仕事のプレッシャーがつらいときの対処法10選!重圧に打ち勝つための秘策とは? | WEBCAMP NAVI
【11月の受講枠も残りわずか】

仕事のプレッシャーがつらいときの対処法10選!重圧に打ち勝つための秘策とは?

「仕事のプレッシャーで押しつぶされそう…」
「あれこれ仕事のことを考え始めると眠れない…」

と思うことはありませんか?

仕事のプレッシャーから逃れるために、いっそ会社を辞めてしまおうかと思い悩んでしまいますよね。

では、仕事のプレッシャーを克服して、気持ちを楽にするにはどのしたらいいのでしょうか?

そこで今回は、

  • 仕事でプレッシャーを感じる原因
  • プレッシャーを感じる人の特徴
  • プレッシャーを跳ね返す10の対処法

について詳しく解説します。

この記事を見れば、あなたに適した仕事のプレッシャーとうまく付きあっていく方法が必ず見つかります。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

仕事でプレッシャーを感じる5つの原因

プレッシャーを感じる女性

人によって、仕事でプレッシャーを感じる原因はさまざまです。

「なぜ現状から逃げ出したくなるほどプレッシャーを感じるのか」を知ることは大切です。

仕事で感じるプレッシャーには5つの原因が考えられます。

  1. 周囲の期待に応えようとして自分を追い込んでしまう
  2. 業務が多忙でつねに納期に追われている
  3. 自分の知識や経験では難しい仕事を任せられる
  4. 責任重大な仕事を任せられる
  5. 進め方が分からない仕事を任せられる

順番を追って解説していきますので、自分がどの原因に当てはまるのかを考えてみてください。

1.周囲の期待に応えようとして自分を追い込んでしまう

上司や周りからの評価や期待に応えようと、自分を追い込んでしまうことは誰にでも起こります。

自分が失敗したときのことばかりにとらわれて、過度にプレッシャーを感じてしまうのです。

重要な案件を任されたり、数字の達成を求められるノルマを課されたときに

  • なんとしても成功させるぞ!
  • ノルマ達成のために頑張る!

と仕事へのやる気や意欲が起きる一方で、上司や周りの期待外れな結果になったらどうしようと追い詰められてしまうのです。

2.業務が多忙でつねに納期に追われている

1人がこなせる仕事量を超える状態が続くと、プレッシャーを感じる原因になりえます。

焦りと使命感に駆られ、自分自身を追い詰めてしまうことになりかねません。

  • 自分がなんとかしなければいけない
  • 納期には間に合わせなければいけない

このような切迫感を抱く機会が多い人は、仕事でプレッシャーを感じている人といえるでしょう。

3.自分の知識や経験では難しい仕事を任せられる

今までにやったことのない仕事を任されることは、大きなプレッシャーを感じる原因になります。

自分が持っている知識では対応できないのではと不安に駆られるからです

特に部署移動した直後や、普段関わらない上司から仕事を振られると、今までの内容とは異なる業務を振られることもあるでしょう。

このような「進め方が不透明なタスク」が積み重なることでプレッシャーが積み重なってしまうこともあるのです。

4.責任重大な仕事を任せられる

仕事が一人前にこなせるようになると、重要な案件やチームを束ねるような責任ある仕事を任せられることも増えます。

自分の能力や実力を会社に認めてもらうこと自体は、モチベーションが高くなることでしょう。

しかし同時に、責任が大きければ大きいほど

  • プロジェクトを成功させなければならない
  • うまくチームをまとめなければならない

と、プレッシャーが重くのしかかってくるものです。

会社に高く評価されることでやりがいを感じられますが、かえってプレッシャーも増す人も少なくありません。

5.進め方が分からない仕事を任せられる

進め方が分からない仕事を任された場合も、プレッシャーを感じる原因のひとつです。

このような仕事は手探り状態で進めなければならないため、自分が正しい方向に進んでいるのかが分からず不安に駆られるのです。

周りも忙しい状況だと、同僚や上司に質問すること自体難しくなるでしょう。

時間だけが過ぎ去ってしまう焦りから、プレッシャーが大きくなってしまうのです。

仕事でプレッシャーを感じやすい人の特徴とは

頻繁にプレッシャーに悩んでいる女性

同じ仕事を任されたとしても、人によってプレッシャーを強く感じる人とそうでない人がいます。

実は、プレッシャーを強く感じて不安になる人にはいくつかの共通項があるのです。

  1. 自分に自信がなくネガティブな性格
  2. 自尊心が強く見栄をはってしまう
  3. 過度に自分の評価を気にしてしまう
  4. 無理な仕事でも断れず1人で抱えがち

上記のような「余裕がない」という点が原因といえるでしょう。

それぞれの項目を細かく紹介していきます。

1.自信がなくネガティブな性格

プレッシャーに弱い人は、自己肯定感が低く、物事をポジティブに捉えにくいという特徴があります。

成長過程で、周囲から評価される機会が乏しかった人によく見られる傾向です。

このような過去の体験から、

  • 自分がやってもうまくいくはずがない
  • 自分には十分な能力がないから、やっても意味がない

と卑下してしまいがちです。

どうせ周囲に認められないだろうという自信のなさから、仕事に過度のプレッシャーを感じてしまうのです。

2.自尊心が強く見栄をはってしまう

自尊心が強い人はプライドが高いため、自分の弱さを周囲には決して見せようとはしません。

そのため、自分にとってハードルの高い仕事を任せられたときに、限界以上の期待に応えようとしてしまうのです。

「これぐらい余裕ですよ!」と口ではいうものの、心の内では強いプレッシャーで押しつぶされそうになっていることもよくあります

「見栄っ張り」な人は周りの評価とは裏腹に、実は追い詰められていることもあるのです。

3.過度に自分の評価を気にしてしまう

上司からの自分への評価を過度に気にして、プレッシャーに感じてしまう場合もあります。

会社で働く以上は、上司によって自分の仕事ぶりや成果が評価されることで昇給や昇進が決まります。

そのため、常に周りの目が気になり

  • あの人から高い評価を得なければいけない
  • ミスをしたら自分の評価が下がってしまう

と不安にとらわれるのです。

他にも、同僚や後輩たちが自分より評価されていると、焦りを感じてしまうこともあります。

周りの影響を必要以上に気にしてしまうことで、プレッシャーに押しつぶされてしまう人もいるのです。

4.無理な仕事でも断れずひとりで抱えがち

自分のキャパを超えた仕事を上司から頼まれたときに、断れずに受けてしまう人がいます。

あまりにも多い仕事量を目の当たりにして、不安になってしまうのです。

  • 自分の限界を客観視できていない
  • 上司や周りにNOと伝えられない

原因は上記のようにいくつか考えられます。

上記のように自分自身の状況を正確に共有できていないことから、1人でプレッシャーと戦わざるをえなくなってしまうのです。

仕事でプレッシャーを感じることによる5つの悪影響

プレッシャーに追われて悪影響が出た女性

長期間プレッシャーを抱えたままでいると、肉体的にも精神的にも悪い影響を及ぼすことがあります。

正常な状況では問題ないことでも、プレッシャーによって思い通りにならないこともあるでしょう。

仕事におけるプレッシャーがもたらす悪影響は、以下の5つが考えられます。

  1. 簡単な仕事でも焦ってしまいミスが増える
  2. 気分が落ち着かずイライラした態度が周りに伝わってしまう
  3. 睡眠不足や食欲不振になり生活習慣がみだれる
  4. やる気が出なくなり会社に行くのが嫌になる
  5. 吐き気や動悸などの症状やうつ病にもつながってしまう

それでは、詳しく見ていきましょう。

1.簡単な仕事でも焦ってしまいミスが増える

プレッシャーに支配されていると常に緊張した精神状態になり、単純なミスをしがちになります。

判断力が低下して、普段思い通りのパフォーマンスが発揮できなくなりがちです。

さらに、

  • 同じミスを繰り返してはいけない
  • 自分のミスを人に指摘されてしまう

といった焦りや萎縮することで、さらなるミスにつながるという悪循環に陥ってしまいます。

ストレスを抱えたままでいると、仕事のパフォーマンスが著しく落ちることになるのです。

2.気分が落ち着かずイライラした態度が周りに伝わってしまう

プレッシャーを感じながら働いていると、自分の精神状態がそのまま態度に現れる時があります。

それにより、職場の人間関係に悪影響をおよぼしてしまうのです。

  • 同僚や後輩に対して感情的になる
  • 冷静さに欠けた対応をしてしまう

上記のような態度になり、ギスギスした雰囲気を作り出してしまうこともあります。

表に出してはいけないと分かっていても、余裕のなさから自分の態度を簡単に改めることができないのです。

ストレスを抱えた態度が、職場での人間関係を悪化させてしまうことになりかねません。

3.睡眠不足や食欲不振になり生活習慣がみだれる

仕事によるプレッシャーによって、生活リズムが乱れてしまうことがあります。

仕事が頭から離れないことにより、睡眠や食事がままならなくなるのです。

  • 布団に入っても、なかなか夜寝付けない
  • 夜中に何度も目が覚めてしまう
  • 食事がのどに通らなない
  • 食べ物を前にしても、食欲が湧かない

など十分な栄養が取れず、健康に影響を及ぼす可能性もあります。

オンとオフの気持ちの切り替えがうまくできずにいると、心も体も追い込まれないようにしたいものです。

4.やる気が出なくなり会社に行くのが嫌になる

強いプレッシャーを持ち続けているとしだいに働く気力が失われ、会社に行くことさえ嫌になってしまうことがあります。

仕事へのモチベーションが下がり、働くことが苦痛に感じるようになるのです。

朝起きて会社へ行くことが辛いと感じたら、かなり精神的に弱っているあらわれです。

現状から逃げ出したいけれど逃げ出せない、というマイナスのスパイラルにはまっているといえるでしょう。

5.吐き気や動悸などの症状やうつ病にもつながってしまう

デスクワークでの仕事中に急な吐き気や動悸などの症状があらわれたら、それはストレスが原因の可能性があります。

これらの要因はうつ病にも繋がりうるため、注意が必要です。

さらに悪化すると心と体のバランスが崩れ、パニック障害や不安障害にもつながってしまう人もいます

プレッシャーによるストレスを強く感じることは、心身ともに悪影響があることばかりです。

意外なメリット?適度なプレッシャーは仕事によい影響を与えることも

困難に打ち勝つ人

実はプレッシャーは、使い方によっては仕事によい影響を与えることがあります。

適度なプレッシャーがある中で業務をこなせれば、普段以上の結果につながることもあるでしょう。

プレッシャーを克服することで、考えられる3つのメリットは以下のとおりです。

  1. 仕事の質が上がる
  2. 必死に取り組むうちに成長でき自信につながる
  3. モチベーションが高まる

適度なプレッシャーは作業パフォーマンス向上には欠かせない要素のひとつです。

それぞれの内容を細かく見ていきましょう。

1.仕事の質が上がる

誰しも多かれ少なかれ、ある程度のプレッシャーを抱えながら働いています。

適度なプレッシャーがあることにより、

  • 成果を上げよう
  • よい結果を出そう
  • 早く仕上げよう

と自分なりに創意工夫をして取り組むようになります。

その結果として、想像以上に仕事の質を高めるきっかけになることがあります。

この経験が次の仕事につながっていくことで、今後のパフォーマンスの向上にも繋がるケースも少なくありません。

2.必死に取り組むうちに成長でき自信につながる

「絶対に仕事をやり遂げなければ」というプレッシャーは、自分を大きく成長させるきっかけにもなります

自分の実力では達成するのが難しいと思う仕事には、必死に取り組む努力をすることでしょう。

困難に打ち勝った経験は、「やればできるんだ」という自信にもつながります。

あらゆる手段を使って克服した経験は、今後さまざまなビジネスシーンで役に立つはずです。

3.モチベーションが高まる

大きなプレッシャーを受けながら成し遂げた仕事は、何事にも代えがたい達成感をもたらします。

プレッシャーが大きければ大きいほど、乗り越えた後にはさらなる仕事への意欲向上につながるでしょう。

また、複数人数のチームで成果を達成した場合には、成功を分かち合える仲間の数が多いほど達成感が大きく感じるものです。

仕事をやり遂げたという成功体験は、「次も頑張ろう」という原動力になります。

【これで解決】仕事のプレッシャーがつらいときの対処法10選!

プレッシャーに打ち勝ったビジネスマンたち

仕事のプレッシャーがつらいときは、どうしていいのか分からず思考停止になることがあります。

人それぞれ感じているプレッシャーの度合いは違いますが、自分にふさわしいプレッシャーを乗り越える方法を見つけることは大切です。

そこで、プレッシャーを乗り越えるための10個の対処法をご紹介します。

  1. 自分が何に不安を感じているか認識する
  2. 本当にやらなければいけないタスクを明確にする
  3. 小さな成功体験をつみ自己肯定感を高める
  4. 1人で抱え込まず周囲に相談する
  5. 成功したときの状態を想像して不安感をなくす
  6. 最悪な事態をイメージして現状を楽観視する
  7. 失敗しても仕方ないとわりきる
  8. 無理せず休んで気分転換する
  9. 生活習慣を正して健康状態を万全にする
  10. どうしても耐えられないなら転職する

順番に解説していきますので、自分に合った対処法を見つけてプレッシャーを乗り越えていきましょう。

1.自分が何に不安を感じているか認識する

プレッシャーに打ち勝つためには、自分が何に対して不安を感じているのかを知る必要があります。

不安に感じる原因が分かれば、対処法も見えてくるはずです。

プレッシャーを感じる原因のひとつに、「何がわからないかがわからない」という焦りもあるでしょう。

現状把握をするためにも、今の状況を客観視するための方法を考えることは大切です。

2.本当にやらなければいけないタスクを明確にする

プレッシャーを感じているときは不安な気持ちでいっぱいになり、自分がすべきことの本質を見失っている可能性があります。

やるべきことを整理していくと、今後の対処法がおのずと見えてくるはずです。

プレッシャーを感じているときの気持ちを、そのままノートや紙に書きだしてみるのもいいでしょう。

文字にして自分の感情を書くと、漠然と不安に感じていたことが整理され、原因がはっきりと認識できるようになります。

3.小さな成功体験をつみ自己肯定感を高める

タスクを細分化させ、「小さな成功体験」を作ることも大切です。

歩みは小さくとも、前に進んでいることが実感できるため、自己肯定感を向上できるのです。

やることリストを作る際は、できるだけ細分化しておくことがおすすめです。

小さな成功体験の積み重ねることで、自分自身や置かれている状況を前向きに捉えられるようになります。

4.1人で抱え込まず周囲に相談する

自分ではどうにもならないと感じたときは、周囲に協力を求めることも大切です。

プレッシャーに追い込まれてしまう人は、1人ですべてを抱え込んでしまいがちです。

  • 仕事仲間に今の状況を具体的に伝える
  • 上司に改善策を相談する

このような対策をできるかぎりおこなうようにしましょう。

追い詰められて冷静な判断ができなくなる前に、なるべく早め早めの行動を心がけることがポイントです。

5.成功したときの状態を想像して不安感をなくす

自信を持った女性

不安を抱えながら取り組んでいる仕事でも、あえて成功したときの状態をイメージしてみましょう。

あえてポジティブなことに目線を変えることで、不安感を取り除けます。

  • 成功したらどれだけ楽しい未来が待ってるだろう
  • クライアントも喜んでくれるに違いない

このような形で、できる限りいい未来をイメージすることで、おのずとモチベーションも高まります。

辛い状況のなかでは難しいことと思いがちですが、一度取り入れてみると精神的な重荷が軽くなるはずです。

6.最悪な事態をイメージして現状を楽観視する

あらかじめ最悪の事態を想定しておくことで、プレッシャーが軽くなることがあります。

プレッシャーを感じるのは、うまくいかない時ばかりを想像して不安に思うからです。

「たとえ思うような結果を出せなくても、最悪の事態までにはならない」と思うだけで、気持ちがぐっと楽になります。

現状を楽観視することによって、心の緊張がほぐれて物事が好転することも少なくありません。

7.失敗しても仕方ないとわりきる

どんなに頑張っても成功するときは成功し、失敗するときは失敗するものです。

「なにがなんでも成功させなくては」と意気込んでばかりいると、自分自身でプレッシャーをかけていることにもなりかねません。

  • 全戦全勝で負けを知らない人なんていない
  • 失敗をどう次に生かすかが重要

上記のような、ある種の「開き直り」の姿勢を持つことで、プレッシャーを軽減させてくれるはずです。

できる限りのことをしたうえで、「うまく行かなくてもしょうがない」と考えることも、ときには必要です。

8.無理せず休んで気分転換する

心身ともに疲れ切っているときは、ゆっくりと休んで自分自身を労わることも大切です。

リフレッシュすることで気持ちが切り替わり、仕事に対する意欲が湧いてくるはずです。

気分転換として

  • 気の置けない友人と会って話を聞いてもらう
  • 行きたかったレストランでちょっと贅沢な食事をする
  • 欲しいものを自分のご褒美として買う

など、溜まったストレスを発散させましょう。

効率よく作業を進めるためにも、時間をとって休むことも必要です。

9.生活習慣を正して健康状態を万全にする

ストレスで心のバランスが崩れると、食生活やしっかり睡眠を取ることがおろそかになりがちです。

生活習慣が乱れると、集中力を欠き精神的に不安定になり、仕事へ悪影響を及ぼします。

  • 食事をコンビニや栄養が偏ったものばかりで済ませる
  • 夜遅くまでスマホやテレビを観て夜更かしをする

など生活リズムが崩れると、仕事に集中できなくなってしまいます。

バランスの良い栄養あるものを摂り、十分な睡眠時間を確保して健康維持に努めましょう。

10.どうしても耐えられないなら転職する

プレッシャーが重すぎてどうにもならなくなったら、転職も視野に入れておきましょう

会社を辞めることは必ずしも逃げることではなく、自分の可能性をほかで見出すことにもなるのです。

プレッシャーを受け続けていると、心身ともに疲弊して病気になってしまうことだってありえます。

自分らしく働ける会社に転職することで、悩みや不安から一気に解放されることもあります。

まとめ:実はポジティブな影響もある!対処法を知って仕事のプレッシャーとうまく向き合おう

今回は、仕事とプレッシャーの関係性についてお伝えしてきました。

人それぞれ不安やストレスとの向き合い方は違いますが、自分の気持ちや行動次第でコントロールは可能です。

乗り越える対処法を知っているかどうかで、仕事に対する姿勢や考え方も変わってきます。

  • プレッシャーを感じる原因を知る
  • 周囲との連携を強化する
  • どうしても難しいなら職場環境を変える

もしプレッシャーに押し潰されそうになったら、上記の行動をとることをおすすめします。

自分に合ったプレッシャーの対処法を探し、意欲的に働ける環境を作りあげていきましょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率は98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点