「今の仕事が苦痛だ…」解決策が見出せないあなたに伝えたい8つの処方箋 | WEBCAMP NAVI
【1月の受講枠も残りわずか】

「今の仕事が苦痛だ…」解決策が見出せないあなたに伝えたい8つの処方箋

仕事 苦痛のアイキャッチ画像

「最近仕事が苦痛に感じる…」
「仕事が苦痛に感じる原因は何だろう」

と思うことはありませんか?

仕事が苦痛に感じても、すぐに辞めるわけにはいかないし困ってしまいますよね。

では、仕事が苦痛に感じたときにはどうしたらよいのでしょうか?

そこで今回は、

  • 仕事が苦痛に感じる原因
  • そのまま仕事を続けるリスク
  • 仕事が苦痛に感じたときの対処法

について詳しく解説します。

この記事を見れば、仕事がつらい現状を変える方法がわかります。

精力的に働けず悩んでいる人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

仕事が苦痛に感じてしまう9つの原因

仕事が苦痛に感じる女性

多くの人が、仕事を苦痛に感じてしまう原因は以下の9つです。

  1. 働きに見合った給料がもらえない
  2. 職場での人間関係がうまくいかない
  3. 仕事が好きになれない
  4. 能力以上の仕事を押しつけられている
  5. 仕事が暇すぎてつまらない
  6. 労働時間が長い
  7. 会社の雰囲気になじめない
  8. 正当な評価が受けられない
  9. 一緒に働いている人が優秀すぎる

それぞれ詳しく解説していくので、自身と比較しながら読み進めてみてください。

1.働きに見合った給料がもらえない

給料に不満があると、仕事も苦痛に感じてしまいがちです。

仕事自体が好きでない人にとっては、給料をもらえることが仕事のモチベーションになっているのではないでしょうか?

好きなことを仕事にしているのではなく、生活するために働いているという人は多いはずです。

働きに見合った給料がもらえないと、以下のように考える方もいるでしょう。

  • もっとお金がもらえる会社があるのでは?
  • このまま同じ場所で働き続けていいのかな?
  • 職を変えた方がいいのかな?

このような思いを抱いていると、仕事のモチベーションも上がらないはず。

やる気が出ない状態で働いていると、次第に仕事が苦痛に感じるでしょう。

2.職場での人間関係がうまくいかない

職場での人間関係も、仕事を苦痛に感じる原因になりやすいです。

会社の仕事は上司や同僚と一緒に進めることが多く、1人で完結できることは少ないでしょう。

人間関係に悩みがあると、仕事を進める上で支障が生じたり、会社に行くのが嫌になることもあります。

以下のような職場では、仕事が苦痛に感じるのも無理はないでしょう。

  • 上司がいつも怒っている
  • 職場全体が忙しく雰囲気が悪い
  • 社員同士の関係性が悪い

よい雰囲気を作ろうと笑顔やあいさつを心がけても、周囲の態度が変わらなければ改善も難しいです。

人間関係の悩みは、仕事がつらいと感じる原因になります。

3.仕事が好きになれない

仕事は人生の中でも多くの時間を費やすものです。

好きになれない仕事を週5日していて、苦痛に感じてしまうのは自然なことだといえます。

苦痛に感じながら働いていると、「無駄な時間を過ごしているのでは?」と不安や焦りを感じることもあるでしょう。

やりたくない仕事や好きになれない仕事も、ストレスを感じる原因になります。

4.能力以上の仕事を押しつけられている

仕事の重圧が辛い男性

能力以上の仕事を任せられると、うまく業務を処理できず苦痛に感じてしまいます。

たとえば、以下の状況で仕事をこなすのは難しいでしょう。

  • 明らかに定時間に終わらない仕事量を与えられる
  • 自分のスキルではこなせない仕事を任せられる

仕事量が多くキャパオーバーになっている場合は、先が見えず不安に感じてしまいます。

スキルが不足している仕事は、うまく進められずストレスの原因になるでしょう。

能力以上の仕事を押しつけられている人も、仕事を苦痛に感じることが多いです。

5.仕事が暇すぎてつまらない

暇すぎることも、仕事を苦痛に感じる原因になります。

仕事が暇すぎることには、以下のデメリット考えられます。

  • 時間が経つのがおそい
  • 仕事に興味がわかない
  • 仕事にやりがいを感じられない

仕事にやりがいを感じられないと、充実感も得られないはず。

時間をつぶすことばかりを考えて働いていると、虚無感を覚える人もいるでしょう。

6.労働時間が長い

暇すぎることとは反対に、労働時間が長いことも仕事が苦痛に感じる原因になります。

仕事に追われる生活では、常に緊張感があり精神的ストレスを抱えやすいです。

多忙な生活を続けていると、視野がせまくなったりプライベートにも支障をきたしたりします。

たとえば、以下の影響が考えられます。

  • 何のために働いているのかわからなくなる
  • 休日は体力回復のためにゆっくり過ごして終わる
  • 友人の誘いを断ることが増える

労働時間が長いことは、日常生活にも悪影響があるとわかるはず。

上記のような状況が続くと、仕事が苦痛に感じてしまうでしょう。

7.会社の雰囲気になじめない

会社の雰囲気になじめない人も、仕事でのストレスを感じやすいです。

たとえば、仕事とプライベートをしっかり分けたい人にとっては、休日に社内イベントがある会社は苦痛に感じるはず。

社風や職場の雰囲気は、自分1人の努力で簡単に変えられるものではありません。

あまりにも苦痛に感じている人は、転職を検討するとよいでしょう。

8.正当な評価が受けられない

結果を出したときに正しく評価されると、次も成果を出すために頑張ろうと思えます。

仕事で成果を出しても正当な評価を受けられないと、モチベーションも湧きにくいです。

たとえば、以下のような職場は正当な評価をしているとはいえません。

  • 成果を出しても次の依頼をするだけ
  • 売上に貢献したのにまったく評価されない
  • 少しミスがあったらすべてを否定される

このような環境では、仕事のモチベーションがわかないのも当然のことでしょう。

仕事自体が嫌になるのも無理はありません。

9.一緒に働いている人が優秀すぎる

上司や同僚が優秀すぎることを、ストレスに感じている人もいます。

このような環境は、適度に刺激を受けながら成長できる人には向いているでしょう。

しかし、自身と比較して劣等感を覚えてしまう人にとっては居心地が悪いはず。

周りのレベルが高すぎることも、仕事が苦痛に感じる原因になってしまいます。

苦痛を感じながら仕事を続けるリスクについて

体力がほとんど残っていない女性

ストレスを感じる環境で仕事を続けてしまうと、さまざまな悪影響が生じます。

苦痛を感じながら仕事を続けるリスクは以下の4つです。

  1. やる気が起きず仕事に打ちこめない
  2. 心身に不調をきたす
  3. 心がすさんで人間関係が悪化する
  4. 時間を無駄にすることになる

詳しく確認していきましょう。

1.やる気が起きず仕事に打ちこめない

苦痛を感じながら働いていると、モチベーションが上がらず仕事に集中して取り組めません。

簡単な業務でもミスをしてしまったり、必要以上に時間がかかったりといった悪影響が生じます。

結果として周囲に迷惑をかけてしまうことも増え、自身の評価も下がるでしょう。

モチベーション高く仕事に打ちこめないことは、大きなリスクといえます。

2.心身に不調をきたす

苦痛を感じながら働いていても、精神的ストレスが蓄積されていくばかりです。

それだけでなく、以下のように身体にも悪影響が生じてしまいます。

  • たくさん眠っても疲れが取れない
  • 食欲がわかない
  • 顔色が悪くなる
  • 出社の準備をしていると胃が痛くなる
  • 頭痛やめまいが慢性化する

さらに悪化すると、うつ病につながってしまうこともあります。

ストレスを感じながら働き続けることが、いかに危険であるか認識することが大切です。

3.心がすさんで人間関係が悪化する

精神的な余裕がなくなると、上司や同僚との関係も悪化しがちです。

やりがいを持って楽しく働けていないと、周囲と距離をとるようになってしまいます。

また、何気ない周囲の意見が否定的に感じてしまうこともあるでしょう。

このような状況で仕事をしていると、次第に人間関係が悪化してしまいます。

4.時間を無駄にすることになる

苦痛を感じながら働き続けていても、対策をしない限り状況は改善されません。

逆にいえば、対策をすれば状況改善が期待できるでしょう。

そのまま働いていても、ストレスを抱えながら時間が過ぎてしまうだけです。

時間を無駄にしないためにも、何かしらの行動を起こすべきであると認識しましょう。

仕事が苦痛でつらいときにやってはいけない5つのこと

仕事が辛いと感じている男性のイメージ

仕事がどれだけ苦痛に感じていても、やってはいけないことがあります。

自分を追い詰めすぎてしまうと、精神的な負荷がさらにかかってしまいます。

やってはいけないことは以下の5つです。

  1. ただの甘えだと自分を責める
  2. 周りの目を気にしすぎる
  3. 計画なしに無断欠勤をしてしまう
  4. 仕事を辞めさえすれば解決すると考える
  5. 「自分はうつ病に違いない」と思いこむ

さっそく確認していきましょう。

1.ただの甘えだと自分を責める

仕事がつらいときに自分を責めても、ネガティブな気持ちが増幅するだけです。

ネガティブな気持ちになってしまうと、視野がせまくなり現状の問題点や解決策が見つかりません。

自分を責めるのではなく、状況を改善するためにどうすべきか論理的に考えることが大切です。

仕事を苦痛に感じても、ただ自分を責めることはやめましょう。

2.周りの目を気にしすぎる

周りの目を気にしていても、前向きな気持ちにはなれません。

むしろ批判的な意見ばかりを気にしてしまい、積極的に行動できなくなったり、自己否定をしてしまったりします。

生活をする上では、以下のようにさまざまな人の意見を聞く機会があるでしょう。

  • 家族
  • 友人
  • 上司
  • 同僚
  • SNS

ですが、周りの目を気にしていても、仕事で苦痛を感じる原因はなくなりません。

仕事に対して悩みがあるときには、他者の目線を気にしがちです。

周りの目を気にすることはやめて、自分の気持ちと向き合うようにしましょう。

3.計画なしに無断欠勤をしてしまう

無断欠勤をしても、状況は改善されずむしろ悪化してしまうだけです。

無断欠勤することには、以下のデメリットが考えられます。

  • 評価が下がる
  • 信用を失う
  • 職場に居づらくなる
  • 人間関係が悪くなる
  • 業務の依頼をしても後回しにされてしまう
  • 罪悪感を覚える

無断欠勤が状況を悪化させてしまうことがわかるはず。

連絡もできないほど精神的に追い込まれている場合は別ですが、休むときには事前に連絡をしておきましょう。

4.仕事を辞めさえすれば解決すると考える

「職場を変えさえすれば解決する」と、安易に考えることは危険です。

なぜなら、転職をしても少なからず悩みは発生するからです。

たとえば、以下の悩みが考えられます。

  • 仕事内容がイメージと違った
  • 人間関係が構築できず職場になじめない
  • 気軽に悩みを相談できる人がいない
  • 慣れない土地に住み始めてストレスを感じる

場合によっては自分のイメージと大きくギャップがあり、現状より悪くなることもあるでしょう。

仕事を辞めることにもリスクがあり、必ずしも問題が解決されるとは限りません。

短絡的に考えて、一時的な感情で仕事を辞めるのは避けましょう。

5.「自分はうつ病に違いない」と思いこむ

仕事がつらいと感じているときは、ネガティブな考えになりがちです。

インターネットでうつ病の症状を調べると、自分に当てはまることがあるかもしれません。

ですが、「自分はうつ病だ」と思い込むことで、本当はうつ病でなくても病気を発症してしまうことがあります。

自分で思い込むことはやめて、不安を感じたときは医者の診断を受けましょう。

仕事が苦痛でたまらないときに意識すべき8つの解決策

苦痛な現状から脱却できる出口を見つけた男性

ここまでは仕事が苦痛に感じる原因やそのまま続けるリスク、つらくてもやってはいけないことを解説してきました。

最後に、つらい現状を変えるための解決策を8つ紹介します。

  1. 苦痛の原因をしっかり見極める
  2. 苦痛の原因をひとつずつ解決する
  3. 達成したい目標を見つける
  4. 良好な人間関係を築く努力をする
  5. 家族や友人に相談する
  6. 業務内容について交渉する
  7. やりたい仕事を任せてもらえるスキルを身につける
  8. 転職を検討する

詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

1.苦痛の原因をしっかり見極める

現在の仕事で苦痛を感じているなら、まずはその原因を明確にすることが重要です。

当然ですが、原因がわかっていないと何を改善すべきかがわかりません。

転職をする場合も、何を基準にして会社を選ぶべきかわからないはず。

以下のように、苦痛を感じる原因を考えてみてください。

  • 対人の仕事が苦手なのに営業をしている
  • 上司がいつもピリピリしている
  • 定期的に職場の飲み会がある

苦痛を感じる原因を洗い出してみると、最も大きなストレスになっているものが見えてきます。

漠然と仕事が嫌だと思っていても、何にストレスを感じているかがわかりません。

仕事がつらいときこそ、まずは苦痛の原因をしっかり見極めましょう。

2.苦痛の原因をひとつずつ解決する

苦痛の原因を洗い出したら、ハードルの低い問題から解決を目指しましょう。

いきなり大きな問題を解決しようとしても、なかなか改善できずかえってストレスになってしまうことがあります。

小さな問題を解決するだけでも、ストレスがなくなり精神的に楽になるはずです。

目の前のできることから、ひとつずつ解決していきましょう。

3.達成したい目標を見つける

目標設定することも、仕事のモチベーション向上につながるのでおすすめです。

ただお金を稼ぐために働いていても、やりがいを感じられず仕事が苦痛に感じてしまいます。

以下のように、具体的な目標を考えてみてください。

  • 職場内でトップの成績を出す
  • 〇年後までに昇格する
  • 〇〇のスキルを身に付けてより大きな会社に転職する

達成したい目標ができれば、現在の仕事にも意義を見出してモチベーション高く働けるようになるはず。

仕事が苦痛に感じている方は、達成したい目標を見つけるとよいでしょう。

4.良好な人間関係を築く努力をする

悩みを相談でき共感してくれる人の存在は、精神的ストレスを軽減してくれます。

仕事内容や職場環境に不満があっても、親しい人がいるだけで苦痛に感じることは減るでしょう。

以下のように、親しい人を増やす努力をしてみてください。

  • 自分から積極的にコミュニケーションをとる
  • 共通の趣味がある人を探す
  • 会社のイベントにできる限り参加する

職場の人間関係がストレスの原因になっていることは多いです。

良好な人間関係を築く努力をして、ストレスの原因をなくしていきましょう。

5.家族や友人に相談する

職場内だけでなく、家族や友人に悩みを相談することもおすすめの方法です。

悩みを人に打ち明けることには、以下のメリットがあります。

  • 悩みを聞いてもらうだけで心が軽くなる
  • 状況が整理されて苦痛に感じていた原因に気付ける
  • 解決策を提案してもらえることがある

仕事がつらいと感じているときは、視野が狭くなりがちです。

そんなときこそ1人で抱え込むのではなく、信頼できる人に相談してみてください。

6.業務内容について交渉する

苦痛に感じる原因が業務内容にある場合は、部署移動を含めて交渉するのもひとつの解決方法です。

能力が発揮できるようにマネジメントすることが上司や人事の仕事なので、気を遣う必要はありません。

部署移動の交渉をする際には、以下を注意すると承諾してもらいやすいでしょう。

  • 「〇〇が嫌だった」などのネガティブな理由ではなくポジティブな伝え方をする
  • 異動することによる会社側のメリットをアピールする
  • 可能であればデータを提示して異動の合理性を主張する

どんな人にも適性はあるので、仕事内容がストレスの原因になっているなら交渉すべきです。

業務内容に不満がある場合は、まずは上司や同僚に相談してみてください。

7.やりたい仕事を任せてもらえるスキルを身につける

自分の能力不足でやりたい仕事を任せてもらえない場合は、スキルアップする努力をしましょう。

上司に成長を感じてもらえたら、希望の仕事を任せてもらえることがあります。

具体的には、以下の努力をしてみてください。

  • 自分がやりたい仕事を担当している人の行動をまねる
  • 仕事で有利になる資格を取得する
  • 現在の仕事で圧倒的な成果を出せるように努める

現在の会社では希望の仕事ができない場合も、スキルを身に付ければ転職が容易になります。

たとえば、リモートワークなどの自由な働き方を目指し、プログラミングスキルを習得して未経験からITエンジニアに転職している人は多いです。

さまざまなスキルを身に付けることで、仕事や人生の選択肢が広がります。

現在の仕事に不満がある方は、やりたい仕事を任せてもらえるように努力をしてみてください。

8.転職を検討する

対策をしてもストレスが減らない方や、現在あまりにもつらすぎる方は転職を検討してみましょう。

職場との相性の悪さが仕事に苦痛を感じている原因かもしれません。

なかには、環境を変えることに不安を感じる方もいるでしょう。

ですが、前述したようにストレスを抱えながら働き続けることにもリスクがあります。

  • やる気が起きず仕事に打ちこめない
  • 心身に不調をきたす
  • 心がすさんで人間関係が悪化する
  • 時間を無駄にすることになる

人生は苦痛な仕事を続けるためにあるわけではないはず。

自身の幸せのためにも、現在の仕事がつらすぎる方は転職を考えてみてください。

まとめ:仕事が苦痛なら、スキルアップや転職を前向きに試みよう

今回は以下の4項目についてお伝えしてきました。

  • 仕事が苦痛に感じる原因
  • そのまま仕事を続けるリスク
  • 仕事がつらいときにもやってはいけないこと
  • 仕事が苦痛に感じたときの対処法

ストレスを感じながら仕事を続けることにも、大きなリスクがあります。

まずは苦痛に感じる原因をしっかりと考え、できることから対策していくことが大切です。

スキルを習得すれば、自分がやりたい仕事に就けたり希望する働き方を実現できたりします。

転職をして環境を変えることも含めて、現状を改善するために行動を起こしましょう。

自宅にいながら、プロのキャリアアドバイザーに無料オンライン相談!

DMM WEBCAMPは転職成功率98%※1の全コースオンライン対応の転職保証型のプログラミングスクールです。短期間で確実にスキルを身につけて、ひとりひとりに寄り添った転職サポートで、未経験からのエンジニア転職を叶えます!

外出自粛期間中でも、自宅にいながらオンライン学習でスキルを高めることができます。

キャリアに迷ったら、まずはビデオ通話で無料キャリア相談を受けてみませんか?

自宅で過ごす時間が増えた今こそキャリアアップを目指しましょう!この機会を活用し、ぜひDMM  WEBCAMPの無料カウンセリングをご利用ください。

オンラインで実施中/
【無料】キャリア相談の日程を見る

※ 1 2020年4月時点