子供のうちからプログラミングを学習する方法と気をつけるポイントとは? | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【12月枠も残りわずか】転職保証コース

子供のうちからプログラミングを学習する方法と気をつけるポイントとは?

2020年からプログラミング学習が、小学校で必修化されると話題です。
その影響を受けて、最近ではプログラミングを子供に学ばせたいと考える親も増えてきています。

しかし、

「そもそもプログラミングが必修になったメリットは何だろう…?」
「子供にプログラミングを習わせるには、どういう方法が最適…?」

というように悩む方も多いのではないでしょうか。

子供の将来に大きく関わる習い事のことは、慎重に決めたいですよね。

そこで今回は、

  • 2020年からプログラミングが必修化される理由
  • 子供がプログラミングを学習する方法
  • プログラミングを子供に学習させるとき、親が気をつけるポイント

などを詳しく解説します。

「子供のためになるプログラミング学習の情報が欲しい…!」という人は、ぜひ参考にしてくださいね。

2020年からプログラミングが必修化されるワケ

2020年からプログラミングが必修化されたのには、大きく2つの理由があります。

  1. IT人材の不足
  2. 学習メリットの大きさ

それぞれ説明しますね。

IT人材の不足


【引用】経済産業省 「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

プログラミングが必修化する理由は、IT業界が現在深刻な人手不足だからです。

経産省の「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」のデータを以下の表にまとめました。

  • マクロな規模でのIT人材…基礎的なプログラミング技術やサーバー知識を備えている人材
  • 情報セキュリティ人材…サイバー攻撃からのセキュリティ保護を担当する人材
  • 先端IT人材…IoTやビックデータなど、注目されている先端技術を扱える人材

このデータから、IT業界は現段階でも人材が不足していると分かります。

また、今後さらにIT業界の人材は足りなくなると言われているのです。
一方でビッグデータIoTのような、新しい技術がどんどん開発されています。

テレビなどで、AIやロボットなどの情報を耳にする人も多いのではないでしょうか。
ますますIT業界への需要が大きくなるのに対して、必要な技術力を持った人が足りないことは日本政府も危機感を抱いています。

そのためIT業界で働く人材を増やすために、プログラミングが小学生の必修科目となるのです。

学習メリットの大きさ

子供の頃からプログラミングを学習することには、4つのメリットがあります。

  • 論理的思考力が身につく
  • モノづくりができる
  • 集中力が身につく
  • IT知識が身につく

ひとつずつ順番に見ていきましょう。

論理的思考力が身につく

プログラミングを学習すると、論理的思考力が身につきます。

論理的思考力は何かひとつの問題に対して、様々な角度から解決方法を導く考え方ができること。
論理的思考力の高い人は、物事の原因と結果を上手く結びつけて分かりやすく説明できます。

文部科学省は子供のプログラミング学習について、以下のように述べています。

「プログラミング的思考」を身に付けることは、情報技術が人間の生活にますます身近なものとなる中で、それらのサービスを受け身で享受するだけではなく、その働きを理解して、自分が設定した目的のために使いこなし、よりよい人生や社会づくりに生かしていくために必要である。

言い換えれば、「プログラミング的思考」は、プログラミングに携わる職業を目指す子供たちだけではなく、どのような進路を選択しどのような職業に就くとしても、これからの時代において共通に求められる力であると言える。

(文部科学省「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)」より引用)

 

子供のうちから「プログラミング的思考」が身につけば、常により良い手段を追求していける人材になります。
ロジカルシンキングは誰もが身につけて役立てることのできる、ベーススキルであるということが言えます。

モノづくりができる

プログラミングを学ぶメリットは、モノづくりができる点です。

子供の頃からプログラミングを習得すれば、

  • Webサービス
  • 簡単なゲーム

など、動くモノを作る体験ができます。

ひとつのもの作るためには、試行錯誤しながらプログラミングを行わなければなりません。
たくさん悩んだり楽しんだりしながらシステムを作り上げれば、その達成感はとても高いです。

プログラミングによるモノづくりの成功体験は、子供の自己肯定感を上げます。
その結果、プログラミングでモノづくりを経験した子供は積極的でポジティブな人へ成長することができます。

集中力が身につく

集中力が身につくのも、子供のうちからプログラミングを学ぶメリットです。

人は好きなことや楽しいことをやるとき、高い集中力を発揮します。
プログラミングを楽しく感じられることで、子供は熱中して学習に取り組むことができます。

やりたいことをやりながらプログラミングを勉強するので、子供にムリをさせずに集中力を身につけさせることが可能です。

IT知識が身につく

小学生からプログラミングを学ぶメリットは、IT知識が身につく点です。

先ほどIT業界は人手不足で、今後もその人材は足りなくなると説明しました。
したがって、プログラミングのようなIT業界で利用する技術を子供の頃から身につけることは、将来就職するときにも絶大に役に立ちます。

IT業界で働くエンジニアは社会的な役割も大きく、収入も比較的高いです。
必修でプログラミングを学んでスキルを磨けば、将来が安心なのは嬉しいですよね。

オススメのプログラミング学習方法は2つ

2020年から小学校での必修化がされるプログラミングですが、今でも学んでいる子供もたくさんいます。

先ほど紹介したように、プログラミングを学ぶことは子供にとってたくさんのメリットが受けられるからです。

子供がプログラミングを学習する方法は主に、

  1. プログラミング学習アプリを利用する
  2. プログラミングの塾に通う

という2つがあります。

それぞれの特徴やメリット、デメリットを解説します。

アプリの特徴とオススメ

子供がプログラミングを学習する方法のひとつに、アプリがあります。

最近ではプログラミングを学習できるアプリが多く開発されていて、気軽に勉強することが可能です。

でも、「アプリでプログラミングを学ぶメリットって…?」「本当にアプリでプログラミングが身につくの…?」と疑問に思う人もたくさんいます。

ここでは、

  • アプリを使ってプログラミングを学習するメリットとデメリット
  • オススメのアプリ5選

を紹介しますね。

アプリで学習するメリット・デメリット

子供がプログラミングをアプリで学習するメリットは4つ、デメリットは2つあります。

メリット①一緒に学習しやすい

アプリを使ってプログラミングを学習する場合、親も子供と一緒に学習をすることが可能です。

子供にプログラミングを学ばせたいなら、親が子供と一緒になって勉強すると「どういう点が子供にメリットなのか」ということが認識しやすくなります。

また子供と一緒にプログラミングを勉強することで、

  • 子供とのコミュニケーションが取れる
  • 子供のやる気アップに繋がる
  • 親のプログラミングの知識も身につき、頑張り次第で副業もできるようになる

などと、嬉しいポイントが豊富なのです。

メリット②料金が安い

アプリを使ってプログラミングを勉強するメリット2つ目は、料金が安い点です。

子供向けのプログラミングアプリは、無料で利用できるものも多くあります。
なので、まずはお試しで無料でやってみることが可能です。

一度やってみて子供がプログラミングに興味を持つなら、課金したり有料のアプリを使ったりすることがおすすめです。

メリット③ゲーム感覚で学習できる

ゲーム感覚で学習できる点も、アプリでプログラミングを学ぶメリットとなります。

アプリは子供が勉強しやすいように、学習の進捗に合わせてレベルアップするものが多いです。
そのため、子供は次のステップいくために何度も失敗したポイントに挑戦していきます。

ゲームのように楽しみながら学習を進められるので、プログラミングの勉強にアプリは最適です。

メリット④どこでも学習できる

プログラミングを勉強するときアプリを使えば、どこにいるときでも学習することが可能です。

アプリは、スマートフォンなどの持ち運べるデバイスにインストールして利用します。
学校のような限られた場所だけでなく、家や外でもプログラミングを勉強できるのです。

気分が向いたときに気軽に勉強を進められるのが、アプリでプログラミングを学習するメリットとなります。

デメリット①レベルが上がりにくい

プログラミングをアプリで学習すると、レベルが上がりにくい点がデメリットとなります。

アプリでの学習は料金も安く、手軽に始めやすいのがメリットです。
しかし勉強する人が挫折しにくいように、分かりやすく簡単に作られているアプリも多くあります。

アプリを使う人によっては「簡単すぎる」と感じる場合も多いです。
それではせっかくプログラミングを学ぶのに、高いスキルが身につきません。

アプリで勉強をしてある程度のレベルに達した場合、

  • 自分の能力に合ったアプリへ乗り換える
  • レベルアップした内容が学べるよう有料コースに切り替える

などをする必要があります。

意識してアプリを使わないと、プログラミングのレベルが上がりにくいのがデメリットです。

デメリット②投げ出してしまう可能性

プログラミングの学習を途中で投げ出してしまう可能性があるのが、アプリを使うデメリットです。

どこでも手軽に出来るアプリですが、

  • やりすぎてアプリを使うことに飽きてしまう
  • 学習につまずいたとき、人に教えてもらえない

という点から、勉強するのが嫌になってしまう場合もあります。

子供がプログラミングを嫌いにならないように、周りの大人が最初から配慮してあげると良いでしょう。

どんどん学習できるオススメアプリ5選!

誰でも手軽に楽しくプログラミングを勉強できるのが、アプリの魅力です。

しかし、プログラミング学習アプリは数多くリリースされていて、「結局どれを選べば良いか分からない…」「アプリを使う環境を整えるにはどうすれば…?」と悩んでしまいますよね。

ここでは、子供がプログラミングを学ぶためにオススメのアプリを5つ紹介します。
それぞれの特徴や値段、何歳向けかなどを比較するので参考にしてくださいね。

Scratch


【引用】Scratch https://scratch.mit.edu/

人気度
★★★★★
対象年齢 8~16歳
料金 無料

 

Scratch子供が初めて使うプログラミングアプリとして最もおすすめです
NHKのプログラミング教育番組でも使われている、プログラミングの学習に適したアプリです。

Scratchでは視覚的に分かりやすいビジュアルプログラミングを利用して、「ブロック」を組み合わせてゲームなどの作品を作ります。

ブロックの組み合わせの違いによって、自分だけのオリジナル作品を作ることが可能です。
作った作品は世界中のScratchユーザーと共有もでき、仲間と刺激を受け合いながら成長ができます。

Scratchは、

  • 利用料金は無料
  • 8〜16歳の子供向け
  • パソコンやタブレットから利用できる(スマートフォンなどは不可)

というプログラミング学習アプリです。

また、小学生以下の子供に向けて「Scratch Jr」というアプリもあるので、合わせて利用するとよりプログラミングを楽しく勉強できますよ。

Scratchで使われているキャラクターや色の雰囲気も可愛いので、子供からの人気が高くなっています。
また、必修化されるプログラミング教育でもScratchの導入が検討されています。
どのアプリからプログラミングを初めて良いか分からない…」という人に特にオススメしたい学習アプリです。

プログラミング スクラッチはなぜ注目されている?学習方法も紹介!

Hour of Code


【引用】Hour of Code https://hourofcode.com/jp/learn

人気度
★★
対象年齢 4歳~
料金 無料

Hour of Code」は180カ国以上で利用されている、無料のプログラミング学習アプリです。

  • 対象年齢は4歳~108歳で、誰でも理解しやすい内容
  • 世界中で1億人以上の人が使っている
  • 初心者でも視覚的に分かるように工夫されている

という特徴を持っています。

ビジュアルプログラミングだけでなく、JavaScriptというプログラミング言語の基礎を学ぶことが可能です。
アプリの中では「アナと雪の女王」のキャラクターも使われていて、子供でも親しみやすい工夫がされています。

Swift Playgrounds


【引用】Swift Playgrounds https://www.apple.com/jp/swift/playgrounds/

人気度
★★
対象年齢 11歳~
料金 無料

Swift Playgrounds」というアプリは、Appleの開発でよく利用されるプログラミング言語「Swift」の学習ができます。

しかし内容の難易度が少し高いので、小学校高学年向きになります。

Swift Playgroundsでは自分の書いたコードが動くのが分かりやすいので、楽しくプログラミングを勉強することが可能です。

注意点としては、Swift PlaygroundsはiPadにしか対応していないところ。
もし家庭にiPadがあれば、手軽にAppleの開発言語を習得できます。

トライビットロジック


【引用】トライビットロジック https://www.himacs.jp/sp/app/trybit_logic/

人気度
★★
対象年齢 4歳~
料金 無料(レベルに応じて課金あり)

全世界で27万ダウンロードされている「トライビットロジック」は、ゲームで有名なNintendoが開発しているアプリです。

トライビットロジックは遊びながら、プログラミングに必須の論理演算を習得することが可能です。
トライビットロジックでは論理演算のパネルを組み合わせて、敵である「バグ」をやっつけていきます。

バグを倒すという目的がいかにもゲームっぽいので、子供でも夢中になってプログラミングが学習できます
AndroidやiPhoneに対応している無料アプリなので、日常で簡単に使えるのもトライビットロジックを利用するメリットです。

レベルが上がって上級コースをやりたいとなると課金が必要になりますが、無料版でも充実した内容になっています。

Progate

【引用】Progate https://prog-8.com/

人気度
★★★★★
対象年齢 11歳~
料金 月額980円(一部無料)

Progate」を使えば、プログラミングの基礎スキルを身につけられます。

Progateは、

  • イラストが多いスライドで学ぶので理解しやすい
  • 実際にコードを書くので実践スキルが身につく
  • 自分のレベルが表示されるので、レベルアップを狙って楽しめる

という特徴を持ったプログラミング学習アプリです。

実際にコードを書いたり説明の文字を読む必要があるので、小学校高学年から中学生向けのアプリとなっています。
Webブラウザ上だけでなくスマートフォンなどのデバイスでも学習できるので、スキマ時間に勉強を進めることが可能です。

いくつかの言語のコースは無料で体験できますが、様々なプログラミング言語に触れるには月額980円かかります。

とはいえ月額料金に対してコストパフォーマンスが良く、大学生~社会人にも活用されています。
本腰を入れてプログラミングを学習したい子供にオススメです。

プログラミングアプリについてより詳しく知りたい方はこちらがおすすめです。

プログラミング学習アプリおすすめ12選【子ども・初心者の方向け】

プログラミング塾の特徴とオススメ

ここまでプログラミング学習におすすめのアプリを紹介しましたが、もう一つオススメな学習方法が「プログラミング塾」です。

学習塾は子供の能力アップを目的としているため、グングン力を伸ばしていくことができます。
その反面、あまり学習内容のよくない塾も存在しているのが事実です。

ここではプログラミング塾のメリットとデメリットに加え、プログラミング塾を選ぶ際に意識すべきポイントオススメのプログラミング塾について紹介していきます!

プログラミング塾で学習するメリット・デメリット

プログラミング塾で子供がプログラミングを学ぶメリット・デメリットは、それぞれ3つです。

ここではプログラミング塾のメリット・デメリットを、全て順番に説明します。

メリット① 継続的にレベルアップすることが可能

プログラミング塾で学習すれば、継続的なレベルアップが可能です。

プログラミング塾では、生徒のやりたいことや習熟度に合わせてカリキュラムを進めてくれます。
またプログラミング学習は奥が深いので、子供のレベルに合わせて学習プランを立てれば効率よく技術を身につけられます。
長期的な視点で考えてスキルを高められるのが、プログラミング塾へ行くメリットです。

メリット② 友達と一緒に学習できる

友達と一緒に学習できるのも、プログラミング塾に通うメリットとなります。

子供が一人でプログラミングを習得しようと思っても、他の楽しいことの誘惑に負けて継続できない場合が多いです。
大人でも一人で何か資格などの勉強をしようとして、挫折する人も多いのではないでしょうか。

友達と一緒にプログラミング塾へ行けば、一緒に頑張る相手がいるので勉強へのモチベーションが上がりやすくなります。
学習をより楽しむためにもすごく大事になってくる要素です。

メリット③ 授業の対策ができる

2020年からプログラミングは小学校の必修科目となります。
なのでプログラミング塾へ通えば、今後学校で受けるプログラミングの授業への対策をすることが可能です。

プログラミング塾で授業の内容を先取りして学習していれば成績も取れ、自己肯定感の高い子になります。
さらなるやる気向上も見込めるので、学校教育を見据えた学習カリキュラムを組むのも良いかもしれません。

デメリット① 料金が高い

プログラミング塾は、料金が高いのがデメリットです。

プログラミング塾へ通うには、

  • 最初にかかる入学金
  • 子供のスキルに合わせた教材費
  • 毎月の受講料
  • 学習に使うパソコンやタブレットなどの雑費

など、以外にも多くのお金がかかります。

もちろん、その分プログラミング塾に通うことは、子供にとって得られるものも大きいです。
しかし、他の習い事やアプリでのプログラミング学習の費用を考えると、プログラミング塾の費用は決して安くないことには注意しておきましょう。

デメリット② 勉強だと考え、苦になってしまう可能性

よく子供が勉強嫌いになるケースとして、「親が勉強を強要してくる」ことに原因がある場合が多いです。

もちろんプログラミングは楽しいものですし、最近では子供が楽しく学習しやすい教材が多数登場しています。
しかし学習塾だとどうしても行かされている感覚があり、子供が行きたがらなくなってしまうケースも少なくありません。

やりたくないことをやらせるのではなく、子供が自発的に「もっとプログラミングを勉強したい!」と思い通い始めるのが理想です。

デメリット③ 通うための移動が大変

プログラミング塾は通うための移動が大変です。
近頃はプログラミング塾の数も増えていますが、どの家庭の子でも通いやすい場所にはまだまだ足りません。

プログラミングに興味があって塾に行きたいと思っても、長距離の移動をしないといけない場合もあります。
遠くのプログラミング塾へ通うのは、子供にとっても親にとっても体力が必要です。

特に後ほどオススメするプログラミング塾も、渋谷など特定の場所にしかない場合があります。
そういった意味でも、どこでも学習可能なアプリより劣る点だと言えます。

プログラミング塾を選ぶ際に意識すべきポイント

プログラミング塾へ子供を通わせるか検討するとき、親なら「何を軸に塾を選ぶのが一番子供のためになるんだろう…」と考えますよね。

プログラミング塾を選ぶ際に意識すべきポイントは主に3つあります。

  1. 子供が楽しめるようなカリキュラムかどうか
  2. どんな目的で学んでもらうか
  3. 時間や料金に無理がないか

それぞれ順に説明しますね。

子供が楽しめるようなカリキュラムかどうか

プログラミング塾を選ぶときに注意するポイントは、カリキュラムを子供が楽しめる内容かどうかです。

せっかくプログラミング塾に通うのに、扱っている内容が子供の興味のあることと異なっていたら、学習のモチベーションが下がってしまいます。
高い受講料や時間をかけてプログラミングを勉強するなら、少しでも子供のためになる選択をしたいですよね。

プログラミング塾に行くことを検討するとき、子供が何に興味があるのかきちんと話をして把握しておきましょう。

どんな目的で学んでもらうか

プログラミング塾を選択するとき、子供にどんな目的で学んでもらうかを意識することが重要です。

例えば、

  • 様々なWebシステムを作れるようにしたいのか
  • プログラミングでモノをつくる楽しさを知ってほしいのか

などというように、どういうゴールを想定するかで塾の選択肢が変わってきます。

子供がなりたいレベルに合ったプログラミング塾で学習することが、長期的な成長を考える上では大切です。

そうすれば子供がプログラミングを嫌にならずに、楽しく勉強できます。

時間や料金に無理がないか

塾へ通う時間や料金に無理がないかどうかも、失敗しないプログラミング塾選びのポイントです。

たとえ子供がどんなにプログラミングを勉強したいと思っても、

  • 家計を圧迫してまで、受講料の高いプログラミング塾に通わせる
  • 子供の睡眠時間を削るなどして、遠くのプログラミング塾に行かせる

といったように、親にも子供にも負担が大きいと良くありません。

子供をプログラミング塾へ行かせるなら、プログラミング塾を利用する側に無理のない選択をしてください。

これを選べば安心!プログラミング塾3選

プログラミング塾にも様々な種類があり、「結局どこが一番良いんだろう…?」と迷う人も多いのではないでしょうか。

ここでは、おすすめのプログラミング塾を3つ厳選しました。

ぜひ、プログラミング塾選びの参考にしてくださいね。

Tech Kids CAMP


【引用】Tech Kids CAMP https://techkidsschool.jp/

Tech Kids CAMPは大手企業のサイバーエージェントが運営する、子供向けのプログラミング塾となっています。

Tech Kids CAMPには、継続学習コースと短期体験コースがあります。
以下の表に、それぞれのコースの特徴や料金をまとめました。

継続学習コース
(小学1年生向け)
継続学習コース
(小学2年生〜6年生向け)
短期体験コース
料金 ¥ 12,000 /月(税別) 教材費 ¥ 2,000 /月(税別)
受講料 ¥ 19,000 /月(税別)
【2Daysプラン】¥ 34,000(税別)
【3Daysプラン】¥ 49,000(税別)
回数・時間 月3回(1回 60分間) 月3回(1回 120分間) 10:00〜16:00
特徴 ・SwiftやC#などのプログラミング言語で、ゲームやアプリの開発を行う

・IllustratorやPhotoshopなどのデザインツールを使って、デザインスキルも身につけられる。

・生徒が作成した作品をプレゼンテーションする機会もある。

・夏休みなどの休みを利用して気軽に通える。

・3~4人の生徒に対して1人のメンターがついてサポートしてくれる。

・期間の最終日には、作った作品をプレゼンテーションするため、話す力も身につく。

場所 東京渋谷校、大阪梅田校 東京渋谷校、東京秋葉原校、二子玉川校、大阪梅田校、沖縄那覇校 東京、大阪

Tech Kids CAMPは授業のレベルがとても高いです。
生徒の中にはアプリを一般公開したり、プログラミングコンテストで表彰される実力派が多くいます。

Tech Kids CAMPはしっかりとプログラミング技術を身につけて、将来に活かしたい人にオススメのプログラミング塾です。

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室


【引用】ヒューマンアカデミー こどもプログラミング教室 https://kids.athuman.com/robo/programming/

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室は、大人の資格取得講座などでも有名なヒューマンアカデミーが運営をしているプログラミング塾です。

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室の料金や特徴は以下のようになります。

料金 入会金 ¥ 10,800
初期費用 ¥ 2,160
受講料 ¥ 10,368/月(税込)
テキスト代 ¥540/月(税込)
回数・時間 月2回(1回 90分)
特徴 ・子供の知的好奇心を伸ばすカリキュラム。

・考える力の育成。

・楽しく学ぶに重きを置いた分かりやすいオリジナル教材。

場所 全国200ヶ所以上(詳しくはこちら

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室の対象年齢は、小学3年生以上です。
また、「ベーシックコース→ミドルコース→アドバンスコース」と、1年ごとに本格的なプログラミングを学習できるコースへステップアップできます。

最初はベーシックコースからパソコンの基本的な触り方も学べるので、初心者でも安心して通うことが可能です。

STAR Programming SCHOOL

【引用】STAR Programming SCHOOL https://www.star-programming-school.com/

パソコン教室事業などに力を入れている「株式会社チアリー」が運営するプログラミング塾、「STAR Programming SCHOOL」も人気です。

STAR Programming SCHOOLの料金や特徴は以下のようになっています。

タブレットプログラミングコース Scratchプログラミングコース ロボットプログラミングコース Webプログラミングコース
料金 ¥ 7,000 /月(税別) ¥ 11,000 /月(税別) ¥ 10,000 /月(税別) ¥ 12,000 /月(税別)
回数・時間 全40回/1年(1回 60分間) 全80回/1年(1回 90分間) 全80回/2年(1回 90分間) 全40回/1年(1回 90分間)
特徴 ・iPadのタッチ操作で、誰でも簡単にできる。

・みんなで楽しく学べる。

・対象年齢は、小学校1〜4年生。

・基礎的なパソコン操作から勉強できる。

・視覚的にプログラミングが理解しやすい。

・対象年齢は、小学校3年生〜中学校3年生。

・Scratchからのステップアップに最適。

・ロボット制御について勉強できる。

・対象年齢は、小学校5年生〜中学校3年生。

・Scratchからのステップアップに最適。

・実用的なプログラミング
スキルを、楽しく身につ
けられる。

・デジタルハリウッドと連携しているため、最先端の授業も受けられる。

・対象年齢は、小学校5年生〜中学校3年生。

場所 全ての教室 全ての教室 葛西教室、東神奈川教室、大泉学園教室、船橋教室、亀有教室、おおたかの森教室、妙典教室、与野教室、柏教室、中野教室、与野教室、妙典教室、センター北教室、甲子園教室、遠鉄百貨店教室 亀有教室、センター北教室

上記の料金の他に入学金が6,000円月会費2,000円が別途必要です。

STAR Programming SCHOOLは、

  • 少人数制の授業で生徒をサポートしてくれる
  • 授業を受けられなかった場合は、補講や振替授業にも対応してくれる

というように、生徒が授業から遅れないようにしっかりとフォローする体制が整っています。

学習させる前にちょっと待って!親が気をつけてあげるべきポイント

プログラミングは将来的にも価値の高いスキルなので、子供にプログラミングを習わせたい親御さんも多くいるでしょう。
しかし子供にプログラミング塾やアプリなどで勉強をさせる前に、親が注意してあげるべきポイントがあります。

  1. 学習環境を整える
  2. 一緒にプログラミングの勉強をする
  3. 子供に苦手意識を持たせない

上記3つの点を気をつけて、子供にムリのないようプログラミングを学ばせてあげてくださいね。

学習環境を整える

子供にプログラミングを学習させたいなら、まずは学習環境を整えることが大切になります。

プログラミングにはパソコンなどのデバイスが必須です。
必要なスペックも使うプログラミング技術やアプリによって異なるので、購入の際は尋ねておくことがオススメです。

他にも集中しやすいよう身の回りの環境を整えてあげることもオススメ。
テレビやおもちゃの近くで学習するとどうしても気が散ってしまいます。
事前にプログラミング学習に必要なものなどをしっかりと調べて、子供がスムーズに学べるようにサポートしましょう。

一緒にプログラミングの勉強をする

子供と一緒にプログラミングの勉強をしてあげるのもオススメです。
先述の通り「やらされている感」を与えないことが学習を続けるカギになります。
一緒に学習し競い合ったり分からない問題を一緒に考えることで、プログラミング学習を楽しく感じてもらうことが大切です。

特に入り口の部分では、親もサポートしながら学習を観察してみることをオススメします。

子供に苦手意識を持たせない

プログラミングは楽しい半面、勉強が上手く進まないことだってあります。
そんなとき「どうしてできないの?」「もっと分かるように努力しないと!」などと、子供を責める言葉は発しないように注意してください。

子供の自己肯定感が下がって、プログラミングの勉強が苦になる危険性があります。
子供ができないときは一緒に悩んで考えて、上手くいったときは最大限に褒めてあげましょう。

勉強を楽しんでもらうことが一番大切

今回は、

  • 2020年からプログラミングが必修化される理由
  • 子供がプログラミングを学習する方法
  • プログラミングを子供に学習させるとき、親が気をつけるポイント

などを解説しました。

プログラミングの学習は親のサポートも大切になります。
使うアプリやプログラミング塾の情報は慎重に集めましょう。
子供に将来性の高いプログラミングの技術をしっかり身につけさせるには、「学習を遊ぶように楽しむこと」が最も重要です。

子供にムリをさせない範囲で、親であるあなたも一緒にプログラミングを勉強してみてくださいね。

12月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%