視野が狭い人に共通する9つの特徴やいますぐ改善するための5つの方法を解説

2024.01.04
視野が狭い人

「視野が狭いって、どういう意味だろう」
「自分が視野が狭い人に当てはまっていないか不安……」

このように考えていませんか?

視野が狭いとは、周りが見えておらず、他人の気持ちが分からないことを意味します。

他人の気持ちが理解できない人だと思われたら、とてもつらいですよね。

そこでこの記事では、視野が狭い人に共通する9つの特徴や、改善するための5つの方法について紹介します。

視野の広さは、トレーニングによって改善可能です。

「自分は視野が狭いかも……」と感じている方は、ぜひこの記事を最後まで読んで視野の広い人になってくださいね。

視野が狭い人にありがちな9つの特徴

視野が狭い人にありがちな9つの特徴

視野が狭い人には共通した特徴があります。

ここでは、代表的な9つの特徴を紹介します。

  1. 自己中心的な行動を取る
  2. 周りの意見を聞き入れない
  3. 自分の過去の経験や知識だけで判断する
  4. 目先の出来事に強くこだわる
  5. チャレンジしない
  6. 他人の気持ちや価値観を考えない
  7. 想像力に欠ける
  8. 理想論ばかり話す
  9. 自信過剰

それぞれくわしく確認していきましょう。

1.自己中心的な行動を取る

視野が狭い人は、自己中心的な行動をとることが多い傾向にあります。

自己中心的な人は常に「自分本位」で行動するため、他人から視野が狭いと思われやすいです。

自分を大切にすることはいいことですが、状況によっては相手を尊重しなければならないこともあります。

自分だけでなく、他人のことも思いやれるようになりましょう。

2.周りの意見を聞き入れない

視野が狭い人は、周りの意見を聞き入れない特徴があります。

自分の意見が「絶対」であり、他人の意見をよしとすることができません。

特に自分の意見に対して否定的な意見の場合はなおさらです。

周りの意見を聞き入れないプライドが高めの人は、視野が狭いと思われている可能性が高いです。

3.自分の過去の経験や知識だけで判断する

視野が狭い人は、物事を進めていく中で、自分の経験や知識だけで完結させようとします。

自分が正しいと思っていて、他人の意見を聞こうとしないからです。

「むかし◯◯をやったことがあるから、今回もいけるはずだ」と周りの意見を押し切って、トラブルになるケースは珍しくありません。

自分に固執すると結果的に損をすることもあるので、柔軟に色んなアイデアを取り込むようにしてみましょう。

4.目先の出来事に強くこだわる

視野が狭い人は、目先の出来事にとらわれがちです。

「今」起きていることにしか目を向けないので、目先の利益にめがくらみ、長期的には損をしていることも考えられます。

たとえば「すぐに1万円もらえる」状況と「1週間後に2万円もらえる」という状況なら、1週間待ったほうが得なケースが多いです。
ところが視野が狭い人は今しか見れていないため、1万円をすぐに受け取ってしまおうと考えます。

もしこれが何度も続いたとしたら、視野が狭い人はどんどん損をすることになりますよね。

目先の出来事にとらわれやすい人は、視野が狭い可能性があります。

5.チャレンジしない

視野が狭い人は、新しいことにチャレンジしません。

何かを変えることにネガティブなイメージしか無いので、チャレンジすることを恐怖と感じてしまうんです。

いい方を変えると、リスクをとって新しいことを始める勇気に欠けているともいえます。

そのため視野が狭い人ほど、変化のない人生を送ることになりやすいです。

6.他人の気持ちや価値観を考えない

視野が狭い人は、他人の気持ちや価値観を理解しようとしません。

とくに、自分とは真逆の価値観を持っている人を受け入れない傾向があります。

するとひとつの物をいろいろな方向から見れず、間違った判断をしても気づきにくいです。

他人に対しての配慮が欠けている人は、視野が狭いといえます。

7.想像力に欠ける

想像力の欠如も、視野が狭い人の特徴です。

ひとつの視点からしか物を見れないため「こう判断したらどう変化するのか」という結果を予測できません。

対人関係でも「こんなことされたら嫌だろうな」など、相手の気持ちを想像する力が弱いです。

想像力が弱いのも、視野が狭い人によくありがちなパターンです。

8.理想論ばかり話す

誰しも理想は持っているものですが、現実的に実現することが難しいこともたくさんあります。

視野が狭い人は、理想と現実を上手にミックスさせるのが苦手です。

もちろん、理想を実現することが一番ではありますが、できもしない理想を並べても何の意味もありません。

ちゃんとした視野を持っていれば「ここは現実的に考えて実現できそうにないから、ほかの手段をとろう」と、対策を練れます。

理想論が多く、物事を進めるのが苦手な人は、視野が狭いといえるでしょう。

9.自信過剰

視野が狭いと、自信過剰になりがちです。
「自分が必ず正しい」と思って進んでいってしまいます。

さらに自信過剰なあまり、自分の意見が偏っていたとしてもそれを理解できません。

他人との衝突も多くなるなど、トラブルが起こりやすい特徴でもあります。


今の自分を変えたい、新しい環境で挑戦したい!でもどの業界にいけばいいんだろう?

知っていますか?IT業界は市場価値が高まっています!市場価値の高い業界で働くことで、現在より年収UPが可能です。

また、 ITスキルを身につけることで、どの業界でも必要とされる人材に成長できます!

【DMM WEBCAMP】のプログラミングスクールでは、未経験から最短3ヶ月でエンジニアとして転職が可能です。

DMM WEBCAMPでは転職成功率98%の転職コースを複数提供しています

✔︎︎︎企業が本当に求めるビジネススキルを優先的に取得可能!

✔︎︎︎︎キャリアカウンセラーとメンターがあなたの転職活動とスキル獲得を両面サポート‼

✔︎︎︎紹介可能企業は600社以上!?

IT業界に転職したい方はぜひご覧ください!

「なんか今の仕事合わないな・・・」

「IT業界に転職してみたいなぁ・・・」

という方、DMMが運営する「WEBCAMP エンジニア転職」をご検討してみてはいかがですか?

WEBCAMP エンジニア転職

「WEBCAMP エンジニア転職」では最短12週間でITエンジニアを目指すことが可能です!

WEBCAMPの卒業生は転職後に年収もUP!(例:年収250万円→500万円)

しかも今なら受講料の最大70%が給付金として支給されます

DMM WEBCAMPは経済産業省・厚生労働省が認定した専門実践教育訓練給付金制度の対象です

DMM WEBCAMPについてもっと詳しく

視野が狭いことによる5つのデメリット

視野が狭いことによる5つのデメリット

記事の冒頭でも話しましたが、視野が狭い事は多くのデメリットにつながってしまいます。

こちらでは、視野が狭い人の5つのデメリットを紹介します。

  1. 他人との連携がとれない
  2. ミスをしやすい
  3. 将来を見据えた行動ができない
  4. リーダーシップをとれない
  5. 人と対立しやすい

それぞれくわしく確認していきましょう。

1.他人との連携がとれない

視野が狭いと、他人との連携が上手く行かず、チームで行うような仕事に悪影響を与えることにもつながります。

「自分の考えが一番だ」という意識が強く、他人の意見を聞き入れません。

とくに「報告」「連絡」「相談」のホウレンソウができないことで、チームの足並みを乱しやすいです。

「仕事ができない人」の烙印を押されれてしまう原因にもなってしまう、大きなデメリットだといえます。

2.ミスをしやすい

視野が狭いと、ミスをしやすいというデメリットもあります。

「自分の意見が全て正しい」と考えてしまうので、客観的に物事を見れません。

さらに環境や他人のせいにしてしまうので、何度も同じミスを繰り返してしまうのです。

ミスをしやすいと他人に迷惑をかけてしまうなど、よくない状況が続いてしまいます。

3.将来を見据えた行動ができない

視野が狭いと、将来を見据えた行動ができません。

先を予測せずに、目先のことばかり考えてしまうからです。

とくに、契約をとってくるような営業職などでは致命的といえます。

甘い言葉に惑わされ、結果的に自分や会社が損をしてしまうことにもなりかねません。

4.リーダーシップをとれない

視野が狭い人は、リーダーシップをとれません。

自分のことばかり考えてしまい、他人をおろそかにしてしまうからです。

意見を聞き入れず、半ば暴走した状態で意思決定を進めてしまいます。

仮にチームのリーダーに任命されても「信用を得られず誰も付いてきてくれない」という状態になるかもしれません。

5.人と対立しやすい

他人の意見を受け入れない傾向が強いので、人との対立が多いです。

また自信過剰な面も影響し「自分の考えを理解できないやつがおかしい」など、相手を強く否定してしまうこともあるでしょう。

対人トラブルが多い視野が狭い人は、社会においてやっかい者とされる可能性が高いです。

視野を広げる5つのメリット

視野を広げる5つのメリット

こちらでは、視野が広がることで得られるメリットについてお伝えします。

  1. 自分の能力が高まる
  2. 他人と円滑なコミュニケーションがとれる
  3. 発想力が豊かになる
  4. 成果を出して出世しやすい
  5. 人から信頼される

それぞれ確認していきましょう。

1.自分の能力が高まる

視野を広げることは、自分の能力の向上に繋がります。

他人の意見やアドバイスに耳を傾けることで、今まで想像できなかったことをアイデアに取り込めるからです。

すると新しい発想がどんどん生まれてくるので、自分の実力がどんどん高まります。

2.他人と円滑なコミュニケーションがとれる

社会人として生きていく上で、他人とのコミュニケーションを円滑に進めていくのはとても大切です。

コミュニケーションを上手に取ることで、成果につながることも往々にしてあります。

視野を広げ、他人の気持ちを理解できるようになれば、円滑なコミュニケーションができるようになるでしょう。

3.発想力が豊かになる

視野が広がればそれだけ、多くのことから情報を取得できます。

すると自分の発想がどんどん豊かになり、新しいアイデアがたくさん生み出されるでしょう。

いろいろな立場や目線から物事を考えることで、発想力の幅が広がるのは、視野が広い大きなメリットです。

4.成果を出して出世しやすい

視野が広がると、出世もしやすくなります。

他人と適切なコミュニケーションがとれるので、リーダーシップを発揮できると思われるからです。

また物事に柔軟な対応ができるので、成果の出るスピードがアップします。

出世ができるというのも、視野が広いメリットのひとつです。

5.人から信頼される

視野が広いと、人から信頼されるようになります。

いろいろな立場から物事を考え、相手を思いやり、強いリーダーシップを発揮できるからです。

周りの人からは「あの人に付いていけば大丈夫」と強い信頼を得られるようになるでしょう。


今の働き方に不満はあるけど、日々の業務が忙しくてゆっくり考える時間がない…
そんな悩みを持つ方に向けて【DMM WEBCAMP】では無料のキャリア相談を実施しています。
ビデオ通話で相談をすることができるため、仕事で忙しい方でもスキマ時間に気軽にカウンセリングを受けることも可能です!
プロのキャリアカウンセラーと一緒に、今後のキャリアについて考えてみませんか?

すぐに取り組める、視野を広げる方法5選

すぐに取り組める、視野を広げる方法5選

こちらでは、今すぐに取り組むことができる視野を広げる方法を5つ紹介していきます。

  1. 他人の意見をしっかりと聞く
  2. 尊敬する人ならどうするか考える
  3. 読書で知識を増やす
  4. 失敗を恐れずチャレンジする
  5. 趣味を増やす

まずは、自分にできそうなことから初めてみてください。

1.他人の意見をしっかりと聞く

まずは、他人の意見をしっかり聞くことから始めましょう。

視野が狭い人は、自分の意見が絶対で、他人の意見を受け入ない傾向が強いです。

なので、人の話をじっくり聞いてみてください。

さらに「なぜそう感じているのか」「自分の意見との違いはなにか」を考えながら聞くようにすると、より効果的です。

また、話を聞き終わったら自分の意見も伝え、意見が合わないポイントについて議論するのもいいでしょう。

2.尊敬する人ならどうするかを考える

自分の意見で全て押し通すのではなく「あの人だったらどうするか」を常に考えるのも効果的です。

尊敬する人の行動を考えることで、他人の意見をうまく取り入れられます。

身近の優秀な人や、世界的な有名人など、好きな人を頭に思い浮かべてみてください。

自分の考えだけでなく「他の人ならどう考えるか」という視点を持つことが、視野を広げるということです。

3.読書で知識を増やす

読書は、かんたんに他人の頭の中を覗けるツールのひとつです。
読むことで、いろいろな視点から物事を見れるようになるでしょう。

まずは人気のビジネス書などを読んで、著者がどのような考えを持っているかを知ってみてください。

そして自分の状況に当てはめて、少しずつ実践できるように試してみましょう。

4.失敗を恐れずチャレンジする

新しいことにチャレンジすると、視野を大きく広げられます。

自分が経験したことのないものに飛び込むので、効果は大きいです。

チャレンジと聞くと大掛かりなイメージがあるかもしれませんが、実際には小さなことで構いません。

  • 行ったことのない場所に行ってみる
  • 食わず嫌いしていたコミュニティに参加してみる
  • スキルの勉強をする

など、あまり重く考えずに、今までやってこなかった何かにチャレンジしてみましょう。

チャレンジした数だけ、視野も広がりますよ。

5.趣味を増やす

趣味を増やすのも、視野を広げることにつながります。

自分が知らない知識を得られるし、人脈が広がることも多いです。

  • 登山
  • スポーツ
  • 筋トレ
  • 絵画
  • カメラ

など、運動系でも芸術系でも何でも構いません。

趣味は深堀りすればするほど「今まで見えてなかったこと」が明確になるので、視野を広げるいいきっけかけになるでしょう。

まとめ:視野を広く持って、自分の能力を高めよう

今回は、視野が狭い人の特徴や、視野の広げ方について紹介しました。

視野が狭い人は、損をしていることが多いです。

視野を広げるだけで、色んな情報をキャッチできるようになり自分の能力が高まることで、仕事の成果につながることもあります。

また、人間関係を円滑に進めていけるようになるので、より充実した毎日を過ごせるようになるでしょう。

今まで経験していない「コト」や「モノ」に触れるのはとても気持ちのいいものです。

ぜひ、視野を広げることに意識を向けてみてください。

もし「何かを始めてみよう!」という方がいるなら「プログラミング」がおすすめです。

プログラミングを通じて何かを作ると達成感がありますし、製作中に試行錯誤を繰り返すことで、視野が広くなります。

スキルが身につくとプログラマーとして転職も可能なので、人生の幅も広がるでしょう。

DMM WEBCAMPでは、転職率98%のプログラミングスクールを受講できます。

「新しいことを始めてみたい」と感じている方は、ぜひ利用を検討してみてください。

\プログラミングスクールを比較/

DMM WEBCAMP

COACHTECH

RUNTEQ

DMM WEBCAMP COACHTECH RUNTEQ
目指せる姿 WEBエンジニアへの転職
フリーランスエンジニア WEBエンジニアへの転職
分割払い
補助金 ×
転職保証 × ×
受講期間 12週間〜 3ヶ月〜 5ヶ月〜
特徴 【IT業界の転職を一番に考えたい方向け】
大手DMMが運営のプログラミングスクール
転職成功率98.8%
豊富なキャンペーンや補助金制度あり
【フリーランスを目指したい方向け】
フリーランスのエンジニアを最短で目指す
エンジニアと共に実際の案件開発を担当
【とことん勉強してから転職したい方向け】
1,000時間(約9カ月)のカリキュラムでしっかり勉強
企業の求める即戦力のWEBエンジニアを目指す
料金 329,350円〜
※給付金適用後
42万9,000円~ 55万円

公式HP

公式HP

公式HP

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

© 2024 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5