プログラミングを学ぶならMacがおすすめ【WindowsとMacを比較】 | WEBCAMP NAVI
【7月枠も残りわずか】転職保証コース

プログラミングを学ぶならMacがおすすめ【WindowsとMacを比較】

「プログラミングに向いているのはWindowsとMacのどちらなのかな?」と悩んでいませんか?

そもそも両者の違いや、メリット・デメリットについてよく知らないという方も多いのではないでしょうか。
曖昧なまま、この先プログラミングを勉強する相棒を決めることはできませんよね。

今回はそんな方に向けて、
MacとWindowsのメリット·デメリット、
どちらのほうがプログラミング初心者のパソコンとしてお勧めなのか、を順を追ってご紹介します。

パソコンを選ぶ上で大切なスペックについて知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

プログラミング学習に適したパソコンとは?【ポイント解説】

WindowsとMacの違いとは?

WindowsとMacの違いを「OS」「使えるソフト」「できること」の3つの観点から紹介します。

OS

WindowsとMacの違いは「OS」にあります。
「OS」とはオペレーションシステムの略称で、コンピュータを動かす最も基本的なソフトです。
ハードウェアとソフトウェアをつなぐ中枢的な役割があります。

Windowsと、Mac OSにはできることに違いが存在しています。

使えるソフト

ソフトウェアや開発ツールは、以下のように分けることができます。

・Windowsでしか動作しないもの
・Macでしか動作しないもの
・どちらでも動作するもの

OSの種類によっては利用できないものもあるので、確認してみましょう。
KeynoteやnumbersなどはMacでのみ、動作するソフトです。

Windowsの方が利用者数が多いため、官公庁をはじめ多くのWebサービスの推奨環境としてWindowsが選ばれています。
経理・会計ソフトや会社の基幹システムなど、
企業で使うようなソフトウェアは”Windowsのみ対応”ということも多いです。

そのため、プログラミングなどのクリエイティブな仕事をする方以外は、お仕事でMacを使うというケースは稀であると言えます。

できること

初心者の方がプログラミングを通してしたいことは、Webサイトやゲーム・スマートフォンアプリの製作が多いと考えられます。

Webサイト制作を考えている場合、WindowsとMacどちらを選んでも問題ありません。
しかし、ゲームやアプリケーションを作成したい場合には、注意が必要です。

ゲーム開発はWindowsの方が向いている

パソコンゲームの開発ツールはWindowsの方が充実しています。
パソコンゲームはイラストや音声、エフェクトなど複雑で大規模なものが多く、ユーザーのニーズにあわせて次々と新しいゲームが発表されていくため、利用者のシェアが大きいWindowsユーザーにターゲットを絞っていることが背景にあるようです。
そのため、ゲームプログラミングに興味がある方は、Windowsの方が良いかもしれません。

アプリ開発はMacの方が向いている

一方、スマートフォンアプリ開発ツールは、Macでしか使えないものもあります。
Android版のスマートフォンアプリは、MacでもWindowsでも作ることができますが、
iPhone等のApple製品向けアプリ開発はWindowsではできません。
スマートフォンアプリに興味がある方は、必ずMacを選びましょう。

言語によって向いているOSが異なる

また、「C#はWindowsが向いている」などの言語によってWindowsとMacのどちらがいいか決まっているものもあります。
「自分の作りたいものは何か」「そのために必要な言語は何か」ということ考えてみてください。

 Windowsのメリット·デメリット

Windowsは、比較的安価に購入できるということもあり会社や学校のパソコンとしてよく選ばれています。
また、自宅で少しインターネットをしたい・PTAの資料を作りたい・年賀状作成のために使いたいという家庭で使うという人にもよく選ばれています。

ここからは、Windowsのメリットとデメリットを紹介していきます。
Macについても同様に解説をするので、比較した上で検討してみてください。

Windowsのメリットデメリット

 メリット

ソフトが多い

Windowsは利用者数が多い分、ソフトウェアも豊富に存在します。
有料のソフトウェアだけではなく、無料のフリーソフトもMacよりもとても多く充実しています。
「こんなソフトウェアはないかな」とインターネットで検索すればきっと見つかります。

Macよりもソフトウェアが多いところは、Windowsの1つの強みです。

値段が安いものが多い

たくさんのメーカーが価格競争をしているので、値段の安いものが多く存在しています。
中には、店舗オリジナルのパソコンを作って、組み立て費用を削って安くしている販売店もあります。

種類が豊富

Windowsは、メーカーごとに種類が豊富に揃えられています。
Macはいくつかの種類しか展開されていませんが、Windowsなら数え切れないほどの種類があります。
「画面が大きなものがいい」「好きな色にこだわりたい」といった理想に近づけることができます。

また、大学で推奨されたパソコンがある場合も多く、Macとは比べ物にならないほど種類があります。

デメリット

アプリケーションで作ることができないものがある

前述の通り、Windowsでは、iPhoneなどのApple製品向けのアプリケーション開発ができません。
アプリケーションの開発を考えている場合には、Windowsは避けた方がよいでしょう。

初期の段階で、不要なアプリケーションが多くインストールされている

家電量販店でWindowsPCを購入した場合、必ずと言っていいほど不要なアプリケーションが初期段階でインストールされています。
不要なアプリが原因でパソコンの動作が重くなり、イライラの原因にもなります。

いらないと感じるアプリは必要に応じて、どんどん消しておくことにしましょう。

Macのメリット·デメリット

Macは一言で言えば「ものづくり」のパソコンです。
クリエイティブな仕事をする人が使っていることが多く、デザイナーを養成する学校でも採用されています。

プログラミングスクールの中には、Macを使用することを義務付けている場合もあります。

また、高いデザイン性や使い勝手の良さから「Mac信者」と呼ばれる「Macをこのうえなく優れたものとして愛用する人たち」も存在しています。

Macのメリットデメリット

メリット

使いやすいデザイン

Macは操作がわかりやすく、パソコン初心者でも直感的に理解しやすいです。
Apple社がユーザーの使い勝手のよさを追求し、こだわり抜いているからこそ直感的に理解することができます。
直感的に操作できるので、ストレスフリーで作業が捗ります。

起動が早い

OSからハードウェアまで一貫してApple社が作り、ソフトウェアもApple社のチェックが入っているため、Mac製品は全ての動作がとてもスムーズです。
作業をしようと思ってから起動するまで、待つ必要がありません。
また、通常のユーザーが使う必要がなく、トラブルが起きやすい項目を表に出していないので、トラブルも発生しづらくなっています。

Web系企業の導入が多い

Web系企業でMacを愛用する会社も多く、中には入社時全員にMacを支給する会社もあります。
ベンチャー企業やWeb系企業社長の中には、Mac信者だという人も多数いらっしゃいます。
そのため、Webの仕事を考えている人は、Macを使っていた方が楽な場合もあるかもしれません。

デメリット

値段が高い

最低価格でも8万円前後と高価格です。
そのため初期投資にお金をかけられない人にとっては、ハードルは高くなります。

高価格なことに変わりはありませんが、Macを少しでも安く購入する方法もあります。
Macを少しでも安く購入したい方はこちら

拡張性のなさ

拡張したい場合には、Apple社の販売する範囲でのカスタムになり、その範囲は制限されています。
「MacbookAirがいいけれど、16GB欲しい」という場合は、MacbookやMacbookProに変更するか諦めるしかありません。

対応ソフトの数など

企業で使うようなソフトウェアは、Windowsのみ対応ということもあります。
しかし、最近ではクラウド型のソフトウェアも増え、OSを問わず使えるようになってきました。
また、「仮想環境ソフト」を利用すれば、多少動作は重くなりますがWindowsを使うこともできます。

プログラミング初心者におすすめはMac!

これまでそれぞれのメリット・デメリットについて説明してきましたが、初心者にはWindowsとMacのどちらが良いのでしょうか?

プログラミングを学習するという目的なら「Mac」がおすすめです。

プログラミングの学習を目的にしている場合は、Macをおすすめします。
Windowsでないと開発できない言語を扱う場合にはもちろんWindowsの購入をお勧めします。

「とにかくプログラミングが勉強したい!」という方にMacをお勧めする理由は以下の3つです。

  1. 操作性の高さ
  2. 動きのスムーズさによるストレスの軽減
  3. 初心者が学習しやすい言語との親和性の高さ

もちろん、自分の身の回りの人が多く使っている方にするという方法もありますが、プログラミングを学習している人はMacを使うことが多いです。

Macのおすすめの機種はMacBookPro 13インチ(2020/01現在)

マックブックプロ

価格は139,800円(税別)からです。

重さ1.37kg、厚み14.9mmとコンパクトなのにも関わらず、スペックも高いことが特徴です。
プログラミング初心者はセミナーやインターンに参加するなど、持ち運ぶ機会も多くなるので、持ち運び可能かつ高スペックなものをおすすめします。

ある程度値段はしますが、これからプログラミングを本格的に学習したい方や、これまでWindowsを使用されてきた方はこの機にMacを試してみるのもいいかもしれません!個人的にもとても使いやすいです。起動がとにかく早くて快適です。

Macを少しでも費用を抑えて購入するには?

Macを少しでも安く手に入れたいという方は、「整備済製品」を確認してみてください。
「整備済製品」とは不具合があって返品された製品を新品と同様のレベルまで修理したものです。
新品の15%オフで購入することができるので、一度自分が購入したいスペックの製品がないか確認してみるのもいいでしょう。

参考 Mac整備済製品Apple

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プログラミングを今から学習し始める方には、操作性の高いMacをおすすめします。
Windowsの製品に比べると費用は高くなりますが、その分勉強を頑張る理由にもなるかもしれません。

相棒となるパソコンを見つけて、プログラミング学習をより一層頑張っていきましょう!

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 12019年4月時点