【Go言語の独学方法を1から解説】これを見れば初心者でも独学可能! | プログラミング入門ならWEBCAMP NAVI
【12月枠も残りわずか】転職保証コース

【Go言語の独学方法を1から解説】これを見れば初心者でも独学可能!

プログラミング言語をこれから勉強するなら、Go言語がおすすめと言われています。しかしGo言語の名前を聞いたことはあっても、

Go言語が何故おすすめなのかな・・・
Go言語の独学習得はどんな方法があるのかな・・・

など疑問に思う方は多いと思います。

そこで今回は

Go言語について
初心者が独学で習得する方法について

を徹底解説していきます。

Go言語とは

Go言語はGoogleが開発したプログラミング言語です。
2009年に登場したプログラミング言語で10年経ちますが、プログラミング言語の中では新しいプログラミング言語になります。

Go言語は3年程前から急速に需要が高まり、プログラミング言語別の平均収入ランキングでは上位に入っている注目のプログラミング言語です。

Go言語でできること

Go言語はWebサーバー開発、Webアプリケーション開発が得意なプログラミング言語です。
Web系の開発以外にもスマートフォンアプリ開発、AI開発でも徐々に需要を増やしています。

上記の分野で人気を集めていますが、中でもAI開発で多くのシェアを持っているPythonと並ぶ程の注目があり期待されています。

他の言語と違う機能

Go言語は複数のプログラマーが開発するのに向いているプログラミング言語です。
理由はGo言語は他のプログラミング言語に比べて、シンプルな構造だからです。

例えばプログラミング言語では繰り返し処理を行う時に、for文while分の2つが準備されています。
しかしGoプログラミング言語の繰り返し処理はfor文しか存在していません。

他プログラミング言語の定番の処理までもシンプルにすることで、だれが作っても殆ど同じになる様に設計されています。
経験が必要なプログラミング言語と比べて、人材の確保がしやすくメンテナンス性にも優れています。

他にもコンパイラーが優れており、Go言語で作られたアプリはメモリの負荷が少なく高速で動作することも他のプログラミング言語には無い機能です。

作成されたサービス

Go言語で作成されているサービスで代表的なものはYouTubeです。
他にも知名度は高くありませんがIvy big number calculatorと言う高性能電卓スマートフォンアプリなども作られています。

今後の需要

Goプログラミング言語の今後の需要は更に増えて行くと推測できます。
Go言語の今後に需要に期待できる理由は、大きく分けて2つあります。

  • シンプルな構造と高速で処理できるシステム
  • 今後の急速な進歩が期待できる

1つはGo言語の特徴であるシンプルな構造と高速で処理できるシステムは、現在他のプログラミング言語で課題となっており、IT業界全体で求められていることだからです。

2つ目は開発元がIT企業大手のGoogleであり、オープンソースの特徴と合わせて今後の急速な進歩が期待できるからです。
既にGo言語の需要が増えていることは、プログラミング言語別平均年収ランキング上位であることからも推測できます。

学習する為の4ステップ

独学で学習する場合は、後述するWebサイトを使った方法と書籍を使った方法になりますが、どちらも読んだだけで学習できたつもりになってしまいます。

しかし実際にプログラミングができなければ、習得できたことにはなりません。
Go言語の学習を始める前に準備する4つのステップについて、ご紹介いしていきます。

ステップ1 Go言語の開発環境構築

Go言語の開発環境を整えるには下記作業が必要になります。

  • Goのダウンロード
  • Goのインストール
  • Goの動作確認
  • Go拡張機能の追加

上記4ステップを詳しく解説していきます。
解説はWindows10の64bit版を中心に記述していきます。

MacやWindowsの32bit版の場合でもダウンロードするファイルを読み替えれば基本的には同じになります。

1.Goのダウンロード

最初にGoのダウンロードが必要です。
ダウンロードは、下記サイトより無料でダウンロード可能することができます。

https://golang.org/dl/

Windowsの場合は「go○.○.○.windows-amd64.zip」をダウンロードします。
「○.○.○」部分にはバージョン情報が入ります。

2.Goのインストール

ダウンロードしたファイルを任意の場所に展開します。
本ページではCドライブ直下で展開した解説状態で解説をしていきます。

展開すると「C:\go」のディレクトリが作成されます。

環境変数を設定する為に「スタートメニュを右クリック」→「システム」→設定の検索で「システムの詳細設定の表示」を開きます。

「システムのプロパティ」が表示されたら「詳細設定」タブを選択して「環境変数」を押下します。
変数名GOROOT、変数値C:\goを追加し、変数名Path(既に存在しています)の変数値C:\go\binを追記します。

3.Go動作確認

ここまでの作業に問題がなく、Goのインストールが正常に行えているか確認を行います。
コマンドプロンプトを起動して「go version」と入力して実行してダウンロードしたバージョン情報が表示されていれば成功しています。

バージョン情報が表示されない場合は、ここまでの手順で間違っている所を探す必要があります。

4.エディタの準備

Go言語に限らずプログラミングをするのは、OS標準のメモ帳などでも行うことはできます。
しかし別途エディタを準備することで、プログラミングの効率を飛躍的に向上させることが可能です。

Go言語の人気エディタは、下記になります。

  • Atom
  • Visual Studio Code
  • LiteIDE

既に気に入っているエディタが無い方は、上記3つの内から1つ選んでインストールすることをおすすめします。

上記はVisual Studio Codeの起動画面です。

ステップ2 学習サイトによる独学

開発環境が準備できたら実際に独学での学習を開始します。
独学の方法には大きく分けて、学習サイトと書籍を使う方法があります。

どちらが自分にあっているかは人それぞれですが、まずは学習サイトの利用がおすすめです。
プログラミング言語の入門レベルであれば、学習サイトであれば無料で学ぶことができるからです。

ステップ3 書籍による独学

学習サイトで入門レベルを学習した方は、書籍による独学がおすすめです。
書籍による学習は順序立てて学習をすることができます。

書籍によって難易度も異なり、入門レベルから応用レベルまで自分にあった書籍を選べば確実にステップアップすることが可能です。

ステップ4 自作のシステムを開発する

学習サイトや書籍の独学が終わった方は、実際に自作のシステムを開発します。
学習サイトや書籍で勉強する過程でシステムを作るのと自分で設計して開発するのでは、大きく異なります。

またシステムを開発してみると自分の知識が不足している部分を洗い出せます。
自作のシステムが開発が完成すれば、成果物として就職/転職活動でアピールする材料にもなります。

独学オススメサイト3選

Go言語の独学にオススメサイトをご紹介していきます。
ご紹介するオススメサイトの内容一覧は下記になります。

サイト名 学習のしやすさ 学習の幅 総合評価
ドットインストール 未経験者でも学習しやすいサイト 初歩から応用まで ☆☆☆☆
人気のプログラミング学習サイトで今後も講座の追加が期待できる
The Go Programming Language 英語ができれば最良のサイト 初歩から応用まで ☆☆☆
Go公式サイトで学習だけでなく最新情報も把握できる
お気楽 Go言語プログラミング入門 未経験者でも学習しやすいサイト 初歩から基本まで ☆☆
学習できる幅は少ないが、基本を身に着けられる。

それぞれのサイトを詳しくご紹介していきます。

ドットインストール

参考:ドットインストール

ドットインストールは、プログラミング言語を動画で学ぶことができるサイトです。
無料で初歩的なことを学習することができますが、Go言語は入門講座でも有料プランに入っている為、月額約1,000円必要になります。

Go言語の基本的な文法からWebサーバーの構築まで学習することができる為、テキストベースのサイトが苦手な方には非常にオススメです。

The Go Programming Language

参考:The Go Programming Language

The Go Programming LanguageはGo言語の公式サイトになります。
Goの基本的な学習だけでなく、Go言語の最新情報なども公開されている重要なサイトです。

独学で学習する場合は、後述する書籍も含めて1番オススメと言っても過言ではありません。
しかし難点は英語のサイトの為、英語が苦手な方は別のサイトで学習することをオススメします。

お気楽 Go言語プログラミング入門

参考:お気楽 Go言語プログラミング入門

お気楽 Go言語プログラミング入門はGo言語の基本を学習できるサイトです。
プログラミング言語の基本だけでなく、Go言語の特徴をしっかりと抑えた解説がされています。

またテキストとサンプルコードだけでなく図解などもされている為、初心者でもイメージしやすいサイトです。

独学オススメ本3選

独学には学習サイト以外にも本を使った学習方法があります。
Go言語はまだ登場してそれ程年月が経っていない為、書籍の数は多くありませんが、特にオススメの書籍をご紹介します。

書籍名 学習のしやすさ 学習の幅 総合評価
スターティングGo言語 未経験者からでも学習できる書籍 初歩的な構文や文法まで習得 ☆☆☆
Go言語の基本習得可能
みんなのGo言語[現場で使える実践テクニック] 基本的な文法を習得していれば問題なく読み進められる 現場で役立つ技術を習得可能 ☆☆
基本的を習得した方のステップアップが可能
Go言語によるWebアプリケーション開発 実力が無ければ読み進めるのが難しい Webアプリを実際に開発できることが可能 ☆☆☆☆
Go言語の学習だけでなく開発の流れまで習得可能

それぞれの書籍の詳細なご紹介は、下記になります。

スターティングGo言語

Go言語は現在急速に進歩しているプログラミング言語の為、細かい仕様が定期的に変化しています。
Webサイト、書籍どちらも情報が古くなってしまうと初心者の方にとっては、混乱の原因になってしまいます。

「スターティングGo言語」ではGo言語の根本的な部分を丁寧に解説されている為、初心者の方が混乱することなく初歩的な文法などを習得することができます。

未経験者や他書籍で挫折した方にオススメです。

みんなのGo言語[現場で使える実践テクニック]

「みんなのGo言語[現場で使える実践テクニック]」はGo言語の文法だけでなかく、実戦的なチーム開発の方法などについても詳しく解説されています。

入門書からのステップアップだけでなく、働き始めた後にも役立つ知識を習得することが可能です。
Goプログラマーとして就職・転職を目指す方にオススメの書籍になります。

Go言語によるWebアプリケーション開発

参考:amazon

「Go言語によるWebアプリケーション開発」はプログラミング関係の書籍を多く出版しているオライリージャパンの書籍です。

内容はこれまでにご紹介した書籍よりも難しくなっていますが、Webアプリケーションを実際に開発することができる為、即戦力として働ける実力を身に付けられます。

確実に就職・転職をしたい方にオススメです。

Goの独学で挫折してしまった場合は・・・

今回はGo言語の独学方法について、ご紹介させて頂きました。
Go言語自体はシンプルな構造で他のプログラミング言語に比べても、未経験者にオススメのプログラミング言語です。

しかし独学の場合は時間と根気強さが必要になる為、挫折することも珍しくありません。

挫折してしまった場合は、VBAなど更に難易度の低いプログラミング言語からチャレンジした後にGoにチャレンジすると理解できたりします。

独学自体が苦手な場合は、独学に不安を感じている方はプログラミングスクールの検討をオススメします。

プログラミングスクールの中には習得から転職までを保証しているところもあり、就職活動などもサポートしてくれる為、受講費がかかっても将来的に見ると損をすることはありません。

DMM WEWBCAMPについて

DMM WEBCAMPは3ヶ月間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保障付きのプログラミングスクールです。1ヶ月でプログラミング・Webデザインを学ぶ通い放題の「ビジネス教養コース」も展開しています。

DMM WEBCAMPを運営する株式会社インフラトップ では、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

dmm webcamp

 

12月枠も残りわずか!!

エンジニア転職を目指すなら…

転職保証付きプログラミングスクール

で未経験からエンジニア目指そう

 

✔︎未経験からの転職 ✔︎会社の将来が不安 ✔︎給与や待遇に不満がある

 

転職保証コースは質の高いカリキュラムで転職成功率98%