科目の授業も行われます。そのため大学ではプログラミングのみに特化した専門家が育つわけではないのです。

むしろ幅広い教養や知識を備えた、社会人として優秀な人材が育ちます。そこにプログラミングの能力も付加されるというイメージですね。

こう述べてしまうと「なんだ、大学でプログラミングを学んでも無駄じゃないか」と感じるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。プログラマーの仕事は、結局のところクライアントの求めるシステムを組み上げるものです。

そのため大学で一般教養を学び、人脈を広げておくことはプログラマーとしての将来にメリットをもたらします。それこそプログラマーはシステムを組み上げることができるため、大学時代の人脈がもととなって新しいビジネスを立ち上げる現場に参加する機会もあり得ます。

このように将来について幅広い視点から戦略を立てるために、大学でプログラミングを学ぶ意義はしっかりと存在するのです。

どんな大学が存在するのか

このように大学はあくまで学問としての研究を行う場です。そのため専門学校のように実践的なプログラミングのみに特化した学部および学科はありません。その中でプログラミングと分野の近しいものを選ぶとすると、以下がおすすめです。

プログラミングを学ぶ主要学部
・情報工学科
・機械工学科
・電気工学科

特に情報工学科はコンピューター関連の職に就きたいときにおすすめとなります。機械工学の場合はロボットや家電などにかかわるプログラマーに隣接した教育の機会を手に入れることができるでしょう。そして、電気工学科は半導体などにかかわるプログラマーに近しくなります。

このように大学ではプログラミングだけを学ぶということはありません。あくまで一つの研究分野に必要な知識としてプログラミングを学ぶというイメージです。一方で前述したとおり、大学で得られる一般教養の知識や人脈は、プログラマーとしての将来を輝かせる可能性を秘めています。

ポイント!
・プログラミング以外の知識もつき、社会人基礎力が身につく
・プログラミングだけをスキルとして身につけるならコストが高い

自分に合った環境を考える

机

ここまでみてきたとおり、大学は必ずしもプログラミングを実践的に習得できる場所ではありません。しかしプログラミングとは別の部分で社会人およびビジネスマンに必要なスキルを学ぶことができます。つまり実践的なプログラミングについては、独学で補っていくのが効率的なのです。

最終的な結論としては、大学に進学するか否かも含めて、あなたに合った環境を構築する必要があります。プログラマーの業務は特有のものとして独立しておらず、SEやプロジェクトマネージャーといった業務に近しい側面を持ちます。

そのため将来的にはプログラマーという枠組みを超えて働きたいと考える場合、大学進学には大きなメリットがあるでしょう。

独学との差

大学で学ぶプログラミングと独学で学ぶものを比較すると、以下のような違いがあります。

学びの場 特徴
大学 ・実践的なプログラミングは学びにくい

・研究目的を実現するためにツールとしてプログラミングが必要

・一般教養を学ぶ機会がある

・人脈を広げることができる

・大卒の資格を得られる

独学 ・実践的なプログラミングのみを集中して学ぶことができる

・即戦力としてのスキルを身につけやすい

・大卒の資格を得られない

・プログラマー以外の職に就きたいと考えた場合、つぶしがきかない

このように独学でプログラミングを学ぶと、実践的な内容を集中して習得することができます。その反面、一般教養など社会人として最低限求められるものが欠ける恐れもあります。

またプログラマーではなく違い職に就きたいと考えた際、大卒の肩書があるのとないのでは大きな違いが生まれます。そのためよほど強い意志で「私はプログラマー以外で生きるつもりはない!」とでも考えていない限りは、大学に行きながら独学で実践的なプログラミングを学ぶのがおすすめです。

そうすることで、一人の社会人としての人材価値のあるプログラマーになることができます。

実践ですぐ使えるプログラミングスキルを身につけたいならこちらから!

何事も自身が強い志をもっているかどうか

このようにプログラマーになるルートには様々なものがあります。プログラマーという肩書は、あなたが有するスキルによって形成されるものであり、特定の教育機関を卒業したから与えられるものではありません。そのためプログラマーとして価値のある人間になるためには、自らの強い意志にしたがって行動していくことが求められます。

あなたの中にプログラミングを学びたいという強い意志と情熱があるならば、大学に進学しようが、専門学校に通おうが、独学で学ぼうが、いずれあなたは立派なプログラマーになれるはずです。

キャリアアップ

成功に向かっていく

記事の前半でも大学に通うことのメリットについては軽く触れましたが、ここではより具体的な視点で大学に進学してプログラマーになることについてチェックしていきましょう。ただし、あくまで実践的なプログラミングは独学で学ぶ意思のある前提です。

独学で学ぶ内容と大学で得られるものを組み合わせることで、あなたに人材としての唯一無二の価値が生まれていくためです。

学歴としての大学

大学を卒業すると当たり前ですが「大卒」の肩書を得ることができます。そして、この肩書は就職において非常に有利なものとなります。そもそも大卒以上の学歴でなければ採用しないと決めている会社もあるくらいなのです。

また大卒とそうでない場合では給与にも差が生まれます。厚生労働省が実施した「平成30年 賃金構造基本統計調査 」によると、「大卒・大学院卒」の人の平均月収が40万500円なのに対し、「高専・短大卒」は31万3,800円、「高卒」は29万1,600円となっています。

このように学歴はプログラマーとして会社に所属して働く際にも影響を受ける要素となります。もちろんあなただけにしか組むことのできないプログラムで新しいOSなどを生み出すことができれば、それで起業して学歴にとらわれずにお金を稼ぐこともできます。

しかしそれは決して簡単に実現できるものではありません。会社に所属してチームの一員となってプログラミングに従事することを考えると、やはり大卒の肩書には無視することのできない価値があるでしょう。

実際の業務での学歴

このように学歴の高さによって期待できる給与および選考を突破できる会社は変わる可能性があります。では、実際のプログラミング業務において、学歴は影響を与えるのでしょうか。

この点、学歴という形式的なものが実際のプログラミング業務に大きな影響を与えることは決して多くありません。しかし大学で学んだ一般教養やビジネスの感覚はプログラミング業務に大きな影響を与えます。

プログラマーは多くの場合チームに所属して働くことになるため、メンバーとの深いコミュニケーションが必要となります。それがあることでチームの関係が良好になり、業務が円滑になるためです。こういったシチュエーションでは一般教養などが必ず求められます。

またプログラムコードの打ち込みという業務を超えて、プロジェクト全体を統括する立場にキャリアアップしていくためには、実践的なプログラミング知識のみならず、チームを管理する能力や売上やコストを意識できるビジネス感覚が重要となります。

こういったものは実践的なプログラミングだけを学んでいては身につかないものでもあるため、大学で幅広い分野の学問に触れることには大きな価値があるでしょう。

以上のように、大学に進学することは点ではなく線としてあなたの将来にける選択肢を増やすことにつながるのです。プログラミングで高い価値のある仕事を成し遂げたいと考えるならば、それができる立場に上りつめる必要があります。そのためにも実践的な側面のみにとらわれずに、多角的な視点からプログラミングを学ぶことを検討してみてください。

まとめ

今回は大学に進学することとプログラマ―になることの関係について解説しました。大学では実践的なプログラミングを習得する機会はそれほど多くありませんが、あなたの将来の選択肢を広げる可能性を持つ知識と経験を得ることができます。

以下は今回の記事のポイントです。

・大学は塾や専門学校と違い、実践的なプログラミングを教える場ではない
・そのため実践的なプログラミングスキルについては独学で学ぶ意識が重要
・大学で得られる知識や人脈は、ビジネスとしてプログラミングを行う上で役に立つ
・あなたの将来のキャリアアップまで含めて、大学に進学するか否かを検討しよう

プログラミングはそれ自体で独自のスキルとなっていますが、それを利用してお金を生むためにはビジネスの中に組み込む必要があります。もちろんそういったことは、多くの場合、会社の経営者が行います。

しかし、裏を返すとプログラマーであるあなたの手でビジネス自体を作ることができると、それは唯一無二の価値となり、あなたに大きなやり甲斐と成功を与えてくれるはずです。そのために大学で得られるものが必要か否かを検討し、戦略的にプログラマーとしての将来を思い描いてみてください。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

dmm webcamp

 

6月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
5月受入枠は満員となっております。6月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!


▼未経験から1ヶ月でWEBデザイン・プログラミングを学びたい方はこちら!

おすすめの記事