仕事が覚えられない5つの原因を解説!効率よく業務を進める7つの対処法も紹介 | WEBCAMP NAVI
【12月の受講枠も残りわずか】

仕事が覚えられない5つの原因を解説!効率よく業務を進める7つの対処法も紹介

仕事覚えられない

新しい仕事に就いたときや、新規業務を任されたときなどは、少しでも早く仕事を覚えてスムーズに働きたいですよね。

仕事が覚えられないと業務の効率が悪く、思うように進みません。

なかには、

「仕事を覚えるのがとても苦手なんだけど、どうすればいいの?」
「すぐに仕事を覚えられる人はどんなことをしてる?」

と悩んでいる方もいるでしょう。

なぜ仕事を覚えられない人、覚えるのが得意な人がいるのでしょうか。

今回は、

  • 仕事が覚えられない5つの原因
  • 仕事が覚えられない人・覚えられる人の特徴
  • 仕事が覚えられない人の対処法
  • 仕事が覚えられない人におすすめの本

についてご紹介します。

「仕事を早く覚えられるようになりたい」という方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

仕事が覚えられない5つの原因とは

仕事が覚えられない人のイメージ

そもそも、なぜ仕事が覚えられないのでしょうか。

「記憶力は良いはずなのに」「暗記は得意だと思ってた」そんなふうに感じている方は、要注意かもしれません。

仕事を覚えるということは、単純に記憶力や暗記の問題だけではないためです。

仕事が覚えられない原因を知り、改善に役立てましょう。

今回は仕事が覚えられない5つの原因をご紹介します。

  1. 記憶力に頼りすぎている
  2. 気軽に相談できる相手がいない
  3. 覚えることの量が多い
  4. 仕事の目的が理解できていない
  5. 覚える優先順位を間違えている

さっそく見ていきましょう。

1.記憶力に頼りすぎている

仕事を覚えられずに困った経験をした方の多くは、最初から記憶力に頼りすぎているかもしれません。

仕事で教わることは、一度や二度の説明を聞いたくらいで覚えられるような、単純な内容ではないはず。

忘れても思い出せるように、メモを取るなど工夫が必要になります。

記憶力に頼りすぎていると、聞いて覚えたつもりになっても、時間が経つと忘れてしまうでしょう。

忘れるのは、人として自然なことです。
何度も繰り返し思い出して確認することで、記憶が定着して覚えられるということを理解しましょう。

2.気軽に相談できる相手がいない

仕事を覚えるには、繰り返し確認して記憶に定着させることが大切です。
気軽に相談できる相手がいれば、自然に確認し合えるので覚えやすくなります。

しかし、もし気軽に相談できる相手がいなければ、わからないことが出てきてもすぐに聞けません

「怖い上司に何度も同じ質問をしたら怒られるかも」などと、心配して聞けないこともあるでしょう。

しかし、それではいつまでも覚えられませんよね。
仕事を覚えるということは、何度も確認する作業が必要です。

気軽に相談できる相手がいるかどうかは、仕事の覚えやすさにかなり影響してくるでしょう。

3.覚えることの量が多い

「こんなに覚えられない」と悩んでいるときは、覚えることの量が多すぎる可能性があります。

覚えられる量や覚えるまでにかかる時間は、人それぞれです。
多すぎる量を、短い時間で覚えようとしても難しいでしょう。

いきなり大量の情報をすべて覚えようとしても、「覚えられない」と悩んでしまうだけ

覚えやすい量にひとまとまりずつ分けて、順番に覚えていく方法なら、最終的にすべてを覚えられるかもしれません。

仕事で何かを覚えるときには、一度に覚えようとする量が多すぎないかを意識してみるといいですよ。

4.仕事の目的が理解できていない

意味を感じられないことは、覚えにくいものです。
業務を覚えられないとき、仕事の目的が理解できていないことはないでしょうか。

「何のためにこの業務があるのか」を理解していると、単なる暗記ではなく思考によって物事を関連づけて覚えられます

人は単体の物事を覚えるより、関連し合った物事を覚えるほうが得意です。

目的を知ることで業務の意味を理解し、「◯◯のためにこの業務が必要」と考えると、記憶に定着しやすくなりますよ

「仕事が覚えられない」と感じるときは、仕事の目的や意味を理解するようにしましょう。

5.覚える優先順位を間違えている

仕事においては必ず覚えなければならないものもあれば、できれば覚えておくと良いという程度のものまであるでしょう。

そこで覚える優先順位を間違えていると、必要なことが「覚えられていない」という状態に陥ってしまいます。

たとえば、取引先との打ち合わせの日程は、忘れるとトラブルになりますよね。
重要な仕事で関わる相手の名前なども、すぐに覚えなければ困ることになるでしょう。

一方で、特別な期限はないものや重要性の低いものは、必ず頭に入れて常に覚えておく必要はないでしょう。

これらの優先順位を間違えて覚えてしまうと、些細なことは覚えているのに重要なことを覚えていない、という状態になってしまいます。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

転職成功率98%の【DMM WEBCAMP】で需要の高まるITエンジニアに転職しよう!
フルタイムのコミット型学習と手厚いキャリアサポート!
万が一転職できない場合は、全額返金の転職保証付き!
条件を満たすことで最大56万円のキャッシュバックも受けられます。
まずはお気軽に無料カウンセリングへ!

\参加者満足度99%!/
エンジニア転職のプロに無料で相談する!
※最短1分で申し込み可能

仕事が覚えられない人の5つの特徴

仕事が覚えられないイメージ

仕事が覚えられない原因は、覚える量や環境、本人の状態などにありましたね。

では、仕事が覚えられない人にはどんな特徴があるでしょう。

あなた自身、仕事を覚えることについての苦手意識や自覚する問題があるかもしれません。

仕事が覚えられない人に共通する特徴を知ることで、自分に当てはまるかどうかを知れたり、改善に役立てたりできるようになりますよ。

こちらでは、仕事が覚えられない人の5つの特徴をご紹介します。

  1. 記憶力が低い
  2. 要点を理解するのが苦手
  3. 人に質問するのが苦手
  4. 焦りがち
  5. 仕事に興味がない

それでは見ていきましょう。

1.記憶力が低い

仕事を覚えられない人の特徴として、忘れっぽくて単純に記憶力が低いことが挙げられます。

記憶力の低さは本人の努力ではどうしようもないのでは、と思われるかもしれません。

しかし、記憶力が低い理由には、「覚えようとしていない」ことも含まれます

人から教わるとき、本人は真面目に聞いているつもりでも、覚え方がわからなければ覚えようとできずに脳が記憶しないのです。

仕事を覚えられない人は、覚えようとせず記憶力が低いことが原因にあるでしょう。

2.要点を理解するのが苦手

人の説明を聞いていて「つまりこういうことだな」と理解するのが苦手な人は、仕事を覚えられない人の特徴に当てはまります。

要点を理解するのが苦手だと、何を覚えるべきかがよくわからないまま「覚えなければ」という気持ちだけが先走ってしまうでしょう。

重要なポイントを理解できず、すべてを暗記するかのように覚えようとしては意味がありません

仕事を覚えるのが苦手な人は、要点を理解できていない点が特徴的です。

3.人に質問するのが苦手

「質問したいけど怒られそうでできない」「相手に疑問点を聞くことは気が引ける」そう感じることはありませんか。

人に質問するのが苦手なことも、仕事を覚えられない人の特徴の一つです。

わからないことを自分で調べたり理解したりしようとすることは、前向きで良いこととも言えます。

しかし、マイナスな理由から「質問したいけどできない」のは、疑問点の解決を遅らせてしまうことにつながるでしょう。

曖昧な情報は、覚えておくことが難しいです。
人に質問するのが苦手だと、わからないことをすぐに聞けずに覚えられません

4.焦りがち

つい焦ってしまって、頭の中がまとまらずに覚えられないことはないでしょうか。
仕事が覚えられない人は、焦りがちという特徴があります。

物事を覚えるには、何を覚えるのか情報を整理しておくことが大切です。
また、記憶の定着には時間がかかるので、何度も繰り返し覚えなければなりません。

気持ちが焦っていると、情報をうまく整理できなかったり、記憶の定着を急ぎすぎたりして「覚えられない」と思い込んでしまいます

仕事が覚えられないと感じる人は、焦りの気持ちから、覚えるために必要なことが十分にできていないとも言えるでしょう。

5.仕事に興味がない

仕事を覚えられない人の特徴の一つとして、仕事への興味のなさがあります。

人はそもそも、興味を持っていないことは覚えられません

記憶は、脳が「この情報は自分にとって重要だ」と判断することで可能になります。

自分が仕事に興味を持っていなければ、脳が仕事に関する情報を覚えようとはしないでしょう。

今の仕事に興味が持てなかったり、むしろ仕事から離れたいと感じていたりする場合は、覚えようとしても難しいかもしれません。

仕事が覚えられる人の5つの特徴

仕事を覚えているイメージ

仕事が覚えられない人の特徴について確認してきました。
あなたに心当たりのあるものはあったでしょうか。

次は、仕事が覚えられる人について考えていきましょう。

あなたの職場には、すぐに仕事を覚えてスムーズに進めてしまうような人はいませんか。

仕事が覚えられる人にも、共通する特徴がいくつかあります。

ここからは、仕事が覚えられる人の5つの特徴をご紹介しましょう。

  1. 仕事の目的を理解している
  2. マニュアル外の柔軟な対応ができる
  3. 楽しんで仕事をしている
  4. 冷静に物事に対処できている
  5. わからない部分をそのままにしない

順番に説明していきます。

1.仕事の目的を理解している

仕事をすぐに覚えられる人は、仕事全体を見て目的を理解しています。

目の前の仕事だけを見てただこなそうとしても、それはただの作業であり記憶には残りにくいです。

しかし仕事の目的を理解し、「何のためにこの業務があるのか」を考えながら取り組むと、頭を働かせるので重要なことを覚えられるようになります。

仕事の目的を理解しているかどうかで、仕事の覚えやすさは格段に変わるのです。

仕事をすぐに覚えられる人は、常に全体を見て目的を意識することで、仕事を自然に覚えます

2.マニュアル外の柔軟な対応ができる

仕事を覚えられる人の特徴として、マニュアル外の柔軟な対応ができることが挙げられます。

ただマニュアルを暗記しているだけでは、マニュアル外の対応はできませんよね。

しかし、仕事を覚えられる人は、マニュアルの業務の目的や意味といった重要なポイントを理解しています。

目的や意味を理解していることで、状況や方法が変化しても柔軟に対応できるのです。

「仕事を覚える」ということが暗記ではなく、理解して覚えているからこその特徴と言えます。

3.楽しんで仕事をしている

あなたの職場には、仕事を楽しみながら覚えている人はいるでしょうか。
仕事を覚えられる人は、楽しんで仕事をしている特徴があります。

仕事を楽しむということは、仕事に価値や面白みを見出しているということです。

人は、楽しいと感じるものを覚えやすくなります

同じ仕事でも、見方を変えれば価値や面白さを見出して、楽しめるようになる可能性はあるでしょう。

仕事を覚えられる人は、仕事自体を楽しむことで自然と効果的に覚えているのです。

4.冷静に物事に対処できている

仕事を覚えられる人は、落ち着いて冷静に物事に対処できるという特徴があります。

気持ちが焦っていたり冷静でなかったりしては、適切な判断ができません。

自分が慌てているときに聞く話より、落ち着いて相手の話に注意が向いているときに聞く話のほうが、よく覚えられますよね。

物事を覚えようとするときは、頭が整理されていて気持ちが落ち着いた状態のほうが、重要なことをはっきりと記憶できます

このように仕事を覚えられる人は、物事に対して冷静に対処しているのです。

5.わからない部分をそのままにしない

仕事を覚えやすい人は、わからない部分をそのままにはしません
少しでも気になる点は、確認して納得できるようにします。

わからない部分をそのままにする=情報に曖昧さを残すということです。

情報が曖昧だと確信を持てないので、明確に記憶に残すことはできないですよね。

確実に理解して覚えるためには、わからない部分をそのままにせず、確認して疑問点をなくすことが重要なのです。

仕事が覚えられる人は、わからないことをなくして覚える情報をよく理解しようとしています。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

国内最大級のプログラミングスクール【DMM WEBCAMP】
手厚いキャリアサポートと高品質の学習カリキュラムで驚異の転職成功率98%!
あなたも、IT業界で輝くエンジニアになりませんか?
本気で人生を変えたい方は、ぜひ無料カウンセリングへ!

\参加者満足度99%
エンジニア転職のプロに無料で相談する!
※最短1分で申し込み可能

仕事が覚えられない人がおこなうべき7つの対処法

仕事が覚えられない人がおこなうべき対処法のまとめイメージ

ここまで、仕事が覚えられない原因や、覚えられない人・覚えられる人の特徴をご紹介しました。

「原因や特徴は理解できた。じゃあどうすればいいの?」というのが重要ですよね。

仕事を覚えられるようになるためには、覚えられない原因をなくし、覚えられる人の良さを取り入れていくことが解決策になります。

では、具体的に何をすればいいのでしょうか。

ここでは以上の内容を踏まえ、仕事ができない人が行うべき7つの対処法をご紹介します。

  1. 教わるごとにメモをとる
  2. わからない部分は質問する
  3. 仕事ができる人の真似をする
  4. 仕事全体の流れを把握する
  5. 落ち着いて仕事に取り組む
  6. 仕事に関する知識を身につける
  7. どうしても仕事が合わないなら転職を検討する

一つずつ見ていきましょう。

1.教わるごとにメモをとる

教わったことは、こまめにメモをとりましょう。
忘れてもメモを見ることで思い出し、次第に覚えられるようになりますよ。

仕事で教わることはたくさんあるので、一度の説明ですべてを覚えることはできません。

そこで、自分で振り返りながら思い出せるように、教わった情報をメモで残しておくのです。

メモのとり方は、自分が読み返したときにわかりやすいようにします。

自分で理解したことを頭で整理してメモに書くので、より記憶に定着しやすい効果もありますよ。

2.わからない部分は質問する

仕事を教わっていて、わからない部分があるときは積極的に質問しましょう

相手は、あなたが理解することを目的として説明してくれています。
ここでわかったふりをしては意味がありません。

あなたからわからない内容を質問することで、相手はあなたの理解度に合わせて説明できるようになります。

物事をよく理解するためには、情報を受け取るだけではなく、自分で考えたり疑問点を解消したりする必要があるのです。

しっかり覚えるためにも、わからない部分がでたら遠慮せず質問することを意識するといいですよ。

3.仕事ができる人の真似をする

もしあなたの職場に仕事ができる人がいるなら、その人の真似をしてみましょう。

その人が普段どうやって仕事に取り組んでいるのかを参考にしたり、どのように仕事を覚えているのかを聞いたりしても良いかもしれません。

仕事ができる人の行動や習慣を真似して取り入れることで、自分も仕事をすぐに覚えられる可能性が上がります。

苦手なことは、得意な人の真似をすると克服できるかもしれません。

自分にはない良い部分ややり方を他人から取り入れて、仕事を覚えられるようになりましょう。

4.仕事全体の流れを把握する

業務単体で見ると覚えにくいことも、仕事全体の流れを把握してその業務を捉えると、覚えられるようになるでしょう。

仕事は、様々な業務が関係し合っています。
そのため、一見意味がないような作業や工程も、全体を見ると重要であることがわかるのです。

全体から見て、自分の業務の重要性が理解できれば忘れにくくなります

上司から単体の業務を依頼されたときでも、目的や仕事全体への理解を進めながら取り組むといいですよ。

仕事全体の流れを理解すると、自然に覚えられるでしょう。

5.落ち着いて仕事に取り組む

覚えるべき業務には、落ち着いて取り組むことを意識すると、覚えやすくなります

気持ちが焦っているときや慌てているときは、目の前のことでも集中できず、情報が頭で整理されません。

落ち着いて冷静に業務を理解しようとすることで、的確に情報を捉えて記憶に残せるようになります。

重要なことを覚えるときには、まず落ち着いて頭を整理し、意識を集中させましょう

仕事に取り組む姿勢次第で、仕事を覚えられるかどうかが変わってきますよ。

6.仕事に関する知識を身につける

全く経験のない分野では、知識が不足していると覚えられないことがあります。
その場合は、仕事に関する知識を身につけましょう

覚えるためにはまず理解する必要がありますが、知識が不足していると、わからないことばかりで理解できません。

たとえば業界の専門用語を覚えていないと、話を聞いてもうまく覚えられないですよね。

仕事に関する知識を意識して身につけ、理解できるだけの力をつけることが必要です。

本を読む、ネットで調べる、勉強会に参加するなど、知識を身につける方法はたくさんあります。

仕事を覚えるためにはまず知ることから始めましょう。

7.どうしても仕事が合わないなら転職を検討する

「仕事に興味が持てない」「自分には合わない仕事だ」と感じていて覚えられないなら、仕事を変えることも一つの道です。

仕事が覚えられなくて悩む原因が、自分と仕事との相性にある場合、仕事を変えることで解決する可能性は高いと言えます。

あなたがもっと興味が持てるような楽しい仕事に変えることで、自然に仕事を覚えられるようになるでしょう。

入社した会社での仕事が自分に合わず転職して、環境が変わると生き生きと働けるようになったという人は少なくありません。

どうしても仕事が合わないなら、転職することを視野に入れるといいですよ。

仕事が覚えられない人におすすめの本3選

仕事が覚えられない人におすすめの本のイメージ

仕事を覚えられるようにするための対処法をご紹介しました。

7つの対処法を実践すれば、かなり変化が実感できるでしょう。

しかし、「もっと体験的な内容が知りたい」「さらに理論的に詳しく理解したい」という方もいるかもしれません。

仕事を覚えて効率的に取り組めるようになるために書かれた本は多く出版されているので、活用するといいですよ。

こちらでは、仕事が覚えられないと悩む人に特におすすめの本を3冊ご紹介します。

  1. 絶対にミスをしない人の脳の習慣
  2. 「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!
  3. 早く一人前になるための仕事の覚え方

それでは見ていきましょう。

1.絶対にミスをしない人の脳の習慣

まずご紹介するのは、樺沢紫苑氏の『絶対にミスをしない人の脳の習慣』という一冊です。

本書では、物忘れや勘違いといったミスは「脳の習慣」を変えることで解決できると書かれています。

著者の樺沢紫苑氏は精神科医で、脳の構造に触れながら仕事のパフォーマンスを上げる方法を紹介する内容です。

仕事を覚えるための、脳の習慣をつくる具体的な方法を知れますよ
本の中で、自分に合いそうな方法から試すと良いでしょう。

「仕事を覚えられない、ミスが多い、作業が遅い」と悩む方におすすめの本です。

2.「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!

次にご紹介するのは、苫米地英人氏の『「頭のゴミ」を捨てれば、脳は一瞬で目覚める!』という一冊。

本書は、まずは頭のなかにある不要なものを掃除して、リラックスした本当の集中を得ることで生産性を上げる方法を紹介しています。

仕事を覚えようとしても頭のなかが一杯だったり、整理整頓されていなかったりしては、新しい情報は入りません。

この本を読むことで、仕事を覚えるための理想的な頭の状態をつくれるようになりますよ。

「頭の中がまとまらない、考えが整理できない、集中できない」と感じている方におすすめです。

3.早く一人前になるための仕事の覚え方

最後にご紹介するのは、関根雅泰氏の『早く一人前になるための仕事の覚え方』という一冊です。

本書は「新しい仕事をいかに短時間で覚えられるか」に焦点を当てています。

仕事を早く覚えるためのコツを、7つの行動法則に分けて解説した内容です。

新入社員から中堅層まで幅広い層に役立つ実践的な方法が書かれており、就職・転職する方にも向いています。

「新しい業務や職場になり、早く業務を覚えたい」という人におすすめの本です。

まとめ:仕事の覚え方を身につけて、効率よく業務をこなそう

今回は仕事が覚えられない原因や対処法についてお伝えしました。

仕事が覚えられない理由には、さまざまな原因があります。
当然、覚え方がわからなければ記憶することはできません。

今回ご紹介した「仕事が覚えられる人の特徴や対処法」をぜひ参考にして、仕事の覚え方を身につけてみてくださいね。

仕事を覚えられるようになれば、効率良く業務を進められるようになります。

仕事を覚えて生き生きと働けるよう、さっそく行動を起こしてみましょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点