優秀な人材とは?20の特徴と辞めてしまう職場の5つの共通点を紹介 | WEBCAMP NAVI
【10月の受講枠も残りわずか】

優秀な人材とは?20の特徴と辞めてしまう職場の5つの共通点を紹介

優秀な人材とは

上司からは頼りにされ、後輩からは慕われる。
「あの人は優秀」と言われる人が、あなたの周りにもいるのではないでしょうか。

「優秀な人の特徴って何?」
「優秀な人になるにはどうすれば良い?」

仕事をするうえで、このような悩みを持つ方も多いですよね。

周りに優秀な人がいると、憧れると同時に、その秘訣を知りたくなります。

この記事では、

  • 優秀な人の特徴
  • 優秀な人になるための秘訣や仕事術
  • 優秀な人が集まる職場の共通点

などについて解説していきます。

この記事を読めば、優秀な人材になるためのヒントが掴めますよ。
優秀な人材になりたい方は、ぜひ最後まで読みすすめてくださいね。

仕事ができる優秀な人の特徴20個

そもそも、「仕事ができる」と言われる人には、どのような特徴があるのでしょうか?

ここでは、優秀な人の特徴を20個ご紹介していきます。

  1. 結果が全てと考えている
  2. ミスは自己責任と捉えている
  3. 何事も貪欲に学ぶ姿勢
  4. 素直にありがとうと言える謙虚さ
  5. 常にPDCAを回している
  6. 自分の能力を正しく理解し、仲間の力を上手に借りる
  7. 1つの仕事に集中する
  8. 数字で見えるデータで判断する
  9. 常にスキルアップを欠かさない
  10. コストパフォーマンスを最大化させることを考えている
  11. メンターを作っている
  12. 最新の情報を仕入れている
  13. 組織全体の進捗を重視している
  14. 知識が豊富
  15. 起きた出来事に対して柔軟に対応する
  16. 優先順位を的確に設定できる
  17. 時間の使い方が上手
  18. デッドラインをしっかり設定している
  19. 専門的なスキルを持っている
  20. 集中力が高い

それではさっそく見ていきましょう!

1.結果が全てと考えている

ビジネスでは、結果が全てです。
優秀な人ほど、目標を明確に意識して、結果を出す方法を考えています。

仕事は結果が全てだと強いプロ意識を持ち、努力を惜しまない人こそが優秀な人と言えるのです。

2.ミスは自己責任と捉えている

優秀な人は自分の行動に責任を持って行動するため、ミスをしても自己責任として捉えます。

他の人の責任だと考えても、失敗を改善することには繋がらないということを理解しているからです。
優秀な人は、常に自責思考を持ち、客観的に自分を見て改善策を考えます。

3.何事も貪欲に学ぶ姿勢

優秀な人ほど、何事にも貪欲に学ぶ姿勢を持っています。

現状のスキルでは解決できない時にも、自分を成長させるために、新たなスキルを身につける努力を惜しみません。

常に新しい知識や技術を学ぶという意識があるからこそ、多くの知識が積み重なりさらに優秀な人材となっていくのです。

4.素直に「ありがとう」と言える謙虚さ

素直に「ありがとう」と言える謙虚さがある人こそ、優秀な人と言えます。

仕事ができる人ほど物腰が低く、仕事ができない人ほど態度が悪い。
そう感じたことはありませんか。

優秀な人ほど、「仕事は一人で成り立たない」ということを理解しています。
だからこそ、周りの人への感謝の気持ちを忘れず謙虚に行動しているのです。

5.常にPDCAを回している

優秀な人ほど、常に、計画し、行動し続けています。

PDCAとは、

  • Plan:計画
  • Do:実行
  • Check:評価
  • Action:改善

の頭文字をとったものであり、継続的に業務を改善していく手法の一つ。

優秀な人は、このPDCAサイクルをより早く正確に回します。
仕事を実行するだけではなく、計画、評価、改善もおこなっていくことでより良い成果へと繋げているのです。

6.自分の能力を正しく理解し、仲間の力を上手に借りる

優秀な人は、自分の能力を正しく理解しているため仲間の力を上手に借ります。

仕事はチームで協力しておこなうものであり、一人ひとりに役割があります。
自分一人で仕事を抱えることなく、チームで協力するからこそ、効率良く成果を上げていけるのです。

7.1つの仕事に集中する

優秀な人は、マルチタスクではなく1つの仕事に集中して取り組みます。

本来、人間の脳は2つのことを同時におこなうようにはできていません。
そのため、1つのことに集中して取り組む方が効率的なのです。

同時に2つの作業をおこなおうとすればするほど、パフォーマンスは低下してしまうことを覚えておきましょう。

2つの作業を同時にするのではなく、タイムスケジュールを組んだり、時間で区切って切り替えたりと、工夫することが大切です。

8.数字で見えるデータで判断する

優秀な人ほど、数字で見えるデータで判断します。

文章などの抽象的なデータでは、誤った認識を持つ人もでてきますよね。
さらに、数字以外の材料で判断すると、正確な方針が立てられなかったり、改善すべき問題点が見つけられなかったりします。

優秀な人は、チームが一丸となって成果を上げるためにも、数値やデータを優先し客観的に判断するのです。

9.常にスキルアップを欠かさない

優秀な人ほど現状のスキルに満足することなく、常にスキルアップを欠かしません。

優秀な人は、現状の仕事だけでなく、将来の目標にも目を向けています。
そのため、休日や会社帰りであっても、資格取得や新しいスキルの習得に時間を惜しまないのです。

10.コストパフォーマンスを最大化させることを考えている

優秀な人は常に、コストパフォーマンスを最大化させることを考えています。

限られた時間や予算を考慮して効率良く作業をこなさなければ、良い仕事はできません。
そのため、仕事のゴール地点を設定し、そこまでに必要なコストを逆算して計算することが大切なのです。

自分だけでなく、会社の資産を考えた行動をとれるのも優秀な人の特徴と言えます。

11.メンターを作っている

メンターとは、仕事はもちろんプライベートも含めた、人生のお手本として自分自身に大きな影響を与える人のことです。

優秀な人は頼もしいメンターを作り、素直にその人に受けたアドバイスを仕事や生活の中で生かすことが得意。

メンターは、会社の上司や家族など身近な人の場合もあれば、有名な人の場合もあります。
自分にとっての良い指導者を見つけるためにも、さまざまな人との出会いを大切にしましょう。

12.最新の情報を仕入れている

優秀な人は、日本だけでなく世界各地の情報に敏感です。
新しい情報で得た知識を「仕事に生かすには?」と常に意識を張り巡らせています。

最新の情報にアンテナをはることで、意外なビジネスチャンスが転がっている可能性も。
どんな情報も仕入れるだけでなく、次に活かす意識を持てるのが優秀な人の特徴です。

13.組織全体の進捗を重視している

優秀な人は、自分だけでなく組織全体の進捗を重視して行動します。

仕事はチーム全体で達成してこそ良い成果が出せるもの。
優秀な人は、一人でも進捗が遅れていれば、チーム全体でサポートするように指示を出すことができます。

優秀な人ほど、チームで協力する大切さを理解しているのです。

14.知識が豊富

優秀な人は現状に満足することなく常に学び続けます。
そのため、自然と知識が豊富になっていくのです。

常に最新のニュースをチェックしていたり、休憩の合間に読書や新しい分野の勉強が習慣となっている人がほとんど。
好奇心の強さからさまざまな分野への興味を絶やしません。

成長意欲が強いことから、より多くの知識が身についていくのです、

15.起きた出来事に対して柔軟に対応する

起きた出来事に対して柔軟に対応するのも優秀な人の特徴です。

仕事をしていれば、想定外のトラブルが起きてしまうこともありますよね。
トラブルが起きた時こそ、人の本性が表れるもの。

優秀な人はどんな状況の中でも柔軟な思考を持ち、さまざまな視点から物事を考えます。
だからこそ、どんな時も落ち着いて対応できるのです。

16.優先順位を的確に設定できる

優秀な人は、優先順位を的確に設定し、余裕を持って仕事に取り組みます。

任される仕事には、優先度の高いものから低いものまでありますよね。
シンプルに納期の順に業務をおこなえば良いのであれば、優先順位を設定するのは簡単です。

しかし、本当に優秀な人は、予期せぬ事態も想定しつつ優先順位をつけます。
「どうすれば無駄を省けるか」までを考えて行動に移せるのが優秀な人の特徴です。

17.時間の使い方が上手

優秀な人は、時間の使い方が上手です。
常に効率化を考えて行動するため、無駄な時間を徹底的に排除します。

時間を上手に使うことで、残業をすることもほとんどありません。
そのため、仕事だけでなく家族や友達との時間などのプライベートも大切にしています。

プライベートを充実させてこそ、仕事へのモチベーションを維持することができるのです。

18.デッドラインをしっかり設定している

デッドライン(締め切り)をしっかり設定することで、仕事のさらなる効率化に繋がります。

どんな作業でも終わりを決めなければ、いつまで経ってもゴールが見えません。
終わりが明確に見えるからこそ今やるべきことがわかり、モチベーションを維持できるのです。

大切なのは、デッドラインを最初に決めること。
これだけでも、時間に対する感度が上がり生産性が高まります。

19.専門的なスキルを持っている

優秀な人ほど、専門的なスキルを持っています。

たとえば、

  • プログラミング
  • デザイン
  • 英語

などのスキル。

特に、プログラミングスキルは職種や業種に関係なく仕事を効率化させるうえでも活用できるスキルです。
たとえば、VBAというプログラミング言語はエクセルなどの自動操作にも活用されています。

もちろん、職種によっても必要とされるスキルはさまざま。
それでも、視野を広く持って、需要や将来性が高いスキルを身につけることで、自ら活躍する可能性を広げられます。

休日にできるスキルアップの方法が知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

休日におすすめしたいスキルアップ14選【できる社会人になる方法】

20.集中力が高い

集中力が高いのも優秀な人の特徴です。
集中力が落ちると作業効率も悪くなり、仕事がなかなか捗りませんよね。

優秀な人は、集中力を維持するためのコツを知っています。

たとえば、

  • 1日のタスク管理を習慣にする
  • 周囲の騒音をカットする
  • 適度な休憩を意識的に取り入れる

など。

意識的に工夫すれば、誰でも集中力を高めることは可能です。

「集中力に自信が無い…」という方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。

7つの対処法で毎日のミスを防ごう! 仕事に集中できないのは普通だった?7つの対処法で毎日のミスを防ごう!

優秀な人とそうでない人の5つの違い

仕事ができる優秀な人の特徴をお話ししてきましたが、優秀な人とそうでない人の違いについても気になるところですよね。

ここからは、優秀な人とそうでない人の5つの違いについて解説していきます。

  1. チャレンジ精神があるか
  2. ミスを自己責任として捉えられるか
  3. スキルアップを目指しているか
  4. 人をうまく使えているか
  5. 計画は明確か

さっそく一つ一つ見ていきましょう。

1.チャレンジ精神があるか

優秀でない人は、現状維持を好みます。
「今いる場所が心地良いからそのままでいい」と考えるのです。

しかし、いつだって世界は進み続けています。

新しい技術は毎年開発されているし、あなたのいる会社も毎年業績を上げるために努力しているはずです。
自分だけがいつまでも現状維持のままでは、退化していてもおかしくありませんよね。

優秀な人は、チャレンジ精神を大切にします。
できないと思うことでもやってみることで得られる「気づき」があるもの。
挑戦することでしか、チャンスも生まれないのです。

2.ミスを自己責任として捉えられるか

ビジネスでは結果が全てです。

たとえば、クライアントの伝達漏れによるミスがあったとしましょう。
そんな時、優秀でない人は「自分に責任はない」と考えます。

しかし、優秀な人は「たしかにクライアントが伝達ミスをしたのは事実。そのうえで、今自分には何ができるんだろう?」と一歩先のことまで考えるのです。
ここで大切なのは、誰が悪いかではなく「どうすれば問題が解決するか」ということ。

仕事の本質的を考えられるかどうかが、優秀な人とそうではない人との異なるポイントです。

3.スキルアップを目指しているか

仕事にプライベートにと忙しく、「スキルアップをする時間なんてない」と考える方も多いのではないでしょうか?

しかし、優秀な人はすきま時間を有効に使って、新しいスキルの取得や勉強などに力を注ぎます。

どんな人にも、時間は平等に与えられています。
自分に言い訳をせず、スキルアップに向けた努力を続けられるのが優秀な人です。

4.人をうまく使えているか

優秀でない人は、全ての仕事を自分一人でおこなおうとします。
しかし、それでは無駄に時間がかかってしまい非効率。

たとえ一人でどんなに仕事ができたとしても、自己完結できる仕事には限りがあります。
チームで役割分担をしてこそ、より良い成果を生み出せるのです。

「人に任せられる仕事は任せて、自分はより高度な仕事に取り組む。」
このように、優秀な人ほど人をうまく使いチーム全体の成果を上げるように努めることができます。

5.計画は明確か

明確な計画を立てることで、効率よく仕事をこなせます。

優秀でない人は仕事の計画が曖昧であることがほとんど。
その結果、想定外の事態が起きた時に慌ててしまいます。

仕事上でのトラブルはつきものですよね。
優秀な人は不測の事態に備えた代替案も常に準備していることで、どんな状況下でも落ち着いて対応できるのです。

優秀な人になるための5つの秘訣

ここまで優秀な人の特徴や、優秀ではない人との違いについて解説してきました。

ここからは、優秀な人になるための具体的な5つの秘訣についてご紹介していきます。

  1. その日のスケジュールを立てる
  2. 効率化を1番に考える
  3. ミスをしたら、次から絶対にしないように対策する
  4. 資格やスキルの取得など、自分を成長させることに時間を使う
  5. 自分より優秀な人から学ぶ

それではくわしく見ていきましょう。

1.その日のスケジュールを立てる

まずは、その日のスケジュールを立てることから始めましょう。

スケジュールが明確であれば、次の行動を考えることなく仕事を進められます。
優秀な人は少しの時間も無駄にしません。

スケジュール作成を習慣にすることで、仕事に追われることもなくなるはずです。

2.効率化を1番に考える

仕事において効率化を1番に考えることは非常に大切。
効率化を考えることで、無駄な時間を省け余った時間を有益に使えます。

仕事を効率化させるためにも、優先順位を考慮した計画を立てましょう。
日々の業務を淡々とこなすだけでなく、効率化しつつ質を高められる意識を持つことが大切です。

3.ミスをしたら、次から絶対にしないように対策する

ミスは誰にでもあること。
どんなに優秀な人でも、ミスをしたことがない人はいません。

大切なのは、ミスをした後の行動です。

ミスをしたまま、注意されたままの状態では成長できません。
同じ失敗を繰り返さないためにも、対策をしっかりとおこないましょう。

注意されたポイントを確認し、「どうしてそうなったか」と失敗の本質を考えることが大切です。

4.資格やスキルの取得など、自分を成長させることに時間を使う

優秀な人は現状に満足することなく、常にスキルアップに努めます。
休みの日や仕事終わりなど、空いた時間は積極的に自分を成長させることに時間を使っているのです。

スキルアップしたいなら、

  • 資格取得
  • スキルの取得
  • 語学の勉強

などなんでもかまいません。

自分にとって価値のあるスキルを少しずつでも習得していきましょう。

5.自分より優秀な人から学ぶ

自分よりも明らかに優秀な人に出会うと、自分と比較して落ち込んだり近寄りがたいと思ってしまうかもしれません。

しかし、自分より優秀な人から学ぶことも大切です。

なるべく優秀な人と過ごす時間を増やし、相手の仕事への姿勢や考えに近くで触れてみましょう。
そうすることで、優秀な人から良い影響を受け自然と自分も成長していけます。

今日からマネできる優秀な人の3つの仕事術

ここでは今日からでも実践できる優秀な人の仕事術について解説していきます。

内容は以下の通りです。

  1. タスクに優先順位をつける
  2. スケジュールにバッファを持たせる
  3. データを数値化し、誰でも分かるようにする

それではさっそく見ていきましょう!

1.タスクに優先順位をつける

まずはタスクに優先順位をつけることから始めましょう。
優先順位をつけることで、今やるべきことが具体化され、自然と効率よく仕事をこなせるはず。

疑問点があった場合には、すぐに上司に相談するなどできるだけ悩む時間を減らすことも大切です。

2.スケジュールにバッファを持たせる

ビジネスシーンにおけるバッファとは、ゆとりや余白といった意味で使われます。

スケジュールにこのバッファを持たせることで、

  • 期限を確実に守れる
  • 不測の事態の際にも余裕を持って対応できる
  • ゆとりがあることでストレスが軽減される

などの効果があります。

余裕を持ったスケジュール管理をおこなうことで、「質を上げる」「プラスアルファの仕事ができる」など、その効果は抜群です。

3.データを数値化し、誰でも分かるようにする

優秀な人は、データを数値化し誰でも分かるように説明できます。

たとえば、「たくさん」という表現では「具体的にどれくらいなのか?」という疑問が残ってしまいますよね。
この疑問をなくし、誰もが明確に理解するためにも文章ではなく数字で表現することが大切なのです。

日々の仕事の中で、作業にかかった時間や業務の優先度を数値化する習慣を持ちましょう。

優秀な人がやめていく職場の共通点を知ろう

ここまでは、優秀な人の特徴や優秀な人材になるための方法について解説してきました。

ここからは、優秀な人が実力を発揮できる、さらに成長していける職場環境についてご紹介していきます。

まずは、以下の優秀な人がやめていく職場の共通点について見ていきましょう。

  1. 評価が適正ではない
  2. 成長するチャンスを与えられない
  3. コミュニケーションが少ない
  4. 優秀な人に頼りすぎる
  5. 何をしても提案が通らない

評価が適正ではない

「評価が適性ではない」そんな職場では優秀な人のモチベーションを下げてしまいます。
勤続年数や年齢が重視される年功序列制度や、評価基準が不明確であれば目標を見失い、やる気を損ねてしまうでしょう。

実力が評価されないような職場では、本来の実力を発揮することも難しいため優秀な人が辞めるのも仕方がありません。

成長するチャンスを与えられない

成長するチャンスを与えられない職場も優秀な人がやめていく職場の共通点。
優秀な人は、成長意欲や向上心が高いため成長できない環境で働くのは耐えがたいのです。

  • ルーティンワークばかり
  • いつまでも簡単な仕事ばかり
  • 適切な研修制度がない

などの職場環境であれば、モチベーションも下がってしまうでしょう。
優秀な人にとって、自分の成長は人生において非常に重要なことなのです。

コミュニケーションが少ない

仕事は多くの人と関わりながらすすめることで、相乗効果が高まるもの。
個人では難しいことも、優秀なメンバーが集まることでより大きな成果を上げられます。

しかし、コミュニケーションが少ない職場ではチームで協力する相乗効果が得られません。
そのような環境では、お互いに高め合うことも難しいでしょう。

成長できない環境ではモチベーションを維持することができないため、優秀な人は転職を考えます。

優秀な人に頼りすぎる

常に人並み以上に活躍する優秀な人は、上司や部下、取引先からも称賛を受ける存在です。

そのため、優秀な人には多くの仕事が集まります。
期待して仕事を任せてもらえることは良いことですが、あまりにもプレッシャーが大きいと辞めてしまいたくなるでしょう。

さらに、自分が尊敬できる人がいない職場ではやる気も下がってしまいます。
「自分だけが頼られすぎる…」そんな状況では転職を考えてしまうでしょう。

何をしても提案が通らない

成長意欲の強い優秀な人にとって、何をしても提案が通らない職場ではやりがいを感じられません。

たとえば、

  • やりたいことができない
  • 管理職が保身を一番に考えている
  • 提案に曖昧な回答をする

このようなことから、「この会社ではやりたいことが実現できない」と感じてしまうのです。

そのため、より自分の力を活かせる企業への転職を考えるケースが多い傾向があります。

優秀な人が集まる職場の共通点

つづいては、優秀な人が集まる職場の共通点についてご紹介していきます。

  • 裁量権を与えられる
  • キャリアプランが豊富
  • 会社のビジョンに共感できる

裁量権を与えられる

裁量権を与えられる会社だと、自分で決められることが多くなります。
そのため、やりたいことが明確であることの多い優秀な人にとっては成果の出しやすい環境です。

優秀な人は、裁量権を与えられる会社でこそ本来の実力を発揮できるでしょう。

キャリアプランが豊富

キャリアプランが豊富であればあるほど、将来の可能性の幅が広がります。

さまざまなことに好奇心を持ち、チャレンジ精神も旺盛な優秀な人にとってキャリアプランが豊富な会社はとても魅力的な環境なのです。

夢や理想を叶えられる会社であれば、自然とモチベーションも上がるでしょう。

会社のビジョンに共感できる

ビジョンは、会社がどのような使命や目的をもって経営していくのか、という、企業が目指す将来像のこと。

会社のビジョンに共感できることで、

  • やりがいを持って働ける
  • 同じ目的で頑張れる
  • 働く価値を感じられる

などのメリットがあります。

優秀な人にとって仕事に対するモチベーションが高められるかどうかは重要なポイントなのです。

まとめ:優秀な人になりたいなら努力が大切!今からでも遅くない

今回は、優秀な人の特徴や考え方、職場環境などについてご紹介しました。
優秀な人は、現状のスキルに満足することなく日々努力しています。

優秀な人になるには、優秀だと言われる人の特徴や行動、思考を知り日々努力を続けることが大切です。

今回の記事を参考に、今日からできることを少しずつ実践していってくださいね。

今がチャンス!春までにキャリアチェンジで最大5万円キャッシュバック!

「コロナの影響もあり、これからのキャリアが不安...」「いまみたいな働き方で大丈夫?」
そんな不安をお持ちの方は、DMM WEBCAMPエンジニア転職を目指しませんか?
今、受講を開始すると最短で来年春までのエンジニア転職が可能です!

また、最大5万円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!
DMM WEBCAMPは経済産業省認定講座のため、条件を満たすことで56万円のキャッシュバックも同時に受けられます。
エンジニア転職を目指すなら今がチャンス!

キャッシュバックキャンぺーン実施中/
5万円キャッシュバックの詳細を見る