【仕事で失敗ばかりな人必見】ミスを防ぐたった3つの方法と活かし方 | WEBCAMP NAVI
【5月枠も残りわずか】転職保証コース

【仕事で失敗ばかりな人必見】ミスを防ぐたった3つの方法と活かし方

「仕事で失敗ばかりしてしまう…。」
「どうしたら改善できるのだろう?」
「このままだと会社にいくのも辛い。」

仕事をするうえでこのような悩みを持つ方も多いのではないでしょうか?

誰だってミスをしたり、失敗をしてしまうこともあります。
失敗を繰り返してしまう時こそ、改善策を知って次の仕事へと活かしたいですよね。

そこでこの記事では、仕事の失敗に悩みを抱えている方に向けて様々な解決方法をご紹介していきます。

仕事で失敗ばかりな人にあてはまる10の特徴

仕事で失敗ばかりしてしまうと精神的にもまいってしまいますよね。
実は仕事で失敗を繰り返してしまう人には、ある共通した特徴があります。

そこで今回は、「失敗を繰り返しがち」な人の10の特徴についてくわしく解説していきます。

  • メモをとらない人
  • 失敗をごまかそうとする人
  • 反省しない人
  • 体調管理ができていない人
  • 確認作業が甘い人
  • マイナス思考な人
  • 失敗への対策をしない人
  • プライドが高い人
  • 失敗をいつまでも引きずる人
  • スケジュール管理が苦手な人

失敗を繰り返す人の特徴を知って、ぜひ自分自身を見直すきっかけにしてくださいね。

1.メモをとらない人

1つ目はメモをとらない人

仕事の失敗ばかりしてしまう人には、教わったことを覚えられていないという特徴があります。
ほとんどの人は一度聞いただけで全てを覚えることは不可能です。

また、同じミスを何度も繰り返す人にも共通してメモを取らないという傾向があります。

教わったことを忘れないうちにメモに残しておく。
この癖をつけることで、同じミスを繰り返すことはなくなるはずです。

2.失敗をごまかそうとする人

失敗をごまかそうとする人も仕事で失敗ばかりしてしまいます。

仕事で失敗をした時に、正直に話すのは勇気がいりますよね。
しかし、失敗をなかったことにするのは不可能ですし、いずれ必ずばれてしまいます。

また、失敗を隠すことで事態が悪化する可能性がとても高いです。

仕事で失敗してしまっても、まずは正直に話し謝罪しましょう。
周りの人に失敗を知らせることで問題が解決するスピードも早まります。

失敗はだれでもしてしまうことです。
まちがっても失敗をごまかすことはやめておきましょう。

3.反省しない人

仕事で失敗をしてしまった時には、反省することで次の改善につながります。

しかし、そもそも反省しないという人も世の中には存在します。

反省をしなければ、どこで失敗してたのか?を明確にすることができません。

明確にできないことで改善策も分からずまた同じ失敗を繰り返してしまうという悪循環に陥ります。

そうならないためにも、失敗をしたら素直に認めて反省することが大切です。

4.体調管理ができていない人

仕事を万全の状態で行うには、体調管理がとても重要です。

仕事によっては、夜勤や残業続きでなかなか思うように生活リズムを整えられないかもしれません。

しかし、工夫次第で

  • 睡眠時間をしっかりとる
  • 休む時間を作る
  • 食事はしっかりととる

というようにできるはずです。

無理な働き方を続けると、気がついたら心身ともに病気になってしまっていた…
と、深刻な状況になる場合も。

しっかりと体調管理をすることで、自分の身を守りましょう。

5.確認作業が甘い人

確認作業が甘い人も失敗を繰り返す人の特徴です。

どれだけ優秀な人であっても確認作業を怠れば、失敗する可能性があがります。

人はだれでも見落としや、抜けがあるもの。
どれだけ面倒くさい作業だとしても、最後の確認までしっかりとやるべきです。

確認作業を行うことで、自分の失敗しやすい箇所を発見できるメリットもあります。

仕事をするからには責任感を持って最後の確認作業まで行うようにしましょう。

6.マイナス思考な人

つづいて、マイナス思考な人も失敗を繰り返しやすい特徴があります。

マイナス思考の人は、一度してしまった失敗に対していつまでも悩んでしまう傾向があります。

いつまでも過去の失敗を気にしてしまうことで、目の前のことに集中できずまた同じ失敗をしてしまいます。

このようにならないためにも、一度おきてしまった失敗は仕方がないこと!と割り切ることが大切です。

ネガティブに考えても状況がよくなるわけではありません。
どうせなら前向きな気持ちで失敗を捉えて、前にすすんでいきましょう。

7.失敗への対策をしない人

失敗への対策をしない人は、何度も同じミスを繰り返します。

そもそも失敗への対策をとらない人は、

  • 仕事にやる気がない
  • 誰かがやってくれるのを待っている
  • いつかできるようになると信じている

など、このように考えがちです。

しかし、人は正しい失敗への対策をしない限り何度も同じ失敗をしてしまいます。

そうならないためにも、まずはどうして失敗してしまったのか?をしっかり振り返り改善するようにしましょう。

8.プライドが高い人

プライドが高い人は自分がしてしまった失敗を人に打ちあけづらく、失敗を繰り返してしまいます。

プライドが高い人の特徴として人に助けを求められないといいう傾向があります。

誰だって仕事をするうえで失敗はしますし、自分のミスを受け入れることで成長につながります。

どれだけプライドが邪魔をしたとしても、失敗をしたら素直に反省するようにしましょう。

9.失敗をいつまでも引きずる人

失敗をいつまでも引きずってしまうと、なかなか前に進むことができません。

一度してしまった失敗をいつまでも引きずるのではなく、次の成功につなげることが大切です。

テレビで見るどれだけすごい有名人でも、多くの失敗を経験していることがほとんど。

視野を広げることで、自分の失敗はそこまで重大なことではないと楽に思えますよ。

まずは、おきてしまった失敗を受け入れて、繰り返さないように改善策を練ってみましょう。

10.スケジュール管理が苦手な人

スケジュール管理ができない人も仕事で失敗してしまう人の特徴です。

スケジュール管理ができていないということは、計画性がないということ。

計画を立てずに仕事をしていると、上司への報告がおくれたりスケジュールに抜けがあったりと悪循環になってしまいます。

失敗を繰り返さないためにも、事前に一週間の予定を把握する時間を作るなどの工夫が必要です。

仕事のミスを防ぐ3つの対策【失敗ばかりな社会人必見】

仕事を失敗しないようにどれだけ気を付けても、確実に防げるわけではありません。

そこで今回は、どうしても仕事で失敗が続いてしまう…!と悩んでいる方に向けて3つの対策方法をご紹介します。

  • 少しでも疑問を感じたらすぐに質問する
  • 責任感をもって仕事をする
  • しっかりと休む

1.少しでも疑問を感じたらすぐに質問する

一つ目は、疑問があるならすぐに質問すること。

会社員として働いているのなら、困ったことがあれば周りの人にどんどん頼ってみるべきです。

一人で長時間悩んでしまうことも、詳しい人に聞けば1分で解決することもあります。

一人で悩んでいても答えはでません。
同僚や上司にすぐに質問するくせをつけることで、仕事のスピードも確実にあがります。

2.責任感をもって仕事をする

2つ目は責任感をもって仕事をすること。

責任感をもてば自然と、

  • こまめにメモをとる
  • 失敗したら反省と改善
  • 確認作業を怠らない

などのように、仕事ができる人の特徴をみにつけることができます。

3.休憩をきちんととる

3つ目はしっかりと休憩をとること。

忙しい仕事がたてこむと、なかなか休憩がとりずらい人も少なくないのではないでしょうか?

しかし、仕事をする上で休憩をとることはとても重要です。

しっかりと休むことで、

  • 集中力の向上
  • 肉体的な疲労回復
  • 脳の働きがよくなる

など作業効率が格段に上がります。

一定時間を決めて、15分だけでもいいので休憩を取り入れてみましょう!

仕事で大失敗!まずするべき5つの対処法

仕事で重大な失敗をしてしまった!こんなことも、仕事をしていたら体験することがありますよね。

そんな時は、どう対応すればいいのでしょうか?

ここでは、仕事で失敗してしまった時に、まずするべき5つの対処法について解説していきます。

  • 素直に謝罪する
  • 失敗を正直に話す
  • 失敗の根本的な原因を突き詰める
  • 基本に立ち返ってみる
  • 自分を責めすぎない

1.素直に謝罪する

失敗をしたら、まずは素直に謝りましょう。
どんな状況であったとしても、失敗をすると必ず誰かに迷惑をかけてしまいます。

ここで重要なのが下手に言い訳をしないこと。
自分のせいではないと言い訳することで周りの信頼を失ってしまいます。

反対に、ここで誠実な対応ができると評価につながります。
失敗をしたら素直に自分の非を認め、謝罪しましょう。

2.失敗を正直に話す

失敗をしてしまったら、隠すことなく正直に話すことが大切です。

上司に話すと怒られるのではないかと隠す人がいますが、失敗はいつか必ずばれます。

事態が悪化してから失敗がばれてしまうと、最悪の場合クビになることも!
そうならないためにも、失敗はすぐに報告するようにしましょう。

3.失敗の根本的な原因を突き詰める

失敗をしたら、どうして失敗してしまったのか?根本的原因を振り返ることが大切です。

失敗には必ず原因があるはず。

例えば新入社員の一人が、
「教わったことを正確に覚えていなくて間違った対応をしてしまった。」
このようなことがあったとします。

ではなぜ情報を把握できていなかったのでしょうか?
この原因がわかれば対策を練るのは簡単ですよね。

もちろんこの場合の原因は、
「正確な情報を把握していなかったから」です。

聞いたことを覚えるのが苦手なら、メモをとりましょう!
このように、失敗をしてしまったらもその後に対策を練ればいいのです。

そうすることで同じ失敗を繰り返さなくなります。

4.基本に立ち返ってみる

仕事になれてきているはずなのに、失敗ばかり繰り返してしまう…。
そんな人は、一度基本に立ち返ってみることをおすすめします。

人はどうしても慣れてくると、

  • チェックが甘くなる
  • スピードにこだわりすぎてしまう

など、ミスが起きやすい状態になってしまう20代後半の人も少なくありません。

「仕事にはなれているはずなのに失敗ばかり。」そんな時は一度基本に振り返ってみることをおすすめします。

5.自分を責めすぎない

また、自分を責めすぎないことも大切です。

仕事をしていれば誰だって失敗はしてしまうので、過度に自分を責める必要はありません。

失敗をしても、次に活かせるなら大丈夫です。
落ち込んでしまっても、うまく気分転換を取り入れながら自分を責めすぎないようにしましょう。

失敗ばかりで仕事がつらい時の3つの立ち直り方

ここまで、仕事で失敗した時の対処方などについて解説していきました。

とはいえ、いくら気をつけていても失敗を繰り返してしまうこともありますよね。
そうなると、精神的にも落ち込んでしまうかもしれません。

しかし、落ち込んでいても事態は解決しません。

仕事で失敗をしてしまっても、前向きに受け止め気持ちを立て直すことが大切です。

そこでここでは、仕事で失敗して辛い時の3つの立ち直る方法について解説していきます。

  • 失敗の原因を紙にかきだしてみる
  • 信頼できる上司や先輩に相談してみる
  • 仕事とは関係ないことをして気分転換をする

1.失敗の原因を紙にかきだしてみる

1つ目は、失敗の原因を紙にかきだしてみること。

失敗を改善しようと思っても、自分の気持ちをうまく整理できないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方におすすめなのは、パソコンやスマホではなく紙に書き出してみる方法です。

紙に手書きで自由に書き出してみることで気持ちの整理が驚く程かんたんにできます。
整理が苦手という方はぜひ紙に書き出してみてください。

失敗してしまった原因も、自分なりに整理することで原因解明につながりますよ。

2.信頼できる上司や先輩に相談してみる

2つ目の方法は信頼できる上司や先輩に相談してみること。

落ち込んでいる時には、一人で問題を抱えてしまう方も少なくありません。
そんな方には一度、信頼できる上司や先輩に相談してみることをおすすめします。

あなたがしてしまった失敗を、上司や先輩も過去に経験したことがあるかもしれません。

相談してみることで、問題解決につながるうえ、ストレス発散にもなります。
悩んでしまった時こそ、周りの人に相談してみることが大切です。

3.仕事とは関係ないことをして気分転換をする

3つ目の方法は、仕事と関係ないことをして気分転換をすること。

仕事で失敗が続いて落ち込んでしまった時には、リフレッシュをすることも大切です。

プライベートの友達と旅行へ行ったり、自分の趣味に没頭したりと気分転換をしてみましょう!
そうすることで不思議なほど、悩みが解決することがありますよ。

仕事に失敗して反省することは大切ですが、ネガティブになってしまっては疲れてしまいます。

反省して改善策が見つかったのなら、悩むのはやめて気分転換をしてみましょう。

仕事の失敗を次に活かすためにするべきこと

それでは最後に、仕事の失敗を次に活かすためにするべきことを3つのポイントにしぼって解説しています。

  • 失敗を忘れないようにする
  • わからないことは素直に質問する
  • 失敗も大切な経験だと受け入れる

1.失敗を忘れないようにする

人は、一度失敗してしまったことを何度も繰り返してしまう可能性が高いです。

同じ失敗を繰り返さないためにも、失敗してしまった経験を忘れないようにすることが大切です。

また、失敗した経験を改善策と一緒に残しておくことで自分だけの辞書のようにいつでも見直すことができます。

同じことで悩まないためにも、失敗した経験は忘れないようにしておきましょう。

2.わからないことは素直に質問する

わからないことは素直に質問するのが一番です。

一人で問題を解決することは、非効率であり視野をせまくします。

素直に質問をする癖をつけることで失敗も少なくなるほか、社内での信頼も高まりますよ。

3.失敗も大切な経験だと受け入れる

失敗も大切な経験だと受け入れることが大切です。

仕事での失敗は悪いことばかりではありません。
失敗をした原因を考え、改善策をだすことで、より成長していくことができます。

失敗を過度におそれるのではなく、大切な経験だと受け入れて前にすすんでいきましょう。

それでも解決しない場合は転職を考えてみるのもおすすめ

いくら気をつけていても、

「失敗ばかりで会社にいくのも辛い。」

ここまで思っている人は、もしかしたら仕事自体があなたに合っていないのかもしれません。

ストレスを感じながら会社に勤め続ければ最悪の場合、うつなどの病気になってしまう可能性もあります。

取り返しのつかないことになる前に、転職を考えるのも一つの方法です。

  • 会社のことを考えると頭が痛くなる
  • どれだけ対策をしても失敗ばかりしてしまう
  • 最近眠れなくなった

このようなことが頻繁におきるようであれば転職を視野にいれることをおすすめします。

まとめ

今回は仕事の失敗に悩みを抱えている方に向けて、失敗への対処法などを解説していきました。

仕事をしていると、必ずいつかは経験する失敗。

失敗をして落ち込んでしまっても、改善策を練って繰り返さないようにすれば過度に落ち込む必要はありません。

失敗した経験を忘れずに、次の経験に活かしていってくださいね。

5月枠も残りわずか!!未経験からエンジニアを目指すならDMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは転職保証型のプログラミングスクールです。転職成功率は、98%!短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

「未経験だから不安…」、「転職できるんだろうか…」などの不安があると思います。そんな不安や心配を解消する、無料のカウンセリングを実施しています。

無理な勧誘や面倒な電話は一切ありませんので、お気軽にお越しください。

【無料】キャリア相談の日程を見る