人を幸せにする仕事とは?【おすすめの職種30選をご紹介】

2021.09.05

仕事を探すうえで、

「仕事をとおして人を幸せにしたい」
「人を幸せにする仕事ってどういうものだろう?」
「人の幸せに貢献する仕事を知りたい」

このように考える方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、人を幸せにする仕事の特徴や具体的な職種についてご紹介します。

人を幸せにする仕事がしたいと考えている人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

人を幸せにする仕事の特徴は?

人を幸せにする仕事には大きく3つの特徴があります。

  • 人を笑顔にする
  • 専門性が高いことが多い
  • ハードな仕事であることが多い

まずはこの3つの特徴についてみていきましょう。

人を笑顔にする

仕事で人を笑顔にする特徴には、

  • 直接的に目の前の人を笑顔にできる
  • 間接的に多くの人を笑顔にできる

この2種類があります。

直接的に目の前の人を笑顔にできる

一つ目は、直接的に人と関わりその人の喜ぶ笑顔を目の前で見られるという特徴です。
サービス業のような人と接することが多い仕事に当てはまります。

直接的に目の前の人を笑顔にできる仕事は、自分の行動によって相手が笑顔になる瞬間を見ることができるので、人を幸せにする実感が得やすいのです。

間接的に多くの人を笑顔にできる

二つ目は、ものやサービスをとおして間接的に多くの人を笑顔にできる特徴です。
人々を支える仕組みや商品、メディアに関わる仕事に当てはまります。

間接的に多くの人を笑顔にできる仕事は、自分が関わることで大勢の人を笑顔にできるので、人を幸せにするという仕事の意義を感じやすいのです。

専門性が高いことが多い

人を幸せにする仕事には、仕事の専門性が高いという特徴もあります。
専門性の高い仕事は、人ができない技術を扱えるため人に喜ばれ幸せにすることができるのです。

高度な技術や知識を用いて、人の役に立つ仕事は多くあります。

誰にでもできることではないからこそ、人を幸せにできることにやりがいを感じられるのでしょう。

ハードな仕事であることが多い

人を幸せにする仕事は人に尽くす仕事が多くため、やりがいを感じる反面、身体的・精神的にハードな仕事であることが多いです。

また、先に挙げた専門性の高さを得るためには、努力や時間も必要になります。

専門職の場合、その仕事についたあとも、日々学び、たくさんの経験を経て仕事に慣れていく必要があるため、最初はハードに感じるかもしれません。

しかし、その分達成感や相手を幸せにできたときの喜びも大きくなります。


今の仕事に“不満”持ってないですか?
転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】は
✔︎未経験からITエンジニアへ転職したい
✔︎スキルを上げて、キャリアチェンジしたい
✔︎ITエンジニア転職に興味はあるけど、一人で目指すのは不安…
といった方におすすめです!

あなたの転職を一歩有利に!

直接的に人を幸せにする仕事15選

直接的に人を幸せにする仕事15選を部門別にご紹介します。

さっそく見ていきましょう!

お役立ち部門

まずは、人々の普段の生活に役立ち、直接的に人を幸せにする5つの仕事です。

1.販売職

販売職は、商品を販売する仕事。

  • アパレル店員
  • カフェ店員
  • 書店員

などが代表的です。

ただ商品を売るだけではなく、人が求めているものに合わせて提案したり、相手のことを考えた接客をすることで人を喜ばせることができます。

販売職は、商品の販売をしながら接し方次第で人を幸せにできる仕事です。

2.美容師

美容師は髪を切ったり手入れをしたり、髪型をセットすることで、人の身だしなみやおしゃれに役立つ仕事。

ヘアスタイルは自分自身の見た目をかんたんに変えることのできる部分です。

美容師は自分の技術によって、人が自分に自信の持てる髪にすることができます。

また、お祝いごとや特別な日の晴れ姿にも活躍できる美容師は、日常から非日常まで人を幸せにできる仕事です。

3.飲食業

飲食業のスタッフは飲食物や、飲食店内などの空間で過ごす時間を提供する仕事。

  • ホールスタッフ
  • 調理スタッフ

に大きく分けられます。

料理提供の仕方や接客によって、ただ食事をするだけでなくより良い時間を過ごしてもらうことができます。

人の生活に欠かせない「食」の部分で人を幸せにできる仕事です。

4.家事代行

家事代行は人の身の回りの家事を代わりにおこなう仕事。

  • お年寄りなど自分では家事をすることが難しい人
  • 家事に使う時間や労力を効率化したい人

などを支えます。

家事は人が生活するうえで必要なこと。
それができなくて困っている人を助けることでその人を幸せにすることができます。

5.整体師・セラピスト

整体師やセラピストは、人の身体の調子を整え、癒す仕事です。

身体的・精神的な負担を抱えている人から頼りにされることも多く、人の不調を改善することで幸せにします。

人がより健康的に普段の生活をおくることに貢献する仕事です。

エンタメ部門

ここからは、人々を楽しませることで、直接的に人を幸せにする5つの仕事を紹介していきます。

1.お笑い芸人

お笑い芸人は面白おかしい話やパフォーマンスで人を笑わせる仕事。

お笑いというものは、一般常識や笑ってもらえるボケのさじ加減など、実はかなり頭を使うことが多くかんたんなことではありません。

お笑い芸人は「笑い」に特化した仕事。
そのため、人を笑顔にする機会が非常に多く人々を幸せにする仕事です。

2.テーマパークスタッフ

テーマパークスタッフは、遊園地などのテーマパークでお客さんが楽しい時間を過ごすためのあらゆる業務をおこなう仕事。
テーマパークでの仕事は、お客様がよりよい時間を過ごせるように案内したり、盛り上げたりすること。

また、テーマパーク内でのトラブル時には、お客さんの楽しい気持ちが台無しにならないよう配慮して対応します。

テーマパークスタッフは、テーマパークでの思い出をいっそう楽しいものにすることで、人を幸せにする仕事です。

3.ウェディングプランナー

ウェディングプランナーは結婚する2人の相談に乗り、結婚式を企画してつくりあげる仕事。
結婚という人生のなかでも大きく幸せなイベントに直接たずさわることができます。

よりよい式にするためにある程度の期間を新郎新婦と関わりながら、2人の幸せに貢献する仕事です。

4.ホテルスタッフ

ホテルスタッフは宿泊者の人を迎え入れ、ホテルでの時間を快適に過ごせるようにサポートする仕事。

ホテルへの宿泊は旅行や仕事、特別な機会など目的はさまざまです。
ホテルスタッフは、宿泊者の目的や要望に合わせて、相手のことを考えた対応をすることでお客様に喜んでもらえます。

ホテルスタッフはホテルでの快適な一日をサポートすることで、人々の癒しに貢献できる仕事です。

5.キャビンアテンダント

キャビンアテンダントは飛行機の搭乗時に乗客をもてなし、サービスを提供する仕事。
上空での旅で不安になる乗客を安心させたり、長い飛行時間を快適に過ごせるように気を配ります。

幼い子どもや飛行機に乗り慣れていない人にとって、飛行機に乗るのはこわくて居心地のわるいもの。
不安を取り除いたり、機内での時間をよりよいものにすることで、飛行機を利用する人を幸せにできる仕事です。

医療・福祉部門

ここからは、医療や福祉をとおして直接的に人を幸せにする5つの仕事をご紹介します。

1.保育士

保育士は、幼い子どもをあずかり、食事や遊び、昼寝をさせるなど世話をする仕事。

最近は共働きの家庭が増え、子どもを保育園にあずけたいと考える親も多くなりました。
保育士はそうした両親が安心して仕事に専念できるよう、また子どもが元気に過ごし成長できるように接します。

保育士は、幼い子どもがいる家庭の生活を育児の面から支え、親子を幸せにできる仕事です。

2.看護師

看護師は病院にきた患者のケアや医師のサポートをおこなう仕事。

医療の現場における患者の不安をやわらげたり、患者の管理をとおして医師がスムーズに治療できるようします。

看護師は、心身の不調や病気を治癒させるために働き人を助けて幸せにする仕事です。

3.医師

医師は人々の心身の健康を守り、病気を防いだり治療したりする仕事。

  • 内科
  • 外科
  • 精神科

などさまざまで、それぞれ高い専門知識や技術を用いて患者の状態を診察し治療します。

つらい症状や病気による、さまざまな困難を抱えている人を助けるので、責任も大きいですが人から感謝されることも多い仕事です。

4.介護職

介護職は、日常生活を送ることに不便がある人の身の回りのお世話をする仕事。
高齢者や身体が不自由な人の

  • 食事
  • 入浴
  • 片付け

などを手助けします。

生活で必要なさまざまなことに不安がある人にとって、介護職の人の存在は心強く頼もしいもの。
介護を必要としている人の生活や安心を支えることで人を幸せにする仕事です。

5.カウンセラー

カウンセラーは、相談を受けてその人が抱えるストレスや悩みのサポートをする仕事。

心理療法や専門分野についての知識などが必要で、人のストレスや悩みを解消できるように導きます。

カウンセラーはストレスや悩みをやわらげて、前向きに活動できるようにサポートすることで人を幸せにできる仕事です。

間接的に人を幸せにする仕事15選

つづいて、間接的に人を幸せにする仕事15選を部門別にご紹介します。

それでは見ていきましょう!

お役立ち部門

まずは、人々の生活に役立つことで、間接的に人を幸せにする仕事を5つご紹介します。

1.修理業者

修理業者は、生活のなかで使うあらゆるものの故障や不具合を修理する仕事。

トイレや水道などの水まわりや電気・ガスなどのライフラインが使えなくなると、生活に支障が出てしまいます。
そんなときにすぐ駆けつけて、トラブルを解決してくれるのが修理業者の役割。

故障や不具合を修理し、安全で安心な暮らしを守ることで人を幸せにする仕事です。

2.運送業者

運送業者は、荷物などを届ける仕事。

最近はネットショッピングの利用が増えて、ネットで注文したものを自宅に届けてもらう機会が多くなりました。
運送業者はそんな商品を丁寧かつ安全に、希望の日時や宅配方法で届けてくれます。

運送業者は、人々の生活になくてはならない物の運送という面から、人々を手助けする仕事です。

3.大工

大工は家や街の建築物をつくる仕事。

人と直接関わることはなかなかありませんが、人が住む家も暮らす街の建物も、大工が技術と時間をかけて建てていきます。

ハードワークともいわれる大工の仕事、しかし「衣食住」の「住」をつくり、人の幸せに貢献しています。

4.VR開発者

VR開発者は、VR(バーチャルリアリティ)の技術を開発・活用する仕事。
最近のVR技術はどんどん進化しており、ゲームなどをとおして人々の生活に取り入れられつつあります。

また、VR技術は

  • 医療
  • 教育
  • 災害など危険時の対策
  • 高度な技術訓練
  • 宇宙開発事業

など、あらゆる場面で活用されてきています。

VR開発者は、バーチャルリアリティという新技術を開発することで、人々の可能性を広げ人を幸せにすることができる仕事です。

5.システムエンジニア

システムエンジニアは、インターネット上のあらゆるシステムを開発・管理する仕事。

私たちの生活にインターネットは欠かせないものです。
ただネットがつながるだけでなく、そこにあるシステムのおかげでさまざまなサービスを利用できたり、見やすく表示されています。

こうしたシステムをプログラミングによって開発することがシステムエンジニアの仕事。
システムで人々の生活をより便利で豊かなものにすることで、人を幸せにする仕事です。

システムエンジニアになるためにはプログラミングの知識が不可欠です。
DMM WEBCAMPでは未経験者でも最短3か月でプログラミングを習得することができます。

プログラミングに全く触れたことがないという方にもわかりやすいカリキュラムや学習効率を最大化する学習環境であなたの学習を最後までサポートします!

エンタメ部門

人々を楽しませることで、間接的に人を幸せにする仕事を5つご紹介します。

1.スポーツ選手

スポーツ選手は、自分の専門分野のスポーツで活躍して成績を上げる仕事。

  • サッカー選手
  • 野球選手
  • バレー選手

など、子どもの憧れる仕事でもあります。

スポーツをとおして人々に努力や熱意ある姿を見せてくれるため、スポーツ選手の姿に心を動かされるという人もいるでしょう。

スポーツ選手は己を高めることや努力することを体現し、勇気や希望を与えることで、人を幸せにすることのできる仕事です。

2.アーティスト

アーティストは、歌や音楽などの表現活動をする仕事。
歌や音楽を通して人の思いを表現したり、人々の心に寄り添うようなメッセージを伝えます。

好きなアーティストの曲をきくと元気をもらえる、という方は多いのではないでしょうか。

アーティストは、歌や音楽によって人の気持ちを支えることで人を幸せにする仕事です。

3.イベントプランナー

イベントプランナーは、イベントを企画する仕事。
たくさんの人々が楽しめるような新しいイベントを企画します。

イベントプランナーは、企画によってあらゆる人を対象とすることができますが、実際に参加者と触れ合うことは少なく、イベントを通して間接的に人を喜ばせる仕事です。

4.シェフ

シェフは、美味しい料理をつくる仕事。

料理の味だけではなく、盛り付けを工夫して見た目も美味しそうに見せたり、お客様が喜んでくれそうな新しいメニューを考えたりしながら、料理をつくります。

人はそんな美味しい料理を食べるだけで、幸せな気持ちになるもの。
シェフは料理を通して、人々を幸せにできる仕事です。

5.小説家

小説家は、自分で考えた物語を文章にする仕事。
面白い物語は人の興味を惹きつけ、共感させたり考えさせたりします。

小説家は、小説という物語を通して人の感情を動かしたり教訓を伝えることで、人の内面や人生を豊かにする仕事です。

社会貢献部門

ここからは、社会への貢献をとおして、間接的に人を幸せにする5つの仕事を紹介します。

1.国際協力NGO職員

国際協力NGO職員とは、非政府組織(Non Governmental Organization)・非営利団体に所属し国際協力のための活動をおこなう仕事。

  • 災害時の支援活動
  • 途上国開発・人権問題・平和などの国際的な活動
  • 自然環境や温暖化など地球全体にかかわる活動

など、あらゆる活動をおこないます。

営利を目的とせず、国際・地球規模で人々の幸せのために活動する仕事です。

2.民間企業のCSR担当者

企業のCSR担当者とは、企業が社会に対して環境・社会・経済的な責任を果たし、社会とともに発展していくための活動をおこなう仕事。

具体的には、

  • 発展途上国の環境改善
  • 自然環境問題への取り組み

などがあげられます。

企業を通して社会貢献活動を行い、人々を幸せにしている仕事です。

3.ホワイトハッカー

ホワイトハッカーは、善良な目的でコンピュータやネットワークのハッキングをする仕事。

コンピュータやネットワークにトラブルが起こった際に、その問題を突き止めたり解決するためにハッキング技術を用います。

サイバー攻撃に備えることで企業や国家の重要な情報を守り、間接的に人々を守る仕事です。

4.自衛隊

自衛隊は、日本の平和や安全、国民と領土の防衛を目的として、防衛、救助、国際平和協力のために活動する仕事。

普段は非常時に備えた訓練をおこない、災害や大規模な事故では人々を助けたり、守ったりしています。

自衛隊は、国や人を守ることで人を幸せにする仕事です。

5.研究者

研究者は、専門分野について研究し、発見したことを社会に活かす仕事。

高度な専門知識を用いて、まだ解明できていない分野を研究し、医療や科学などの分野の発展に貢献します。

研究者は、研究による新たな発見から人々を助ける仕事です。


今の仕事の不満を変える“転職”という選択肢!
転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】なら
✔︎最短3ヶ月でITエンジニアに転職可能!
✔︎未経験者専門のカリキュラムで挫折することなく続けられる!
✔︎一人一人に寄り添った手厚いキャリアサポート!

あなたのキャリアをトータルサポート

人を幸せにする仕事の見つけ方

人を幸せにする仕事を見つけるには、3つの方法があります。

  • 自分のしたい仕事をする
  • 自分の得意なことを仕事にする
  • 専門的なスキルを身につける

順番にみていきましょう!

1.自分のしたい仕事をする

人を幸せにするためには、まず自分が幸せでいられる仕事をすることが大切です。

いくら人を幸せにできる仕事を選んだとしても、自分がしたくない仕事であれば疲弊してしまうだけ。
自分がしたい仕事を選べば、自分を幸せにしながら人のことも幸せにできます。

自分がしたいことをとおして、人を幸せにしましょう。

2.自分の得意なことを仕事にする

自分の得意なことは、人を幸せにする仕事になりやすいです。
なぜなら、得意ということは人よりも苦もなくできるということだから。

人が苦手としていたり、できないことであればあるほど、代わりにしてあげると喜ばれます。

得意なことを仕事にすれば、自分の得意を生かして人を助けることができるので、人を幸せにしやすいです。

3.専門的なスキルを身につける

人を幸せにする仕事の特徴として、専門性が高いという特徴がありました。
いまから専門的なスキルを身につけて仕事にするというのも、人を幸せにする仕事に就く方法です。

いまあなたが社会人であるなら、医者や弁護士など、大学で長い時間とお金をかける必要があるものは難しいかもしれません。

しかし、スキルによっては努力次第で身につけられるものもあります。

  • プログラミングスキル
  • マーケティングスキル
  • 心理学の知識

これらのスキルは手に職をつけることができるうえ、現在の仕事に活かすことができておすすめです。

特にプログラミングスキルはこれからの時代に需要が高まる職業といわれています。
実際、プログラミングは近年義務教育化され注目を浴びました。

DMM WEBCAMPではそんな現代社会において武器となり得るプログラミングスキルを最短3か月で習得することができます。

人を幸せにする仕事の3つのやりがい

人を幸せにする仕事には大きく3つのやりがいがあります。

  • 自分も幸せになる
  • 専門的な知識が身につく
  • 仕事の成果を認められる

やりがいを知ると、ますます人を幸せにする仕事が魅力的に感じられるかもしれません。

さっそくみていきましょう!

1.自分も幸せになる

人を幸せにすると、自分も幸せを感じることができます。

人を幸せにする仕事は「ありがとう」という感謝の言葉や、人が笑顔になるシーンが多いです。
自分のしたことによって人が喜んだり笑顔になったりするのは嬉しいもの。

仕事を通して人を幸せにできれば、自分も幸せになることができます。

2.専門的な知識が身につく

人を幸せにする仕事は専門性があることが多いため、仕事をとおして専門的な知識や技術を身につけることができます。

さらに、自分の専門性をより高めることで、ますます人に必要とされ役に立てる存在になる、という好循環が生まれやすいです。

専門的な知識を身につけて人の役に立てる実感をえられれば、よりやりがいを感じやすいでしょう。

3.仕事の成果を認められる

人を幸せにできる仕事は、実際に喜ばれたり感謝されることで、「自分の仕事が役に立った」「成果を認められた」と感じやすいです。

それまでの努力が報われた、と感じられる瞬間が多くあり、やりがいにつながります。

自分が頑張ってきたことを、客観的に成果として認められるということは、今後の自信にもつながり、ひいては前向きな人生を歩んでいけるということにも繋がっていきます。

まとめ

今回は、人を幸せにする仕事の特徴や具体的な職種についてご紹介しました。

仕事というものは、価値を提供しその対価を受け取るものです。

そのため実際にはどんな仕事でも人の役に立ち、人を幸せにしています。

人を幸せにしているという実感を得やすいかどうかはそれぞれですが、大切なのは自分のした仕事がどんな人の幸せにつながっているかを想像すること。

人を幸せにする仕事を見つけたいなら、

  • 自分のしたい仕事をする
  • 自分の得意なことを仕事にする
  • 専門的なスキルを身につける

ということをぜひ試してみてください。

今回の記事を参考に、自分のことも関わる人も幸せにする仕事を見つけてくださいね。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

PAGE TOP

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5