プログラミングとは?|入門向けの基礎知識をわかりやすく紹介! | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【2月枠も残りわずか】転職保証コース

プログラミングとは?|入門向けの基礎知識をわかりやすく紹介!

IT人材が不足し、2020年にはプログラミング教育が必修化。
最近ではホリエモンこと堀江貴文さんがプログラミングの重要性について触れています。

そんな何かと話題になるプログラミングですが、どんな技術か正しく説明できるでしょうか?

プログラミング技術に触れたことのない未経験者からすると、

「頭が良くないとできなさそう」
「難しい概念をいっぱい覚える必要があるのでは・・・?」

といったように、いろんな不安を持っている方も多くいます。

実際に以前は学習する環境も少なく、専門的な知識が多く求められていたのです。
しかし、現在は簡単なプログラミング言語も増え、堀江貴文さんの言葉通り「誰でもできるようになる」時代になりました。

今回は、プログラミングはどういった技術なのか、どんなことができるのか、更にはプログラミングの魅力や勉強法まで徹底解説していきます。
ITに関して全く知らない人でも理解できるように丁寧に解説しますので、ぜひ最後までついてきてください!

プログラミングとは

プログラミングといえば、画面に向かって英語や数字を打ち込んでいくイメージがありますが、実際にどんなことをしているのか理解している方は少ないかと思います。

それでは、プログラミングとは一体どんなことを指すのでしょうか?

プログラミングの意味

プログラミングについての定義について見てみましょう。
Wikipediaでは以下のように説明されています。

コンピュータのプログラミング(英: programming)とは、コンピュータプログラムを作成することにより、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つまりプログラミングとは、プログラムを作成することで機械に処理をお願いすることをいいます。

プログラミングは子供のおつかいに似ています。
お母さんが買ってきて欲しいものをメモに書き出して、子どもにお願いをするとします。

しかし、子どもは言われたことを理解するのが苦手です。
正確に伝えなければ別のものを買ってしまうかもしれないし、分かりにくい書き方だと理解するのに時間がかかってしまいます。

理解するのが苦手なのは機械も同じ。
正確に伝えなかったり分かりにくいと、買うものを間違えたり大量購入してしまうなどのバグが起こってしまいます。
そのため、プログラムは正確に分かりやすく書くことが大切なのです。

似ている言葉を整理しよう

システムやプログラム、コーディングといったような言葉の違いを正しく説明できますか?
聞き覚えのある言葉は多いものの、正しく理解できていない方も多いのではないでしょうか。

実はプログラミングで出てくる用語は料理で例えると理解しやすいです。

プログラミング用語

料理の元となるのは、肉や野菜などの素材ですよね。
それを人の手で調理することによって、一品の料理が出来上がります。

プログラミングでは、料理はプログラムで例えることができます。
プログラムの元となるのがソースコードで、それを打ち込んでプログラムを作成する作業のことをコーディングと言います。

また、料理は一品だけではなくいくつか種類を用意しますよね。
プログラムを何種類も集め、一つのアプリケーションとして機能するものをシステムと呼びます。
みなさんが使っているアプリケーションは、厳密にはプログラムではなくシステムということになります。

プログラミングを使ってできること

プログラミングでできることは主なものとして6つです。

  • Webサイト
  • アプリケーション
  • ゲーム
  • システム(駅の改札など)
  • AI
  • ロボット

特に人気なのはアプリケーションで、昔より色んな機能を実装できるため作れるサービスも幅広くなっています。

プログラミング できることプログラミングでできることとは?作れるもの・言語別に解説!

プログラミング言語とは

プログラミング言語

プログラミング言語」というのを聞いたことはあるでしょうか?
人が話す日本語や英語のように、プログラミングにも様々な言語があり、言語によってコードや文法が異なります。

プログラミング言語とはどんなものか、何のためにあるのか理解していきましょう。

プログラミング言語が存在する理由

プログラミング言語とは、人間が書いた言葉(ソースコード)を機械に伝えるための言語です。

機械語
機械語(左)とアセンブリ(右)

「人間が読める」というのが重要で、機械というのは基本的に2進数という0,1の数字の羅列で処理を行なっています。
これを書くのは実質不可能ですし、仮に書けたとしても覚えることが無限大になってしまいます

しかし機械には人間の言葉は通用しないため、2進数へ機械に伝える必要があります。
そこで作られたのが、人間が理解できる言葉で機械語に変換できるプログラミング言語なのです

250種類以上の言語がある

プログラミング言語にはC,Java,Ruby,Python,Goなど色んな言語がありますが、どれくらいあるかご存知でしょうか?

プログラミング言語の検索数を集計して調べているTIOBEよると、その数250言語以上と言われています。
では、なぜここまで多くの言語があるのでしょうか?

昔は性能が重視され、速度の早い言語というのが主流でした。
しかしセキュリティの脆弱性や使いやすさも重視されるようになり、さらに開発するモノも家電からゲーム、アプリやAIなど作られるものも増えていきました。
つまり、作るものや欲しい機能によって様々なプログラミング言語が誕生したというわけです。

そのため、プログラミング言語を選ぶ際は作りたいものや作る規模、扱いやすさから考えていく必要があります。

主要なプログラミング言語

多くの種類が存在するプログラミング言語ですが、実は使用されている言語はかなり限られています。

プログラミング言語 人気
【引用】source{d} Blog “Analyzing github, how developers change programming languages over time”
https://blog.sourced.tech/post/language_migrations/

上の図は2015年までのプログラミング言語別での利用推移です。
PythonやJavaといった言語が多く使われていたり、逆にC言語は昔に比べ利用者数は大幅に減少しています。
使いやすさ、用途、需要など人気の理由は様々ですが、これらが一般に使われているプログラミング言語といって差し支えないでしょう。

注意

上記はバックエンドと呼ばれる、いわゆるデータベース管理やサーバーの処理を行うプログラミング言語の人気推移です。その反対にフロントエンドと呼ばれる言語では「HTML」「CSS」「JavaScript」の3つが使用されています。

将来性のあるプログラミング言語について「どんな言語が自分に合っているんだろう」「将来性のある言語はなんだろう」と疑問に思った方は、こちらの記事を読んでみてください!

将来性あるプログラミング言語は?【現役エンジニアがおすすめ】

プログラミングを使った仕事「エンジニア」とは

プログラミングを扱う仕事といえば「エンジニア」が代表的ですよね。

ひたすらコーディングをしている印象をもたれるかもしれませんが、実はそうではありません。
ここでは代表的なシステムエンジニアプログラマーを例に挙げて説明していきます!

システムエンジニア(SE)

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアは主にシステムの設計を行います。
キーボードを叩いてプログラムを作成するというより、作りたいサービスを形にするためにはどんな機能が必要か、どう作成していくかを考えることがメインとなります。

着手段階の前半の工程であるため、よく上流工程と言われたりします。

プログラマー(PG)

プログラマー(PG)

システムエンジニアが上流工程であったのに対し、プログラマーは「下流工程」を担当します。

SEから提案された設計を元に、ソースコードというプログラムの元を記述していくコーディングを行いプログラムを作成します。
機能が正しく動くか、動作が遅くないか、他の人がプログラムを読んでも理解できるかなど、多くの意識すべき点があります。

システム設計は建設に似ています。
建物の外観から部屋の見取り図を作成し、それを元に大工さんが建設していきますよね。

実際にZOZOTOWNの設立者である前澤社長は、エンジニアのことを「デジタル大工屋さん」と例えています。

エンジニアの種類は扱う分野によって異なる

システムエンジニアとプログラマーについて紹介しましたが、この二つは工程によって呼び名を変えています。
しかし実際には、作るものによって分類分けされることが多いです。

例えばWebアプリケーションを作るエンジニアをWebアプリエンジニア、ネットワーク環境を扱うエンジニアをネットワークエンジニア、家電やゲームにプログラムを組み込むエンジニアを組み込みエンジニア…等々、種類は様々です。

もし「市場価値の高いエンジニアって何だろう…?」「それぞれどんな違いがあるのかな?」という疑問があれば、こちらの記事がオススメです。

エンジニアとは?仕事内容や年収、必要な能力や実態まで徹底解説!

今からプログラミングを勉強するメリットはたくさんある!

プログラミングについて大まかな理解はしていただけたかと思いますが、「プログラミングって難しそう…」という印象をお持ちではないでしょうか?

実は、プログラミングを始めるのは今がベストタイミングなのです。
その理由はどういったところにあるのか見ていきましょう!

IT人材が不足している


【引用】経済産業省 参考図1. IT人材の需給に関する推計結果の概要
https://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.html

経済産業省によると、IT人材は2030年に最大で約79万人不足すると言われています。
それほどIT人材は不足しており、企業から求められている職業でもあります。

今からエンジニアを目指すことで需要の高い中で就職することができるので、自分のやりたい環境で仕事できる可能性が高いです。
需要が高くなるということは給与も高くなっていくことも十分考えられるので、非常に市場価値のある職業だと言えます。

学習環境が充実してきた

昔は専門書で学習したり、大学や専門学校で学習するのが当たり前になっていました。
しかし現在では、手軽・簡単に学習できるサービスが多く普及してきています

また、プログラミング言語も以前より扱いやすいものが増え、昔より高い専門性がなくてもできる幅が広くなりました。
後ほど紹介するサービスもプログラミングの面白さを重視して作られているので、学習するハードルがかなり下がってきています。

新しい技術を使ってモノづくりに携われる

エンジニアになる大きなメリットの1つとして、新しい技術でモノづくりに携われる点です。

ITの世界はどんどん進化しています。
iPhoneの登場やAI、ビックデータ、VRや5Gなど、ここ数年で色んな技術が登場・発達しましたが、プログラミングでは最新技術を使ってモノを作ることができます。

新しい技術は他の技術者が習得できていない場合も多いので、そこにチャレンジしていけるとかなり市場価値の高い人材になれますよ。

汎用性の高いスキルを身につけられる

近年、金融×テクノロジーの「フィンテック」や人材(人事)×テクノロジー「HRテック」という言葉が流行っていますが、ITは色んな業界で活用されるようになりました。

エンジニアは専門職ではあるもののあまり業界が絞られることはなく、自分が働きたい業界を選択しやすい職業であると言えます。

世界中どこでも働けるようになる

パソコン一つで仕事ができるため、どこでも働くことができるというのも魅力です。

カフェで働けるビジネスマンは増えましたが、会議などでずっと海外を飛び回ることまでは難しいです。
しかし、エンジニアは時間だけでなく空間的にも自由を得やすく、世界中を旅しながら仕事することも可能なのです。

フリーランスプログラマーとして活動をするための方法についてはこちらで紹介しています。
フリーランス プログラマーへの近道はコレだ【最強マニュアル】

目的別の勉強法を提案します!

プログラミングに少しでも興味を持っていただけたでしょうか?
実際に勉強したいと思った方もいるかもしれませんが、学習する目的によって取るべき勉強法は大きく変わってきます。

ここでは、

  • プログラミングの概要を理解したい人
  • とりあえずプログラミングが書けるようになりたい人
  • 子供にプログラミングを教えたい人
  • エンジニアに転職したい人

この4つに分けて解説していきます!

プログラミングの概要を理解したい

IT企業に就職する方やこれからプログラミングを勉強してみたい人にオススメの勉強法は、入門書を読みつつネットで調べる方法です。

昔は研究者が書いた難しい本が多かったのですが、近年では手軽に読めるような本も増えてきました。
その中でも特にオススメな本を紹介します!

基礎からのプログラミングリテラシー

  • プログラミングに全く触れたことのない初心者向け
  • よく使われる言葉の意味一つひとつを理解できるようになる
  • プログラミングの中でもインターネットや開発の流れなど、解説部分は様々

ひとまずプログラミングの知識について一通り理解したい!」という方にオススメしたいのがこの本です。

技術本では基本的な用語を知っている前提で解説しているものがほとんどなので、その体力作りとして出版されました。
著者の増井さんはこの本以外にも多くの本を出版しており、どれも初心者に読みやすいものばかりなのでオススメですよ。

おうちで学べるプログラミングのきほん

  • OSやコンピュータ、Webの仕組みなどを網羅的に学習できる
  • プログラミング言語の違いを実際に触りながら理解できる
  • 少し難易度高めなので、一冊入門向けの本を読み終わった後にオススメ

この本は「ある程度プログラミングについて理解したけど、もう少し理解を深めたい!」という方にオススメです。
いきなり読んで理解できる内容ではあるんですが、プログラムの動く仕組みやOSの機能など、かなり突っ込んだ内容を解説しています。

ある程度プログラミングについて理解できたら、実際にプログラムを書く方が勉強になります。
一冊読んでみて興味が持てたら、扱ってみたい言語を勉強するのがオススメですよ。

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

プログラミング 学習サイト

【引用】「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典 

  • プログラミングに関する用語を解説している
  • 細かい説明がなく、大枠の理解ができる
  • メジャーなものからピンポイントな用語まで幅広く解説されている

「本で出てくる用語がどうしても理解できない!」という方にオススメなのがこちら。
サイト内にも書いてありますが、細かい説明ではないけど何となく理解できた、という理解度まで引き上げてくれます。

いきなりプログラミングを勉強すると「なかなかイメージが湧かなくて難しい」といったパターンも多いです。
その際はこちらのサイトを参考にして、ざっくりとした理解を掴んでみるのがオススメです。

とりあえずプログラミングが書けるようになってみたい

エンジニアになりたいとかは分からないけど、とりあえずプログラミングを書いてみたい人にオススメなのが「何を作りたいか決め、それを達成するのに適した言語を学習する」ということです。

プログラミング言語を選ぶ上で重要なのが「難易度」「将来性」「関心」で、特に「関心」の部分はものすごく重要です。

モチベーションを保つ上でもそうですし、何よりプログラミングは情報が豊富です。
しかし全てを学ぶ必要はなく、必要なものだけ選びとって学習するテクニックも重要になってきます。

目的を決めずに学習してしまうと「結局何を勉強すればいいんだっけ?」と学習の方向性が曖昧になり、学習方法を考えることの時間が多くなってしまいます。
そのため、まずはプログラミングを学習する目的を意識してみましょう。
それが決まった中で、言語別の学習方法を調べてみるのがオススメですよ。

プログラミング言語別の独学方法についてはこちらで紹介していますので、ぜひ参考にして学習方法を検討してみてください。

プログラミングの独学は成功できる!【学習すべき言語も紹介】

子供にプログラミングを勉強させたい

子供にプログラミングを勉強させる方法は2つです。
一つはアプリで学習する方法、もう一つはプログラミング塾に通う方法です。

どちらの学習方法を取っても良いのですが、大切なのは楽しく継続してもらうこと
能動的に学習してもらうことでプログラミングに対する関心も深まり、どんどんレベルアップすることができますよ。

子供向けのプログラミング学習方法についてはこちらで紹介しています。

子供のうちからプログラミングを学習する方法と気をつけるポイントとは?

エンジニアへ転職したい

未経験からエンジニアへ転職したいという方は、プログラミングスクールの受講がオススメです。

学習すべき理由でも述べた通り、IT人材は売り手市場な人材の中でもトップクラスに需要の高い存在です。
それ故に、足りないからこそ一人一人の労働負担が大きい企業が多いことも事実
昔のようなデスマーチと呼ばれるキツい働き方が強いられていたのもそのためです。

また、人材が足りないために未経験でエンジニアとして入社し学習させてくれる企業もありますが、選べる企業が少ないために入口が狭い、もしくは入っても企業によって教育環境の良し悪しがあるので、必ずしも安定したスキルアップできるとは限りません。

そこでプログラミングスクールでは、未経験で学習から実務に至るまでのカリキュラムを数ヶ月で提供しています。
実際にポートフォリオと呼ばれるアプリケーションを作成し、どのくらいプログラミングを扱えるのか評価されます。

エンジニア転職をしているスクールではキャリアに関するカウンセリングを行なっているサービスもあり、「なぜエンジニアに転職するのか」「どんなキャリアを歩みたいのか」を一緒に考えてくれます。
それを元に転職先を一緒に検討し、転職後も生き生きと働けるような仕組みづくりをしています。

もし未経験から手に職つける仕事へ転職したいのであれば、プログラミングスクールの受講も検討してみると良いかもしれません。

まとめ

未経験でもエンジニアになることは可能です。
DMM WEBCAMPではありがたいことに、3ヶ月の学習と転職支援によって未経験から多くのエンジニアを送り出してきました。

弊社DMM WEBCAMPでもプログラミングスクールを運営しているのですが、キャリアに関しては一人ひとり丁寧に話を聞き、受講生に最適なキャリアを選択してもらうことを大切にしています。

もっとたくさんの人を笑顔にしたい!キャビンアテンダントからエンジニア転職を決意した理由とは? 医療関係の営業職から一転、基礎を固めた有能なエンジニアに!

エンジニアに転職された方々のバックグラウンドは様々です。
少しでも「プログラミングやエンジニアに興味を持てた」と感じていただければ幸いです。

2月枠も残りわずか!!未経験からエンジニアを目指すならDMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは転職保証型のプログラミングスクールです。転職成功率は、98%!短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

「未経験だから不安…」、「転職できるんだろうか…」などの不安があると思います。そんな不安や心配を解消する、無料のカウンセリングを実施しています。

無理な勧誘や面倒な電話は一切ありませんので、お気軽にお越しください。

【無料】キャリア相談の日程を見る

転職保証付のDMM WEBCAMPで
安心してエンジニア転職を目指そう

「スキルがないし…」「失敗したくないし…」
カウンセラーがあなたのキャリアを真剣に考え、
ご相談に乗ります。