仕事が早い人の20の特徴とは?今日からできる10のコツを紹介

2022.11.13
仕事が早い人の20の特徴とは?

どんな職場にも、仕事が早くて優秀な人っていますよね。

彼らはなぜ仕事が早いのでしょうか。

「仕事を早くするテクニックがあるなら知りたい」
「自分も早く仕事を終わらせて帰りたい」

こんな風に感じている人も多いでしょう。

今回は、

  1. 仕事が早いと言われる人の特徴20個
  2. 仕事が早いことによる4つのメリット
  3. 仕事が早くなるために実践すべき10のこと
  4. 仕事が早くなる必読のビジネス本3選

についてお伝えします。

この記事を読めば、仕事を早く終えるために実践すべきことがわかり、行動を起こせるようになります。

「仕事が早いと言われるようになりたい」という人は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてくださいね。

仕事が早いと言われる人の特徴20個

仕事が早いと言われる人の特徴20個

まず、仕事が早いと言われる人は、最初から早かったわけではないかもしれません。

というのも、仕事が早いのは才能ではなく、身につけられる能力だからです。

実際に、仕事が早いと言われる人には、共通する20個の特徴があります。

  1. タスクの優先順位が的確
  2. 整理整頓が上手
  3. 仕事に情熱を持っている
  4. 連絡は即返信する
  5. 常に効率化を考えている
  6. 仕事の覚えが早い
  7. 自分だけでなく周りの状況を把握している
  8. スピードやクオリティにとらわれない
  9. 次の指示を先読みして対応する
  10. 計画性が高い
  11. ダメだったら改善すれば良いという姿勢
  12. 質問するのが上手い
  13. 決断力が高い
  14. タスクを先延ばしにしない
  15. 無駄なことに時間をかけない
  16. 仕事を「点」ではなく「面」で理解している
  17. 期限ギリギリにならないように調整している
  18. マイペースを崩さない
  19. ミスを引きずらない
  20. オンオフがはっきりしている

ざっと見て、自分に当てはまるもの、すぐにできそうなものはあるでしょうか。

ひとつひとつ見てみると、ちょっとした工夫で簡単に実行できるものあります。

それでは、順番に説明していきます。

1.タスクの優先順位が的確

タスクの優先順位が的確だと、こなすべきものから片付けていけるので、結果的に仕事が早くなります。

ひとつひとつのタスクは単体のものもあれば、関連しあっているものもあるでしょう。

例えば、「Aのタスクを終わらせないと、Bのタスクに着手できない」など。

そのため的確に優先順位を決めて、効率よく取り組むことでスムーズに仕事をこなせるのです。

優先順位は

  • 重要度
  • 緊急度

で考えると決めやすくなります。

優先順位を決めて着手すれば、流れるように仕事を進められるので、結果的に、仕事が早くなるでしょう。

2.整理整頓が上手

仕事が早い人は整理整頓が上手なので、必要なものをすぐに取り出して使うことができます

例えば、自分のデスクの周りが散らかっていると、必要な書類を探すことから始めなければなりません。

整理できていれば、必要なものがどこにあるかわかっているので、探す手間をかけず、余計な時間を使わずにすみます

これは文房具や書類だけでなく、パソコン内のデータなども同様です。

データをファイルでまとめたり、不要なデータをこまめに削除することで、必要に応じてすぐ取り出せます。

3.仕事に情熱を持っている

仕事に対して情熱を持っている人は、仕事が早い傾向にあります。

それは情熱を持っているからこそ、自然と自分の時間や労力を優先的に仕事に注いでいるからです。

例えば、ゲームに夢中になって、寝る前に目を閉じていてもゲームのことを考えてしまう。ドラマにハマっていて、どんな展開になるのかふと考えてしまう。このような経験はありませんか?

これと同じように、仕事が早い人は、プロジェクトを成功させるために必要なことや新しいアイデアなどを、自然と仕事以外の時間にも考えています。

誰しも、情熱を持っていることに対しては、それ以外の時間にも考える傾向があるのです。

そして、仕事が早い人は、「どうすれば成功できるか」をよく考え、すぐに実行する行動力があります。

他人よりもその仕事に時間や労力をかけているので、自然と仕事は早くなります

4.連絡は即返信する

仕事をスムーズに進めるために「報告・連絡・相談」は大切と言われますが、仕事が早い人は連絡に対してもすぐに反応を返すという特徴があります。

いつでも周囲からの連絡にすばやく反応することで、連絡された変更点や指示をすぐに業務に反映させられるからです。

また業務のなかで不明点や疑問点があった場合も、すぐに連絡することで解決までの時間が必要以上にかかりません

連絡をすぐに返したり、不明点を聞いたりしていると、状況把握がスムーズにできるので周囲の人からも信頼されるようになります。

すばやい連絡によって無駄を減らし、仕事を早く進められるのです。

5.常に効率化を考えている

「どうすればもっと効率的に仕事を進められるのか」
「この仕組みを使えば、あの作業は無くせるのではないか」

仕事が早い人は、このようにいつも仕事の効率化を考えています。

効率化することで、これまで時間がかかっていた作業を根本的に変え、時間短縮ができることもあるからです。

例えば、人の手で行なっていたデータ入力を、システムで自動的にできるようにしたり、仕事上の無駄なやりとりを省くために、作業を見直したり。

人がやるより圧倒的に短い時間で、手間をかけずにすみ、そのぶんの人手を他の業務にまわすことができるでしょう。

このような効率化の方法を常に考えて取り入れることで、時間や労力を省いて必要なところに使うのです。

6.仕事の覚えが早い

仕事をすぐに覚えられれば、わからなくなったり間違えたりして、無駄な時間を過ごすことがなく仕事が早くなります。

「仕事をすぐに覚えられるかどうかは記憶力の問題では?」と思うかもしれません。

しかし、仕事を覚えるにはコツがあるのです。

  • マニュアルがあれば読み込む
  • わからない部分は早い段階で解消しておく
  • 不安なことは前もって先輩や上司に聞いておく
  • 業務の表面ではなく、意味を理解する

など工夫して、頭を使って理解すれば、仕事は覚えやすくなるでしょう。

仕事をすぐに覚えられる人は、無意味に仕事をそのまま覚えようとするのではなく、ひとつひとつの業務にどんな意味があるかを理解しているのです。

7.自分だけでなく周りの状況を把握している

仕事が早い人は、自分だけではなく周囲の状況を把握して仕事に取り組んでいます。

視野を広く持ち、全体を把握していれば、自分の仕事の意味や早く進めるべきことが見えてきます

しかし全体が見えていないと、「目の前の仕事だけ終わらせればいい」という思考になり、仕事に対する姿勢が自分止まりになるのです。

仕事は自分1人で行っているわけではなく、全体で進めていくもの。

いかに全体の仕事が早く進むかを考えて行動することで、仕事が早くなります

8.スピードやクオリティにとらわれない

スピードやクオリティにとらわれない

仕事が早い人は、最初から「速いスピード」「高いクオリティ」で仕事をしようとしていません。

スピードを意識しているとミスが増え、クオリティを意識していると多くの時間がかかります

重要なことは、自分の等身大の力で取り組み、こまめにフィードバックを受けること。

それを続けていくことで、自然とスピードもクオリティも上がっていくでしょう。

9.次の指示を先読みして対応する

多くの人は、指示された通りの仕事を100%の達成度でこなそうとします。

しかし、仕事はひとつこなせば終わりではなく、次の仕事があります

仕事が早い人は、次の仕事も見越して、指示された仕事の一段階上を目標にしているのです。

たとえば、「この書類を会議用に人数分コピーしてほしい」と指示されたときに、コピーだけではなくホチキスで一部ずつ止めておけば、会議ですぐに配ることができます。

次の指示を先読みして応えることが、仕事が早い人の特徴です。

10.計画性が高い

仕事が早い人は、高い計画性を持って仕事を進めることで、仕事を早くこなしています。

計画性がなければ、目の前にある仕事から手をつけてしまい、ほかの業務が納期ギリギリになってしまうことも。

やるべきタスクを洗い出し、それらを逆算して計画していくことで、無駄なく作業を進められるようになるのです。

また周囲の状況も考慮し、自分の業務に関わる人のスケジュールを見て柔軟に対応できるようになります。

例えば書類のチェックをしてもらえるよう上司のスケジュールに合わせて予定を組めば、不在でチェックが後日になるといったこともありません。

11.ダメだったら改善すれば良いという姿勢

仕事が早い人は最初から完璧な仕事をしようとはせず、「ダメなら改善すれば良い」という姿勢で取り組んでいます。

まずはやってみて、どんどん軌道修正していくほうが、結果的には速く質の高い仕事ができると考えているからです。

はじめから完璧なものを目指してしまうと、とても時間がかかります

とにかく行動し、手を動かしながら改善していくことで、仕事を早く進めていけるのです。

12.質問するのが上手い

質問するのが上手いことも、仕事が早い人の特徴です。

仕事が早い人は、的確に質問することで、業務の効率を上げたり問題点を早く発見します。

さらに質問するのが上手い人は、内容が的確なだけではなく、質問の仕方も上手。

例えば、「自分はこのように考えたのですが、どうでしょうか?」など自分の考えとあわせて質問することで、理解度を伝えつつ疑問点を聞くことができます。

また、上司が忙しくないタイミングを見計らって質問する、いつでも回答できるようチャットで質問するなど、相手が答えやすい工夫をすることで、相手の時間を必要以上に奪わずにすむでしょう。

13.決断力が高い

決断力は仕事を早く進めるためにとても重要な要素です。

仕事において、決断が必要な場面は数え切れませんが、決断できずに迷っている時間が多ければそれだけ仕事の進み具合は遅くなります

決断は一見、難しいことかもしれません。

早く決断するためには、自分や周囲の状況をよく理解し、優先順位を考えて判断すること。

仕事が早い人は優先順位を理解していることで、すばやく決断でき、迷うことに時間を割きません

14.タスクを先延ばしにしない

やらなければならないことを先延ばしにしてしまった経験はありませんか。

仕事が遅い人は、やりたくないタスクを「あとからやろう」と考え、できるものから手をつけていて、仕事の重要性や緊急性より感情で優先順位を決めてしまいがちです。

仕事が早い人は、計画性を持って着手すべきものからどんどん完了させていき、タスクを先延ばしにすることはありません

タスクを先延ばしにすると、納期に間に合わなくなる周囲の人に仕事が回らず迷惑をかける、などリスクは思っている以上に大きいです。

15.無駄なことに時間をかけない

仕事が早い人は無駄なことに時間をかけません。

ある業務を任せられたとき、仕事の遅い人はその業務のすべてについて知ろうとします。

しかし、仕事が早い人は、その業務で何が重要なのかを理解し、その部分だけに絞って知ろうとするので、無駄を省くことができるのです。

仕事の重要な部分や不必要な部分を見極め、無駄なことに時間をかけないことが、仕事を早く進めることにつながります。

16.仕事を「点」ではなく「面」で理解している

仕事を「点」ではなく「面」で理解している

仕事を「点」ではなく「面」で理解するということは、その仕事を単体で見るのではなく、前後や左右の視点から捉えるということです。

例えば、企画、提案、開発という工程の流れは前後の視点、企画にともなう役割分担は左右の視点と考えられます。

ひとつの仕事だけでなく、前後や左右の視点を持つことで、仕事全体がスムーズに進むように行動できるのです。

仕事の早い人は、仕事を常に「点」ではなく「面」で理解して仕事をするので早くなります。

17.期限ギリギリにならないように調整している

仕事が早い人は余裕を持って仕事を進め、期限ギリギリにならないように調整しています。

期限に余裕を持つことで、急な変更などにも対応でき、仕事ができると見られやすくなるのです。

また余裕を持つためには期限を把握し、早め早めに行動するようになります。

「期限までに終えればいい」ではなく「余裕を持って早めに終える」という意識で取り組むことで、仕事も早く進められるのです。

18.マイペースを崩さない

マイペースを崩さないことも、仕事が早い人の特徴。

「マイペース」というと、人よりも遅いような、よくないイメージがあるかもしれません。

しかしマイペースであることで、苦手な部分に時間をかけ、できている部分は手間を省くなど、柔軟に仕事を進めたりできます。

仕事が早い人はマイペースを崩さないことで、自分が最大限のパフォーマンスを出せるようにしているのです。

19.ミスを引きずらない

ミスをしてしまうと、気分が落ち込んでしまうでしょう。

いつまでも落ち込む状態が続くと、仕事に力が入らず集中できません。

しかし、仕事の早い人はミスを引きずらず、それをどう次に活かすかと考えます

ミスから得たことを生かすことで、同じミスを防いだり、よりスムーズに仕事を進めたりできるようになるからです。

ミスで落ち込むことに時間を使うのではなく、気持ちを切り替え、前向きに捉えるようにしています。

20.オンオフがはっきりしている

仕事が早い人はオンオフがはっきりしていて、集中すべきところで集中します。

「いまから3時間で資料作成を終える!」など、気持ちの切り替えができると一気に集中できるので、高いパフォーマンスで仕事に取り組め、早く終えられるようになるのです。

一方で切り替えができなければ、だらだらと仕事をするのでなかなか終わりません。

オンオフを意識して時間を決めることで、早く仕事を終えられます


「仕事いやだな…」と思う瞬間、ありませんか?
今回DMM WEBCAMPでは、みなさんも一度は感じたことがあるであろう「仕事いやだな…」と思う瞬間を“あるある”にまとめてみました!
気持ちを晴らす気分転換の方法もたくさん紹介しています。
働く大人なら誰でも抱く悩みを共有しませんか?

仕事が早いことによる4つのメリット

仕事が早いことによる4つのメリット

「仕事が早い人は早く帰れていいなあ」と感じている方は多いでしょう。
しかし、他にどんなメリットがあるかを考えたことがあるでしょうか。

実は「仕事が早い」ことによるメリットは意外と多いです。

大きく4つのメリットがあります。

さっそく見ていきましょう。

1.自分のために使える時間が増える

仕事が早ければ、自分の業務を早く終えられるので、残業せずに定時で帰れることができます。

残業する場合と比べて、自分のために使える時間が増え、プライベートの時間を大切にできるでしょう。

また仕事のなかでも、やるべきことに追われず余裕を持っているので、業務中に自分のスキルアップの時間が持てることも。

仕事を早く進められれば、その分できた時間を自分のために使えることが大きなメリットです。

2.本当にやるべき仕事に時間を使える

仕事が早くなれば、本当にやるべき仕事に時間を使えるようになります。

仕事にはあらゆる業務がありますが、なかには雑務や誰でもできるような単純作業もあるでしょう。

そうした業務に時間や労力をかけていると効率が悪くなります。

早く済ませられれば、自分がやるべき仕事に時間を有効活用できるのです。

3.信頼・尊敬される

仕事が早いと、周囲から信頼・尊敬されるでしょう。

仕事が早いことは、そのぶん周囲の仕事のサポートや、収益に大きく貢献することにもつながります。

また先を見越した行動力や、仕事に対する積極的な姿勢を評価されることも。

周囲から見て「仕事が早くて優秀だ」と思われるようになるので、信頼を集められるようになります。

4.昇進に繋がる

仕事が早いことで大きな成果につながったり、姿勢を評価されたりすると、昇進につながる可能性も十分にあります。

仕事を早くできるようにすることで昇進し、仕事の幅が広がって、さらに自分にとって有効な時間の使い方ができるようになるでしょう。

仕事が早くなりたいなら実践すべき10のこと

仕事が早くなりたいなら実践すべき10のこと

仕事は早く終わらせて帰りたいし、昇進もしたい。でも具体的にどうすればいいんだろう。
そう感じた方もいるかもしれません。

ここからは、仕事が早くなりたい人が実践すべきことをお伝えします。

  1. 今日やるべきことを明確にする
  2. 翌日の準備は前日にやる
  3. 仕事が早い人にアドバイスをもらう
  4. 仕事量を調節する
  5. 「まずはやってみる」を意識する
  6. 失敗したらすぐに改善策を立てる
  7. 無駄なことに時間をかけないようにする
  8. PCスキルをマスターして時短に努める
  9. 余裕を持ってタスクを消化していく
  10. ビジネス関連の本を読む

この10個のことを毎日の仕事で実践すれば、仕事を早くできる習慣が身につきます

詳しく見ていきましょう。

1.今日やるべきことを明確にする

出勤したら、まずその日にやるべきことを明確にしましょう。

いま抱えているタスクを洗い出し、今日中にやらなければならないこととそれ以外に分けて、今日のタスクをリスト化するのです。

1日の始まりに、その日やるべきことをはっきりさせておくことで、スムーズに仕事に着手できます。

2.翌日の準備は前日にやる

翌日の仕事は、前日の準備から始まっています

次の日にすぐ仕事に取りかかれるように、前日のうちにできる準備はしておきましょう。

特に他の人が関わるようなことは、当日より前に連絡したり確認を取ったりしておくことで、当日のミスや行き違いを防ぐことができます。

3.仕事が早い人にアドバイスをもらう

自分の仕事で時間がかかっていることに関しては、仕事が早い人に相談してアドバイスをもらいましょう。

仕事が早く、同様の仕事を経験した人なら、より的確なアドバイスをもらえます。

自分が時間をかけてしまう原因が何なのか、自分ではわからないことも。

既にできている人に客観的に見てもらうことで、原因がわかり、どうすればいいかがはっきりするでしょう。

4.仕事量を調節する

現状、あまりにも仕事が多くて手がまわらないなら、仕事量を減らして調節してみましょう。

多すぎる仕事を一度に抱えていると、同時に複数のタスクについて考え、集中力が落ちてしまいます

無理のない仕事量に抑えることで、落ち着いて仕事に取り組める環境にすることが大切です。

いまの仕事量では効率が落ちてしまうなら、上司や同僚に相談して調節することをおすすめします。

5.「まずはやってみる」を意識する

「まずはやってみる」を意識する

仕事に取り組むときに、「まずはやってみる」を意識すると、すぐに行動できるようになります。

たいていの人は、うまくできるだろうかという不安や、間違えたくないという気持ちから、よく調べて安心できた上で着手するでしょう。

しかし、「まずはやってみる」ことで着手しないうちにはわからなかったことがわかったり、重要な問題点を早期に見つけることができたりします

やりながら問題点を解消し、変更点を修正していくことで、無駄な時間をかけずに質の高い仕事ができるのです。

6.失敗したらすぐに改善策を立てる

仕事をしていれば、失敗することもあるでしょう。

そんなときは、すぐに改善策を考え、失敗を前向きに活かします

失敗には原因がつきもの。
原因がわかれば、同じ失敗を防ぐための対策を立てられるので、改善のチャンスと捉えることができます。

失敗から学んで改善につなげることで、仕事の失敗をどんどん減らすことができ、結果的に大きな時間短縮になるでしょう。

7.無駄なことに時間をかけないようにする

仕事のなかで、無駄に時間をかけてしまっていることはないでしょうか。

自分の仕事を振り返って、もし無駄と感じることがあるなら、できる限りそこに時間をかけないようにしましょう。

仕事を早くするためには、無駄なことを最低限の時間で済ませ、時間をかけるべきところにかけることが重要です。

8.PCスキルをマスターして時短に努める

PCスキルを身につければ、PCを用いた仕事全般において時間短縮ができます。

会議の書類作成や、データ入力、メール作成など、仕事においてPCを使う機会は多いです。

以下のようなPCスキルを習得することで、それらの時間を大幅に短くできるでしょう。

  • ショートカットキー
  • ブラインドタッチ
  • ワードやエクセルなどの基本操作

PCにはあらゆる効率化の機能があり、活用できれば、仕事を早く楽にこなせるようになるでしょう。

9.余裕を持ってタスクを消化していく

タスク消化は、余裕を持って行うことを意識することが重要です。

仕事には思いがけないトラブルが起きることや、見積もりより時間がかかることがあります。

余裕を持ってタスクを進めることで、トラブルには適切に対処でき、予定より時間がかかっても締め切りに遅れることはなくなるでしょう。

10.ビジネス関連の本を読む

ビジネス関連の本を読むと、仕事が早い人がどんなことを考え、実行して仕事を進めているのかを知ることができます。

業務の効率化の方法や知識を得たい、と感じている人は、本を読んで自分に合った方法を見つけるのがいいでしょう。


今の仕事に悩み不満を抱えていませんか?
✔︎職場の人間関係に悩んでいる
✔︎今の仕事にやりがいを感じない
✔︎自分のキャリアについてもう一度考え直したい…
悩みはあるけど、人に相談しづらいということもあると思います。
そんな方に向けて、【DMM WEBCAMP】では無料のキャリア相談を実施しています!
プロのカウンセラーがあなたの悩みに寄り添い、一人一人に合った解決策を一緒に見つけていきます。
あなたのこれからのキャリアについて、一緒に考えてみませんか?

仕事が早くなりたい人必読のビジネス本3選

仕事が早くなりたい人必読のビジネス本3選

最後に、「仕事を早くするために、おすすめの本を知りたい」という方に向けて、必読のビジネス本を3冊ご紹介します。

仕事術を学んでぜひ普段の仕事に生かしてみてくださいね。

仕事が速い人は、「これ」しかやらない ラクして速く成果を出す「7つの原則」

仕事が早い人は、自分がやるべきことに絞って時間をかけています。

この本は、仕事の早い人が具体的にどんなことに絞っているのかを解説した本です。

これを読めば、自分の業務の無駄がよりはっきりとわかるようになり、重要度の高い業務に時間をかける意識を持つことができるようになります。

自分が何に時間をかけるべきかについて知りたい方におすすめです。

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

仕事が早い人が見えないところでしているテクニックや行動について書かれたのが本書です。

すぐ実践できる内容ばかりなので、「今すぐに仕事を早くする方法が知りたい」という方はまずこの本から読むといいでしょう。

図解があって読みやすく、仕事における時短術を知る導入として適しています。

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣

「仕事が遅い自分と仕事が早いあの人には、どんな違いがあるのだろう」

そんな疑問を解消できるのがこの本。

「習慣」に焦点をあてて、仕事が早い人と遅い人を比較しながらその違いを知ることができます。

「仕事が遅い人の習慣」に共感しつつ「仕事が早い人の習慣」を知れて、とてもわかりやすい本です。

まとめ:仕事が早い人になりたいなら常に頭を使うことが大切

今回は仕事が早い人の特徴や、仕事を早くするための方法についてお伝えしました。

仕事を早くしたいなら、目の前の仕事をただこなすだけでは不十分です。

常に頭を使い、全体から見た仕事の意味や重要な部分を理解して、優先順位や時間配分を考えながら仕事をする必要があります。

メリハリをつけて効率的に仕事を行い、早くこなせるようにしていきましょう。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2023 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5