自分らしく生きるには?10のコツとやめるべき8つの習慣も解説 | WEBCAMP NAVI
【12月の受講枠も残りわずか】

自分らしく生きるには?10のコツとやめるべき8つの習慣も解説

「自分らしく生きたい」
「自分らしく生きるにはどうしたらいい?」
「自分らしさってなんだろう…?」

生きていれば誰だってこのように考えることがあるのではないでしょうか。
できることなら、自分らしさを大切にして幸せな人生を過ごしたいですよね。

そこでこの記事では、

  • 自分らしく生きている人の特徴
  • 自分らしく生きるためにやるべきこと
  • 自分らしく生きるためにやめるべきこと

などについて解説していきます。

この記事を読めば、自分らしく生きるためのヒントが見つかるはずです。
「自分らしい人生を思い切り楽しみたい!」という方は、ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

自分らしく生きるとは?自己中心的なのとは違う

自分らしく生きることとは、自分の気持ちに正直に生きていくことを意味します。
他人の評価を気にすることなく、自分の楽しいと思うことや、やりたいことを自ら選択していく生き方のことです。

自分らしく生きるといえば、わがままなイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、「自分らしく生きること」と、「自己中心的に生きること」とは違います。

自己中心的な人は他人をコントロールしようとしますが、自分らしく生きている人は自分の軸を持ち行動します。
つまり、自分らしく生きている人は、全ての行動に責任を持って生きているのです。

「マイペースな人に向いている仕事とは?」気になる方はこちらの記事も参考にしてください。

【マイペースな人必見】向いている仕事の特徴と上手に働く5つのコツ

自分らしく生きている人の特徴5つ

自分らしく生きている人にはどのような特徴があるのでしょうか?
実は、自分らしく生きている人にはある共通点があります。

ここでは、

  1. 自分のやりたいことが明確
  2. 自分に自信を持ち、心から認めている
  3. 自分の意見を持っている
  4. 他人を尊重することができる
  5. 仕事はもちろん、プライベートはもっと充実している

これらの、自分らしく生きている人の5つの特徴についてご紹介していきます。

自分や周りの人に当てはまる項目がないか、確認しながら読み進めてくださいね。

自分のやりたいことが明確

一つ目の特徴は、自分のやりたいことが明確であること。
自分のやりたいことはなんとなくあるけど、具体的にはわからないという方も多いのではないでしょうか?

自分らしく生きる人は、自分の価値観や特性など、とにかく自分のことをよく理解しています。
自分の強みや弱みを知っているからこそ、自分らしく生きることができるのです。

自分に自信を持ち、心から認めている

自分らしく生きている人は、自分に自信を持ち心から認めています。
反対に、自分に自信が無い人は自分らしく生きることができません。

自信がある人は、気持ちに正直に行動するため自分の全ての行動に責任を持ちます。
もちろん失敗する時もありますが、自分で決断したことならそこまで後悔もしないでしょう。

自分の気持ちに正直に行動しているからこそ、自分を大切にできるのです。

自分の意見を持っている

自分らしく生きている人は、自分の意見を持っています。
他の人の意見も聞き入れたうえで、自分の意見をはっきり言えるのが自分らしく生きている人の特徴です。

たとえ、他人の意見に賛成する人が多くても自分の意見を変えることはありません。
自分でとことん考えた結果だからこそ、簡単に引き下がらないのです。

自分の信念をしっかりと持っている人は、どんな場面であっても自分の考えを自分の言葉で伝えられるため、周りからも一目置かれる存在です。

他人を尊重することができる

さらに、自分らしく生きている人は、自分を大切にしているからこそ他人を尊重することができます。

たとえば、発言する時にも自分の意見だけでなく他人の意見をしっかりと聞きます。
自分の考えより他人の考えがより良いものだとわかればその気持ちも素直に伝えることができます。

自分らしく生きる人は、自分自身と同じくらい他人を大切にできるのです。

仕事はもちろん、プライベートはもっと充実している

自分らしく生きている人は、やりたいことが明確であるため、好きな仕事に就いていることが多い傾向にあります。

また、仕事でもプライベートでも、「自分がどう感じるか」を基準に考えて行動するため、嫌なことを無理に続けることはありません。

好きな職種に就くことで仕事はもちろん、プライベートも充実させることができるのです。

自分の天職を見つけることができれば、さらに仕事が楽しくなるかもしれません。
天職の探し方が知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

天職は誰にでもある!10の特徴と見つけるための7つの方法を徹底解説

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】で需要の高まるITエンジニアに転職しよう!
フルタイムのコミット型学習と手厚いキャリアサポート!
万が一転職できない場合は、全額返金の転職保証付き!
条件を満たすことで最大56万円のキャッシュバックも受けられます。
まずはお気軽に無料カウンセリングへ!

\参加者満足度99%!/
エンジニア転職のプロに無料で相談する!
※最短1分で申し込み可能

自分らしく生きるために今からやるべき10のこと

自分らしく生きている人は、いつも楽しそうで魅力的ですよね。
自分らしく生きるためにはどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、

  1. 自分を大切にする
  2. 自己肯定感を高める
  3. 弱さやコンプレックスは「個性」の1つとして捉える
  4. 嫌いな人、嫌いなことから距離を取る
  5. 1人でできないことは人に頼る
  6. 「楽しいからやる」を意識する
  7. 心から望んでいるものを明確化する
  8. 積極的に新しいことにチャレンジする
  9. 「とりあえずやってみる」を大切にする
  10. アウトプットを常に行う

これらの、自分らしく生きるために今からやるべき10のことについて解説していきます。

今日からでも実践できることばかりですので、ぜひ試してみてくださいね。

1.自分を大切にする

自分らしく生きるためには、自分を大切にすることが何よりも大切です。

自分らしく生きている人は、周りの評価に流されることなく自分の意見を持っています。
人からの評価を気にして、自分の意見をなかったことにしているようでは自分を大切にしているとは言えません。

自分自身を尊重することで、自信を持って自分らしく生きることができるのです。

2.自己肯定感を高める

自分らしく生きるためには、自己肯定感を高めることが大切です。
自己肯定感とは、自分の価値や存在意義を肯定できる感情のこと。

どんな自分であっても受け入れることで、自分の軸をしっかりと持つことができます。
自分の軸を持つことで、周囲からの評価に一喜一憂することなく自分に自信を持って行動できるのです。

3.弱さやコンプレックスは「個性」の1つとして捉える

自分らしく生きている人は、自分自身の弱さやコンプレックスも「個性」の1つとして捉えます。

誰にだって短所がありますよね?
たとえば、優柔不断という短所を持つ人には優しいという長所もあります。
このように、短所と長所は表裏一体。

自分らしく生きるためには、自分の短所も含めて自分自身を心から認めることが大切です。

4.嫌いな人、嫌いなことから距離を取る

嫌いな人や嫌いなことから距離を取ってみましょう。
好きなことを全力で楽しむ人生こそ、自分らしい生き方と言えます。
嫌いなことを無理にするよりも好きなことにとことん打ち込む人生の方が楽しいですよね。

人生は有限です。
限られた人生を精一杯楽しむためにも、嫌いなことよりも好きなことに集中しましょう。

5.1人でできないことは人に頼る

1人でできないことは人に頼ることも大切です。

人には得意不得意がありますよね?
向いていないことにエネルギーを消費するのではなく、どんどん得意な人にお願いしましょう。
人に頼ることで、相乗効果で大きな成果を上げることができるのです。

一人で抱えこまずに、どんどん周りの人を巻き込んでいきましょう。

6.「楽しいからやる」を意識する

自分らしく生きるためにも、「楽しいからやる」ことに意識を持ちましょう。

あなたにとっての楽しいことはなんですか?
たとえば、ゲームや絵を描くこと、歌うことなどなんでもかまいません。
大切なのは、あなたが心から楽しいと感じるものを見つけることです。

他人の意見や評価に流されることなく、自分が楽しいと思えることを選択した生き方こそが自分らしい生き方と言えます。

誰もが憧れる好きなことで生きていく人生。
好きなことを仕事にしたいと考えている方は、ぜひこちらの記事もご覧ください。

好きなことを仕事にするのは幸せ?失敗しないポイントを解説!

7.心から望んでいるものを明確化する

自分らしく生きるためには、心から望んでいるものを明確化することも大切です。

たとえば、

  • 好きな仕事で成功したい
  • 周囲から評価されて収入を上げたい
  • 理想的なパートナーと幸せな家庭を築きたい

このように、正直な気持ちを明確にイメージしてみましょう。

おすすめの方法は紙に書き出すことです。
自分だけのノートに本音を書き出してみましょう。

心の奥底からの目標を自覚することで、自分らしい生き方が見つかるかもしれませんよ。

8.積極的に新しいことにチャレンジする

もしかすると、やりたいことが見つからないという人もいるかもしれません。
そんな人こそ、積極的に新しいことにチャレンジしていきましょう。

新しいことにチャレンジすることで、自分の可能性を広げ、新しい「気づき」を得られるきっかけに繋がります。
欠点や失敗に恐れずに、興味があることにチャレンジしていくことで自分らしい生き方に近づくことができますよ。

9.「とりあえずやってみる」を大切にする

自分らしく生きるためにも、「とりあえずやってみる」ことを大切にしてください。

少しでも興味があることというのは、あなたに合っているものである可能性が高いということ。
まずは行動を起こすことが大切です。
もしも合わなければ、他のことにチャレンジしていきましょう。

失敗を恐れずに、自分の直感を大切にしてあげてください。

10.アウトプットを常に行う

常にアウトプットを行うことで、協力者を集めるきっかけとなり自分らしく生きることに繋がります。

いくら自分一人でインプットをしていても、あなたのスキルに誰も気づくことはありません。
自分の考えやスキルなどを積極的にSNSで発信するなどのアウトプットを行うことで、あなたに共感する人達が集まります。

積極的に自分らしさを発信することで、多くの人からの共感を呼び自分らしい生き方に近づけるのです。

「向いている仕事の見つけ方とは?」気になる方はこちらの記事も参考にしてください。

【適職診断】向いている仕事がわからない?見つけ方のコツと性格タイプ別の職業一覧

自分らしく生きるためにやめるべきこと8つ

自分らしく生きるためには、やめるべき習慣もあります。

ここでは、

  1. 常識や理想論に縛られる
  2. 他人と自分を比較する
  3. 自分を否定する
  4. 他人を否定する
  5. 他人の評価、反応を過剰に気にする
  6. 欲深く全てを望むこと
  7. 失敗を怖がりすぎること
  8. 皆から愛されようとすること

これらの、自分らしく生きるためにやめるべき8つことについて解説していきます。

それでは見ていきましょう。

1.常識や理想論に縛られる

あなたは、常識や理想論に縛られていないですか?
誰もが気がつかない間に、周りの環境や育ち方などによって思いもよらない常識に縛られていることがあります。

誰かにとっては無理なことも、自分にとってはできることかもしれません。
「自分には向いていない」「今からやっても失敗するに決まっている」などのように、始めから決めつけるのはやめましょう。

まずは挑戦して、自分に合った方法や本当にやりたいことを見つけることが大切です。

2.他人と自分を比較する

自分らしい生き方がしたいなら、他人と自分を比較するのはよくありません。
自信がない人ほど、他人と自分を比較しがちです。

しかし、他人と自分を比較してもほとんどの場合に良いことはないでしょう。
他人と自分を比較すればするほど自分らしさが失われてしまいます。

そもそも人と違っていることこそが、自分らしい個性として大切にするポイントです。
他人と自分を比較するのではなく、自分らしくいることにフォーカスしましょう。

3.自分を否定する

自分らしく生きるためにも、自分を否定するのはやめましょう。
仕事で失敗してしまった時に、反省するのはいいことですが自分を責めすぎるのはよくありません。

自分らしく生きるとは、ありのままの自分を受け入れ楽しく生きることです。
人と違うところも、自分にとってはかけがえのない個性。
自分の欠点も認めて、一つの個性として大切にしていきましょう。

4.他人を否定する

他人を否定するのもよくありません。

自分の考えや価値観を一方的に相手に押し付けたり否定することは、自分らしい生き方ではなく自己中心的な生き方です。

周りがあってこそ今の自分があります。
自分らしく生きるためにも、感謝の気持ちを忘れずに謙虚でいることを心がけましょう。

5.他人の評価、反応を過剰に気にする

他人の評価や反応を過剰に気にしているうちは、自分らしく生きているとは言えません。
他人の目を気にしている時点で他人軸で生きてしまっていることと同じです。
自分らしく生きている人は、自分の生き方に自信を持っているので他人の評価はそこまで気にしません。

人の意見も大切ですが、全てを鵜呑みにして自分を追い詰めるのはやめましょう。
自己肯定感を上げることで、自然と周りが気にならなくなりますよ。

6.欲深く全てを望むこと

自分らしく生きるためにも、欲深く全てを望むのはおすすめできません。

たとえば、「誰かが良いと言っていたもの」や「最新の人気があるもの」などのように、他人軸で欲しいと思ったものは手に入れた瞬間に価値をなくすでしょう。
大切なのは、自分軸を持ち「自分にとって本当に必要なもの」であるかどうかです。

自分にとって価値のあるのものだけを集めることこそが自分らしい生き方に繋がります。

7.失敗を怖がりすぎること

失敗を怖がりすぎてしまうと、新しいことに挑戦することができません。
自分らしく生きるためには、何度も挑戦と失敗を繰り返していくことが大切です。

失敗しない人に成功はありません。
失敗を過度に怖がるのではなく、一つの経験だと受け止めていくことが大切です。

8.皆から愛されようとすること

自分らしく生きたいのであれば、皆から愛されようとするのはやめた方がいいでしょう。
自分らしく生きることとは、時に誰かに嫌われたり批判の対象となることもあります。

しかし、全ての人に本心から愛される人なんてほとんどいません。

自分らしさがある人は、自分だけの考えや個性が確立されています。
全員から愛されようとして個性を消すよりも、自分らしい生き方を応援してくれる人を大切にすることが幸せな生き方に繋がるのです。

「マイペースに仕事を頑張りたい!」と思っている方にはこちらの記事もおすすめです。

【マイペースな人必見】向いている仕事の特徴と上手に働く5つのコツ

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

国内最大級のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
手厚いキャリアサポートと高品質の学習カリキュラムで驚異の転職成功率98%!
あなたも、IT業界で輝くエンジニアになりませんか?
本気で人生を変えたい方は、ぜひ無料カウンセリングへ!

\参加者満足度99%
エンジニア転職のプロに無料で相談する!
※最短1分で申し込み可能

まとめ:自分らしく生きることで人生はより豊かになる

自分らしく生きるとは、自分を尊重し大切にする生き方です。
自分らしく生きることができれば、人生はより豊かになることでしょう。

もしも、自分らしく生きられないことに悩んでいるのなら、

  • 自分を大切にする
  • 自己肯定感を高める
  • 弱さやコンプレックスは「個性」の1つとして捉える
  • 嫌いな人、嫌いなことから距離を取る
  • 1人でできないことは人に頼る
  • 「楽しいからやる」を意識する
  • 心から望んでいるものを明確化する
  • 積極的に新しいことにチャレンジする
  • 「とりあえずやってみる」を大切にする
  • アウトプットを常に行う

これらの、自分らしく生きるために今からやるべき10のことをぜひ実践してみてください。

意識の持ち方次第で、誰だって自分らしい生き方ができるはずです。
自分の気持ちを大切にして、自分らしい生き方を実現してくださいね。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点