口下手とは?5つの特徴や原因から改善する7つの方法と活かし方について紹介! | WEBCAMP NAVI
【10月の受講枠も残りわずか】

口下手とは?5つの特徴や原因から改善する7つの方法と活かし方について紹介!

「人と会話するのが苦手」
「口下手が原因で仕事がうまくいかな……」
「口下手を改善してプライベートを充実させたい」
と思うことはありませんか?

口下手だと自分の意見がうまく伝えられずに、はがゆい思いをしてしまうこともありますよね。

生まれ持った性格やこれまでの経験が原因で、口下手になってしまう人は多いでしょう。

しかし、意識や行動を変えていくことで口下手は克服できるものです。

そこで今回は、

  • 口下手を改善する7つの方法
  • 口下手になってしまう5つの原因
  • 口下手な人の短所と長所

などについてくわしく解説していきます。

この記事を読めば口下手を改善し、仕事やプライベートを今よりもさらに充実させることができますよ。
ぜひ、最後まで読んでみてくださいね!

そもそも口下手の意味とは?類義語や対義語についても紹介

そもそも口下手の意味とは?類義語や対義語についても紹介

口下手について「なんとなくイメージはできるけど、具体的な意味はわからない」という方も多いのではないでしょうか?

まずは口下手について理解を深めるためにも、一般的な意味や似ている言葉などについてご紹介していきます。
解説していく内容は以下のとおりです。

  1. 口下手の意味
  2. 口下手の類義語
  3. 口下手の対義語

それではさっそく見ていきましょう。

1.口下手の意味は「思うことをうまく人に伝えられない」こと

口下手を辞書で調べると以下の内容が表示されました。

  • 話すことが不得意で、思うことをうまく人にいえないこと。またそのさま。
  • 口不調法(くちぶちょうほう)
  • 口下手で人に誤解されやすいこと

(出典:goo辞書)

つまり、口下手とは自分の気持ちを人にうまく伝えられない人のことを指します。

2.口下手の類義語

では、口下手と似ている言葉にはどのようなものがあるのでしょうか?
口下手の類義語には以下のような言葉があります。

  • 話すことが得意ではない
  • コミュニケーション能力が低い
  • 沈黙する
  • 舌足らず
  • 口数が少ない

(出典:連想類語辞典)

また、口下手と似ている言葉に無口があります。
口下手と無口というと、一見違いがないようですが実は異なる意味を持っています。

無口な人は、意識的に言葉数が少ない人。
自分が思っていることを少ない言葉で表現できます。
そのため、考えていることを思うように話せない口下手な人とは意味が異なるのです。

3.口下手の対義語

口下手の反対の意味を持つ言葉についても見ていきましょう。
口下手の対義語には、以下のような言葉が見つかりました。

  • 話し上手
  • 口上手
  • 雄弁

(出典:反対語大辞典)

口下手とは対照的に、自分の意見を相手にわかりやすく伝えられるという意味であることがわかりますよね。

口下手な人の性格とは?主な特徴5つを紹介

口下手が原因で困っている人達

つぎは、口下手な人の性格について見ていきましょう。
ご紹介する5つの性格の特徴は以下のとおりです。

  1. 引っ込み思案
  2. 人見知り
  3. 穏やか
  4. 繊細
  5. マイナス思考

それでは順番に見ていきましょう。

1.引っ込み思案

自分からすすんで人前に出たり、行動をおこすのが苦手な引っ込み思案な性格の人です。
意見を伝えるのが苦手なことから、口下手な性格と思われる機会が多いでしょう。

引っ込み思案な人は、思っていることを伝えられずに不満を感じたり、積極的になれない自分が嫌になったりとストレスをためてしまいがちです。

「苦手な人ともストレスなく付き合う方法とは?」
人間関係のストレスを減らす方法について気になる方は、こちらの記事も参考にしてください。

嫌いな人とのストレスを減らす!職場とプライベートで使える方法16選

2.人見知り

本当は周りの人と関わっていきたいのに、うまくコミュニケーションがとれないのが人見知りな性格の人です。

とくに、はじめて会う人に対して「何を話せばいいのだろう?」「余計なことをいって嫌われたくないな」などと考えてしまいます。
その結果、たどたどしくなることも多く、周囲の人からは口下手な人と思われることも多いでしょう。

3.穏やか

穏やかな人は平和な環境を好み、周りの人との協調性を大切にします。
そのため、自分の意見よりも、他の人の意見を優先させる傾向が強いです。

優しくて裏表のないイメージがある穏やかな性格の人は、自己主張が苦手なことから口下手といわれることもあるでしょう。

4.繊細

自分の意見を否定されたり、バカにされたりすることを極端に恐れる繊細な人は、口下手であることが多いです。

口下手な性格の人は、人と関わる際に「嫌われたくない」「傷つきたくない」といったように考えがち。
他人の些細な言葉や行動にも傷つきやすいことから、口下手な人は繊細な性格ともいえるのです。

5.マイナス思考

口下手な人は「的外れな発言をしてしまったらどうしよう」「今発言したら周りの人に嫌われてしまうかも」といったようにマイナス思考に陥りがちです。

このように自分の意見に自信がもてないことが原因でネガティブになり、口下手になる人も多くいます。

「精神的に楽な仕事とは?」
精神的に楽な仕事に就くために必要なポイントが知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

精神的に楽な仕事ランキング15|正社員でも楽な仕事はある?メリット・デメリットも解説

口下手な人が仕事で困ってしまうケース

口下手な人が仕事で困ってしまうケース

主体性をもって考えや行動をおこすことを求められるビジネスシーンでは、口下手が原因で悩みを抱えてしまうこともあるでしょう。

そこでここからは、口下手な人が仕事で困ってしまうよくあるケースについて解説していきます。
ご紹介する内容は以下のとおりです。

  1. リーダーシップがとりづらい
  2. 相手に意図が伝わりづらい
  3. コミュニケーションが盛り上がらない

それでは見ていきましょう!

1.リーダーシップがとりづらい

リーダーには多くの人を説得し、まとめる能力が求められます。
社会人をつづけていると、いつかはチームをまとめたりメンバーを引っ張っていく役割を任される時がくるもの。

しかし口下手な人は、リーダーシップに必要な「伝えること」に苦手意識を感じています。

人をリードしていくことが苦手であれば、リーダーシップがないと判断され、キャリアアップに悪影響を与えてしまうこともあるでしょう。

2.相手に意図が伝わりづらい

仕事を円滑にすすめていくうえで、コミュニケーション能力は非常に大切です。

口下手な人は会話をすることが苦手なため、社内でもコミュニケーションがうまくとれずにいる傾向があります。

伝えたいことを説明するのが苦手なことにより、なんとなく仕事がしづらいと感じてしまうことも多いでしょう。

「職場の人間関係に疲れた…」
人間関係が原因で仕事に行きたくない時の解決方法についてくわしく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

【仕事に行きたくない】人間関係で悩む人へ贈る5つの解決方法

3.コミュニケーションが盛り上がらない

仕事によっては、取引先などの社外の人とも関わる機会がありますよね。
職場でも社外でも、話しやすい関係は仕事を円滑にするうえで欠かせないことです。

口下手な人は、うまく会話ができないことからコミュニケーションが盛り上がらずに苦労することもあるでしょう。

「在宅で正社員として働けるって本当?」
在宅ワークの正社員として働く時のポイントについて興味のある方は、こちらの記事も参考にしてください。

【実例紹介】在宅ワークで正社員は可能?おすすめの職種とデメリットも解説!

口下手な人がプライベートで困ってしまうケース

口下手な人がプライベートで困ってしまうケース

口下手な人は、人とのコミュニケーションが苦手なことにより、仕事だけでなくプライベートでも悩むことがあるでしょう。

ここからは、口下手な人がプライベートで困ってしまうよくあるケースについて解説していきます。
ご紹介する内容は以下のとおりです。

  1. 「何を考えているかわからない」といわれやすい
  2. 仲良くなるまでに時間がかかる
  3. 相談にうまく応えられない

それでは順番に見ていきましょう。

1.「何を考えているかわからない」といわれやすい

口下手な人は、口数が少ない傾向があることから、家族や友達などの身近な人にも「何を考えているかわからない」といわれることがあります。

思ったことをすぐに言葉にする人とは反対に、口下手な人は気持ちを内面にためこみがちです。

表情にも感情がでにくい場合には、冷たい人と受けとめられる可能性もあります。

2.仲良くなるまでに時間がかかる

口下手な人は感情表現が苦手なため、口数も少なくコミュニケーションを積極的にとりません。

そのため限られた人としか付き合う機会もなく、人と仲良くなるまでに時間がかかります。

友達や知り合いを増やす機会も遠ざける傾向があるため、孤独を感じやすいかもしれません。

3.相談にうまく応えられない

人からの相談にうまく応えるには、相手の悩みを明確にして、自分の考えを押し付けないことが大切です。

口下手な人はコミュニケーションをとるのが苦手なため、相談を受けてもうまく応えられません。
相談事を一緒に解決したい気持ちがあっても、自分の気持ちを表現できずに悩んでしまうこともあるでしょう。

「どんな時もありのままの自分でいたい」
と悩む方は、自然体でいられる人の特徴について解説しているこちらの記事も参考にしてください。
自然体で愛される人になる5つの方法 自然体で愛される人になる5つの方法!言葉の意味や性格の特徴とは?

口下手になってしまう5つの原因

口下手な人達

ここからは、口下手になってしまう5つの原因についてくわしく解説していきます。
ご紹介していく内容は以下のとおりです。

  1. 会話の機会が少ない
  2. 昔から一人で遊ぶのが好きだった
  3. 自分に自信がなく、意見をいえない
  4. 周りの目が気になりすぎてしまう
  5. 過去に何かしらのトラウマを持っている

それでは順番に見ていきましょう。

1.会話の機会が少ない

会話の機会が少なく、口下手になるケースです。

口下手な人は気持ちをうまく伝えられないため、人とのコミュニケーションを避けてしまいがちです。
そうすると必然的に人と会話をする機会が減り、さらに口下手になるという悪循環におちいります。

話すことに苦手意識を持ってしまうと、人とうまく会話をするスキルは身につかないでしょう。

2.昔から一人で遊ぶのが好きだった

小さいころから一人で遊ぶのが好きだった人は、集団生活をするうえで周りと馴染めずに友達ができにくい傾向があります。

大人になるにつれて集団生活にも慣れていくのが一般的ですが、中には年齢を重ねても、変われずにいる人もいます。

一人行動に慣れたまま大人になることで、社会人になってもコミュニケーションに苦手意識を抱え、口下手になってしまうのです。

3.自分に自信がなく、意見をいえない

口下手な人は、自分の発言に対して、

  • こんなことをいったら嫌われるかも
  • 人と意見が違ったらどうしよう
  • バカにされたくない

といったように、ネガティブに考えてしまう傾向があります。

自分に自信がなく意見をいえないことが原因で、このようにマイナス思考になってしまうのです。
その結果、自尊心も低くなり、人とのコミュニケーションをとるのが嫌になってしまうのでしょう。

4.周りの目が気になりすぎてしまう

周りの目を気にしすぎてしまうのも、口下手となる大きな原因のひとつです。

物事をネガティブに考えてしまう人は、人と接する時にも悪い印象を与えないように細心の注意をはらいます。

心配しすぎるあまりに、相手の話すことや態度に対しても「嫌われるかもしれない」と不安になってしまうのです。

5.過去に何かしらのトラウマを持っている

過去におきたショックな出来事が原因で、口下手になってしまうケースもあります。

学生時代に受けた、いじめなどの経験がトラウマになり人間不信となってしまう可能性があるのです。
このように「過去のトラウマが消えずに、なかなか人に心をひらけない」という方もいるでしょう。

また、口下手な人の中には「コミュニケーション障害」や「ADHD」などが原因である場合もあります。
このような場合は、専門医に相談して改善していくようにしましょう。

口下手な人の5つの長所

口下手な人の長所口下手な人にはマイナスなイメージを持つ方も多いかもしれません。

しかし口下手な人にも、もちろんいい面があります。

ここからは、口下手な人の3つの長所について解説していきます。

ご紹介する内容は以下のとおりです。

  1. 話を聞くのがうまい
  2. 観察力が優れている
  3. コミュニケーションにおける失敗が少ない
  4. 集中力がある
  5. 他人の邪魔をしない

それでは順番に見ていきましょう。

1.話を聞くのがうまい

口下手な人は、話を聞くのが上手な傾向があります。

自分から話すのが苦手なため、聞き役に回ることが多いからです。

人と信頼関係を築くうえで、相手の話をしっかりと聞けることはとても大切なことです。
話を聞くスキルは、ビジネスの場でも大きな強みとなります。

2.観察力が優れている

観察力が優れているのも、口下手な人の長所です。

口下手な人は、日頃から相手の顔色や態度などに気を配っています。
人をよく見ているぶん「相手が求めていること」を敏感に感じとれるのでしょう。

3.コミュニケーションにおける失敗が少ない

感情的になりやすい人の中には、不満や怒りなどの感情を態度に出してしまう人もいます。

しかし、口下手な人は言葉を慎重に選びます。
周りの反応を気にするため、コミュニケーションにおける失敗が少ないです。

話すことにコンプレックスを持っているからこそ、相手に失礼な言動や態度をとることはありません。

4.集中力がある

口下手な人は、無理に会話に入ろうとしません。
そのため、集中力を途切れさせることなく自分の作業に没頭できます。

余計なことに意識をとられないぶん、作業への生産性も上がり、周りからの信頼も得やすいでしょう。

「集中力を今よりも高めるには?」
仕事への集中力を高める実用的な方法について興味のある方は、こちらの記事も参考にしてください。

7つの対処法で毎日のミスを防ごう! 仕事に集中できないのは普通だった?7つの対処法で毎日のミスを防ごう!

5.他人の邪魔をしない

人の会話に無理やり割り込んでくる人には、多くの人が嫌悪感を感じるもの。

しかし口下手な人は自分から話しかけることも少ないため、他人の邪魔をしません。

グイグイ会話をすることもなく、聞き役に徹することも多いでしょう。
このような対応に、他人への気遣いができる人として評価を得ることもあるのです。

口下手な人の3つの短所

悩んでいる人こちらでは、口下手な人の短所について紹介します。

短所を把握して、改善するポイントを考えてみましょう。

ご紹介する内容は以下のとおりです。

  1. 頼りなく見えてしまう
  2. 淡白な人間に見えてしまう
  3. 交友関係が広がりにくい

それでは見ていきましょう。

1.頼りなく見えてしまう

口下手な人は、相手の反応や言動を気にしすぎるあまりに、他人に意見を合わせがちです。
そのため、頼りなく見られる人も多いでしょう。

人に意見を合わせることには、「優しい」「控えめ」といった長所があります。
人の意見も聞きつつ、自分の意見を発言できるようになることで周囲からの評価も上がるでしょう。

2.淡白な人間に見えてしまう

感情を表現するのが苦手な口下手な人。
相手のことを思いやった行動に対しても、真意が見えにくいことが多く、人によっては淡白だと思われることもあります。

言葉で表現するのが苦手なら表情をやわらかくする、などといったように工夫を取り入れることで、改善されていくでしょう。

3.交友関係が広がりにくい

口下手な人は、人付き合いが苦手な傾向があります。
自分から人に話しかけていくことも少ないため、交友関係が広がりにくいでしょう。

社会人になったら、自分から動かない限りは交流の機会も減っていきます。
趣味をはじめることでリフレッシュ効果があるだけでなく、自然と交友関係が広がることもありますよ。

「休日も楽しめる趣味を見つけたい!」
休日を充実させるための趣味の見つけ方に興味のある方は、こちらの記事も参考にしてください。

休日が充実する趣味をみつけよう|挑戦してみたい趣味15選!

口下手を改善し、会話を盛り上げる方法7選

楽しそうな人達話し上手になることで、相手が自分の話に興味を持って聞いてくれるようになります。

会話を盛り上げるコツを知ることで、仕事やプライベートにおいてもよいコミュニケーションが築けるようになるでしょう。

そこでここからは、口下手を改善し、会話を盛り上げる7つの方法について解説していきます。

  1. よくある質問の回答を準備しておく
  2. 落ち着いてゆっくり話す
  3. 会話の機会を増やして成功体験を得る
  4. 大きな声を意識する
  5. 非言語コミュニケーションを取り入れる
  6. 相手の話を聞き出す力を身につける
  7. 沈黙に怯えすぎない

どの方法も、今日から実践できることばかりです。
ぜひ参考にして、実際の行動に移してみてくださいね。

1.よくある質問の回答を準備しておく

会話を盛り上げるためには、テンポよく相手の質問に答えることも大切です。
「質問されてもすぐに答えられない」という人は、趣味や休日の過ごし方など、あらかじめよく聞かれる質問の回答を準備しておくとよいでしょう。

話のはじまりから終わりまでを、かんたんにでも頭に入れておくことで、落ち着いて会話ができます。
さらに、日頃から話を完結にまとめる練習をしておくことで、急な質問にも緊張することなく答えられるようになるでしょう。

2.落ち着いてゆっくり話す

口下手な人は、会話への苦手意識や緊張感から、話すときに早口になってしまいがち。
相手の関心を引くには、落ち着いてゆっくりと話すことが大切です。
早口だと相手にも伝わりにくく、話しが盛り上がりません。

また、話すことにどうしても自信がないという方は、相手に前もって「口下手です」といっておくのも効果的ですよ。
会話がはじまる前の一言があることで、緊張もやわらぐし、ゆっくり話しても違和感がなくなります。

3.会話の機会を増やして成功体験を得る

会話は勉強や筋トレと同じように、日々のトレーニングで鍛えられるもの。

コミュニケーションスキルに自信がなくても、積極的に会話の機会を増やすことで徐々にうまくなっていきます。
はじめはうまく話せなくても気にせずに、自分からさまざまな人に話しかけてみましょう。

「人とうまく会話をする」という成功体験を積みあげていくことで、会話への苦手意識も克服していけるでしょう。

4.大きな声を意識する

会話を盛り上げるには、大きな声やトーンを意識することも大切なポイントです。
話し上手な人は、声の抑揚が強く、気持ちが伝わりやすい話し方をしていますよね。

会話に自信のない人ほど、声が小さくなりがちです。
話し方に工夫をもたせるだけでも、相手が持つ印象が大きく変わります

5.非言語コミュニケーションを取り入れる

言葉がうまく出てこない方こそ、非言語コミュニケーションを取り入れてみてはいかがでしょうか。
言葉以外にも、表情や身振り手振りなどの大きさによっても相手のもつイメージは変わります。

表情をやわらかくしたり、声の大きさやトーンを意識するなど、できることからやってみましょう。

「ノンバーバルコミュニケーションとは?」
非言語コミュニケーションの活用方法について具体的に知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

非言語で伝えるノンバーバルコミュニケーション 非言語で伝えるノンバーバルコミュニケーションとは?10の具体例と取り入れ方を解説

6.相手の話を聞き出す力を身につける

会話といえば、うまく話すことが大切だと思っている方も多いのではないでしょうか?
もちろん話す力も大切ですが、会話を盛り上げるには相手の話を聞き出す力も大切です。

相手の話したいことを感じとり、タイミングよく質問できる人と会話をすると、盛り上がるだけでなく、もっと話をしたいと思いますよね。

相手の話を引き出せる力があることで、より会話を盛り上げられるのです。
話すのが苦手であれば、話を聞く力をのばすことに力を入れましょう。

7.沈黙に怯えすぎない

どんな人との会話でも、ふとした瞬間におとずれる沈黙。
「余計なことを話してしまったかもしれない」といったように、ネガティブなイメージを持つ方も多いでしょう。

しかし、沈黙もひとつのコミュニケーションです。
相手との適度な間や、沈黙を大切にすることで、より円滑なコミュニケーションをとることができます。

沈黙を恐れるのではなく活かすことで、どんな人との会話も苦手意識を持たずに楽しめるようになるでしょう。

まとめ:口下手にはメリットもある!活かせる行動をするのも大切

もしかすると「口下手は必ず改善しなくてはいけないこと」と考えている方もいるかもしれません。

しかし、口下手な人の長所である「集中力が高い」「話を聞くのがうまい」などといった特徴は、仕事やプライベートでも強みとなります。

たとえば、「余計なことを気にせずに集中できる」という長所は、プログラマーなどの専門職に適している特徴です。

もちろん改善しようと努力をするのもいいですが、このような長所を生かした仕事に就くなどの、行動をおこしていくことで毎日をより充実させることができます。

もしも、今の仕事が向いていないと感じるのなら、思い切って転職を考えるのもよいでしょう。
向いている仕事を見つける方法についてくわしく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

【適職診断】向いている仕事がわからない?見つけ方のコツと性格タイプ別の職業一覧

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点