プログラミングとは?|システム開発のあらゆる疑問を徹底解消 | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【11月枠も残りわずか】転職保証コース

プログラミングとは?|システム開発のあらゆる疑問を徹底解消

IT人材が不足し、2020年にはプログラミング教育が必修化。
最近ではホリエモンこと堀江貴文さんがプログラミングの重要性について触れています。

そんな何かと話題になるプログラミングですが、どんな技術か正しく説明できるでしょうか?

プログラミング技術に触れたことのない未経験者からすると、

「頭が良くないとできなさそう」
「難しい概念をいっぱい覚える必要があるのでは・・・?」

といったように、いろんな不安を持っている方も多くいます。

実際に以前は学習する環境も少なく、専門的な知識が多く求められていたのです。
しかし、現在は簡単なプログラミング言語も増え、堀江貴文さんの言葉通り「誰でもできるようになる」時代になりました。

今回は、プログラミングはどういった技術なのか、どんなことができるのか、更にはプログラミングの魅力や勉強法まで徹底解説していきます。
ITに関して全く知らない人でも理解できるように丁寧に解説しますので、ぜひ最後までついてきてください!

プログラミングとは

プログラミングといえば、画面に向かって英語や数字を打ち込んでいくイメージがありますが、実際にどんなことをしているのか理解している方は少ないかと思います。

それでは、プログラミングとは一体どんなことを指すのでしょうか?

プログラミングの意味

プログラミングについての定義について見てみましょう。
Wikipediaでは以下のように説明されています。

コンピュータのプログラミング(英: programming)とは、コンピュータプログラムを作成することにより、人間の意図した処理を行うようにコンピュータに指示を与える行為である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

つまりプログラミングとは、プログラムを作成することで機械に処理をお願いすることをいいます。

 

プログラミングは子供のおつかいに似ています。
お母さんが買ってきて欲しいものをメモに書き出して、子どもにお願いをするとします。

しかし、子どもは言われたことを理解するのが苦手です。
正確に伝えなければ別のものを買ってしまうかもしれないし、分かりにくい書き方だと理解するのに時間がかかってしまいます。

理解するのが苦手なのは機械も同じ。
正確に伝えなかったり分かりにくいと、買うものを間違えたり大量購入してしまうなどのバグが起こってしまいます。
そのため、プログラムは正確に分かりやすく書くことが大切なのです。

プログラミングを使ってできること

プログラミングでできることは主なものとして6つです。

  • Webサイト
  • アプリケーション
  • ゲーム
  • システム
  • AI
  • ロボット

特に人気なのはアプリケーションで、昔より色んな機能を実装できるため作れるサービスも幅広くなっています。

プログラミング言語とは

プログラミング言語」というのを聞いたことはあるでしょうか?
人が話す日本語や英語のように、プログラミングにも様々な言語があり、言語によってコードや文法が異なります。

プログラミング言語とはどんなものか、何のためにあるのか理解していきましょう。

プログラミング言語が存在する理由

プログラミング言語とは、人間が書いた言葉(ソースコード)を機械に伝えるための言語です。

人間が読めるというのが重要で、機械というのは基本的に2進数という0,1の数字の羅列で処理を行なっています。
これを書くのは実質不可能ですし、仮に書けたとしても覚えることが無限大になっってしまいます。

しかし機械には人間の言葉は通用しないため、2進数へ機械に伝える必要があります。
そこで作られたのが、人間が理解できる言葉で機械の理解できる言葉へと変換できるプログラミング言語なのです。

200種類以上の種類がある

プログラミング言語にはC,Java,Ruby,Python,Goなど色んな言語がありますが、どれくらいあるかご存知でしょうか?

プログラミング言語の検索数を集計して調べているTIOBEよると、その数250言語以上と言われています。
では、なぜここまで多くの言語があるのでしょうか?

昔は性能が重視され、速度の早い言語というのが主流でした。
しかしセキュリティの脆弱性や使いやすさも重視されるようになり、さらに開発するモノも家電からゲーム、アプリやAIなど作られるものも増えていきました。
つまり、作るものや欲しい機能によって様々なプログラミング言語が誕生したというわけです。

そのため、プログラミング言語を選ぶ際は作りたいものや作る規模、扱いやすさから考えていく必要があります。

提案あなたに最適なプログラミング言語を提案します!【2019年版】

今からプログラミングを勉強するメリットはたくさんある!

プログラミングについて大まかな理解はしていただけたかと思いますが、「プログラミングって難しそう…」という印象をお持ちではないでしょうか?

実は、プログラミングを始めるのは今がベストタイミングなのです。
その理由はどういったところにあるのか見ていきましょう!

IT人材が不足している


【引用】経済産業省 参考図1. IT人材の需給に関する推計結果の概要
https://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.html

経済産業省によると、IT人材は2030年に最大で約79万人不足すると言われています。
それほどIT人材は不足しており、企業から求められている職業でもあります。

今からエンジニアを目指すことで需要の高い中で就職することができるので、自分のやりたい環境で仕事できる可能性が高いです。
需要が高くなるということは給与も高くなっていくことも十分考えられるので、非常に市場価値のある職業だと言えます。

学習環境が充実してきた

昔は専門書で学習したり、大学や専門学校で学習するのが当たり前になっていましたが、現在では手軽・簡単に学習できるサービスが多く普及してきています。

また、プログラミング言語も以前より扱いやすいものが増え、昔より高い専門性がなくてもできる幅が広くなりました。
後ほど紹介するサービスもプログラミングの面白さを重視して作られているので、学習するハードルがかなり下がってきています。

新しい技術を使ってモノづくりに携われる

エンジニアになる大きなメリットの1つとして、新しい技術でモノづくりに携われる点です。

ITの世界はどんどん進化しています。
iPhoneの登場やAIビックデータVR5Gなど、ここ数年で色んな技術が登場・発達しましたが、プログラミングでは最新技術を使ってモノを作ることができます。

汎用性の高いスキルを身につけられる

近年、金融×テクノロジーの「フィンテック」や人材(人事)×テクノロジー「HRテック」という言葉が流行っていますが、ITは色んな業界で活用されるようになりました。

エンジニアは専門職ではあるもののあまり業界が絞られることはなく、自分が働きたい業界を選択しやすい職業であると言えます。

世界中どこでも働けるようになる

パソコン一つで仕事ができるため、どこでも働くことができるというのも魅力です。

カフェで働けるビジネスマンは増えましたが、会議などでずっと海外を飛び回ることまでは難しいです。
しかし、エンジニアは時間だけでなく空間的にも自由を得やすく、世界中を旅しながら仕事することも可能なのです。

フリーランスプログラマーとして活動をするための方法についてはこちらで紹介しています。
フリーランス プログラマーへの近道はコレだ【最強マニュアル】

エンジニアの仕事とは

プログラミングを勉強すべき理由についてお話しましたが、実際にエンジニアとはどんな仕事をしているのでしょうか?

ひたすらプログラミングしている印象をもたれるかもしれませんが、実はそうではありません。
ここでは代表的なシステムエンジニアプログラマーを例に挙げて説明していきます!

 

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアは主にシステムの設計を行います。
キーボードを叩いてプログラムを作成するというより、作りたいサービスを形にするためにはどんな機能が必要か、どう作成していくかを考えることがメインとなります。

着手段階の前半の工程であるため、よく上流工程と言われたりします。

 

プログラマー(PG)

システムエンジニアが上流工程であったのに対し、プログラマーは「下流工程」を担当します。

SEから提案された設計を元に、ソースコードというプログラムの元を記述していくコーディングを行いプログラムを作成します。
機能が正しく動くか、動作が遅くないか、他の人がプログラムを読んでも理解できるかなど、多くの意識すべき点があります。

 

システム設計は建設に似ています。
建物の外観から部屋の見取り図を作成し、それを元に大工さんが建設していきますよね。

実際にZOZOTOWNの設立者である前澤社長は、エンジニアのことを「デジタル大工屋さん」と例えています。

エンジニアについて知りたい方はこちらがオススメです。

エンジニアとは?あらゆる疑問を徹底解消します!

何があれば勉強できる?

プログラミングについて、今プログラミングを勉強するべき理由、エンジニアの仕事内容について触れてきましたが、実際にどんな学習方法があるのか気になりますよね。

先述の通り、現在はとても学習しやすい環境が整っています。
その中でも特にオススメの学習方法について紹介します!

オンライン教材で学習する

まずオススメなのがオンライン教材で学習する方法です。

以前の独学方法は本から学習するのが定番でしたが、かなり専門的に書かれているものが多かったために初学者には難しいものがほとんどでした。
現在ではプログラミングの需要が高まるにつれて教材も増え、かなり初心者でも理解しやすい教材が登場しました。
その中でもオススメなサービスを3つご紹介します。

Progate

【参照】https://prog-8.com/

入門者〜初心者に特にオススメなのがProgateです。
プログラミングはアップデートが激しいために、教材通りに開発環境を構築しようとしてもエラーが起こってしまうケースが多々あります。

Progateは教材の中で学習を進められるため、環境構築は一切必要ありません。
しかも、初学者向けのコンテンツになっているため難しい言葉をあまり使わずに解説してくれます。

料金も月額980円なので、かなりお手頃な価格で学習することができます。

Udemy

【参照】https://www.udemy.com/ja/

シリコンバレー発のオンライン学習サービスで、ベネッセが事業パートナーとして運営しています。
専門家が動画で授業を行う東進ハイスクールのようなサービスになっています。

様々な講師が動画をアップしていますが、口コミや利用者数も一緒に掲載されています。
金額もそれぞれで買い切りなので、比較しながら教材を検討することができます。

ちなみにプログラミング以外にもマーケティングやファイナンス、音楽やデザインなど幅広いジャンルの教材があります。

JMOOC

【引用】JMOOC https://www.jmooc.jp/

JMOOCは一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会による学習サービスです。

早稲田大学や東北大学など様々な大学の教授が授業を行っており、誰でも無償で学習できるというのが特徴です
そのため学生だけでなく、大学で学んだことを学び直したい人、新しく学習し始めたい人など10~80代という幅広い年代で利用されています。

プログラミングをサイトまたはで独学しようと考えている方はコチラがおすすめです。

プログラミングの独学は本で学習すべき!?初心者おすすめの本と学べる範囲 プログラミング独学で利用すべきサイト厳選【これがあれば効率よく独学可能】

プログラミングスクールに通う

二つ目にオススメなのはプログラミングスクールに通うことです。

プログラミングの学習はトライ&エラーの世界です。
プログラムが正しく動くか何度も確認しますが、一度エラーでつまずいて全く先に進めなくなることも珍しくありません

しかしプログラミングスクールでは、メンターが常駐していることがほとんどです。
エラーが起こった場合もメンターに聞くことですぐに解決することができるので、実践環境でどんどん学習を進めていくことができます。

まとめ

未経験でもエンジニアになることは可能です。
DMM WEBCAMPでは有難いことに、3ヶ月の学習と転職支援によって未経験から多くのエンジニアを送り出してきました。

もっとたくさんの人を笑顔にしたい!キャビンアテンダントからエンジニア転職を決意した理由とは? 医療関係の営業職から一転、基礎を固めた有能なエンジニアに!

エンジニアに転職された方々のバックグラウンドは様々です。

「プログラミングは初心者でも学びやすいように学習環境が整ってきた」
「エンジニアになることで幅広い選択肢を持って仕事を選ぶことができる」

以上の点が少しでもお伝えできていれば嬉しいです!

11月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%