精神的に楽な仕事ランキング15|正社員でも楽な仕事はある?メリット・デメリットも解説 | WEBCAMP NAVI
【11月の受講枠も残りわずか】

精神的に楽な仕事ランキング15|正社員でも楽な仕事はある?メリット・デメリットも解説

「仕事が精神的にきつい…」
「精神的に楽な仕事ってないのかな」
「もっと前向きに仕事をしたい…」

そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

精神的につらい仕事を続けていると、心にも身体にもよくありません。

この記事では、

  1. 精神的に楽な仕事の5つの条件
  2. 精神的に楽な仕事ランキング
  3. 精神的に楽な仕事に就くためのポイント
  4. 精神的に楽な仕事のメリット・デメリット

についてお伝えします。

精神的に楽な仕事を見つけたいという方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

精神的に楽な仕事とは?5つの条件

精神的に楽な仕事には5つの条件があります。

  1. ストレスが無い
  2. ノルマが無い
  3. 面倒な人間関係が無い
  4. 自分のペースで仕事ができる
  5. 忙しすぎない

これらを満たしているほど、精神的に楽に感じやすいです。

それでは、ひとつずつ見ていきましょう!

1.ストレスが無い

ストレスが無い仕事なら、精神的にも楽ですよね。

自分に合っていない業務や働き方をしていることで、ストレスを感じやすくなります。

苦手な作業をしていたり、無理をした働き方をしてストレスを感じていませんか。

精神的に楽な仕事をしたいなら、自分にとって何がストレスになるのかを考えてみましょう

2.ノルマが無い

精神的に楽な仕事には、ノルマが無いこともポイントです。

ノルマは自分が達成しなければならない目標値のこと。人によってはノルマがあることで頑張れる場合もあるでしょう。

しかし、ノルマに追われたり、達成率を他人と比べられたり、達成できずに上司に責められる、という状況から精神的苦痛を感じる人も多いです。

プレッシャーを感じやすい人は、ノルマが無い仕事が精神的に楽だと感じるでしょう。

3.面倒な人間関係が無い

面倒な人間関係は、仕事をするうえで大きなストレスになりがちです。

強制参加の飲み会や、愚痴ばかりの職場など、人間関係が面倒な環境はさまざま。

こうした面倒な人間関係が精神的に辛いと感じる人は多いです。

面倒な人間関係が無く、むしろ良好な関係性で過ごしやすい環境であれば、精神的に楽になるでしょう。

4.自分のペースで仕事ができる

仕事量や時間・場所などを自分のペースで決められると、精神的負担が減って楽になります。

自分に合わない仕事量や働き方を強制されると、精神的に辛く感じてしまいますよね。

自分のペースで仕事ができれば、無理なく働くことができるでしょう。

5.忙しすぎない

精神的に楽な仕事では、忙しすぎないことも重要です。

仕事量が多く忙しすぎると、常に仕事に追われていて気を休める暇がありません

場合によっては休憩時間も仕事をしたり、残業休日出勤をする必要がある場合も。

忙しすぎず、ゆとりをもって仕事ができることが、精神的に楽な仕事の条件です。

精神的に楽な仕事ランキング15!ストレスフリーで働ける仕事を紹介

ここからは精神的に楽な仕事をランキングでご紹介します。

  1. データ入力
  2. 事務
  3. コールセンター
  4. ルート営業
  5. 社内SE(システムエンジニア)
  6. 地方公務員
  7. 警備員
  8. 工場作業員
  9. 清掃員
  10. 大学職員
  11. トラックドライバー
  12. 受付業務
  13. 図書館スタッフ
  14. 美術館スタッフ
  15. 在宅ワーカー(フリーランス)

どの仕事も精神的に楽な仕事の条件に合っていて、働きやすいものばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

データ入力

データ入力は、数値データをエクセルに入力するなど、あらゆるデータをデジタルに入力する仕事。

パソコンを使ったオフィスワークで、1人で黙々と作業できるため、面倒な人間関係に悩まされることがありません

仕事量もそれほど忙しすぎることはなく、精神的に楽な仕事と言えます。

事務

事務の仕事は、オフィスワークや書類整理、電話応対が主な仕事内容です。

覚えることはありますが、1度覚えてしまえば、難しい業務は少なく、ストレスを感じにくいことが特徴。

たくさんの仕事を任されることもほとんどなく、残業も比較的少ない職種です。

コールセンター

コールセンターは、顧客からの電話の問い合わせに対応する仕事です。

用意されているマニュアルにそって、顧客に案内したり疑問を解消したりするもので、それほど難しくありません。
慣れてしまえば働きやすく、気持ちに余裕をもって仕事ができます

ただし、クレーム対応を担当するコールセンターは、顧客からの苦言や怒りをぶつけられることが多く、精神的にも楽とはいえないので注意しましょう。

ルート営業

ルート営業とは、すでに契約している取引先を巡回する仕事です。

新規営業とは違って、断られたり冷たい対応をされる心配がありません
自分次第で、取引先の担当者と良好な関係を築くことができ、さらに働きやすくなります。

もちろん、会社によりますが、ルート営業は飛び込み営業と違って、いつどの企業を訪問するか、アポイントを取っています。

そのため、営業の中でも精神的な負担が軽い傾向があり、時間に追われることは多くありません。

社内SE(システムエンジニア)

社内SEは、自社内のシステムを担当するエンジニア。

仕事はネットワーク設定、問い合わせ対応などのマニュアル化された仕事が中心です。

深夜におよぶ残業などが少なく、スケジュールにもゆとりがあります。
社内システムの管理が中心のため、納期に追われることが少ないのです。

地方公務員

地方公務員は、役所などの公的機関で働く職員。

市民の手続きの対応や書類管理、街の環境や制度の整備など、業務の幅は広いです。

しかし、一人一人の業務量は多くなく、残業もほとんどありません

警備員

警備員は、商業施設やオフィスビルなどの警備をする仕事です。

基本的に人と関わることが少なく、人間関係で悩むことはありません。

また、業務自体も難しくないので、ストレスは少ないでしょう。

日中の勤務と夜勤があり、時間帯を自分で選べるのも特徴です。

工場作業員

工場作業員は、工場であらゆる作業を行う仕事。

荷詰めやタグ付け、シール貼りなど、作業の内容はさまざま。
シンプルな作業なので、黙々と作業することが好きな方に向いています。

作業員は他にもいますが、コミュニケーションが必要とされる場面が少ないうえに、残業もなく、定時には業務を終えて帰ることができます。

清掃員

清掃員は、商業施設やオフィスビルなどで清掃する仕事。

清掃業務は、施設の営業時間外や人がいなくなったあとに行うため、人と関わる機会はとても少なくなります

仕事自体もそこまで複雑なことはなく、一通りの清掃業務を覚えてしまえば簡単です。

整理整頓や掃除を苦に感じないのであれば、ストレスもなく、精神的に楽な仕事と言えるでしょう。

大学職員

大学職員は、大学の学生課や就職相談課などで学生の対応をしたり、大学の運営を行う仕事です。

安定した給与水準でありながら、残業が少ないことが特徴。

ワークライフバランスを良好に保った働き方ができます。

トラックドライバー

トラックドライバーは、荷物などを運ぶトラックの運転をする仕事。

運転する車両によっては、大型車の運転免許が必要ですが、運転さえできれば、業務内容で悩むことは少ないでしょう。

特に、長距離トラックのドライバーは、一人で長い距離を走行するため、人間関係に悩まされず、走行中は自分なりの過ごし方ができます。

受付業務

受付業務は、会社や銀行の窓口、病院などで、来客に対応する仕事です。

人を相手にしますが、基本的には、マニュアル化された定型業務なので、続けるうちに慣れて楽になっていきます。

残業もなく、職場内で関わる相手も少ないので、自分のペースで仕事を進めやすいでしょう。

図書館スタッフ

図書館スタッフは、図書館司書や作業員など、図書館で働く仕事。

本の貸出管理や来館者の案内など、図書館の運営に関わる業務を行います。

業務内容によっては、図書館司書の資格が必要な場合もありますが、ノルマも残業もなく、安定した働き方が魅力です。

本や静かな環境が好きなら、より働きやすいでしょう。

美術館スタッフ

美術館スタッフは、学芸員など美術館内で働く仕事。

常設展の管理、運営や企画展の開催、美術館の運営全般に携わる業務を行います。

「学芸員資格保有者であること」が条件である場合も多いですが、仕事量は適正で、安定して働くことができ、精神的にストレスになることも少ないでしょう。

在宅ワーカー(フリーランス)

ライターやイラストレーター、エンジニアなど、パソコンでできるWeb関連の仕事が多い、フリーランスの在宅ワーカー。

こまめな連絡や納期さえ守れば、時間や場所など柔軟な働き方ができる点が魅力です。

会社のように人間関係に悩むことも少なく自分のペースで仕事ができるので、精神的に楽といえます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

転職成功率98%の【DMM WEBCAMP COMMIT】で需要の高まるITエンジニアに転職しよう!
フルタイムのコミット型学習と手厚いキャリアサポート!
万が一転職できない場合は、全額返金の転職保証付き!
条件を満たすことで最大56万円のキャッシュバックも受けられます。
まずはお気軽に無料カウンセリングへ!

\参加者満足度99%!/
エンジニア転職のプロに無料で相談する!
※最短1分で申し込み可能

正社員雇用もあって精神的に楽な仕事5選

精神的に楽な仕事をご紹介してきましたが、できれば雇用の安定も確保したいですよね。

「正社員として安定して働けて、精神的にも楽な仕事ってないの?」という方には、下記の仕事がおすすめです。

  1. 事務職
  2. 工場勤務
  3. 警備員
  4. 地方公務員
  5. 薬剤師

これらの仕事は正社員雇用や、正社員登用を前提とした雇用も少なくありません。

さっそくみていきましょう。

1.事務職

事務職は正社員としての雇用も多く女性に人気があります。

デスクワーク中心でノルマもないので、体力的・精神的に負担が少ない仕事です。

書類作成やデータ集計をするため、WordやExcelなどのパソコンスキルがあると、正社員登用にも役立ちます。

2.工場勤務

工場勤務は非正規社員から正社員を目指せる仕事で、地方でも就職しやすい点が特徴です。

工場での業務は、部品の追加や不良品の排除、パッキングなど。その仕事内容はさまざま。

品物に対して、すばやく正確に業務を行うことが必要ですが、特別な専門知識などは求められません

3.警備員

警備員は未経験からでも正社員として採用されやすい仕事です。

侵入者などに対処しなければならない場面もありますが、職場によっては、座ってモニターチェックをしたり、車両の管理をしたりするだけの場合もあります。

警備員として正社員登用されれば、安定した雇用が守られるうえに、精神的にもストレスの少ない環境で働くことができるでしょう。

4.地方公務員

地方公務員は公務員試験に合格すれば正社員として働ける仕事。

公務員試験に合格するための勉強や面接練習は必要ですが、一度合格すれば将来的にも安定して仕事を続けていけます

仕事自体も定時で帰れることが多く、ノルマもないので安心です。

5.薬剤師

薬剤師は、薬局や病院などで仕事をします。
医師の処方箋に基づいて薬を調合したり、ドラッグストアでの薬の販売が主な業務。

薬学部の大学に通い、薬剤師の国家資格を取得する必要があり、誰でもなれる訳ではありませんが、仕事としては安定的に働ける環境です。

薬局や病院に勤務し、時間外労働も少ないのでプライベートの時間を大切にできるでしょう。

精神的に楽な仕事に就くために必要な5つのポイント

ここからは、精神的に楽な仕事に就くために考えるべき、5つのポイントをご紹介します。

  1. 自分が「楽」と感じるポイントを明確にする
  2. 求人情報・面接などで待遇や業務内容をしっかり確認する
  3. 実際に働いている人やOBに話を聞く
  4. 職場見学する
  5. 転職エージェントに相談する

1.自分が「楽」と感じるポイントを明確にする

これまで紹介した一般的に楽だ言われる仕事でも、すべてが自分に当てはまるとは限りません。

仕事が「楽」と感じるかどうかは、個人によって変わります

データ処理の仕事をするにしても、パソコンが得意な人と苦手な人では感じ方が異なりますよね。

自分はどんな仕事なら「楽」と感じるのか、明確にすることが大切です。

2.求人情報・面接などで待遇や業務内容をしっかり確認する

「面接などで残業時間やノルマの有無を聞くと、印象が悪くなるかも…」と曖昧なまま就職してしまうと、仕事がはじまってから後悔することになりかねません。

求人情報・面接で待遇や業務内容の疑問点をしっかりと解消しておきましょう。

事前によく確認することで、自分が精神的に楽だと感じる仕事を選ぶことができます。

3.実際に働いている人やOBに話を聞く

実際に働いている人やOBに話を聞いて、リアルな情報から判断できるとより安心です。

仕事には良い面もあれば悪い面もあります。
企業の就職説明会や面接では、実際の状況がわからないことも多いでしょう。

実際の声を聞くことで、具体的な情報を得ることが大切です。大変さや良さを知ったうえで、自分に合っているかどうかを判断できるからです

4.職場見学する

職場見学によって、実際の労働環境や雰囲気を知ることも大切です。

入社したらどんな仕事をするのか、どこで働くのかをイメージすることで、自分に合っているか考えることができます。

もちろん、会社にもよりますが、可能であれば見学して、職場環境を確認しておきましょう。

5.転職エージェントに相談する

入社前のイメージと実際に働いてからとでは、ギャップを感じることが多いです。「思っていたのと違った」と後悔したくないですよね。

ミスマッチを最小限にするためには、仕事選びのプロである転職エージェントに相談するのがおすすめです。

会社情報に詳しい第三者の手を借りることで、働き方のアドバイスがもらえたり、転職先の職場環境について教えてもらえる場合もあります。

転職エージェントに仕事の希望を伝えることで、客観的な目線で分析しつつ、おすすめの仕事を紹介してもらえるので、心強いです。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

現在の仕事や育児を続けながらも、自身の新しい可能性を発掘してみませんか?
完全オンラインで最大1年間の転職サポートの付いた高品質カリキュラムで、仕事合間や土日時間を有効活用し、未経験から需要の高まるエンジニアを目指しましょう!
まずはお気軽に、無料カウンセリングへ!

キャリア発掘の第一歩
プロのキャリアアドバイザーに相談する!
※最短1分で申し込み可能

精神的に楽な仕事に就く3つのメリット

精神的に楽な仕事に就く3つのメリットをご紹介します。

  1. 精神が安定し、毎日が楽しい
  2. 肉体的にも楽で疲れが溜まりにくい
  3. 仕事とプライベートの両立ができる

1.精神が安定し、毎日が楽しい

精神的に楽な仕事に就けば、精神が安定して毎日を楽しく過ごせるようになります。

あまりにも精神的負担の大きい仕事を続けていると、いつもマイナスな感情でいたり、無気力状態になったりと、日々の生活に影響してくることも。

精神的に楽な仕事を選ぶことで、自分自身の心の健康にもつながります

2.肉体的にも楽で疲れが溜まりにくい

残業や徹夜、休日出勤などは肉体的に大きな負担になります。

こうした肉体的負担がない楽な仕事であれば、毎日しっかりと休息をとることができ、疲れが溜まりにくくなるでしょう。

ストレスは心身ともに影響を与えます。身体の疲れは心の疲れにもなってしまうので、肉体的な楽も大切です。

3.仕事とプライベートの両立ができる

精神的に楽な仕事は、プライベートとの両立がしやすいというメリットもあります。

仕事でのストレスが少ないことや、時間外労働によって時間を奪われにくいことから、自分のプライベートな時間を有意義に過ごせるのです。

精神的に楽な仕事を選ぶことで、生活が仕事に左右されにくく、プライベートを充実できるようになるでしょう。

精神的に楽な仕事に就く3つのデメリット

精神的に楽な仕事には注意が必要な点もあります。

精神的に楽な仕事に就く3つのデメリットをご紹介するので、参考にしてみてくださいね。

  1. 年収が低いことが多い
  2. 変化が少なく「退屈」と感じてしまうこともある
  3. 就職時の志望動機が弱くなる可能性がある

1.年収が低いことが多い

精神的に楽な仕事の特徴として、一般的に年収が低い傾向があります。

これは、誰にでもできる仕事や、簡単な単純作業が多いことが理由です。

現在の仕事から転職を考えている場合、年収が下がる可能性も大きいでしょう。

2.変化が少なく「退屈」と感じてしまうこともある

一度覚えてしまえばずっと同じ作業であることが多いので、変化のない仕事内容を退屈に感じるかもしれません。

仕事におけるやりがいや、新しいことを学びたいと感じている人にとっては、変化の少なさがつらくなる可能性もあります

自分が精神的に「楽」と感じるポイントと、仕事に何を求めているかをよく考えて選ぶ必要があるでしょう。

3.就職時の志望動機が弱くなる可能性がある

採用側は、「しっかり仕事をしてくれるかどうか?」「仕事に対して前向きに取り組む姿勢があるか?」を評価しています。

「精神的に楽な仕事に就きたい」と思って仕事を選んでも、就職時の面接で志望動機をそのまま答えては採用されません。

また、これまでの仕事がつらかったからといって、前職からの転職理由をマイナスに伝えることも控えましょう。

志望動機で嘘をつく必要はありませんが、できるだけ前向きで積極的な態度がわかるような伝え方を工夫しましょう。

まとめ:精神的に楽な仕事は人によって違う!どんな働き方がしたいかを考えよう!

今回は精神的に楽な仕事についてお伝えしました。

精神的に楽な仕事といっても、自分にとって何が「楽」かは人によって異なります

自分がどんな働き方をしたいのかを考えることが大切です

「精神的に楽な仕事に就きたい」と感じているのは、自分の心や身体を追い込んでしまっているからかもしれません。

自分だけで仕事を探したり、就職活動をすることに不安があるなら、転職エージェントなどの第三者にも相談しながら自分に合った仕事を見つけていきましょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点