8月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
プログラミング未経験でもエンジニア転職を絶対成功させたい
スキルを身に着けて人生を自ら切り開きたい

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

プログラミングを始めるうえで、「まず何から手をつけたらいいのか分からない」という方も初心者の中にはいるのではないでしょうか?

じつは、「プログラムを始めたい」と思っている人にとって、プログラムを始めるための開発環境の準備こそが、最初の大きなハードルなのです。

そこで今回は、あくまでも初心者目線で、プログラム開発の効率を上げることができる統合開発環境(IDE:Integrated Development Environment)とディスプレイなどのハードウェアを紹介します。

本記事を参考に、自分にあった環境構築をしていきましょう。

 

開発環境には2つの意味がある

プログラムの開発環境には、大きく分けてソフトウェアハードウェアの2種類があります。

ソフトウェア
プログラムを作成して実行するための環境
ハードウェア
プログラムで動かすパソコンやスマートフォンなど

プログラム開発を行うにあたって、専用のソフトウェアがなくても開発できるプログラミング言語もあります。
しかし、専用のソフトウェアの方がとても効率が良いですし、よけいな時間もかかりませんので、ソフトウェアは揃えておいた方が良いでしょう。

ハードウェアというと、パソコンのことを思い浮かべる人は多いと思います。
しかし、それ以外のディスプレイマウスなども別途そろえることで、プログラムの学習や開発の効率に大きく影響するのです。

それぞれ、もう少し詳しく説明しましょう。

 

ソフトウェア

プログラムを始めるために最低限必要のソフトウェアは、プログラムを記述するためのエディタと、プログラムを実行するためのターミナルです。

エディタ
Windowsのメモ帳の高機能版のようなアプリケーション
ターミナル
Windowsではコマンドプロンプト

最初からパソコン(WindowsやMac)に搭載されているものもありますが、本格的にプログラムを作っていくのであれば、相応の機能が搭載されたソフトウェアを使うべきでしょう。
なにより、プログラムはただ記述すれば動くというものではなく、人が理解できる文章からコンピュータが理解できる変換を行ってあげなければいけません。
そのため、作って動かすためには、その変換用のソフトウェアをパソコンに導入しなければいけないのです。

それらを総合的に考慮すると、統合開発環境(IDE)をおすすめします。
IDEを使えば、エディタを使うよりも効率よくプログラムを作ることができますので、よけいなことを考えずにプログラムに集中できます。

また、IDEにはプログラムの変換用のソフトウェアも含まれていますので、ほとんどの場合はこれだけで作ったプログラムを実行することが可能なのです。
現在では、IDEはプログラム作成に必須と言っても良いものと言えるでしょう。

 

ハードウェア

プログラムは、原則としてパソコン1台あれば作って実行することができます。
ただし、道具として考えるのであれば、目で見るディスプレイと手で動かすキーボードやマウスは、自分に合った使いやすいものを使っていただきたいです。
プログラムは頭の中で考えたことを形にする作業ですので、これらアウトプットするための道具がスムーズに使えるというのは、大きな武器になることでしょう。

なお、パソコンそのものについては、WindowsとMacのどちらを使った方が良いかは好みの問題ですが、好みがなければMacをおすすめします。
もちろん、Windowsパソコンでも開発はできますが、プログラムの学習という点であれば、Macの方が優れている面が多いのです。

詳細は後述しておきますので、この記事を読み終えてから改めてご検討いただくことをおすすめします。

 

これを選べば安心!オススメの統合開発環境(IDE)

統合開発環境(IDE)は、数多く存在しています。
ただ、初心者の人が各種紹介サイトなどを参考に探そうとしても、それぞれにこだわりのある人が好みのものを絶賛している記事が多いため、必要な情報が得にくいかもしれません。
そこで、ここからは代表的なIDEを紹介します。
特定のプログラム言語しか使えないものもありますが、自分好みで最適なものを選んでみましょう。

 

統合開発環境(IDE)がオススメの理由

エディタとターミナルを合わせたようなソフトウェアであれば、すでにあるものを使えばいいだけで、わざわざインストールしなくても良いと考える人もいるでしょう。
しかし、そんな方法でプログラム学習を行うことはおすすめできません。

なぜなら、統合開発環境はプログラムを作って実行するだけではない、いくつものメリットがあるからです。
統合開発環境の代表的なメリットを紹介しましょう。

統合開発環境のメリット
・プログラムの決まった単語を色付け(ハイライト表示)するなどして、見やすくしてくれる
・1文字入力するだけでプログラム言語に合わせた単語を補完してくれるオートコンプリート機能がある
・複数のファイルをツリー表示してくれて、ファイルをまたがった編集が直感的に行える
・ファイルをまたがった検索ができる
・処理が定義されている場所や処理が利用されている場所へジャンプできるので、プログラムの流れを読みやすい
・プログラムを1行ずつ実行(ステップ実行)しながら状態を確認できる
・エラーが起きた場合にプログラムのどこで処理が止まったのかが分かる

実際にはもっと多くのメリットがあるものもありますが、このようにただのエディタとターミナルには太刀打ちできないような大きいプログラムを作る上で、便利な機能を持っているのがIDEなのです。

そんなIDEを使えば、よけいな設定やコマンド実行などは不要ですので、プログラムを作ることに集中できることでしょう。
そのため、IDEはプログラム学習者には最適なツールと言えるのです。

 

オススメの統合開発環境7選

では、ここから具体的な統合開発環境(IDE)を紹介していきます。

中にはインストールが必要なアプリケーションではなく、ブラウザ上で動作するものもあります。
有料のものや特定の言語でしか利用できないものもありますので、それらの情報も合わせて紹介します。

Cloud9


Cloud9
○特徴
Amazonが提供するオンライン上のIDEです。
オンライン上のIDEですので、Google chromeなどのブラウザがあればどこからでも利用できます。
つまり、WindowsやMacなどどんなパソコンからでもブラウザさえあれば同じ環境へアクセスできるので、他のIDEに比べて学習が捗りやすいかもしれません。

ただし、Cloud9自身がWebアプリだということもあって、Web上で動作するWebアプリ専用の開発環境です。
パソコンやスマホ上で動作するデスクトップアプリやモバイルアプリの開発には向いていませんので、ご注意ください。

有料のサービスですが、無料プランも用意されていますので、安心して使用できるでしょう。
無料プランの場合は非公開の領域が1か所しか作れませんので、いくつものプログラムを並行で稼働するのであれば、有料版を検討した方が良いかもしれません。

対応している言語
C/C++、C#、Java、Python、Ruby、PHP、JavaScript、Node.js、CSS、HTMLなど
対応しているOS
Mac、Windows、Linux

 

Xcode


Xcode
○特徴
Appleが提供しているMac、iPhone、iPad用などのmacOS、iOS向けのアプリケーションを開発するためのIDEです。

Apple製品向けのアプリケーションはXcodeがなければ作成できませんので、Apple製品向けの開発には必須のツールになっています。
専用ツールなだけに、コンピュータ上でiPhoneを再現するシミュレーション環境などもしっかりと作りこまれており、プログラムの作成からテストまで快適な環境で作業ができます。

対応しているプログラム言語は、Objective-CやSwiftなどのmacOSやiOS用言語だけではありませんので、一般的なアプリを学習する人にもおすすめできます。

Macであれば無料でダウンロードして使うことができる点も、魅力的な点です。

対応している言語
AppleScript、Objective-C/C++、Swift、C/C++、C#、Java
対応しているOS
Mac

 

Android Studio


Android Studio
○特徴
Googleが提供しているAndroidアプリ開発用のIDEです。
XcodeのAndroid版とも言えるもので、Androidスマートフォンをエミュレートする機能もあり、開発からテストまですべて対応することができます。
また、Androidスマートフォンをケーブルで接続して、作ったアプリケーションを直接インストールするなど、スマートフォンを操作することが可能な開発者向けの高度なツールも含まれています。

AndroidアプリはAndroid Studioでなければ開発できないわけではありませんが、公式の開発環境ですので、安心して利用できるのが大きなメリットです。

公式サイトから無料でダウンロードして利用できますので、Androidアプリを開発するなら、インストールしておくべきでしょう。
ただし、対応している言語はAndroid-Java(ほとんどJavaと同じ文法の言語)だけですので、他の言語の学習には利用できませんので、学習内容を理解しておかなければいけません。

対応している言語
Android-Java
対応しているOS
Mac、Windows、Linux

 

Eclipse

Eclipse
○特徴
JavaのIDEとして有名なのが、Eclipseです。

いまでは先述のAndroid Studioへ譲りましたが、それまではAndroidアプリの開発環境はEclipseが主流でした。
そのため、モバイルアプリ開発者の間ではいまでも利用している人が比較的多いことでしょう。

公式サイトから無料でもダウンロードすることができ、特に制限なく使用することが可能ですが、標準ではJavaの開発環境しか搭載されておらず、プラグイン形式で主要なプログラム言語を追加する形式ですので、最初に必要なプラグインの導入をする必要があります。

対応している言語
C/C++、C#、Perl、Python、Ruby、PHP、JavaScriptなど
対応しているOS
Mac、Windows、Linux

 

Visual Studio


Visual Studio
○特徴
Microsoftが提供しているIDEで、デスクトップアプリだけではなくWebアプリやAndroidアプリ、iPhoneやiPadなどのiOSアプリも作ることができます。(iOSアプリを作る場合、別途Xcodeでコンパイルする必要がありますので、Visual Studio単体で開発完了できません)

もちろん、もっとも得意としているのはWindows用のデスクトップアプリですが、数多くのIDEにある機能のほとんどを持っていると言っても良いほど多機能で、対応している言語も多岐にわたっています。

なお、有料のものも含めて複数のエディションが存在していますので、開発の規模に合わせたものを選ぶ必要があります。
無料で利用できるエディションはVisual Studio Communityで、個人で開発するには十分な機能を有していますので、一般的にはこのエディションで十分でしょう。
もし、チームで開発する場合は、有料のVisual Studio Professionalを利用することで、複数人での開発を効率よく行うことができます。
また、より大規模で一定以上の品質を保証する必要のある開発を行うのであれば、さらに上位のVisual Studio Enterpriseを利用する方が良いですが、個人でこのエディションを購入する理由はほぼないでしょう。

対応している言語
C/C++、C#、Visual Basic、F#、Python、JavaScript、Node.js、HTMLなど
対応しているOS
Windows

 

NetBeans


NetBeans
○特徴
JavaのIDEとして開発されたNetBeansですが、現在ではJava以外の言語にも対応しています。

開発対象となるアプリケーションは、デスクトップアプリやモバイルアプリ、Webアプリと、一般的に個人で作るアプリケーションすべてを学習することができます。
対応しているプログラム言語の種類が他に比べて少ないですが、これだけでさまざまなアプリケーションを開発できる点はメリットと言えるでしょう。

公式サイトから無料でダウンロードして使用することが可能です。

対応している言語
C/C++、Java、PHP、HTML5
対応しているOS
Mac、Windows、Linux

 

Ruby Mine


Ruby Mine
○特徴
Rubyは日本製のプログラム言語ということもあり、日本では比較的メジャーです。
ただ、残念ながらRubyに対応しているIDEは少なく、選択肢がありません。

そんな状況ですので、RubyのIDEであるRuby Mineはとても貴重な存在で、Rubyエンジニアにとってはなくてはならないものでしょう。
また、Ruby MineはHTMLやCSS、JavaScriptにも対応しており、Rails用のIDEとしても利用することができます。
むしろ、Rails用のIDEとしては、Ruby Mine以外の選択肢がないと言えるほどのIDEなのです。

唯一の欠点と言えるのは、有料のIDEということです。
無料期間が1ヶ月ありますので、RubyやRailsの学習や開発を考えている人はぜひ1度検討してみてください。

対応している言語
Ruby
対応しているOS
Mac、Windows、Linux

 

その他オススメのソフトウェア

IDEを使えばプログラムの流れを目で追えるので、IDEはプログラム学習にもってこいです。
ただ、ここまでに紹介したIDEは多機能なため使いこなすのが難しい部分がありますし、非力なパソコンでは動かない可能性もあります。

そこで、IDEを使わずにプログラムの学習や開発を効率よく行う方法を紹介します。
IDEを導入してからも使用する人の多いほど使い勝手の良いツールですので、ぜひ導入してみてください。

 

Google chrome


Google chrome
○特徴
多くの人が利用しているブラウザGoogle chromeに標準で搭載されている開発環境が、Google chromeデベロッパーツールです。

Google chromeデベロッパーツールを使えば、JavaScriptやHTML、CSSなどを使ったWebアプリの動作確認を行うことができます。
具体的には、表示しているサイトのHTMLの表示や、JavaScriptをステップ実行することができ、Webサイトを表示しながらプログラム上の動作確認ができるのです。
そのため、自分で作ったWebサイトの確認が簡単にできますし、実際に動作している誰かのWebサイトの動作を確認して参考にすることも可能です。

IDEでも上記のような動作確認ができるものは多いですが、chrome であれば本番のサーバーへアクセスした場合の確認ができる点が大きなメリットでしょう。
そのため、本番環境でしか発生しない不具合の確認など、運用開始後にも重宝します。

なにより、無料のchromeブラウザ がインストールしてあれば、新たなツールをインストールする必要がない点は、おすすめできるポイントの1つです。

なお、Google chromeデベロッパーツールは、以下のどちらかの方法で実行することができます。

Google chromeデベロッパーツールの起動方法
・「メニュー」-「その他のツール」-「デベロッパーツール」
・「Ctrl」+「Shift」+「i」

例えば、Yahoo!のトップページでデベロッパーツールを起動すると、以下のようにYahoo!のページの構造を見ることができます。

また、実際に運用されているWebサイトのJavaScriptをステップ実行することで、サイトの動きを解析することもでき、Webアプリの学習にはとても役に立つことでしょう。

対応しているOS
Mac、Windows、Linux

 

エディタ

前章で紹介したIDEの多くは多機能がゆえに起動するまでの時間が長く、パソコンの性能が必要になっています。
その点エディタの場合は起動が早く、パソコンの性能はそれほど必要がありません。
ただし、その分プログラムを記述することしかできず、プログラムの実行や各種の便利機能がないため、開発の効率は悪くなってしまいます。

ところが、エディタの軽さとIDEの便利さを兼ね備えたエディタがあるのです。
そんな高機能なエディタを2つ、紹介していきます。

 

SublimeText


Sublime Text
○特徴
Sublime Textは、検索や高度な置換などが行えるだけでなく、ショートカットキーの設定が初期状態でもとても使いやすいので、とても人気があります。

また、パッケージと呼ばれるプラグインを導入することができ、IDEと同じような種々の機能を使うことができるようになります。
各種メジャーなプログラム言語のハイライトについてはパッケージの導入をすることなく対応しており、パッケージを導入することでプログラムの実行やステップ実行などが行えるようになるのです。

Windows版、Mac版、Linux版ともに無料でダウンロードできますが、評価版として使用後にライセンス料を支払う必要がある有料のエディタです。(ただし、評価期間に制限がないため、実質無料で使えます)
なお、インストール時は英語表記になっており、日本語化するために言語ファイルを導入する必要があります。
決められた手順に従って行うだけですので、初心者でも十分に対応可能です。

対応しているOS
Mac、Windows、Linux

 

VS code


VS Code
○特徴
VS Codeは、Microsoftが無料で提供している高機能エディタです。

Sublime Textと同じように、インストール直後からエディタとして十分すぎる機能を持っており、それに加えてプラグインを追加することで、IDE並みの機能を持たせることができます。
プラグインの導入については、Sublime Textよりも簡単で、メニューから任意のプラグインを検索して選択することで、自動的にダウンロードからインストールまで行ってくれます。

Microsoftの開発ツールということもあり、使用感がVisual Studioとよく似ていますので、Visual Studioを使っていた人には使いやすいでしょう。
ただし、設定画面が初心者には分かりにくく、カスタマイズしたい場合などは苦労するかもしれません。(と言っても、初期状態で十分ですので、初心者の間は設定を変更する必要はほとんどありません)

対応しているOS
Mac、Windows、Linux

 

ターミナル

ターミナルはプログラムを実行するために必要なツールで、Windowsであればコマンドプロンプトという名前で呼ばれているものです。

IDEや前項の高機能エディタを使う場合は、プログラム開発中に使用する頻度は低いかもしれません。
そのため、既存のターミナルコマンドプロンプトでも、ほとんどの人はあまり困ることはないでしょう。
ただ、かゆい所に手が届く小さな便利機能が搭載されているターミナルがありますので、紹介しておきます。

 

iTerm2


iTerm2
○特徴
iTerm2を使えば、普段使っているターミナルで、「あったら便利」だと思う以下のような動作を実現してくれます。

・フルスクリーン表示
・画面分割
・ショートカットキーでコマンドを実行する
・色付けして見やすくする
・オートコンプリート
・文字列検索

使ってみないとピンとこないかもしれませんが、これらの機能はあればとても便利なものばかりです。
これらの機能を活用すれば、より効率よくミスなく作業を行えますので、MacユーザーであればiTerm2の導入をおすすめします。

対応しているOS
Mac

 

効率が倍増するハードウェア

もう1つの開発環境であるハードウェアについては、選び方を紹介しましょう。

選び方の原則は1つ、自分に合ったもの(気に入ったもの)を選ぶといことです。
ハードウェアは見えやすさ操作感に直接影響しますので、自分に合ったものを選ぶのがポイントなのです。

 

ディスプレイ

いまはデスクトップパソコンではなくノートパソコンを使っている人が多いと思います。
しかし、ノートパソコンはその特性からディスプレイの大きさが制限されてしまっており、大きくても16インチ程度しかありません。
そのため、表示される情報量が少なく、表示されるウインドウが多いIDEを扱うには、ノートパソコンのディスプレイでは力不足なのです。
中には、解像度が高くて多くの情報を表示できるものもありますが、その場合は字が細かすぎて見えやすさに欠けますので、プログラムの学習をする上では大きなストレスになるでしょう。

そんなときにディスプレイを追加することで、一気に情報量と見えやすさを高めることができるのです。
プログラム開発では文字情報を表示するだけですので、安価なディスプレイでかまいません。
ぜひ、20インチ以上程度のディスプレイを追加してみましょう。
その使いやすさに驚くと思います。

 

キーボード

プログラムを作るときにもっとも触れるものは、キーボードです。
そんなキーボードが自分に合っていなければ、プログラムがとても苦痛になってしまうことでしょう。

自分に合ったキーボードを使えば、打鍵ミスがかなり減りますし、あまり疲れなくなりますので、プログラムの作成もスムーズに行うことができるはずです。
そのため、携帯性を重視しているノートパソコンのキーボードを使わずに、外付けのキーボードを探してみることをおすすめします。

店頭で実際のキーボードを触ってみてください。
ストローク(キーを押し込む距離)の長さや打鍵感(キーを叩く感覚)の有無、キーを押すときの重さなど、いろいろな違いを実際に自分の指で叩いて感じることで、自分に合ったものが見つかることでしょう。

 

マウス

プログラム作成中はほとんどキーボードを使っているかもしれませんが、要所要所でマウスを使った方が良いシーンが出てきます。

そのときに反応が鈍かったり、マウスカーソルが飛んでしまったりすると、思わぬミスを招きます。
マウスではなくノートパソコンに搭載されているタッチパッドを使っている人もいるかもしれませんが、自分に合ったマウスを準備すれば、思いのほか効率が上がるのです。

クリックボタンの感触やマウスそのものの重さ、反応速度などがマウスによって全然違っていますので、ぜひ店頭で商品を使ってみて、自分に合ったものを見つけてください。

 

PC選びに迷ったら・・・

じつは、パソコン選びに迷った場合の答えは、はっきりとしています。
パソコン選びに迷ったら、Macを選んでください。

それは、以下の理由からです。

・対応した開発用のツールが多い(紹介した7つのうち、Visual Studio以外はすべて対応しています)
・unixに準拠した汎用的な環境(Windowsは独自の環境になっていることがありますので、特殊な設定が必要な場合があります)
・情報が多い(情報を発信している多くの開発者がMac環境で開発しており、そのまま使える情報が多めです)

プログラム開発のツールが多いということは、自分に合ったツールを使えるということです。
ハードウェアと同じく、ソフトウェアも自分に合ったものを使えば、効率が倍増することでしょう。

また、学習する時はたくさんの情報を正しくインプットしなければいけません。
ほとんどの場合、WindowsマシンはWindowsの情報しか利用できませんが、Macの場合は、Macとunix(Linux)の情報を活用できます。
発信している技術者のブログなどを見ると、Macやunix系の環境だと思われる記事が目立っていますので、これらの情報を活用することで学習がいっそう捗ります。

もちろん、ここまでで説明したように、Windowsマシンでも十分に開発は可能です。
Visual Studioを使うのであれば、むしろWindowsマシンの方が都合良いでしょう。
しかし、さまざまな情報の入手や開発対象の選択肢を考慮すると、Macを選んだ方が利点が大きいのです。
悩んでいるのならMac環境をおすすめします。

 

まとめ

開発環境の構築というのは、初心者の最初の難関と言えるものです。
この段階をきちんと考えなかった結果、残念ながら挫折している人も少なくありません。

本記事を参考にして、そのような失敗をしないようにしていただければと思います。

今回のまとめ
・プログラムにはエディタとターミナルが必要
・エディタとターミナルでは作業効率が悪い
・エディタとターミナルに加えてさまざまな機能があるIDEを使えば、格段に効率が上がる
・IDEには、無料でも優秀なものがある
・Ruby用のIDEは少ない
・IDEに匹敵する高機能エディタを使うのも良い
・ディスプレイを大きくして1度に確認できる情報量を大きくすることで格段に効率が上がる
・キーボードやマウスを自分にあったものに返るだけで、作業がスムーズになる
・パソコン選びに迷ったら、Macを選ぼう

もちろん実際に使っている経験者に話を聞くと、よりリアルな情報を得られますので、それに超したことはありません。
もし、プログラミングスクールに通おうと考えているのであれば、まずはスクールの講師や担当の人に相談してみるのも良いかもしれません。

 

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

dmm webcamp

8月枠も残りわずか】当社人気の転職保証コース
プログラミング学習から転職成功まで導く、当社人気のDMM WEBCAMP(旧WEBCAMP PRO)。
7月受入枠は満員となっております。8月枠に向け、お早めの申込みをオススメします。
・フリーランスのように自由に働きたい
・会社の将来が不安だ
・給与や待遇に不満がある

上記にあてはまる方は、ぜひご検討ください!

おすすめの記事