IT技術者とは?主な働き方や年収・未経験からなるための5ステップなどを徹底解説

2021.09.10
IT技術者とは?

最近はIT業界の勢いが盛んで、技術を生かした仕事に就く人が増えていますね。
周囲にも、IT業界に転職した人がいるのではないでしょうか。

そんななか、

「IT技術者ってどういう仕事をする人のこと?」
「未経験からIT技術者にはなれる?」

と疑問に感じていませんか?

IT業界は専門性の高い技術を扱う職が多いですが、具体的にどんな技術者がいるのかよくわかりませんよね。

今回は、

  • IT技術者とは、主な10種類の職種
  • IT技術者になるメリット
  • 未経験からIT技術者を目指す5ステップ

などについてご紹介します。

「IT技術者の種類やなり方について詳しく知りたい!」という方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

IT技術者とは、IT業界で仕事をしているエンジニアのこと

IT技術者とは、IT業界で仕事をしているエンジニアのこと

IT技術者とは、IT業界で仕事をしている技術者、特にエンジニアのことを指す言葉です。

ただし、法律などで特に明確な定義が定められているわけではありません。

IT業界のエンジニアは、情報技術(Information Technology)の分野において、便利で快適な環境を構築する、専門知識やスキルを持つ人を意味します。

理系の仕事だとイメージされることが多いですが、実は文系でもなりやすい職業です。
活躍するIT技術者には、文系が意外と多いですよ。

IT技術者の種類は幅広く、あらゆる職種や役割が存在しています。
では、具体的なIT技術者の種類を見ていきましょう。


今の仕事がつらい…」「もっとやりがいのある職場で働きたい…」そんな悩みを抱えていませんか?
転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】は
✔︎効率的にスキルアップしたい
✔︎スキルを上げてキャリアチェンジしたい
✔︎安定した仕事に就きたい
といった方におすすめです!

エンジニア転職のプロがあなたのキャリアをサポート!

IT技術者の主な10種類を解説

IT技術者の主な10種類を解説

IT技術者にも様々な種類があります。

そこでこちらでは、IT技術者の主な10種類について解説していきます。

  1. システムエンジニア
  2. プログラマー
  3. ネットワークエンジニア
  4. システムコンサルタント
  5. ゲームエンジニア
  6. フロントエンドエンジニア
  7. セールスエンジニア
  8. 社内SE
  9. Webエンジニア
  10. サポートエンジニア

それでは、詳しく見ていきましょう。

1.システムエンジニア

IT業界のエンジニアと聞いてまずイメージされやすいのが、システムエンジニア(SE)です。

システムエンジニアとは、アプリケーションやITサービスのシステムを設計・構築、導入をサポートするなど、システムに関して幅広く関わる職業と言えます。

基本的には、要件定義から設計・テストまでの管理と一連の流れを担当するのです。

ただし、担当する範囲が幅広いため、企業によっては細かい仕事内容が異なることも珍しくありません。
企業の求めに応じて業務範囲が決まります。

クライアントとも直接関わるため、エンジニアの技術だけではなく、コミュニケーション能力や提案力、プロジェクトのマネジメント能力が求められます。

2.プログラマー

IT技術者の中でも最も基本的で、有名な職種がプログラマーです。

システムエンジニアがシステム設計を主におこなうのに対し、プログラマーはプログラミングでサービスや環境を組み立てていく職種と言えます。

わかりやすく言えば、家の設計図を作るのがシステムエンジニア、実際に建てる大工さんがプログラマーというイメージです。

設計書に沿ってプログラムを組む技術力が問われます

プログラミングには不具合がつきものなので、いま起きている問題をどうすれば解決できるのかを考える「問題解決能力」も大切になるでしょう。

プログラマーとして経験を積んだ人は、次のステップとしてシステムエンジニアへすすむケースも存在します。
大手以外の企業では、それぞれの職種を兼務することも少なくありません。

IT技術者の中でも代表的な働き方なので、プログラミングの基礎がしっかりと求められる職業です。

3.ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、コンピュータネットワークの設計・構築・運用・保守を専門的におこなう職種です。

システムエンジニアが特化してネットワークエンジニアとなるケースが多く、得意分野や配属先によって変わります。

主な業務は、情報通信に関する様々な技術を用いてネットワークシステムの構築をおこなうこと。

一方で、単純に現場でLANの設置をおこなうのは別の職種です。
混同しないように注意しましょう。

あくまでプログラミングによるネットワークシステムを担当としています。

4.システムコンサルタント

IT技術職の中でも特注な立ち位置にいるのが、システムコンサルタントです。

システムコンサルタントとは、企業のITシステムに関する悩みを解決に導き、IT戦略の立案をサポートする職種

技術力はもちろんありますが、それ以上にクライアントのニーズをくみ取り、適切な提案をする企画力が求められます。

コミュニケーション力と合わせて、IT技術をどうビジネスに活かすかを論理的に説明する力が重要です。

5.ゲームエンジニア

ゲームエンジニアのイメージ

ゲームエンジニアは、名前の通りゲームをつくる職種を指します。

ゲームエンジニアには主に、コンシューマー向けゲーム会社と、スマホ向けゲーム会社の2種類が就職先です。

コンシューマー向けは、任天堂など家庭用ゲーム機を出している会社や、コナミやカプコンなどゲームのソフトを出している会社です。

一方、スマホ向けは、モバゲーやグリー、サイバーエージェントなどゲームアプリを開発する会社のこと。

どちらもひとつのゲームを作るためにチームを組み、数ヶ月~数年単位でプロジェクトを進行していきます。

ゲームが好きで、ゲームに携わる仕事がしたいと考えている方にとっては、うってつけの職業です。

6.フロントエンドエンジニア

最近はWeb上のサービスでも、見た目がよくて機能的なデザインが増えていますね。

フロントエンドエンジニアは、ユーザーの目にする部分(フロントエンド)を担当する職種です。
Webサイト全体のデザインから、細かなボタンの配置まで、目に見えるすべてのものをフロントエンドエンジニアが構築していきます。

Webサービスを開発するには、ユーザーの目にするフロントエンドと、ユーザーの目に触れないバックエンド(サーバーサイド)のどちらも重要な役割です。

フロントエンドエンジニアは、デザインや動きをつけるために、HTML・CSS・JavaScriptの言語を用います。

ほかにもデザインの知識やセンスが求められるなど、プログラミング以外の要素も重要です。

7.セールスエンジニア

IT技術者のなかで、営業を担当する職種がセールスエンジニアです。

サービスや製品について、技術的な知識を持ちながら、クライアント目線でどう役立つのかをわかりやすく伝えます。

通常の営業と違い、サービスや製品の内容を深く理解して説明できることが特徴的です。

技術的な観点からクライアントの疑問を解消したり、効果的なアピールをおこないます。

開発したサービスや製品の良さをクライアントに知ってもらう、橋渡し的な立ち位置と言えるでしょう。

8.社内SE

近年はIT化が進み、ITに特化した企業でなくても多くの企業がITシステムを導入しています。

そこで活躍するのが、社内のITシステムを担当する職種の社内SEです。

企業内の「情報部門」「IT部門」が社内SEの活躍の場です。

社内SEの特徴としては、新規にシステムを開発するのではなく、すでにあるシステムを社内に導入して適切に利用することがあげられます。

さらに社内のパソコンの不具合に対応することも、仕事のひとつです。

社内SEは、企業のIT技術導入には欠かせない存在だといえます。

9.Webエンジニア

Webエンジニアとは、WebサイトやWebアプリケーションなどWebを通して操作するシステムの開発をする職種です。

Web上での使用に特化したシステムについて設計・開発・運用・保守をおこなうのが基本になります。

複数のプロジェクトを同時並行で、WebプログラマーやWebディレクター、Webデザイナーなど、職種を横断して連携しながら進めることも少なくありません。

よって、マルチタスク能力やコミュニケーション能力が求められる仕事です。

10.サポートエンジニア

サポートエンジニアは別名ヘルプデスクとも言います。

クライアントが導入したソフトウェア・ハードウェアなどのIT製品について、技術的なサポートをおこなう職種です。

具体的には、電話やメールでIT製品の操作方法や故障に関する問い合わせを受け付け、原因の特定と的確なアドバイスで問題を解決します。

電話・メールによる対応で不十分なときは、現地まで出向いてサポート対応することも。

IT技術や知識だけでなく、製品知識や問題解決能力が求められる仕事です。

IT技術者の平均年収は457万円!職種別に解説

年収を意識している会社員のイメージ

IT技術者にはあらゆる職種がありました。

それぞれの年収が気になるのではないでしょうか。

IT技術者の平均年収は457万円です。(出典:doda 平均年収ランキング)

日本全体の平均年収が408万円なので、平均より少し多いですね。

職種別に見た年収は以下になります。

職種 年収
プロジェクトマネージャー 656万円
ITコンサルタント 611万円
研究開発 554万円
データサイエンティスト 522万円
システム開発/運用 471万円
ネットワークエンジニア 457万円
Webサービスエンジニア 429万円
プログラマー 422万円

(出典:doda 平均年収ランキング)

職種別に見ると、プロジェクトマネージャーやITコンサルタントなど、単に技術があるだけではなくプロジェクトをまとめたり、企業利益につなげる立場の職種がより高年収となっています。

一方で、技術者ではビッグデータやIoTなどの先端技術を扱うデータサイエンティストなどが比較的高年収です。

IT技術者は全体的に年収が高い傾向ですが、技術力に加えてマネジメントスキルや先端技術の分野を掛け合わせることで、さらに上を目指せることがわかります。


ITスキルを身につけて活躍できる人材を目指しませんか?
✔︎ITスキルで理想のキャリアを築くなら【DMM WEBCAMP
✔︎作業効率化やテクノロジー理解、論理的な思考力を養える!
✔受講者の97%が未経験者!独自開発の教材で徹底サポート!

あなたの転職を一歩有利に!

IT技術者が人材不足だといわれる5つの理由

IT技術者は全体的に年収も高く、将来性も見込める仕事です。

しかし、現実的には人材不足が続き、2030年には最大で78.7万人不足する見込みとなっています。(出典:IT人材需給に関する調査)

2030年のIT人材の需要と供給の差

なぜこれほどIT技術者が人材不足となるのでしょうか。

5つの理由をご紹介します。

  1. IT業界そのものが成長産業だから
  2. つぎつぎに新しい技術が登場しているから
  3. ほかの業界よりもスキルが求められるから
  4. 既存のIT技術者が高齢化によって退職しているから
  5. IT業界は仕事が忙しいと思われているから

それでは、見ていきましょう。

1.IT業界そのものが成長産業だから

IT業界が人材不足の原因の1つは、業界が成長産業であることがあげられます。

IT業界や、あらゆる業界のIT分野はどんどん事業が拡大しており、まさに成長真っ只中です。

いまやほとんどの人がスマホやPCを通してITサービスを利用し、なくてはらならいものとなっていることでしょう。

生活が便利になる新しいサービスの大半も、IT系が多いですよね。

今後もますます成長する見込みのIT産業ですが、その結果としてIT技術者を求める市場が拡大しており、人材不足が起きているのです。

2.次々に新しい技術が登場しているから

IT技術は常に進化し、新しい技術が次々と生まれています。

変化が激しい中では、技術・知識が古くなるスピードも速くなる一方です。

たとえば指紋認証や顔認証などの生体認証は、ひとむかし前にはほとんど使われていませんでした。
ところがいま発売されている最新のスマートフォンやパソコンには、必ずといっていいほど導入されています。

このように、IT技術者は常に学習し技術や知識をアップデートする必要があり、人材のスキル習得が追いつけない事態が起きています

新しい技術がどんどん登場することから、企業側の需要に対して、見合う技術や知識を備える人材が不足しているのです。

3.ほかの業界よりもスキルが求められるから

IT業界の人材不足が著しいのは、ほかの業界と比較して専門的なスキルが必要であることも原因です。

IT業界は技術を持つ人材を必要としています。
しかし、専門性の高い技術の習得は数ヶ月単位、数年単位の時間をかけて習得していくものです。

スキルが求められることで敬遠して技術者を目指そうとしない人も少なくありません。

誰もがすぐに技術者になれるわけではなく、求められるレベルに見合うスキルを身につける必要があるので、人材不足につながっています。

4.既存のIT技術者が高齢化によって退職しているから

長年にわたり既存のIT業界の基幹システムを構築していた技術者が高年齢化し、退職していることも人材不足の原因です。

最近はWebサービスやゲームの開発に携わるエンジニアが多い傾向にあります。

一方で、汎用機エンジニアや基幹系エンジニアなどが減少し、若手が増えないので、人材が不足している状況に陥っているのです。

高齢化は日本の大きな問題ですが、IT業界においても技術者不足の一因となっています。

5.IT業界は仕事が忙しいと思われているから

IT業界が人材不足である一因として、業界全体に「仕事が忙しそう」というイメージがあります。

「システムに問題が起きたら帰れない」「残業が多い」「長時間頭を使うパソコン作業でつらい」といったマイナスなイメージが、業界に人が増えにくい原因になっているのです。

もちろん繁忙期やトラブルの発生時は早急な対応が求められるので、忙しくもなるでしょう。

しかし、新しい考え方や働き方を受け入れる柔軟性もあり、「つらい仕事」と言うのは一面的です。

ネガティブな部分に注目が集まり、人材不足につながっているのでしょう。

IT技術者になる5つのメリット

IT技術者になる5つのメリット

IT業界が人材不足な理由をお伝えしました。

このような状況下で、IT技術者になるメリットにはどのようなものがあるのでしょう。

こちらでは、IT技術者になる5つのメリットをご紹介します。

1.需要が高く就職につながりやすい

IT技術者になる大きなメリットの1つは、需要が高く売り手市場なので、就職に繋がりやすいという点です。

IT業界は人材不足なので、比較的就職がしやすい特徴があります。

求人サイトを見ると、IT技術者の求人は非常に多いです。
どこの企業も人材を求めていることがわかりますね。

きちんとスキルを習得し、実績を持って就職活動にのぞめば、不安に考えすぎることはありません。

他の業界と比べても、就職してキャリアを積みやすい業界と言えます。

2.平均年収が高め

IT技術者は日本の平均年収と比較して、高めの収入を得ることが可能です。

令和元年の調査では、平均月収と賞与等から計算した情報通信業の平均年収は、20代で約348万円、30代で約519万円、40代で約672万円、50代で約785万円となっています。(出典:厚生労働省 令和元年賃金構造基本統計調査)

企業が求めるレベルのスキルを習得して就職すれば、年収アップを叶えられる可能性があるでしょう。

さらに、IT業界は実力主義なので、成果を出すほど年収も高まります

IT技術者の年収の高さは、かなり魅力的なメリットではないでしょうか。

3.将来的に仕事がなくなりづらい

IT業界は今後もますますの成長が予測されており、いまだ落ち込むことは考えられていません。

つまり、IT技術者は非常に将来性のある仕事と言えます。
将来性は仕事を選ぶ腕も重要な判断基準ですよね。

IT技術者はこれからも需要が高く、今後も仕事がなくなること長期的にないでしょう。

万が一勤めている会社に問題が起きたとしても、IT技術者なら自分の手に職をつけているので、独立してしまうことも可能ですよ。

技術の発達によって将来性が不安視される仕事が多い中、IT技術者は安泰だといえます。

4.フリーランスとして独立も可能

IT技術者は手に職をつけられる仕事です。
高い専門性や実績があれば、フリーランスとして独立して働くこともできます。

会社員として働くIT技術者は、会社から給料を受け取っているため、金額は毎月一定です。

一方で、フリーランスで働けば、自分の仕事量や収入は自分で決められます

チームでプロジェクトに取り組む企業と比べると、仕事の規模は大きくないかもしれませんが、収入はむしろ高くすることも可能です。

実力あるフリーランスのIT技術者の中には、年収1,000万円を超える人も少なくありません。

5.自由な働き方を推奨している会社が多い

IT業界は新しい技術や考え方を柔軟に取り入れる傾向があり、自由な働き方を推奨している会社が多いです。

たとえば、フレックスタイムやリモートワーク、時短勤務などを有効に用いて、働き方の自由度をあげています。

これらの働き方は、うまく取り入れればむしろ生産性がアップするという効果もあるのです。

特にIT技術者は、パソコンやWi-Fiなどの作業環境さえ整っていれば、オフィスの外でどこでもいつでも仕事ができます。

「会社に務めながら、時間や場所にとらわれない自由な働き方がしたい」という方には、IT技術者はおすすめの職業です。

未経験からIT技術者になるための5ステップ

未経験からIT技術者になるための5ステップ

IT技術者になるのは魅力的なメリットがありました。

「IT技術者になりたい」と感じた方もいるかもしれません。

未経験からでも目指すことは十分可能なIT技術者ですが、目指すにはきちんと手順を踏む必要があります。

未経験からIT技術者になるための5つのステップをご紹介しましょう。

  1. プログラミングスキルを身につける
  2. 自分のポートフォリオを作る
  3. 派遣社員や契約社員で実務経験を学ぶ
  4. 転職エージェントを使って正社員の仕事を探す
  5. フリーランスとして独立する

さっそく、ひとつずつ見ていきます。

1.プログラミングスキルを身につける

まず必要なのは、プログラミングスキルを身につけることです。

新卒採用の場合は入社から半年間ほど研修でプログラミングを学ぶケースも多いですが、中途採用の場合はスキルを習得していることが前提となります。

企業が求めるレベルまで、プログラミングスキルの学習を重ねましょう

ただし、進みたい分野によって必要なプログラミング言語は異なります。
自分のやりたいことに合わせた言語を選ぶことが大切です。

プログラミング言語選びや学習に不安がある場合は、プログラミングスクールの利用がうってつけですよ。

2.自分のポートフォリオを作る

ある程度プログラミングスキルが身についたら、自分でシステムやWebサイトなどを制作し、ポートフォリオにまとめましょう。

ポートフォリオとは、自分の実績やスキルをまとめたものです。
エンジニアの多くは、自分のポートフォリオを持っています。

学習の過程で作成したWebページやプログラムがあれば、まとめておきましょう

また、「Qiita」というエンジニアの情報共有サービスに学習したことをまとめて投稿していくだけでも、自分の学習記録が形に残ります。

自分の実績を一覧で見られるようにすることで、就職活動に役立ちますよ。

3.派遣社員や契約社員で実務経験を学ぶ

ポートフォリオを活用して就職活動をおこない、派遣社員や契約社員から実務経験を積んでいきましょう。

スキルによってはいきなり正社員ももちろん可能ですが、IT技術者の正社員採用では、実務経験を求められるケースが多いです

場合によっては数年間の経験を要求されることもあるので、正社員という形にこだわらずに実務に携わることは大切だといえます。

就職しやすい派遣社員や契約社員であっても、実務経験を積むことは可能です。

実際に仕事としてプログラミングを扱うと、わからないことや壁にぶつかるでしょう。

たくさんの実務経験を積んで、自分自身のスキルと経験を磨いてくださいね。

4.転職エージェントを使って正社員の仕事を探す

実務経験が積めたら、転職エージェントを利用して正社員の仕事を探しましょう。

転職エージェントを利用することで、自分の強みや実績を第三者目線で評価でき、企業に効果的にアピールできます。

また、IT技術者として働ける企業は非常に多いです。
自分一人で就職活動をしても、どんな会社が自分にあうのか判断が付きません。

転職エージェントなら、あらゆる業界や職種に精通しているので、あなたにあった仕事を紹介してくれますよ。

また、履歴書の添削や面接練習のサポートがあることも心強いです。

5.フリーランスとして独立する

正社員としてある程度の経験を積んで実績がつき、エンジニアとしての自信がついたら、フリーランスとして独立することもひとつの道です。

フリーランスになれば、仕事量や働く時間、場所を自分で決めることができますよ。

また、会社員と比べて高い収入を得ることも可能です。

ただし、自由度が広がるぶん、自分の責任になることも増えるので、よく考えて選択しなければなりません。

自分がどんな働き方をしたいのかを考えてキャリアを積んでいきましょう。

IT技術者として通用するプログラミングスキルを磨くならスクールがおすすめ

本で知識を得ているサラリーマンのイメージ

未経験からIT技術者になる5つのステップをご紹介しました。

しかし、自分の力だけでIT技術者を目指す人の多くはプログラミングのスキル習得でつまずき、途中で挫折してしまいます。

独学での学習が不安、またポートフォリオ作成や就職活動に不安があるという方は、転職サポート付きのプログラミングスクールに通うのがおすすめ

プログラミングは経験者に教えてもらうことで、学習効率が非常に高まり、継続もしやすくなるのです。

また、転職サポート付きで転職率の高いスクールを選べば、習得したスキルを最大限活かしてIT技術者への転職を成功させることができますよ。

まったくの未経験からIT技術者になるための道がしっかりと用意されているので、興味がある方は転職サポート付きのスクールをチェックしてみてください。

IT技術者が持っていると有利になる資格とは

IT技術者が持っていると有利になる資格とは

最後に、IT技術者に転職する際に持っていると有利になる資格をご紹介します。

IT技術者は、専門的な技術を武器として仕事をします。

技術力は資格によって証明することができるので、うまく活用すると転職活動でも有利になりますよ。

また、資格を取得していることで、IT技術者の仕事への意欲をアピールすることもできます。

こちらで、IT技術者が持っていると有利になる資格を確認していきましょう。

1.基本情報技術者・応用情報技術者

最初にご紹介する資格は「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」というものです。

どちらも独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が主催している国家資格試験で、ITエンジニアとしての技術から管理、経営まで幅広い知識の習得を目的としています。

国家資格ということもあり、企業からの評判は高めです。

試験は、春と秋の年2回実施されています。
平成29年度秋の合格率はどちらも20%程度です。

難易度は高いですが「IT技術者として標準的な知識を習得したい」「IT業界の転職に役立つ資格がほしい」という方におすすめします。

2.システムアーキテクト

「システムアーキテクト」という資格を耳にしたことがあるでしょうか。

こちらもIPAが主催するシステムアーキテクト試験で、知識に基づく的確な分析やニーズに適した設計をおこなう上級エンジニアを育成することを目的としています。

「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」に比べ、さらに高いレベルの知識や技術を試すものです。

2019年度春の合格率は15.3%でした。
難易度の高さがうかがえますね。

「システムの上流工程を主導するエンジニアを目指したい」という方におすすめです。

3.ITパスポート

最後にご紹介するのは「ITパスポート」という資格です。
聞いたことがある方も多いかもしれません。

「ITパスポート試験」については、公式ホームページにて次のように記載されています。

ITを利活用するすべての社会人・これから社会人となる学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。(出典:ITパスポート試験公式HP)

高校や大学、企業など幅広い年代で実施され、ITの基礎的な知識を身につけるのに役立つ資格です。

試験は全国47都道府県の会場で、CBT(Computer Based Testing)方式により随時実施されています。

就職活動のエントリーシートや、企業の社内教育・研修でも活用されている試験です。
年々受講者が増加しています。

平成29年度の合格率は50.4%と、ほかの資格に比べても高めです。

「まずはIT知識に触れたい」「ITの基礎を習得したい」という方におすすめです。

まとめ:スキルを身につけて、長く活躍できるIT技術者を目指そう

今回は、IT技術者の種類やなる方法についてご紹介しました。

IT技術者にはあらゆる職種がありますが、まず基本となるのはプログラミングスキルです。

独学で習得も可能ですが、より確実にIT技術者へ転職するなら転職サポート付きのプログラミングスクールを最大限活用しましょう。

IT技術者になれば、マネジメントスキルや先端技術の知識を掛け合わせることで、長く活躍していけます。
比較的高い収入を得ることも可能です。

まずはスキルを身に着けて、自分に合ったIT技術者を目指しましょう。

関連記事

資料請求

  • 短期集中で最速エンジニア転職を実現-転職成功者インタビュー一覧

    DMM WEBCAMPでは転職成功率98%を実現しています。本資料では、元警察官や元ラーメン屋など様々なバックグラウンドを持つ卒業生の声をお届けします。

    資料をダウンロードする
  • IT技術がもたらす3つの変化と身につけるべきスキル

    IT技術の発展により、今後10~20年程度で47%の仕事がなくなると言われています。どのような変化が訪れ、私達はどのようなスキルを身につけるべきかを解説します。

    資料をダウンロードする
  • 未経験がフリーランスエンジニアになる方法-年収アップで自由な働き方を手に入れる

    働き方改革やリモートワークの影響でフリーランスという働き方の人気は高まりつつあります。フリーランスエンジニアとして活躍するために必要な情報をお届けします。

    資料をダウンロードする

PAGE TOP

© 2021 WEBCAMP MEDIA Powered by AFFINGER5