簡単な仕事10選!5つの特徴と就くための5つのポイントを徹底解説

2021.09.07
簡単な仕事

世の中には、簡単な仕事もあれば難しい仕事もあります。

「いまの仕事がつらいから簡単な仕事に変えたい」
「簡単な仕事ってどういうものがあるんだろう」

と感じていませんか?

人によっては、簡単な仕事を選ぶことでいままでより充実して働けるようになります。

今回は、

  • 簡単な仕事の特徴
  • 簡単な仕事10選
  • 簡単な仕事に就職するためのポイント

などについてご紹介します。

「簡単な仕事を知りたい、できれば転職したい」と感じている人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

簡単な仕事の5つの特徴とは

簡単な仕事の特徴のイメージ

まず、簡単な仕事とはどういうものかを確認しておきましょう。

あなたは「簡単な仕事」と聞くと、どんな仕事をイメージするでしょうか。

一般的に簡単だと言われる仕事には、5つの特徴があります。

  1. 誰でもすぐに覚えられる
  2. 体力的・精神的に疲れない
  3. ルーチンワーク
  4. ノルマや責任が大きすぎない
  5. 1人で仕事を進められる

それでは、順番に見ていきましょう。

1.誰でもすぐに覚えられる

仕事内容がシンプルで、誰でもすぐに覚えられるという特徴があります。

複雑な作業工程が少なく、難易度が高くありません。

「仕事を覚えるのが苦手」という人でも安心して働ける環境が多いです。

また、仕事のマニュアルや手順が明確に定められ、参考にしながら働ける仕事もありますよ。

2.体力的・精神的に疲れない

体力的・精神的に疲れにくいことも、簡単な仕事の特徴です。

たとえば、肉体仕事やクレーム対応などは、心身への負担が大きく大変ですよね。

簡単な仕事では、体力的にも精神的にも負担の少ない働き方ができる仕事が多いです。

自分の体調に無理のない範囲で働くことができますよ。

3.ルーチンワーク

簡単な仕事の特徴として、業務内容が変わらないルーチンワークであることがあげられます。

ルーチンワークとは、同じ工程を繰り返すような仕事のことです。

たとえば工場で決まった商品を出荷し続けるという仕事は、ルーチンワークにあたります。

最初は覚えるまで時間がかかるかもしれませんが、一度慣れてしまえばとても楽に働けますよ。

4.ノルマや責任が大きすぎない

大きすぎるノルマや責任が課されることはありません。

ノルマや責任が大きいと、精神的に追い詰められてしまう人もいるでしょう。

簡単な仕事を選べば、比較的自分のペースで働けることも多いです。

大きな仕事を任されることも少ないので、楽な気持ちで働けます。

5.1人で仕事を進められる

人と関わることに苦手意識があると、チームで取り組む仕事などはストレスが大きいですよね。

簡単な仕事には、1人で仕事を進められる特徴もあります。

ほかの人を気にすることなく、目の前の業務に集中できますよ。

人間関係やコミュニケーション力に不安がある人でも、安心して働けます。


今の仕事に“不満”持ってないですか?
転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】は
✔︎未経験からITエンジニアへ転職したい
✔︎スキルを上げて、キャリアチェンジしたい
✔︎ITエンジニア転職に興味はあるけど、一人で目指すのは不安…
といった方におすすめです!

あなたの転職を一歩有利に!

簡単な仕事10選!楽だと感じるポイントも紹介

簡単な仕事10選!楽だと感じるポイントも紹介

簡単な仕事の特徴を見てきました。

ここで気になるのは、「簡単な仕事の特徴が当てはまる仕事ってどれ?」ということですよね。

今回は簡単な仕事のおすすめを10選ご紹介します。

楽だと感じるポイントを参考に、自分にあった仕事があるか探してみましょう。

1.事務員

事務員とは、幅広い事務作業を行う仕事です。

PCを使って事務的な作業をおこない、自分のペースで進めることができます。

楽だと感じるポイントは、以下のとおりです。

  • 定時で帰れる
  • 与えられた仕事をするだけ
  • 座って作業ができる
  • 空調の整った室内で働ける

職場はオフィスや病院、学校、公共施設などさまざま。

PC操作に慣れているとより働きやすいでしょう。

2.警備員

警備員は、公共施設や商業施設などで警備をする仕事です。

基本的には施設の巡回や監視カメラの映像を確認し、異常がないかをチェックします。

不審者や不審物があった場合には、連絡・対応が必要です。

楽だと感じるポイントは以下のとおり。

  • 1人での業務ができる
  • 人と関わる機会が少ない
  • トラブルが起こることが少ない
  • 座って監視カメラを見ていられる
  • 仕事内容がルーチンワーク
  • 深夜警備など時間帯を選べる

巡回や指定場所での警備では立ち仕事になりますが、肉体的な負担は大きくありません

監視カメラを確認する場合は、室内で座って業務に当たることもできます。

3.清掃・メンテナンス

清掃・メンテナンスは、施設をきれいに整え、異常がないかを点検する仕事です。

場所や手順を覚えれば、同じ内容を繰り返して掃除・点検するだけなので簡単と言えます。

楽だと感じるポイントは以下のとおりです。

  • 1人での業務ができる
  • ノルマや納期がなく、ゆったり働ける
  • 人と関わる機会が少ない
  • 業務内容がルーチンワーク
  • 責任が大きすぎない

慣れれば苦労することも少なく、手際よくこなしていけるでしょう。

きれい好きの人であれば、自分の掃除テクニックを生かして働けます

4.工場のライン作業

工場のライン作業とは、ラインに流れてくる製品などに一定の手を加える仕事です。

たとえば、商品にシールを貼る、ケーキにいちごを乗せるなどといった単純作業を繰り返します。

楽だと感じるポイントは以下のとおりです。

  • 目の前の作業をただやるだけ
  • 何も考えずに手を動かせる
  • 1人でも、隣の人と話しながらでもできる
  • 夜勤があり、生活リズムに合わせられる

ルーチンワークの代表的な仕事です。
慣れれば頭を使うことなく自然とできるようになります。

長時間にわたり同じ動作をひたすら繰り返す仕事なので、飽きっぽい人には向いていません。

5.研究開発

研究開発とは、商品を研究・開発する仕事です。

新しい商品に携われる仕事で、専門的な知識が求められます。

楽だと感じるポイントは以下のとおりです。

  • やるべきことが明確
  • 空調の整った室内での業務
  • ルーチンワークが多い

職場は食品・医療・化学系のメーカーなどが中心になります。

専門知識を生かせるので、好きな分野の場合は楽しく働けるでしょう。

ただし、研究開発中にうまくいかない原因が追求できないときは、なかなか仕事が終わらないこともあります。

6.データ入力

データ入力の仕事のイメージ

データ入力は、資料などのデータをPCに入力する仕事です。

基本的には用意されたデータを入力していきます。

会社勤務の場合は、簡単な電話対応や接客をこなした上でデータを入力することも。

楽だと感じるポイントは以下のとおりです。

  • 1人で作業できる
  • 在宅でも作業可能
  • 業務がルーチンワーク
  • 空調の整った室内で作業できる
  • ノルマや期限があまりない

タイピングに慣れている方にはおすすめです。

早く正確なタイピングができると、どんどん作業を進められます。

7.トラックドライバー

トラックドライバーは、トラックの運転をして荷物を運ぶ仕事です。

トラックでの移動には近・中距離のものから、高速道路を使う中・長距離まであります。

運転するトラックに合った運転免許が求められ、取得が必要です。

楽だと感じるポイントは以下の通り。

  • 1人で作業できる
  • 人間関係を気にする必要がない
  • 休憩時間が長い(4時間の運転につき30分休憩)
  • 運転中は音楽を聞くこともできる
  • 空調の整った車内での業務
  • 夜勤など働く時間帯が選べる

ドライバーは人手不足なので、転職しやすい職種でもあります。

ドライブが好きな方にはおすすめです。

8.コールセンター

コールセンターは、商品やサービスについてのお客様からの問い合わせに対応する仕事です。

対応にはマニュアルや説明書があるので、トラブルになりにくいと言えます。

楽だと感じるポイントは以下のとおりです。

  • 空調の効いた部屋で座って業務できる
  • マニュアルに沿って受け答えや説明をするだけ
  • 人間関係を気にする必要がない
  • ノルマや制限がない

座って電話応対をするだけなので、服装や髪型、メイクに制限がないことも魅力的です。

最近では電話応対に苦手意識を持つ人も増えていますが、慣れれば楽に働けます。

ただし、クレーム対応の場合は精神的に負担が大きいので注意しましょう。

9.在宅ワーク

在宅ワークは、自宅にいながら働く仕事です。

具体的には、プログラミングやデザイン、ライティングなどのスキルを生かしてPCで仕事をします。

フリーランスとして働く場合は、作業場所や時間、仕事量などを自分で決めることが可能です。

楽だと感じるポイントは以下になります。

  • 自宅にいながら働ける
  • 好きな場所・時間帯で作業できる
  • 通勤の必要がない
  • 1人で作業できる
  • 人間関係に悩むことがない
  • 自分のペースで仕事量を調整できる

在宅フリーランスの場合、仕事をしたぶんだけ収入になるので、自分の成果を感じやすいです。

ただし、収入は仕事量に応じて変化し、一定ではなくなるので注意しましょう。

10.ルート営業

ルート営業とは、既存顧客のもとをまわって営業する仕事です。

新規の顧客を開拓する場合と異なり、すでに面識のある顧客なので、安心して営業ができます。

楽だと感じるポイントは以下のとおりです。

  • 関わる人が決まっている
  • 営業の中でもルーチンワークが多い

移動が多いですが、体力的な負担は大きくありません

ただし、既存顧客の悩みやニーズに合った新しい提案をする力が求められます。

人の困りごとの力になることが得意な人におすすめです。

簡単な仕事に就くために大切な5つのポイント

簡単な仕事に就くために大切な5つのポイント

簡単な仕事を10種類ご紹介しました。
興味のある仕事はあったでしょうか。

「さっそく簡単な仕事に就きたい」という方のために、大切な5つのポイントをお伝えします。

以下のポイントを実践することで、簡単な仕事に就ける可能性が上がりますよ。

1.自分にとっての「簡単」がなにかしっかりと考える

まずは、自分にとってどんな仕事であれば「簡単」と言えるのかを明確にしましょう。

「簡単な仕事」と言っても、得意不得意は人によりますよね。
何を簡単と感じるかは人それぞれです。

以下の項目を参考にしてみましょう。

  • 1人で働く
  • 人とあまり関わらない
  • ルーチンワークが多い
  • 自分のペースで働く
  • マニュアルがある
  • 働く時間や場所を自分で決められる
  • 仕事量を自分で調整できる
  • ノルマや制限がない

ほかにも、あらゆる条件があります。

自分にとってどんな条件がある仕事であれば「簡単」だと感じるのか、よく考えることが大切です。

2.面接で自分の能力をしっかりアピールする

自分に合った仕事を見つけて採用面接に進んだら、自分の能力をしっかりアピールしましょう。

簡単な仕事は応募者が多く、自分をアピールできなければ採用されない可能性もあります。

自分の能力や強みを仕事にどう活かせるのかをわかりやすく伝えることが大切です。

また、志望動機を「簡単だから」と伝えることは避けましょう。

面接では、あくまで仕事への適性を意欲を見せることが採用につながります。

3.条件についてはしっかりと確認する

どれだけ簡単な仕事でも、労働条件等はしっかりと確認しましょう。

仕事を始めた後になって、待遇や給料が違うというトラブルを防ぐことができます。

条件を確認していないと、仕事のミスマッチに繋がる可能性も少なくありません。

快適に働くためにも、契約内容や労働条件をよく理解しておきましょう

4.実際に仕事に就いている人から話を聞く

「簡単な仕事と言うけど、本当に自分にできるだろうか」と不安な場合は、実際に働いている人に話を聞いてみるといいですよ。

実際に働く人から、

  • 楽だと感じるポイント
  • 大変なこと
  • 仕事を始めてからのギャップ
  • どんな人におすすめか

などのリアルな話を聞けると、イメージしやすくなります。

不安や心配なことを相談しておくことで、安心して仕事を始められますよ。

積極的に話を聞いて、自分が働く参考にしましょう。

5.転職エージェントをつかうのも効果的

「簡単な仕事はわかったけど、どれが自分にあっているのかわからない…」という方もいるのではないでしょうか。

仕事選びで迷う場合は、転職エージェントを利用するのが効果的です。

転職エージェントはあらゆる業界・業種に精通している就職活動のプロと言えます。
あなたの希望を聞いておすすめの仕事を紹介してくれますよ。

また、履歴書や面接の準備などもサポートしてくれるので、就職活動に不安がある方にもおすすめです。


今の仕事の不満を変える“転職”という選択肢!
転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】なら
✔︎最短3ヶ月でITエンジニアに転職可能!
✔︎未経験者専門のカリキュラムで挫折することなく続けられる!
✔︎一人一人に寄り添った手厚いキャリアサポート!

あなたのキャリアをトータルサポート

簡単な仕事に就く3つのデメリットとは

簡単な仕事に就く3つのデメリットとは

簡単な仕事に就くポイントを押さえれば、就職活動も安心ですね。

しかし、簡単な仕事にはデメリットもあります。

事前に知っておくことで、入社後のミスマッチを防ぐことができるので、確認しておきましょう。

ここでは、簡単な仕事に就く3つのデメリットをご紹介します。

  1. 給料が上がりにくい
  2. 応募人数が多い
  3. スキルが身につかない

さっそく確認していきます。

1.給料が上がりにくい

簡単な仕事を選ぶ場合、短期的な雇用になることが多く、昇給はほとんどありません

誰でもできるような責任の小さい仕事を担当することになるため、高収入を得ることは難しくなります。

簡単な仕事は、収入よりも働きやすさを重視する人におすすめです。

ただし、雇用されないフリーランスの場合は、仕事量によって収入が変わるので、自分の頑張り次第で収入を上げることはできますよ。

2.応募人数が多い

簡単な仕事は応募人数が多いことから、就きたい仕事になかなか採用されないケースもあります。

たとえば、警備員の仕事は募集人数がそれほど多くありません。
なかなか枠があかないので、採用されにくい仕事です。

一方で、コールセンターは大人数を採用する傾向があります。

つまり、仕事によって応募数や採用される難易度が変わるということです。

たくさんの応募の中から採用されるには、就職活動で効果的にアピールすることが大切ですね。

3.スキルが身につかない

簡単な仕事は誰でも未経験からできる業務が多いですが、そのぶんスキルが身につきません

業務内容は単純作業が多く、一度できるようになれば新しく学ぶことがないためです。

簡単な仕事は、一時的に楽な仕事を選ぶには良い選択肢と言えます。
しかし、将来を考えるとスキルが身につかないことは不安ですね。

時間に余裕を持って働けることが多いので、副業や自主学習などでスキルアップをしておくと良いでしょう。

まとめ:簡単な仕事をしつつ、スキルを身につけていくのも大切

今回は簡単な仕事の特徴や就職のポイントについてご紹介しました。

現在働けていなかったり、いまの仕事がつらいと感じている人には、簡単な仕事にすることで充実して働けます

しかし、簡単な仕事は時間が余りやすい一方で収入も増えません。

将来のことを考えるなら、別でスキルを磨いておくと安心です。
新しく始めるなら、プログラミングをおすすめします。

プログラミングは覚えるまでが大変ですが、覚えた後はずっと使えるスキルになりますし、需要も高いです。

将来的に大きく稼げる可能性のある仕事なので、ぜひプログラミングスキルを身につけることを検討してみてください。

簡単な仕事をしながら、自由な時間にスキルを身につけしょう。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

PAGE TOP

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5