WebCamp・WebCampProを運営する株式会社インフラトップのオウンドメディア【スキルマ】。プログラマー・エンジニア・Webデザイナーを目指す初心者の方に向けた記事や、就職・転職を考えている方向けの記事を発信しています。

【初心者~中級者まで】C#の学習でおすすめの本15選!

▼本記事について
本記事は、『たった1ヶ月で未来を変えられる』初心者向けプログラミングスクール「WebCamp(ウェブキャンプ)や、未経験者でも3ヶ月の学習でエンジニアに転職・就職ができる「WebCampPro(ウェブキャンププロ)」を運営してる株式会社インフラトップが提供しています。

突然ですが、あなたはC#の学習をするにあたり本を探していませんか?

C#はマイクロソフトが提供するプログラミング言語です。個人向けの統合開発環境のVisual Studioも無料でダウンロードすることができ、独学で学習を進めることもできます。デスクトップのアプリケーションだけでなく、Webページやゲームアプリ、スマホアプリなどさまざまなアプリケーションの開発に幅広く使うことができます。

今回はそんなC#を学習できる書籍を初級者向けから、専門性のある方むけまで幅広くご紹介していきます。

初心者向け学習本

プログラムを学習しはじめたばかりの段階であれば、難しい内容よりもまずは実際プログラムを書いて覚えたり、概念を大枠で理解することから学習をスタートさせるのが良いでしょう。このセクションでは、簡単なアプリケーションを作りながら学習できたり、概念をイラストなどで視覚的に理解でたりといった、入門編の書籍をご紹介していきます。

やさしいC#

プロジェクトの作成方法から、ごくごく初歩的なプログラムの書き方などやさしく解説しているので、プログラムの経験がない方でも学習を進めやすい構成となっています。サンプルプログラムも豊富に載っているので、実際に試しながら確認していくこともできます。

イラストや図も豊富に使ってあり、文章ばかりが羅列してある学習本より読みやすい本です。ひとつひとつ試しながら理解を深めていくことができるので、プログラムもC#もまったく知識がない、という方でも学習をすすめていくことができます。

 

C#の絵本

イラストや図でわかりやすく概念を説明する絵本シリーズのC#版です。プログラムの初歩的なことから解説しているので、プログラムに触ったことがない方にも向いています。C#とは?という概念的なことも大枠で理解できる一冊です。

絵本シリーズはC#だけでなく、CやJavaなどさまざまな技術の解説もしています。C#だけでなくその周辺知識のアルゴリズムなどもあわせて学習してくと、より理解が深まっていくでしょう。

 

作って覚えるVisual C# 2017

名前の通りアプリケーションを実際に作りながらC#を覚えていくタイプの学習本です。学習に使うツールも無償で入手可能なので、この本の代金以外のコストはあまりかかりません。概念や文法といった、難しそうなことはちょっと脇に置いておき、まずは手を動かして動くアプリケーションを作ることから始めます。

プログラムを学習するのに、文法や概念などから入るのはハードルが高いと感じる方には向いている一冊です。プログラムの書き方を知らないという方でも、この本を使えばアプリケーションが出来上がって動いたときの喜びを体験できます。

C#で始めるプログラミング 導入編

C#の基本的な概念も解説している書籍です。プログラムはなんとなく動いたけど、変数や配列、オブジェクト指向といった概念があやふやな場合には、一度この本に目を通しておくといいでしょう。しっかり理解できることで、今後の学習の伸びも変わってきます。

またコードのサンプルや練習問題も豊富に収録されており、実際にコードを書きながらC#の学習を進めることができます。C#という言語の基礎をしっかりと固めておくのに有効な一冊です。

中級者以上向け学習本

ある程度プログラムを理解できるようになってきた段階になったら、C#の学習を次のステップまで進めていきましょう。このセクションでは、より高度なプログラムを組むために必要な知識を得ることができる書籍をご紹介していきます。

独習C#

プログラムの基本が一通り理解できている方に向いている学習本です。全16章というページ数の多い本ですが、C#で開発をするにあたり必要な事項が丁寧に解説してあります。実務でC#を使うという方にも役立つような内容で、プログラミング初心者が次のステップとして読むには適している一冊です。

サンプルプログラムも豊富に掲載されており、実際のコードを確認しながらC#の言語仕様をひとつひとつ理解しながら学習を進めていくことができます。「なんとか動いた」というレベルからもう一歩先の段階に進めたい方には役立つ学習本となるでしょう。

JIS規格対応 標準C#入門

C#で書いたプログラムが動くようになり、C#の基本仕様や概念などもざっと理解できるようになった方が辞書的に活用するのに便利な一冊です。C#で開発するにあたり必要な概念が体系的に整理されており、「あれはどういうことだったか?」といった疑問を解決するのに役立ちます。

デスクの周辺に置いて、確認したいときに手に取るといった形の活用方法がおすすめです。ネットでいろいろな情報を取捨選択するより、この本の中から調べる方が時間と労力の短縮ができます。信頼のできる情報がきれいにまとまっているので、辞書的な使い方のできる学習本としての活用するといいでしょう。

ゴールからはじめるC#

「まずはやりたいことを決める」から始める学習本です。やりたいことがある→技術を探す→実際組んでみる、という手順でプログラムを作っていくので、文法や難しい概念の理解で躓いてしまう方には向いている学習本です。最初はインストールの仕方から始まり、初心者にもやさしい内容ですが、後半に進むにつれて応用的な内容が増えてきます。

作りながら難しい概念も理解できるので、いきなり技術書を読み込むのが苦手な方に向いている一冊です。神経衰弱やもぐらたたきゲームなどを作って学習を進めていくので、開発の楽しさも味わえます。とりあえず初歩的なプログラムは組めるようになったけど、オブジェクト指向などの概念の理解が難しく感じる方におすすめの一冊です。

C#クックブック

技術本の世界では有名なオライリー社が出版しているC#の学習本です。C#を使って仕事をしている人々が遭遇するであろう事例を150ケース以上とりあげ、問題点や解決方法などを解説しています。プログラムの基礎をひととおり抑えた中級以上の方が、実践的に使えるコードの書き方を学んでいくのに最適な一冊となっています。

C#を実施に業務で使うと高い頻度で遭遇するであろう事例が豊富に掲載されているため、デスクの周辺に常に置いておくと辞書としても使えて便利です。脱初級を目指したい方におすすめかつ定番の一冊でもあります。

ゲームを開発する方向け

無料で高品質なゲームが作れるunityでC#が使えるため、近年ではC#の需要がますます増加しています。C#はさわったことがないけど、unityでゲームを作りたい、C#はある程度わかるけど、unityでどうやって使ったらいいのかわからない、といった方におすすめの学習本をご紹介していきます。

UnityではじめるC#

unityもC#もよくわからないという段階の方にも、unityのインストールからわかりやすく解説している一冊です。unityのインストール、使い方、C#とは何かから文法の基礎、いくつかのサンプルゲームの作成といった段階で学習を進めることができます。1冊読み終わったときには、C#の基礎的な部分も理解できるようになっているでしょう。

「とりあえずよくわからないけどやってみたい」という方にはピッタリの学習本です。まずはこれで大枠を掴んだら、それぞれの項目を掘り進めて知識を深めていくといいでしょう。

Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門

unityでゲームを作るための一通りの知識を習得できる学習本です。いくつかのサンプルゲームを作りながら学習を進めていく形式で、一冊通して学習が終わった頃には簡単なゲームを自作できるレベルになれるでしょう。

ややプログラムの知識が必要となりますが、サンプルを作りながら学習していくことでプログラミングの技術も習得することが可能です。スマホのゲームを公開するための手順まで解説してあるので、自作ゲームを作って公開してみたいと考えている人には、必要な知識がコンパクトにまとまった使いやすい学習本となっています。

Unity5の教科書

C#などのプログラムやunityの知識がなくても一通り学習できるように書かれた学習本です。プログラムの知識がない方にもプログラムの書き方や仕組みなどを丁寧に解説し、まったの初心者でもつまずかないように配慮されています。

ゲームを作成しながら学習を進めていく方式ですが、簡単な技術からだんだんレベルアップして難しい技術までを解説しています。少しずつレベルアップしていくので、初心者の方でも無理なく学習が進められ、最後まで読み通すことができるでしょう。

ゲームの作り方 改訂版 Unityで覚える遊びのアルゴリズム

C#などのプログラムやunityの使い方をある程度覚えられた段階の方におすすめの学習本です。0章に初心者向けのリファレンスはありますが、それ以降は初心者向けの解説は省かれています。プログラムが理解できて、unityの使い方も大枠で理解できていて、googleで必要な情報は検索できるという方には有効な一冊でしょう。

バンダイナムコの開発陣による10種類のゲームの解説が読めるので、「ゲームの仕組み」をより詳しく知りたいといった方にもおすすめです。

業務系・Web系アプリを開発する方向け

C#はマイクロソフトが提供しているプログラミング言語なので、Windows系でシステムを構築している企業ではよく採用されています。デスクトップアプリケーションの作成に加え、ASP型のアプリケーションも数多く作られており、一定数以上の需要が存在する言語でもあります。

C#を使った業務系システムを開発するプログラマーを目指したい方、または開発する必要が出てきて急いで勉強している最中といった方にぴったりのC#の学習本をご紹介していきます。

TECHNICAL MASTER はじめてのASP.NET Webフォームアプリ開発 C# 対応版

ASP.NETに始めて触るような方にもわかるよう、詳しく丁寧に説明されている学習本です。サーバーとの連携方法やインストールなど、環境まわりの設定についても解説されており、初心者がつまづきやすいポイントを丁寧に解説しています。

600ページ以上のボリュームがある本で、体系的な知識がまとめられておりリファレンスとしても活用できます。辞書的な使い方をする用途でデスク周りに置いておくのもおすすめの一冊です。

独習ASP.NET

ASP.NETを使ったWebフォームの作成方法をイチから学ぶことができる学習本です。ASP.NETにさわったことがない方でも学習が進められるように、基礎的なことから丁寧に解説してあります。Webフォームの作成だけでなく、データベースとの連携やJavaScriptとの連携方法なども解説されており、この本を1冊読み終える頃にはWebシステムを一通り作れるようになるでしょう。

ただし初心者には向いていますが、中級以降のプログラマーには物足りない内容かもしれません。ASP.NETにさわったことがない方や、全体的にざっとASP.NETを勉強したい方に向いている一冊です。

ASP.NET MVCプログラミング入門

ASP.NETでWebシステムを構築するにあたって重要な概念「MVC」について解説してある一冊です。プログラムをModel、View、Controllerに分割することでシステムの構造を分かりやすくするという概念が詳しく書かれています。

ASP.NETの理解がある程度進んでいる状態になったら、この書籍で概念的なことの理解も進めていけば初級者から脱することができます。LinuxやMacといったWindows以外の環境で動作する実行環境ASP.NET coreについても解説しています。ASP.NETが大枠で使えるようになったら、こちらの本でシステムの作り方を勉強していくといいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ご自身に向いていそうな学習本は見つかったのではないでしょうか。

C#は学習環境を整えやすく、比較的学習しやすい言語のひとつです。プログラムの構造もオブジェクト指向のため、一度覚えてしまえばJavaやRubyなどオブジェクト指向のプログラミング言語を学習する際にも役立ちます。

学習書籍は数多くありますが、相性の良い書籍で学習するとより効率が上がります。書店などで一度ざっと目を通してみて、ご自身が学習しやすそうな書籍を選んでみてください。

WebCamp・Webスクについて

WebCampは1ヶ月でプログラミング・Webデザインスキルを学ぶ通い放題のプログラミングスクールです。Webスクは半年間で未経験から即戦力エンジニアを育成する転職保証付きのプログラミングスクールです。

2つのサービスを運営するインフラトップでは、「学びと仕事を通して人生を最高の物語にする」という理念で会社を経営しています。

キャリアアップを目指す方は、この機会に私達と一緒にプログラミングを学んでみませんか?

[CTABtn]

[CTABtn2]